日光市議会議員 こなかわ昭一のブログ

平成26年の4月の日光市議会議員選挙で、二期目の議員活動を行えるようになりました。市議会の動きなどを市民の皆様にお伝えするように、時には息抜きの記事を書き込んでまいります。

第4回定例会が開会しました。

台風10号のため今日は小中高校ともに休校になったようです。
また、そのほかにも日程を変更した方が多く、昼過ぎには東北地方に上陸する様で、
北関東も影響が出ているようです。

29日から本年度の第4回定例会が開会され、今定例会では平成27年度の日光市の
決算についても審議されます。
本会議開会に先立ち、25日に提出議案を中心とした議員全員協議会が開かれ、執行部からの
説明がありました。
常任委員会に付託予定の議案については、付託委員会で審議されますので原則質問は出ない
ルールになっており、議案数も少ないようなので質疑も少なく終わりました。
その中で主なものは、
市長の専決処分として、交通事故や市の管理する道路での自動車破損についての和解や、水道料金、
市営住宅使用料、し尿汲取り手数料の債権の放棄として、
水道料金が7人、441件、放棄した額2852万4207円
市営住宅使用料が5人、153件、放棄した額328万9600円
し尿汲取り手数料が1人、1件、放棄した額3,150円
日光市債権管理条例の規定により放棄されましたが、債務者の死亡、居所不明、相続人なし、外国に
居住の相続人のため債権より費用がかかるなどが主な理由です。

また、8月2日の落雷等により、高機能消防指令センター無線設備復旧工事費 1200万円
消防本部自家用発電設備・出勤表示板等復旧工事費 405万9千円
中心市街地集客拠点施設空調設備集中管理装置復旧工事費(にこにこ本陣) 450万円
が専決処分として報告され、費用のうち1900万円が保険金で賄われます。
消防の無線設備は復旧のめどが立っておらず、無線10回線の内4回線のみ使用可能なため、
普段は問題ないそうですが、災害発生時などの非常時に影響が出るようで、その際には県の
電波を活用して対応するそうです。
夏場は雷の発生が頻繁ですので、復旧後も心配です。

工事請負契約としては、
国民宿舎かじか荘耐震補強・改修工事建築として、2億5488万円
同じく機械として、1億8576万円
足尾クリーンセンター・足尾環境センター解体整備工事として、1億6740万円
日光市大原市営住宅5号棟建て替え工事建築として、3億9204万円
財産の取得としては、
足尾地域の市営バス新車購入事業として、2032万9920円落札率99%
住民基本台帳システム等機器購入事業として、5972万4千円落札率99.9%

特殊なものは、落札率が高くなってしまうようです。







クリックをお願いします! 人気ブログランキング 

夏の高校野球作新学院の優勝

14079714_668551313299258_3687986671335190007_n[1]


























リオオリンピックが終わり、日本選手のメダルラッシュに感動しました。
同じ時期に甲子園球場での夏の高校野球大会が開催され、栃木県からは6年連続で
作新学院が出場し、21日に決勝戦が行われました。
長女が同校の吹奏楽部在籍中に何度か応援に行った時の話を聞き、一度は甲子園に行って
見たいとは思っていたのですが、20日の準決勝に勝った時点で一緒にテレビ観戦した方と
「明日行きますか!!」と盛り上がり、急きょ念願の甲子園応援に向かいました。
DSC_1131



















DSC_1132























歴代優勝校の校旗が展示してありました。

DSC_1133





















暑いとは聞いていましたが、この日も37℃を超える気温で、一塁側応援席で妻とかちわりを5個も
買ってしまいました。
試合は熱戦の末、作新学院が見事54年ぶりの優勝をつかむことが出来、応援席は大盛り上がりです。
この時を一緒に共有できたことは、一生の思い出になる事と思います。
日光市出身の3選手には、日光市より市民栄誉賞が贈られます。
DSC_1137




















帰りは妻の希望で京都宿泊で、月曜日に台風を追いかける形での帰省となりましたが、妻が修学旅行以来
なので行きたいと言った清水寺と金閣寺を見学してから帰りました。
DSC_1139


















DSC_1140





















何度見ても素晴らしい建物です。
インバウンドの方が多く、ほとんどが外国からのお客様です。
さすがにゴールデンルートだけあり、大阪市内や京都市内は昼も夜も各国の方が多く、京都の先斗町
や観光施設は日本人より多く感じられます。
帰りのお昼は、13年ぶりに老舗店にお邪魔し少し若い頃を思い出しながら帰路につきました。
DSC_1143


















