おいしいデザートは最後に

特撮大好きエロゲーマーのブログ

エロゲ「シルヴァリオ ヴェンデッタ」(light, 2015)の感想を批評空間に投稿しました。

シルヴァリオヴェンデッタTOP


96点: 努力から背を向け、勝者を引き摺り下ろす「逆襲」の属性を主人公に付与し、行き過ぎた鋼の意志を持つ光の英雄を敵へと配置した本作は、単純な正義対悪の構図ではなないため、燃えゲーでありながら考えさせる内容でした。燃えゲーとして見ても、昏式・高濱シナリオでは最高に熱くなれました。「燃えゲーのlight」に相応しい傑作だと思います。

tawakemono666さんの「シルヴァリオ ヴェンデッタ」の感想


「燃えゲーのlight」を代表する一作であると思うほど、ドハマリした作品です。

燃えゲーは中二要素が強いため一般には若者向けと思われますが、今作では過酷な職場で心身を擦り減らして挫折をした労働者が主人公なので、中二魂を抱えて生きている社会人が最も本作を楽しめるプレーヤーなのかな、と思います。

「もっと若いときにプレイすればより心理描写をリアルに感じられただろうなぁ」と思うエロゲにこれまで何作も出会ってきたのですが、本作では逆に「社会人となり挫折を味わった今だからこそ共感できる」と感じたシーンが幾つもあり、稀有なエロゲでした。




さて、前作を振り返りその感想も整えることができましたし、そろそろ満を持して次の舞台――東部戦線――へと進みましょうか。


Steamでも販売され、全世界で人気の同人エロゲ・ネコぱら (NEKO WORKs) のOVA化のクラウドファンディングがKickstarterで行われていました。

ネコぱらOVACF

その結果、約1ヶ月半の募集期間に9,122人から、合計で963,376ドル(約1.1億円)の資金を調達しました。この金額はKickstarterでのアニメカテゴリ世界1位の金額だそうです。

関係者の皆さま、おめでとうございます~




ネコぱらをVol.1から追いかけてきた自分も、ささやかですが100ドルの支援をしました。自分が支援をしたプロジェクトが大成功するのは、何だか嬉しくなります。

折角なので、このプロジェクトの出資状況をグラフ化してみました。


続きを読む

気が付いたら月が変わり2月になっていましたが、気にすることなく「2016年を振り返る(エロゲ版)」を書いていこうと思います。


まず、2016年に購入したエロゲは28本、全クリしたエロゲは16本でした。

一年で積みゲーが12本増えました!

なお、2016年発売のエロゲ(全年齢版を含む)は3本しか買っていなかったので、2016年発売のエロゲについて特に語りません。というか語れません。

その代わり、2016年にプレイして印象に残った作品を紹介していきます~


続きを読む

同人エロゲ「ホントノキモチ」(人生通行止め)の感想を批評空間に投稿しました。

ホントノキモチ


86点: 主人公と付き合っているヒロインが、同じバイト先のヤリチン君に襲われてヤリチン君のsexの虜になる話。寝取られストーリーに加え、強気なボクっ娘がおちんぽ大好き娘に堕ちていく様子は絶品でした。

tawakemono666さんの「ホントノキモチ」の感想


エロいエロいと連呼しているだけの感想ですが、奥手な女の子がヤリチン君の虜へと堕ちていく様がどエロいので、そのような話が好きな人には本当にオススメです。



また、このエントリー執筆時現在、ダウンロードサイト各社で半額セール実施中なので、これを機に購入されてみては如何でしょうか。





ご無沙汰しております、こなたんです。

2016年の後半から本業がめっきり忙しくなり、ブログやエロゲの長文感想などの原稿を書く時間がとりにくくなりました。書くネタがなかった訳ではないのですが、本業の方で作文しているとプライベートで作文する気力がどうも削がれてしまいました。「時間がなかった」と言い訳をしているものの、ブログやエロゲの長文感想などを書くことで自分の考えをまとめ、出来事を咀嚼し吸収できるように思うので、2017年こそは時間を作ってブログや長文感想を書いていきたいなと考えています。月1本のペースで更新していきたいです。


閑話休題。


2016年を振り返ってみますと、この1年は自分にとってとても充実したオタクライフを送ることができました。特に、特撮に注目すると2016年はとても心躍る1年でした。


続きを読む

母が自分の机を整理していたところ、引き出しの奥から若い時に使っていた万年筆が出てきました。数十年放置されていたのでインクが固まっていましたが、三日三晩ぬるま湯にペン先をつけることで、インクがあらかた落ちました。

綺麗になった万年筆を 調べてみたら、PILOTの1970年代の「エリートS」というモデルのようでした。


エリートS


ショートボディ


続きを読む

このページのトップヘ