2013年10月10日

新ブログへのお引越しで一区切り

新ブログを立ち上げました↓FC2の方に移行したいと思います。
http://zerokonbu.blog.fc2.com/

今後、このブログは過去の歴史をさかのぼって調べてみたい人向けの記録ブログとなるでしょう。
このブログはこのブログで面白い歴史を持っているので、
これからやる事とこれまでの内容は一旦区切りをつけたいし、
FC2の方がカスタマイズができていいかなと思ったのが移行の理由です。
このライブドアブログは、少なくとも自分のものはなぜかカウンターが機能していないなど、
不具合が多かったのも引越しの原因です。

konblog at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月09日

新ビデオカメラで新作うp



新PC買ったのが今年のはじめ頃、
新カメラを買ったのが先々月、
ちょっと間ができたが、動画を作ってみた。
初回なのでぎこちないところがたくさんあるが、まずは一本作ってみたことによって
次からスムーズにやれそうだ。

konblog at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年04月05日

アマゾンで賢い買い物

41uqyIOBZbL__SL500_AA300_
新スピーカーを買った。
アマゾンで1000円くらい。
電源がUSB接続でスッキリ。音質も音に詳しい人のレビューよく見たから確かによく聞こえる。
そして、値段が家電量販店(YとかBとか色々あるけど)よりも安い。
つい先日、通信コストを下げたくて買ったIP電話器(スカイプフォンとも)もBよりアマゾンで買った方が千円以上安かったことが発覚。家電量販店はポイントがつくが、それを計算してもアマゾンの方が安いという事実。

商店街→スーパー→コンビニ→大型スーパー→100均→ミニスーパー→ショッピングモールと小売は進化していくが、家電の売り方も常に進化しているなと業界外でも感じる。
家に来たヤマトさんにちょっと聞いたら「最近アマゾン多いですよw」と教えてくれた。このくらいの情報は機密ってわけでもないわな。

このアマゾンあと楽天が進化し続ける先には家電量販店ってどうなってんだ?と思っちゃう。アマゾンで買う以前に実物下見するくらいしか意義がなくなる?パケ定スマホ(というか多くの人にとってスマホってこれなんだから単にスマホor携帯でいいか)があれば店舗でもの見てアマゾンで値段確認しながら買い物しちゃうなんてことが可能。

konblog at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月22日

you tube とCOD関係動画

アメリカの動画サイト、というか世界で最も一般的な動画サイトといえばyou tube なのだが、
日本人には中々作れない動画が数多くある。
例えばこのFPSの人気シリーズCOD(コールオブデューティー)。

実在する銃器の動画「G36C」


「SCAR-L(スカーL)」


FPS上級者によるやり込み動画
サバイバルモードで130ウェーブほど耐えてみた

犬も人もメッカメカになって襲ってくる・・・。これが第三次大戦というやつか
自分もこのサバイバルモードやって今10ウェーブくらいなんだけど、youtubeの動画を参考にパターンを真似すれば、もっとウェーブ耐えられるかもしれない。自己流じゃ効率悪いか。

konblog at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月14日

なるほど1なるほど2 同時投稿、スマホ専

なるほど1
ミクシィでの書き込みが同時にツイッターに書き込めるようにする。また、
最近、このライブドアブログもフェイスブック(カタカナではフェースブックとも書く)に同時投稿できるようになった。
連動というこの現象。
お互いアクセスを奪い合うのではなくて、共存をしようということになったのだろうか。
「以前、ブログもミクシィもツイッターも全部フォローできるような仕組みがあればいい!」なんて書いたことがあったが、全部同時に書き込める仕組みはできつつあるようだ。

ただ、ツイッターでの書き込みをミクシィにも同時投稿する、という場合、恐らくミクシィへ返信してもツイッターで返信があったと知ることはできない。相互交信が売りのSNSでこれはいかがなものかとと感じる。

なるほど2
友人がひたすらナマポ、・・・いや、スマホをいじっているから「家でネットしないのか?」と聞いた。
すると、『外出が多いから基本ネット閲覧はスマホで家PCはほとんど触らないかなぁ』と言った。

