2017年冬コミで頒布予定の「2007年ノベルゲーム10周年批評本」に寄稿しました。2007年発売のlightの低価格エロゲ「しょぱん!」について書いています。

31日(日)東地区 "す" 20aの「定時退者」です。特設サイトはこちら

どの批評も読みごたえがあるので、長文感想を読むのが好きなエロゲーマーには本当にオススメです。

「2007年ノベルゲーム10周年批評本」表紙

2007年当時、自分はまだエロゲーマーではなかったので「あれから10年か...」といった懐古は薄いのですが、2007年発売で心に残っているゲームについて書きました。しょぱん!はマイナーなゲームで批評空間の中央値も56点と低いですが、自分は好きです。

同人誌への寄稿という形ですが、自分の文章が本という形で世に出ます。初めての経験なのでドキドキです。近くを通りましたら、お手に取ってもらえれば幸いです。