DSC_1144





クリックをお願いします! 人気ブログランキング 

市役所駐車場と議会報告会そして市の出資法人

オリンピックでは連日日本選手のメダル獲得のニュースが入り、益々熱くなってきています。
テレビや新聞などでメダル獲得の話題が取り上げられていますが、テレビでのオリンピックの話題の中で、
女子柔道の銀メダリストのコメントが印象深かったです。
ほとんどの競技では負けて銅メダルが多い中、柔道の銅メダルは試合に勝ってもらえる銅メダルです。
そう言われれば、銀は決勝で負けてもらい、銅は決定戦で勝ってもらえるメダルなのです。
勝負の世界は紙一重で、それぞれがベストを尽くし戦いに臨むわけですからメダルの色は何色でも
とても大きな価値があると思います。これからもニュースから目が来なせないようです。

さて、9日火曜日は、議員全員協議会と広報広聴委員会、そして総務常任委員会が開催されました。
議員全員協議会では、
1.日光市公共施設マネジメント計画実行計画について
2.日光市本庁舎建設基本設計(案)に係るパブリックコメントの結果について
3.家庭ごみ等有料化基本方針(案)について
4.日光市立小中学校のあり方について
5.生活困窮者支援事業について
説明と質疑が行われました。
3.の家庭ごみ有料化では、平成30年4月を実施時期とし、有料ゴミ袋1ℓ当たり10円を目安に
10ℓ、20ℓ、30ℓ、45ℓの4種類とし販売されます。
合わせて事業系のごみ処理手数料も変更となる予定で、可燃ごみが10キロ当たり50円から150円に、
不燃ごみは100円から150円に、資源物は50円が無料に、紙ごみ処理手数料は無料のままとなる
予定です。
4.学校のあり方では、少子化が進む中で過小規模校(1~5学級)が小中合わせ14校あり、中学校区単位
での適正化が検討されています。
平成33年での児童生徒数の推移予測では、中宮祠小学校6名、小来川小学校3名、三依小学校1名、
栗山小学校2名、中宮祠中学校2名、三依中学校2名、栗山中学校4名、湯西川中学校6名と一桁校が
多くなってしまうようです。
これから地域とPTAとの協議がされるようですが、「誰のための学校か」を考えることが大切だと思います。

総務常任委員会では、前回のブログでも触れましたが本庁舎建設に伴う駐車場の整備について追加の
説明があり、質疑が行われました。
職員駐車場を整備する理由やその費用などが主な点で、県内他市の事例も資料として添付されており、
都市部の庁舎とそれ以外との環境の違いによる差が読み取れます。
説明では、今後職員駐車場の取得費用の職員負担が検討されるようで、月額負担1,000円だと22年
程度で償還されるようです。

広報広聴委員会では議会報告会の開催方法について協議され、委員間で意見が出されました。
班単位か常任委員会単位か、またテーマは何にするのかなど各会派での意見を持ち寄り、検討が
されましたがもう少し調整が必要な様です。
どうしたら市民にとって有益な議会報告会になるのか
思いは一緒だと思いますので、良い答えが出る事と思っています。

議員研修会では、市の出資する法人の経営状況の説明があり5法人が出席されました。
平成27年度分で日光市からの補助金等は 
1.一般財団法人日光農業公社 8,180,000円+委託事業
2.一般財団法人日光公共施設振興公社 4,053,000円+委託事業+指定管理事業
3.公益財団法人小杉放菴記念日光美術館 委託事業+指定管理事業
4.鬼怒川・川治温泉観光開発株式会社 18,000,000円
5.株式会社オアシス今市 市の出資+市の商業施設債務保証
前にブログでも書きましたが、鬼怒川・川治温泉観光開発株式会社は、純利益が45,339,926円
にも上るのに、設備の長期借入金返済が年約72,424,000円に上る為、資金が不足となる為市の
補助金が毎年18,000,000円必要となってしまいます。
また、オアシス今市では、減価償却費が29,713,976円と委託費61,427,700円あるため、
34,714,548円の赤字となってしまいました。
しかし、こちらは返済が利息を入れ年1200万円なので、減価償却費を下回りキャッシュフローは問題が
無いようです。
ただし平成28年度予算では収支0円と書かれており、27年度3千万円以上の赤字が翌年に0円になる
ことは考えにくいので確認すると、商業施設の減価償却費を少なく記載し数字を合わせたと、信じられない
答弁が帰ってきました。まるでどこかの任意団体の予算書のような手法です。

鬼怒川・川治温泉観光開発株式会社と、株式会社オアシス今市は、両極端な経営状況ですが、これが俗に言われる黒字倒産と赤字でも問題のない経営との例となりますので、とても興味深いケースでした。
市の出資法人の中には、天下りと言われるような人事も見受けられますが、専門的な経験を持った人と
考えれば結果としてそうなってしまったと考えることも出来るのかもしれません。





クリックをお願いします! 人気ブログランキング 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