昨今忙しい人が多くて、家へは寝に帰るだけという人の場合、電車やちょっとした空き時間でスマートフォン触るのが貴重なネット閲覧の時間になっているというのだ。

以前、「なくなりそうなIT機器」のアンケートだったかで「パソコン」という回答があって、最初驚いたが、
基本ROM専(見るだけ読むだけ)であまり書き込まない人、外のいる時間が長い人などからすれば、
家のPC、デスクトップでもノートパソコンでも意外と使わなくても何とか成り立っている人が多いらしい。
自分みたいな文章ガシガシ撃って東方してFPSして色々編集したり絵描いたりする人からすれば、自分事になることはないだろうが、そういうスタイルもあるのかとタメになった。ああ、なるほどと。
でかいスマホ(厳密には違うらしいが)であるタブレット端末を持ち歩く人もやることは似ているようだ。

konblog at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月13日

なるほど話その3

今ゲームもダウンロード販売という形式が伸びつつあるらしい。
ファミコン、スーファミのカセット
SS、PSからはじまるディスク
そしてこのご時勢ダウンロード販売するらしい。「媒体」などもうない。
自分ぐらいの世代は多少この媒体のない売買に「どこか損な気分」を覚えるのだが、若い世代はそうではないのかも。
そういえば音楽もダウンロード販売という形式に移行していて、CDというディスクを買うのは昔のやり方だという。

この影響を受ける業界といえば、ゲームソフトを中古販売も手がけるゲオなどの会社のようだ。
昔、ゲームソフトの中古販売が大きく裁判沙汰になって最高裁判所まで争われて、結局合法になった経緯があった。確かに、メーカー側からすれば、ゲーム内容に品質の劣化はないのにそれを買い取って他者に売り差額で儲けてメーカーに1円も入らない商売・・・なんてのは見過ごせないものはあっただろう。ゲーム機の進化につれて、開発コスト(人、モノ、技術、手間)は膨れ上がる一方のようだし。昨今、このダウンロード販売が増えつつあり、この商売は自然消滅(もしくは淘汰)に向かうようだ。
 
 ・・・年上話を聞くと面白い。さらに昔のこと、まだ著作権の整備があやふやな時期に、VHSのビデオテープをダビングして、そのテープを他人に貸し出しレンタル料を得る個人レンタルビデオ屋という商売がまかり通っていた時代があるというのだ。今聞くと笑い話のようだが、これは本当の話だとか。

時代遅れにならないようにざっくりメモ感覚で書いておきたい「ネットvs○○」
ネットvs新聞、雑誌 ネットでタダ記事で日々の時事を知ることができるので定期購読はもちろんたまに購入するのも不要になった。せいぜいコンビニで立ち読みすればよくなった。・・・自分もおかげで年間数万円は経費削減になっているように感じる。部屋もゴミゴミしなくなったし。
ネットvsテレビ テレビが流行の発信を独占していた時代は昔の話。比較的最近まではテレビはニュースぐらいしか見ないという人はいたが、最近はネットのおかげでテレビのニュースすら見ない、全く見ない人がどんどん増えていった。そういう人は、テレビのニュースなんていつも偏っているし、いらないコメンテーターの発言が不愉快だし、そもそも取り扱わないニュースが多いと主張する。PS3がビデオレコーダーとしても機能しているのがまだ救いか。しかし友人などはアニメ本編以外録画専用として使っているが。
ネットvsラジオ かつてテレビに蹴散らされたラジオだったが、ネットで個人でラジオ配信できるようになり、ますます意義が問われている。車で聞くといってもカーナビで車内でテレビや録画したアニメ見ちゃうし、緊急時の情報源として固定電話のような「ごくたまに使う」存在になりつつあるかも。
ネットvs音楽 レコード、テープ、LD、CDと媒体変遷の歴史が深い音楽は、ネットのyoutubeなどでアップされる音楽を聴いてしまえば満足という人が増えて、売り上げが下がっているのだとか。昨今、本編高音質版をアップした人もダウンロードした人も違法になるという法改正がなされたが音楽業界の売り上げ回復につながらなかったのだという。ただ、一方でボーカロイドのように、「初音ミクに歌ってもらう」ということで自分たちの音楽をいろんな人に聞いてもらえる恩恵もある。利潤ではなく人に感動を与えたい人であれば今の状況はプラスしかないわけだ。
ネットvs映像 PCの性能が向上し、素人でも一人でそこそこの作品を作り(実写でもアニメでも)、それをネットで見てもらえるのは大きい。動画投稿サイトがなくとも、10年前でも動画のアップロードやFLASHというものはあった。昔のアナログ機材で映像やるには資金が必要で趣味のレベルではなかった。ただ、その分お金を取れるレベルの映像のハードルは上がっただろう。しかしこれもボーカロイドと同様で、感動を与えたい人には気にならない問題だろう。
ネットvsゲーム ゲーム側からすればネットゲーという新しい市場が開けて表現の場が広がった点は恩恵といえる。ただ、動画投稿サイトでプレイ動画を垂れ流しにされて本編を買う意欲が消されているというデメリットもある。もっとも、動画を見る人からすればタダでプレイ動画すら見れないのならますます本編を買う意欲が消えると反論するようだ。アーケード、据え置きゲーム機、携帯ゲーム機、スマホなどでソーシャルゲーム、PCでネットゲームなどどれも何かしらの形でネットにつながる環境が整いつつある。vsというよりは共存の模索が正しい?

