2007年02月04日

遊びの創造共育法

yy
今日は、和久洋三先生の講演会に行ってきました。

和久洋三先生は、絵の先生で
NHKの幼児向け番組の監修をしていたり、
すくすく子育てにも出たり、
うちの娘の行っている
和久洋三のわくわく創造アトリエ
を作った先生です。


講演の内容をお話ししようと思いましたが、
私の文章力では、
どうしても、文章にできませんでした。


私が気になったところだけ・・・。

球や円柱
立方体などの形の関係性を通して、
人間関係や物事の関係性を学んで行くそうです。

アトリエでは、積み木をやりますが、
そういうことなんですね。

いろいろ、講演を聴きましたが、
いろいろな関係性を
形からつなげていくと言う先生は、
この先生しかいませんね。
宇宙のお話しも出てきました。
おもしろいです。

あと、
自分で!
って2歳の娘がよく言うのですが、
だめ!
って言ってしまうのではなくて、
見守ってやることだそうです。

この自発性を育てることが大切だそうで、
自分で考えを見つけ出す力になるんだそうです。

う〜ん。
厳しいお言葉。

確かに、親の都合でだめ!って言ってるわ。

上の娘のときも
ここらで悩みました。

難しいけどがんばります。

気になる方は、
和久洋三先生の本があるので
読んでみてください。

アトリエでは、体験もやっているので
気になる方は、私にメールをください。


FC2 Blog Ranking
今日は何位かな?

話しは変わりますが

加古川で野焼きがすごすぎて、
なんと、
道路まで炎がはみ出ていました。
熱かったよ!
ちょうど、消防車が来たところでした。

田畑も春の準備。
春が待ちどおしい
今日この頃です。


konamana at 23:12│Comments(2)TrackBack(0) 子育て論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まるか   2007年02月05日 14:36
和久先生のお話、よかったでしょうね。
また参考になる事、教えてくださいね

確かに 「自分で、自分で」は自己主張、成長の過程ですが ついつい、
「危ない」とか「またね」とか 親の都合でやめさせてしまいがちですよね。

過保護、過干渉に ならないように
したいものです・・・
2. Posted by おばおやじ   2007年03月13日 09:27
ランキングから遊びに来ました。おばおやじと申します。

たくさんの方が見に来られているのを見て感心しています。konamanaさんの色々な思いや気持ちが伝わってきて、素敵なブログだなあと思っています。

うちの子は小学校に入ってからは加古川のアトリエでお世話になっています。小学校に入ったばかりの不安定な時期の作品と、最近の作品と比べると心の成長が素人目にも良くわかります。

そして、どの子もすばらしい作品を作ります。子どもの集中力、目の輝きは衝撃的でした。

アトリエ終了後に、子どもたちでギャングエイジとなり遊んでいる姿にうれしくなる、おばおやじです。別に誰かにそのように遊ぶように言われていないのですが、近くの田んぼや空き地で仲間遊びをしています。どちらかというと止めないといけないくらいです。

コメントが長くなりすみません。

おばおやじ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者
どんどん書き込んでね
遊びにいってみてね。
Profile

konamana

メールはこちら
ブログピープル
ドリコムRSS
お天気


-天気予報コム-
ブログランキングに参加中