2016年12月18日

ついにやりました!

約3年に渡るダイエット。

見事、目標達成です!


13062360_996554190425140_124301552666588777_n


一時100キロを超え、40歳までに80キロに落とそうと始めたダイエット。

その第1ゴールは2年で達成し、せっかくだからもう少しやろうかな、

ということで今年の目標75キロをついに達成することができました。


トータル25キロのダイエットに成功しました!

大きいペットボトル10本分!

どんだけ太ってたんだ!って思いますね。



これで、好きなものを好きなように食べれる!

と思ったんですが、ダイエット食生活が長すぎたので、

何を食べて良いのか分かりません(^_^)

人間の慣れっていうのは怖いものです。

苦しかったはずの食事制限がやめられなくなっている。


おかげで、現状維持はなんとかしばらく行けそうです。

減らさなくてもいいと思うだけ、気が楽です。

 
長らく自分に課していた目標を達成して、今、目標がなくなってしまったので、

来年からの目標を今年いっぱい考えてみようと思います。 

konabe1 at 19:22コメント(0)トラックバック(0) 
ダイエット 

2016年12月06日

image










昨日、会社の「感謝祭」という名の忘年会を行いました。
いつもお世話になっている、不動産業者さんをご招待して、
僕らの感謝の意を伝えるという趣旨の回です。

昨日は約90人の方々にお越しいだきました。

一番最初の忘年会は10人位。

それが50人になり、

年々増えています。

昨日来ていただいた業者さんには、皆さんのおかげですと言っていましたし、たしかにそうなんですが、一番はうちの会社のスタッフが頑張った結果だと思います。

彼らの毎日の努力の積み重ねがこのような素晴らしい会を開けるまでになったんだと、鼻が高いです。

この感謝祭の企画・運営もほとんど皆に任せているので、本当に今年はよくやったと思います。


また、会社の忘年会はありますが、その時はスタッフに感謝の意を伝える忘年会にしたいと思います。 

konabe1 at 19:15コメント(0)トラックバック(0) 
仕事 

2016年12月05日

案の定、このブログも2ヶ月以上更新をサボってしまいましたが、

たったのこの2ヶ月で世の中って変わるんですね!


次期アメリカ大統領はトランプになっちゃうし、

韓国の朴大統領は大変なことになっちゃうし、

イタリアの首相も辞任しちゃうし、

ASKAは覚せい剤で再逮捕されちゃうし、

自分の息子は10歳の誕生日を迎え、

娘は七五三を終えた。


今の常識は本当に今しか通用しなくて

明日はどうなるか誰にも分からない。


未来を予測しながら生きていくことは難しい。


であれば、未来がどうなろうとも

その流れに乗って、生きていく術を身に着けたほうが良いのではないか?


そんなことを、自分のブログを久しぶりに開いて思ったのです。 

konabe1 at 14:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月23日

自分のブログに、自分担当の売り出し物件を紹介してみます。(初)

P1014674


閑静な住宅街として人気の千葉寺。

京成千原線「千葉寺」駅徒歩2分の立地に今回の物件はございます。

駅近にもかかわらず、土地面積約81坪と広く、きれいに手入れされた広いお庭もあります。


P1014672




また、建物は約43坪と大きく、メーターモジュール作りで全体的にゆったりと広い造りになっています。

P1014613



めったに出ない、千葉寺駅前の物件です。



当初、7880万円から売り出していましたが、会社の都合で、大幅に6980万円に値下げしました!!





今までいろんな物件を山ほど見てきましたが、この物件は本当に素晴らしい。

駅に近くて、広くて、日当たりが良くて、静か。

これ以上ないすてきな物件です。

個人的にすごく好きな物件です。



ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さい!

 

konabe1 at 16:06コメント(0)トラックバック(0) 
仕事 

2016年09月11日



アップルの創業者と紹介されるスティーブ・ジョブスですが、

この映画を見て思ったのは、この人は創業者ではなく

創造者なんではないかと。


今、使っているパソコンの原型を作ったのも、

ポケットにいつも入っているスマートフォンも

彼が作ったものだ。


彼の理想は高く、完璧を求めた。

ついてこれない社員や幹部もたくさんいた。

優秀な経営者ではないかもしれない。

でも、その完璧主義者が世界を変えた。


この映画を見て、「自分はこのままで良いのか?」

と本気で考えた。

今は、会社の幹部として、日々悪戦苦闘しているが、

自分の理想とするものはなんだ?

今の生き方は、本当に自分の生き方なんだろうか?


・・・・・・・・・


答えは出ていない。

であれば、今目の前にある仕事をこなすだけだ。

答えはいつ出るのだろう?



自分の生き方を正直に生きた、スティーブ・ジョブスがうらやましい。




konabe1 at 18:39コメント(0)トラックバック(0) 
書籍・映画レビュー 
会社の車が破損しました!