他、ネットvs○○ 百科事典、辞書、広辞苑、タウンページ、電話帳・・・あたりも見なくなったなぁ。
電子書籍の普及もまた大きい。個人的に、まんがあたりは電子版で読んでもいい。何百冊あるまんががすべて電子化されれば狭い部屋でも快適な広さを保てるのは大きい。紙の劣化もないし。電子書籍はもっと充実させるその途上にあるんだよな。

こう、色々書いてみたけど(プレイヤーが多い。ネット、PC、端末、電話、メディア、媒体・・・)、本当にvsになっているものは一部のようで、どの業界もネットをなくすことなど海流逆流ぐらい不可能だからどう取り込んで利用し共存していくかの問題なんだよなぁ。




konblog at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月12日

ミクシィ論 ツイッター論

昨日、↓の趣旨の日記を書いたら訪問者が一人だったw

格ゲー関係でできたマイミクだからクリックして読む気が起きないのは当然あるのだろうけど(それ故、あまりゲーム以外の話題をあれこれ幅広く書くということはしてこなかったつもりではある)、
そもそもミクシィ自体、幽霊というかゾンビというか引退済み引越し済みな方が多い。間違いなく多い。
2011年頃と比べてさらにあの人最近見ないなという人がいる。

以前ここに「SNS4、5年周期の理由」みたいなことを書いた。プライベートが変化していくから悪循環が加速してアクセスが落ちるのは当然という分析だ。

まだ、自分には、ブログというマイミク不要で、不特定多数の人に見てもらえる環境の方が自分に向いているかなと思う。というのも、誰だかわかっている人に対して細かい身の上話をするより、ちょっといろんな人に見てもらいたいネタ→動画、イラスト、文章、時事、面白いスレッド・動画・イラストの紹介、批評、そしてその他創作物があるからだ。こういう人は間違いなくブログのほうがいい。おまけに長年書いていれば、以前の日記をぶらりと検索したついでに読んでくれる、ということもある。自分はそういう情報発信をしていきたいし。そしてググったりした上で自分の日記に共感できる人がいれば、それが読者様ってことでいい。

ツイッターはあれはフォローが20人以上いて、その内一人でも一日30ツイートされると流れすぎて読み返すのダレる。1日あたり3ツイート以上は「以下○件のツイート」みたいな形で省略表記してくれないとやる気がおきない。

