日光市議会議員 こなかわ昭一のブログ

平成26年の4月の日光市議会議員選挙で、二期目の議員活動を行えるようになりました。市議会の動きなどを市民の皆様にお伝えするように、時には息抜きの記事を書き込んでまいります。

視察初日は、東京都中野区「ギッズプラザ事業」

3泊4日の長い視察が終わり、視察の翌日は栃木県議長会の議員と議会事務局員の
研修会に出席しました。
とても蒸し暑い大阪の後遺症で、若干疲れ気味でしたが地方財政についてのお話を
伺い、国と地方の関係性を再確認させられました。

さて、7月11日からの視察の初日は、東京都中野区の放課後子ども教室と学童クラブが
併設されている、ギッズ・プラザ事業を視察してきました。
DSC_1058

















視察場所は、キッズ・プラザ江古田がある、江古田小学校の敷地の中です。
BlogPaint



















こちらから施設を利用する子どもたちが入り、学童クラブと放課後子ども教室のどちらも同じ入口で、
教室だけが別になります。
DSC_1059


















キッズ・プラザは、小学生がのびのびと学年を超えて交流し、豊かな体験が出来るよう、小学校の
校庭や体育館を活用して展開される遊び場です。地域の皆さんに見守っていただきながら、放課後や
学校がお休みの日に、子どもたちが安全に安心して過ごせる魅力的な遊び場として運営しています。
中野区キッズプラザ

運営は、公設民営でNPO法人や株式会社、ボランティア団体など多様な運営となっており、ちなみに
江古田の運営は、株式会社パソナフォスターさんです。

キッズ・プラザの利用は無料となっていますが、学童クラブはおやつ代や延長利用料などがかかり、
有料です。
キッズ・プラザ利用の子は、帰宅後でも途中で習い事に行って戻っても自由で、自主性となっています。
学童クラブは、待機児童が多いため現在は小学3年生までとなっており、キッズ・プラザの登録率も
100%だそうです。
地域との連携も図られ、地域協力の方が行事のお手伝いもされています。
また、キッズ・プラザを所管する所が、中野区地域支えあい推進室で、中野区の室は部を横断する
組織となっており、それぞれの所管を横串で繋げられ連携を図れる組織となっているそうです。
こちらも参考になりました。

専門の建物で、運営を委託していることに驚きましたが、やはり財政力と日光市に比べてコンパクトな
まちという事が大きな違いな様です。
しかし、日光市では選択肢が少ないことを考えると、このような事業を形を変えて導入できないものか
考えてしまいます。

視察報告は、後日それぞれの担当者がまとめたものが、市議会のHPにアップされると思いますので、
後日詳細をご覧ください。

 視察に行きますと、それぞれの地域ブランドに触れる機会を得られます。
日光市でも日光ブランドに取り組んでいるところで、特に食のブランドは、観光誘客の大きな一つに
なっています。私も出来るだけその土地の地域ブランドに触れるように心がけていますので、今回は
三日間宿泊する大阪の食のブランドを少しずつご紹介します。
先ずは、大阪と言えば粉もん、お好み焼きです。
DSC_1062





















初日の夕食に頂いたお好み焼きですが、本場で食べるとなんとなく美味しく感じてしまいます。
大阪に来た方は必ずと言っていいほど召し上がるのではないでしょうか。
全国的に有名な大阪の食のブランドでした。




クリックをお願いします! 人気ブログランキング 

日光市議会の行政調査特別委員会での先進地視察

7月に入っての台風1号の発生は例年になく遅いようです。
参議院選挙もいよいよ明日が投票日となり、今日はそれぞれの候補者の方の
最後のお願いが聞こえてきます。
選挙の街宣車が県内でそれぞれ1台しか無いためか、静かな選挙戦でもあり
世間ではニュース以外に盛り上がっていないようです。

