大相撲では唯一一人の日本人横綱の稀勢の里が引退してしまい、大変残念でした。
怪我と引き換えで手にした優勝の代償は大きく、勝負の世界の厳しさを感じましたが、
ニュースなどでは公傷制度の必要性などが取り上げられ、なるほどと感じます。

 年明けは新年のスタートと言う事で、例年通り新年の集まりや役員会などが続き、
なんとなく忙しい毎日を送りながら、新しい庁舎が慣れず落ち着かない感を抱えていますが、
15日には定例の議員全員協議会が開催されました。
執行部からの報告事項は、①納税貯蓄組合について ②第2期日光市地域福祉計画及び
第2期日光市地域福祉活動計画の進捗状況について ③日光市子ども・子育て支援事業計画の
実施状況について でした。
①の納税貯蓄組合は、今朝の下野新聞に掲載された通り、当該組合への補助金の廃止が報告されました。
今の時代にあっていないような話は、前から耳にしていましたが、一つの役目が終わったことは明らかなので、
遅い位だったのかもしれません。

全協後にFAXにて報告されたのですが、2022年開催の国民体育大会の冬季大会の開催を県から
開催要請があり受託した旨でした。会場の整備費用などが多額にかかるようですが、日光市のスポーツの
振興と、観光振興には大きな期待が持てると思われます。
競技人口の減少が課題とされていますが、この冬季国体をきっかけに増える事を期待したいと思います。

18日の金曜日から20日の日曜日にかけて、日光市民号で姉妹都市の韓国、慶州市に向かいます。
日韓関係がギクシャクしている時期ですが、市民レベルでの交流を深め、少しでも相互の理解が図られる
様にしたいと考えます。韓国の冬は寒いと聞いておりますが、天気予報を見ると日光市と変わりがない気温の
様ですので、慶州を楽しんできたいと思います。
また、19日からは、日光市議会の地域との意見交換会が開催されます。
回覧板でも回っておりますので、お住まいの地域にぜひご参加ください。
お住まいの地域の良い所を伺わせて頂き、地域課題解決のヒントとさせて頂きたいと考えております。
私の所属する班は、帰国後の22日火曜日午後7時から小林公民館で開催しますので、塩野室地域に
お住まいの方は、ぜひご参加をお願いいたします。




クリックをお願いします! 人気ブログランキング