なぜなら、ツイッターの流れを観察していると、あれは大別して二通りの使い方があるように思うのだ。
1つ目は、
生活実況、生放送実況、あるいは中東の大規模デモや反政府行動、災害支援の要請やるときのツイート。一分一分臨場感あるコメントが重要になるので、今のスタイルで問題ないだろう。
2つ目は、
一日2ツイートくらいで短く日々についてを書くタイプ。ミニブログと呼ばれるスタイルといえよう。このスタイルからすれば、実況系ツイートは圧倒的数のツイートに自分のツイートが埋もれて困ってしまう。
省略表記の要請は2つ目のスタイルだけ見たいという人だ。

konblog at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月11日

モダンウォーフェアー従軍中

COD:MW3ベテランモード攻略

基本死に覚えw敵の出現パターンは決まっている
1 一気に進まず有効射程かまわず遠距離攻撃
  特にライフルを使えるところ(はじめから装備、あるいは途中拾える)はなるべく芋虫のごとく這って砂イプしまくる
2 遮蔽物に隠れ、しゃがみ→立ち→射撃→すぐしゃがみ
            伏せ→しゃがみ→射撃→すぐ伏せ      を繰り返す
3 武器はホログラフィック>レッドサイト>アイアンサイトが使いやすい
4 弾はミッションを進めていたら勝手に補充されたりするので残りを気にせず撃つ。それもなくなればあちこちで武器拾えるし。
5 曲がり角で敵が張り付いていたらフラッシュを投げる。あるいは撃ちながら曲がる。屋内戦ではフラッシュ一個で一転攻勢なポイントが多数で非常に重宝する
6 手榴弾は2こぐらいポンポン投げてしまえ
7 人物護衛のミッションで、護衛する人物(ヴォルクとかソープ)を先導させても彼らが被弾して死ぬことはないので、無理して先頭行くことはない。

てことでblood brother というミッションまで来た。ソープが○○○してしまう回です。
しっかしなぜプライスおじさんはああも被弾しないのかw ひとえに訓練の賜物なのだろう。
FPS超人様はベテランを無死亡でクリアしたりするのだろうか?

コンピュータ相手ながら、ベテランをクリアできればFPS初級のレベルは脱したと言っていいだろう。

konblog at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月09日

続・最近なるほどと思った話「ID化」

COD:MW3を遊ぶ際、インターネットを通じてソフトウェアのID登録を行った。
ネットで対戦しないでキャンペーン(ストーリーモード)だけ遊ぶにしてもまずソフトのID登録が必要なのだとか。
シムシティの最新作なども遊ぶ際ID登録が必要らしい。

何でも、こうすることで「違法コピーソフト対策」になるのだとか。

比較的最近※のメタルギアソリッドで「ID登録された兵士とID登録された兵器」という世界観があるが、この現実世界ではすでにゲームプレイヤーのID化とソフトウェア自体のID化が進んでいるということだ。

なるほどと思った。


※ こう、詳しく年数を書かないのは20代のうちに時間の感覚がさらに変化したから。2003年と2013年て割と「この間」くらいじゃない?と思えてきた。3年といえば、10代の内では高校1年生と高校3年生ぐらいの開きになるわけだから人生における大半の時間のように感じられたけど二十歳越えてからはそこまで長大な時間でもなくなった。
 ただ、もっとも、10年がそれほど永い期間ではないように感じられても、最近聞かれる「アラサー」「アラフォー」という表現は個人的に好きではない。まずどこか語感が流行語くさい(KYと同類臭)し、なりたての25歳ともうすぐ34歳が終わる人が同じカテゴリーというのはやはり幅が広すぎるように思う。やっぱり昔ながらに、小低小高中高18、19、二十歳、20代前半、半ば、後半、30台前半、半ば、後半・・・とするのがしっくり来る。このアラ○○という言い方が今年か来年中には使用頻度下がってる・・・ような気がする。
 年齢といっても、気持ちや精神年齢も重要な要素なのだがこうして年齢の数を気にしている。イチローも言っていたけど、年齢(数字)は人間が考えた10進法だから十のケタで騒ぐのはどうかとと言っていたが、自分も共感する。

konblog at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月08日

最近聞いてなるほどなぁと思った話

前回日記で、
「ソーシャルゲームは基盤やらソフトは形がないのでコストが低い上に課金させるから反則的な利益だ」
という趣旨のことを書いた。

だが、実際は一概にそうとはいえないらしく、
ソーシャルゲーム=サーバーの維持コスト問題
がついて回るようだ。

サーバーの維持管理にかかるコストが必然的についてくる。そのため、一定以上のプレイヤーとそのうち一定割合の課金もしてくれるプレイヤーを確保できなければ採算が合わないらしいのだ。
世間では、
パズドラ、モバマス、神バハなどが慣用句でいう「肩で風を切る」ような売り上げを誇っている・・・。
しかし、その裏で採算に会わないゲームなどは人知れず姿を消している、らしいのだ。