東京都知事選挙もその候補者の名前が色々と上がり、参議院選挙の結果が出たら
出そろいそうですが、国に関する事を立候補のきっかけだと言うタレントの言葉には、
今一つ理解が出来ないでいます。
「それならなぜ国会に行かないで、都知事なのか?」

判断を下すのは東京都民ですので、その結果にも注目したいです。

さて、選挙が終わる日曜日の翌日から、行政調査特別委員会による、班ごとに分かれての
先進地視察に出かけてまいります。
日光市議会では、色々と世間を騒がせている政務調査費が無く、その代わりに先進地視察に
行く経費が、市の職員の旅費規定に則り支出されます。
今回は、11名の友好会派の議員の皆さんと一緒に、東京都と大阪方面で先進地を視察してきますが、
1日目は、東京都中野区 「キッズ・プラザ事業」(放課後子ども教室・学童クラブの併設)
2日目は、大阪府高槻市の定住促進プロモーション事業「どっちもたかつきキャンペーン」
3日目は、大阪府松原市「セーフティコミュニティについて」
4日目は、愛知県安城市「中心市街地拠点整備事業(PFI方式)」
以上3泊4日にわたる視察になります。

視察結果につきましては、後程ブログにアップいたしますので、宜しくお願いいたします。




クリックをお願いします! 人気ブログランキング 

日光青年会議所設立5周年と二本松市ファミリーサポートセンターこころの見学

梅雨にも関わらず梅雨らしい雨が降らずに首都圏の水不足が解消する気配が無いようです。
また、参議院選挙も中盤戦に入り選挙ムードは少しは高まってきているようです。

私事ですが、6月末を持って今市ロータリークラブの会長の任期が終わりました。
6/29に鬼怒川温泉ホテルでの最終例会を終え、ほっとしたところです。
DSC_1039
























毎週水曜日のお昼に集まり例会を行う事は、市会議員と言う立場では、スケジュール管理が大変
難しく、100%例会に出席できたことは自分でも驚きました。
「人間やればできるのですね!」

さて、6/26日曜日は一般社団法人日光青年会議所の設立5周年にお招きいただきました。
DSC_1025



















日光青年会議所と今市青年会議所が合併して5周年
今市JCのOBとして後輩のこれからの活躍に大きく期待いたします。
式典、懇親会の中では鬼怒川温泉鬼祭会の皆さんによる御神輿があり、市内に2件ある造り酒屋の
鏡開きあり、ブリューゲルの演奏ありと楽しませて頂きました。
セレモニーでは、懐かしさを感じながら今でもJC宣言など覚えていることに、身に沁みついている実感を
感じることが出来ました。
DSC_1031




















DSC_1034























6/27は、日光市ファミリーサポートセンターの視察研修に同行しました。
毎年ご一緒させて頂いており、今年もレンタカーの運転を任せて頂きました。
向かったのは福島県二本松市のファミリーサポートセンターこころさんです。
DSC_1035
























二本松市の市民交流センター内に事務所があり、託児施設となっています。
DSC_1037






















DSC_1036






















入り口には、古着のリサイクルボックスが設置されており、仕分けボランティアの方の分別作業中でした。
こちらでは、ファミサポの他、病児保育も行っており、そのほかに家庭訪問型子育て支援のホームスタート
事業を実施しています。
ホームスタートジャパン
詳しくは上記をクリックしてください。

当初はほとんど行政の支援が無い中で行い、ファミサポの予算額も年間102万600円です。
常駐2名のアドバイザーで、研修会等もこのスタッフで行っているのに人件費分は、年間73万4400円のみ
です。
また、浪江町からの避難者も多く未だに仮設住宅に住んでいると伺い、大変驚きました。
3.11の影響も大きかったようで、保育士さんが減り大変苦労されたようです。

日光市でもNPO法人が、ホームスタート事業実施に向けて検討中なようです。
人口減少対策としても、この子育て支援事業は大きく期待できる一つだと思います。






クリックをお願いします! 人気ブログランキング 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