Video streaming by Ustream56分ごろからムサシノ工務店が出てくるよ

『廃線跡の記憶3』出版記念トークライブ、終了しました!
3月11日にあったイベントです。報告が遅くなってすみません。

いやー緊張しました。2時間半のイベントでしたが、本書の執筆陣が7組出演してのプレゼンだったので、1組あたりわずか15分の持ち時間。準備した話の半分くらいしか話せなかったけれど、とりあえずお客様にそこそこ受けたと思う。とりあえず、スベらなくてよかった。
ということで、イベントの様子を簡単にレポート。

ライブの司会進行役は、本書の編集者である関口さん、廃墟とかB級スポットマニア御用達の雑誌「ワンダーJAPAN」編集部の方です。今回は大変お世話になりました。もう一方の司会進行が、J-heritageの前畑夫妻。J-hellitageさんは、産業遺産ツーリズムや地域振興などの活動をしているNPO法人で、僕もその動向をちょくちょくチェックしていた方です。今回、ようやく直接お会いすることができました。

プレゼンを行ったのは、以下の7組。(出演順)

【前半】
クロスケさん
 異色の大仏ハンター・ミリタリー好きの鉄道ファン。HP「百科図鑑」。
 軍用鉄道とは何か、千葉・習志野付近に残る軍用鉄道の廃線跡を紹介。
J-heritage前畑洋平さん・前畑温子さん
 NPO法人として日本中の産業遺産を記録中。
 J-heritageの活動についての紹介と、今回の本の中で取材のエピソードを紹介。
かもすさん
 「週末探検隊」所属の廃墟・樹海探険家で鉄道ファン。ブログ「そうだ樹海、行こう
 会社専用線などの特殊な鉄道跡について探索の様子を紹介。
ムサシノ工務店
 僕たち。廃墟写真同人誌「ランズエンド」発行。
 廃車両の魅力と本誌掲載の廃車両の撮影エピソードなど紹介。

【後半】
芝公園公太郎
 人気廃墟サイト「廃墟デフレスパイラル」管理人。
 廃ロープウェイの撤去前/撤去後映像作品を紹介。ケーブルカー等の廃線跡を紹介。
竹内昭
 本職はアニメーター。wikipediaにこれまで携わった作品情報がある。本職のアニメーターさんとお話しするのは初めて。超トロッコ好きでなおかつジープ乗り。
LEVEL7G
 未成線マニア〜自称ロリ鉄〜・HP「MAいDUG」。
 北海道の羽幌〜名寄に繋がるはずだった名羽線の貴重な映像紹介。

廃線といっても、軍用鉄道やロープウェイ、未成線といったかなりマニアックなネタが中心の濃いトークイベントでした。

ムサシノ工務店がお話ししたテーマは、本誌と同様に「廃車両」。一幡氏から広島県のとある鉄道模型店の廃墟に佇む「クモハ73、EF58」についてと、岡山県にある飲食店の廃屋と化した客車「サシ581」、僕のほうからは鹿児島県の霧島神宮近くにあった蒸気機関車「C5699」の復活劇とその顛末について、紹介しました。

一幡さんはしっかり準備されていただけあってスムーズな口調でしっかり笑いも取っていました。一方、僕のほうは正直グダグダで…。Ustreamの映像を見ると、ホント恥ずかしくなる。僕って、すごいしゃべりクセがある人間なんだなあ。人前でしゃべっちゃいけない部類の人だわ。反省。

とはいえ、結構面白かった!
機会があったらまたぜひともやってみたいです。
トークライブにお越し頂いた方、誠にありがとうございました。
また、こんな面白い機会を作っていただきました、
ワンダージャパン編集部・関口さんに感謝です!(関口さんのブログ「ワンダーJAPAN編集長のブログ」)