なるほどなぁ、と思った。

konblog at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月07日

自分も従軍記始めました

 先月新PC購入と同時に購入した「コールオブデューティー:モダンウォーフェアー3(COD:MW3)を攻略。
昔からやっているSTGや対戦格闘ゲームで培ったアクションゲー力を駆使して、まず楽しみながらビギナー二回、レギュラー1回、ハードを1回クリアした。そして今回ベテランに取り組んでいるが、これがハードがぬるく感じられるほど敵の射撃が早くて正確wガッツリ死にながら進んでいます。事前に知っていないと即死するポイントが妙に多い。

 ニコニコ動画とかでプレイ動画とかあるけど、こういうゲームはやはり自分がプレイしないと面白さがわからないなと改めて思った。

 このFPSというやつ、このブログが始まったころはそうでもないジャンルだったのだが、ここ5年くらいでグラフィックを大幅強化し、映画並みのリアルさを売りにして尚且つゲーム性やストーリーも向上させてずいぶん欧米などで人気を博しているようだ。

 一応同時購入でPC版スト4買ったけど全然触っていない。このままでは昇龍拳セービングキャンセル真空波動券の練習台にしかならない。

 ってこんなこと書いているけど、世間、とくに日本国内ではFPSか格ゲーかの対立というよりはスマートフォンでプレイするゲームがえらい活況だとか。確かに友人知人がヒマなとき何をやっているかを見ると「パズル&ドラゴンズ」とかいうガンホー・・・ってあのラグナロク・オンライン出した会社が作ったゲームがえらく売れているのだとか。

基盤を買って、筐体に設置して、1クレプレイで20分か30分というSTG

基盤買って、筐体設置、1クレで乱入対戦したりするので4、5分で次のクレが入ったりする格ゲー

ソフトはダウンロード、家のPCでプレイできて、一度月のプレイ料金払いだすと年単位で遊ぶネトゲ

ソフトはダウンロード、どこでもプレイできて、射幸心煽って課金廃を生み出すソシャゲー

一番上と下では1000倍、あるいはもっと収益力で開きがあるだろう。今ビデオゲーム主体のゲーセンが次々と潰れているのはこれのせいか。池袋ラスベガスは閉店。大塚スポーツランドも閉店。札幌のGAME41も閉店。大久保のαも閉店。大型筐体とプライズ弱いところはもう軒並み危ない。

 STG、格ゲー、そしてFPSに手を出している自分のような人間にはスマホゲーはプレイすることはあまりないかなと思う。ただ、他人がどういうゲームやっているのかはチェックしていたいとは思う。例えば、「へぇ、とびだせどうぶつの森」って300万ももう売れているのかぁ、とか。
その点、ファミ通、ニコニコ動画ランキングあたりはタダで情報知れるからいいね。ネットを駆使すれば、アーケードゲームのインカムだの、映画の興行収入だのもっと知ることができそうだ。ネットは顔の見えない相手と討論するところなど不毛だが、「今何が人気か」を知るにはいいツールだ。

konblog at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月06日

ラーメン二郎 札幌店

ラーメン二郎札幌店なるものがついにオープンするらしい!
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/3433/
の左カラムの下にそういう店が・・・!
昔、「札幌には亜流店しかない。本場の二郎があればなぁ」と書いたことがあったがついに本物が札幌入りか。

konblog at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ブログ重視 by ゼロ昆布

思うところあって、今後ブログにまた力を入れていこうかと思いました。
あとツイッターとかピクシブ。

というのも、今までSNSで日記を熱心に書いてきたけど最近全然見てくれないから。
昔みたいに帰宅即ネットでミクシィって流れで生活する人が減ってる。明らかに。
久しぶりに会った友人など「最近ミクシィ全然アクセスしていないしなぁ」と打ち明けていた。