IMG_0409 


















そして修理完了\(^o^)/

IMG_0410 

konabe1 at 15:22コメント(0)トラックバック(0) 
仕事 

2016年09月10日

ゴミ屋敷。


テレビとかでは見たことがあると思いますが、本当にすごいですよ。

ゴミ屋敷。


一番凄かったのは、マンションで、ゴミが天井までびっしり詰まっている物件を見たことがあります。

廊下の一部分だけ、かろうじて人一人分のスペースがあって、そこで寝ていたそうです。

自分だったら絶対にそんな家には帰りたくない。



片付けられない人っていうのは、ある一定の確率で必ずいます。

汚い家っていうのも2パターンあって、

単純にモノが多い場合と

掃除を一切してなくて汚い場合があります。


単純にモノが多い場合は、モノが捨てられない人で、それはなんとなく分かります。

でも、掃除を一切しないのは理解できない。


自分の体を洗う風呂や口に入れるものを扱うキッチンがホコリだらけのカビまみれっていうのは、どういう精神状況なんでしょうね?

本当に世の中いろんな人がいると思い知らされます。


それから、お金が無くてローンが払えない人の部屋を見に行くと、かなりの確率で部屋が汚いです。

おそらく部屋の掃除や片づけがいい加減だと、お金の使い方もいい加減なのかなと思います。


お客様の家を見ると、その人の本質が見えてくる。


不動産屋ってやっぱり面白いですね。 

 

konabe1 at 18:59コメント(0)トラックバック(0) 
書籍・映画レビュー 

2016年09月08日

会社のパソコンを新しくしてもらいました。
スペックをうちのパソコンオタクのバイト君に見てもらったところ、

フンっ・・・() 


鼻で笑われました。


朝、起動させるのにも時間かかるし、なぜか夕方になるとよく固まって仕事を中断することをしばしば。

パソコンのせいでイライラしているところに、倉庫にパソコンが眠っていることに気が付き、新品のパソコンではないですが、その中でもスペックのいいものに変えてもらいました。


すると、スンゲーさくさく動きます。


今まで何だったんだってくらい速い。

たかが、数秒の違いであっても、ちりも積もれば何時間、数日間になるわけで、ほんの数秒早くなるだけで、年間で考えると相当、生産性が高まるはずです。

これで、今より早く帰れるぞ〜!

じゃなかった、今よりもっといい仕事ができるぞ〜〜〜! 

konabe1 at 18:52コメント(0)トラックバック(0) 
仕事 

2016年09月04日

「お客様はうそをつく。」




不動産屋はお客様のプライベートな部分にかなり足を突っ込む事になります。

家族構成、勤め先、収入など、普通人には公表しないような情報を聞く必要があります。




お客様にとってはプライベートなことだけに、「どうしても言いたくない」こともあるはず。

だから、本当の事を言ってもらえないことも多々あります。




それを見抜くのも不動産屋のスキルだったりします。

若いころはよく、お客様に騙されました。


「気に入った!買うよ!」

と言った切り、音信不通になる人。

「この物件は買わないけど、次買うときは絶対君から買うよ!」

と言って、よその会社で買う人。


人間不信になります。


でも、嘘をつかれて、騙されて、不動産屋は成長します。


「不動産屋は嘘つきばっかりだ。」 と言われますが、

不動産屋は嘘を人一倍つかれているので、基本人を信用していないのかもしれませんね。

お客様のいうことは鵜呑みにしないし、信じない。

でも、お客様のために嘘をついてまでも幸せになってほしい。


うまく表現できないけど、こんな心境なんですよね。

不動産屋って。


 

konabe1 at 19:42コメント(0)トラックバック(0) 
書籍・映画レビュー 

2016年09月03日

第一話のテーマは「不動産屋の仕事ぶり」

ポスティングして、現地販売(オープンルーム)やって、毎月売り上げで評価される営業マン。

不動産屋の営業は数字がすべて。

実力で売ろうが、運で売ろうが関係ない。

家を売っていくら稼いだか。

それが、評価対象のすべて。

売った人がえらくて、

売れない人はダメ人間。



正直、不動産屋とはそういう世界です。



苦労して売っても、楽して売っても、数字がすべて。



それが不動産屋です。



営業の世界では数字がすべてというのは当たり前かもしれませんが、不動産屋はその代表格なのかもしれません。


「売れなかったら人間じゃない!」

と本気で社会人1年目に思ってました。


そんな人間がうじゃうじゃいるのが、不動産業界です。


もちろん会社によって、厳しい、甘いはありますが、

不動産の営業はそれだけ厳しい世界です。


でも、ほとんどの会社が歩合給。

売れたらそれだけ、自分の実入りが多くなる。


だから、厳しくても頑張る。
 
お客さんをだましてでも、家を売る。


家を売った人が偉いんだから。




 
? 






やっぱり違うよな。

そう思って、会社を辞めました。



このドラマでは、不動産営業マンの厳しさを表現しつつも、お客様が最終的に幸せになるというエンディングで終わるところがいいですね。

三軒屋万智(北川景子)は売り上げに極度にこだわりますが、最終的にはお客様の事を思って家を売っている。

それがとても共感できます。


最終的にお客様のために仕事をすれば、営業成績、自分の収入が増える。


こんな面白い仕事はないと思います。


正しく仕事をすれば、皆がハッピーになれる仕事。

それが不動産屋の仕事です。


そんなことを改めて思わせてくれる第1話でした。



 不動産屋の基礎を学べる「家売るオンナ」はHuluで見れますよ!

konabe1 at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
千葉の天気
バックナンバー
最新コメント