思うに、SNSって結局廃れる宿命にあるんじゃないか。

新しいサービスをひっさげてSNSサイトがオープンする

学生(小中高専門大院)以下が面白がって参入する

その世代が就職したりするなどしてプライベートが変化していくにつれて、知り合った当時の仲間と話題がかみ合わなくなってくる。新しい人間関係ができていく。それは仕事上のお付き合いの関係なのでSNSで色々書くと不都合が大きい。取引の機密に関わることを書いてはいけないし。内部や外部の人について色々書くのは失礼にあたるなどの理由で。またビジネスパーソンとして自身の個人的なことを日記に書くとまたまずいことの方が大きいだろう。少しでも昇進するとますますあれこれコメントしづらくなる。現にミクシィのマイミクの日記で「会社が〜(マイミクした当時は学生)」と、ところどころ匿名にして「特定されないような」日記を書いているのを見て違和感覚えたものだった。
例えば、SNSで日記書いている人が大手自動車会社Tの社員だったとわかっていたとして、その上で民主党が〜とか自民党が〜アメリカが〜韓国が〜中国が〜みたいな政治話を書いたら、たとえどんな中立的な視点であったとしても各方面から批判が飛び、ときに炎上することさえあるだろう。学校の先生が、保護者たちについてあれこれ書くとこれもまた極めて神経質な話題でたった一言で即炎上もありうる。というか実例ある。A社の従業員がB社のモノやサービスについてネットでいいだの悪いだの公言するのもまずいだろう。
 たとえ趣味や旅行などOFF日の話であっても、どこどこで働いている人がと特定された上では具体的に書きづらくなるものだ。

こうして、あれこれ書けなくなり、アクセス数の減ったSNS。これは読む人の限られる閉鎖ブログ状態なので過疎。書かない→読まれない→もっと書かないの悪循環に陥っていく。

また、新しいサービスをひっさげて違うSNSがオープンする
ゾンビが多いSNSより新しいし、加入の勢いがあるという話を聞いて新SNSに若手はどんどん参入。
こんな形でSNSは4、5年周期で流行と衰退を繰り返しているように自分は感じる。

過去においてはミクシィ、マイスペースがあったが、もう過疎。
フェイスブック(FB)、LINEもあと1年2年でどうなることやら?といった具合。

SNSはいずれ過疎る。ミクシィ読んでくれない。加えて、
自分は、個人的にこれをやっていきたいというアイディアがあるし、
絵もアップしていきたいし、
などの理由でこの不特定多数の人に見てもらえるこのブログをもう一度力入れてみたいと思った。

konblog at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月23日

北海道GAME41サムスピランバト「蝦夷戦記」最終完全版

以前から、自分は北海道のGAME41で行われてきたサムスピランバトなどの開催記録を面白半分でつけてきた。このたび、GAME41が惜しまれつつも閉店したということで、文章ファイルから書きかけの記録を取り出し、最後まで記述してみることにした。インターネットを漁っていて驚いたのは↓
えんさん佐賀行きによって脱北w
5期どころか6期7期までやっていた
何気に41ランバトで最長のタイトル?
初期中期後期で人が入れ替わって全てが思い出深いラ。もうね、バキ風に「全ての選手が・・・・・・・・・・・・ッッ イカしてたァッッ」

『蝦夷戦記 最終完全版』
1993    (SAMURAI SPIRITS基盤リリース)
1994    (真SAMURAI SPIRITS基盤リリース)
1995    (サムライスピリッツ斬紅郎無双剣基盤リリース)
1996    (サムライスピリッツ天草降臨基盤リリース)
2003   (7年の沈黙を破り2Dサムスピ新作「サムライスピリッツ零」基盤リリース) 
2003.12.22 (サムライスピリッツ零掲示板 北海道スレ設置)
2004.01.10 サムライスピリッツ零大会in麻生アミュージアム
2004.01.29 (サムライスピリッツ零SPEICIALリリース情報)
2004.02.01 闘劇2004 サムライスピリッツ零 札幌予選in麻生アミュージアム
2004.03.06 サムライスピリッツ零大会in麻生アミュージアム
2004.04.03 サムライスピリッツ零大会in麻生アミュージアム
2004.04.23 (闘劇前なのにサムライスピリッツ零SPECIAL基盤リリース)
2004.05.01 サムライスピリッツ零大会in麻生アミュージアム
2004.05.05 闘劇2004 サムライスピリッツ零決勝トーナメント本戦
2004.05.31 サムライスピリッツ零SPEICALゲリラ大会inレタス702
2004.05.31(レタス702閉店→レタス41に吸収合併しGAME41になる)
2004.06.05 サムライスピリッツ零大会in麻生アミュージアム
2004.07.18 第1期第1回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.08.22 第1期第2回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.08.22 (この日、後の闘劇全4とろろ 昆布勢加入)
2004.08.22 (第2回ドン・ばんちょ杯3on3開催)
2004.09.12 第1期第3回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.09.12 サムラピスピリッツ零SPECIAL ランダム3on3
2004.09.24 (麻生アミュージアム閉店→跡地が麻生マキシムにリニューアル)
2004.10.03 第1期第4回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.10.03 サムライスピリッツ零SPECIAL ボスキャラ大会
2004.10.03 サムライスピリッツ零SPECIAL 2on2大会
2004.10.24 第1期第5回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.10.24 サムライスピリッツ零SPECIAL2on2大会
2004.10.24 (大邪神ゾーク師匠 蝦夷降臨)
2004.10.29頃(サムライスピリッツ零SPECIAL完全版の情報流布)
2004.11.14 第1期第6回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.11.14 サムライスピリッツ零SPECIAL3on3 
2004.12.05 第1期第7回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦 
2004.12.19 a−cho格闘維新 本戦
2004.12.26 第1期第8回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2004.12.26 第1回大邪神杯(大邪神公認)
2005.01.09 サムライスピリッツ零SPEICAL 犬龍杯
2005.01.09 蝦夷勢新年会 麻生パボッツ内のグローバルビュッフェ イー
2005.01.23 第2期第1回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.01.23 サムライスピリッツ零SPECIALランダム2on2
2005.01.24 (Project 昆blog 始動)
2005.01.28 (蝦夷帽子板 開設)
2005.02.27 第2期第2回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.02.27 サムライスピリッツ零SPECIAL午前1時大会
2005.03.20 サムライスピリッツ零SPECIAL HK杯3on3予備予選
2005.03.26 (第三回ドン・ばんちょ杯 無印2on2)
2005.03.27 (第三回ドン・ばんちょ杯 SP2on2)
2005.04.17 第2期第3回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦 *景品がDS
2005.04.17 サムライスピリッツ零SPECIAL HK杯北海道予選
2005.04.30 (新宿で初のサムライスピリッツ天下一剣客伝ロケテ)
2005.05.01 (新宿でサムライスピリッツ天下一剣客伝ロケテ)
2005.05.03 HK杯本戦
2005.05.? HK杯東西28on28
2005.05.04 (闘劇’05)
2005.05.05 (闘劇’05)
2005.05.08 第2期第4回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.05.30 (ゼロ昆布昆blogに記述開始)
2005.06.05 第2期第5回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.07.03 (サムライスピリッツ零SP地域対抗戦5on5)
2005.07.09 (秋葉原で剣サムロケテ。いろは・麻呂・双六初お目見え)
2005.07.10 第2期第6回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.08.07 第2期第7回 サムライスピリッツ零SPECIAL 剣術順位認定戦
2005.08.07 サムライスピリッツ零SPECIAL 紅白戦
2005.08.08 (サムライスピリッツ天下一剣客伝掲示板 北海道スレ設置)
2005.08.23 (池袋で剣サムのロケテが実施)
2005.09.14 (サムライスピリッツ天下一剣客伝基盤リリース)
2005.09.23 サムライスピリッツ天下一剣客伝大会inマキシム
2005.09.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝in麻生マキシム大会
2005.10.01 サムライスピリッツ天下一剣客伝プレ大会inGAME41
2005.10.16 サムライスピリッツ天下一剣客伝inスガイ大会
2005.10.09 第1期第1回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2005.10.30 第1期第2回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2005.11.05 サムライスピリッツ天下一剣客伝マキシム大会
2005.11.27 第1期第3回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2005.12.04 (サムライスピリッツ天下一剣客伝 関東一剣客祭)
2005.12.10 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2大会inマキシム
2005.12.23 (サムライスピリッツ天下一剣客伝3on3「西強祭」)
2005.12.25 第1回サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2団体戦
2006.01.08 『闘劇’06 北海道・東北エリア枠予選大会inスーパービンゴ郡山店(福島県)』
2006.01.28 第2回サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2団体戦
2006.02.05 サムライスピリッツ天下一剣客伝マキシム2on2大会
2006.02.12 『闘劇’06 北海道・東北エリア枠予選大会inGAME41(北海道)』
2006.03.04 『闘劇’06 北海道・東北エリア枠予選大会inプライランドエフワン(宮城県)』
2006.03.05 第1期第4回サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.03.05 復活第1回 サムライスピリッツ零SPEICIAL大会inGAME41
2006.03.26 第1期第5回サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.03.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランダム2on2大会
2006.03.26 (サムライスピリッツ天下一剣客伝3on3「第弐回西強祭」)
2006.04.16 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2大会inマキシム
2006.04.23 第1期第6回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.04.23 復活第2回 サムライスピリッツ零SPEICIAL大会inGAME41
2006.05.03 『闘劇’06 前日大会』
2006.05.04 『闘劇’06 サムライスピリッツ天下一剣客伝 決勝トーナメント本戦』
2006.05.05 『サムライスピリッツ天下一剣客伝 東西戦21on21』
2006.05.21 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2大会inマキシム
2006.05.28 第1期第7回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.06.25 第1期第8回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.06.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝 パーソナル2on2大会
2006.07.02 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2inマキシム
2006.07.30 第1期第9回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.07.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝 ランダム2on2大会
2006.07.30 (サムライスピリッツ天下一剣客伝5on5 第参回西強祭)
2006.09.03 第1期第10回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.09.16 (薙災氏一時帰札 対戦会実施)
2006.10.01 第2期第1回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.10.22 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2inマキシム
2006.10.29 第2期第2回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.11.26 第2期第3回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2006.11.26 サムライスピリッツ零SPEICAL大会
2006.11.26 (*柳龍拳vsヨーガ柔術inきたえ〜る)欠席続出
2006.12.17 サムライスピリッツ天下一剣客伝2on2inマキシム
2006.12.20 (アルカナハート基盤リリース。サムライ勢大流出)
2006.12.24 第2期第4回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.01.28 第2期第5回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.02.24 第2期第6回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.03.31 第2期第7回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.04.28 第2期第8回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.04.28 同日開催 零SP大会
2007.05.26 第2期第9回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.05.26 同日開催 零SP大会
2007.06.26 第2期第10回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.06.26 同日開催 零SP大会
2007.07.28 第2期第11回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.07.28 同日開催零SP大会
2007.08.04 ゼロ昆布脱北
2007.08.12 第2期第12回 サムライスピリッツ天下一剣客伝 順位認定戦
2007.08.12 同日開催 零SP大会
2007.09.01 サムライスピリッツ零SP突発大会
2007.09.01 おまけ 天下一剣客伝2on2大会
2007.09.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第1回
2007.09.29 同日開催 零SP大会
2007.10.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第2回
2007.10.27 同日開催 零SP大会
2007.12.24 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第3回
2007.12.24 余興 零SP大会
2007.12.22 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第4回
2007.12.22 同日開催 零SP大会
2008.01.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第5回
2008.01.26 同日開催 斬紅郎無双剣大会
2008.02.23 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第5回
2008.02.23 同日開催 天草降臨大会
2008.03.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第7回
2008.03.29 同日開催 アスラ斬魔伝大会
2008.04.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第8回
2008.04.26 同日開催第1回 サムライスピリッツ閃 大会
2008.05.31 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第9回
2008.05.31 同日開催第2回 サムライスピリッツ閃 大会 
2008.06.28 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第10回
2008.06.28 同日開催第3回サムライスピリッツ閃 大会
2008.08.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第三期 第12回
2008.08.30 同日開催サムライスピリッツ斬紅郎無双剣大会
2008.09.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期第1回
2008.09.27 同日開催サムライスピリッツ斬紅郎無双剣大会
2008.10.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期第2回
2008.11.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期第3回
2008.12.20 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期第4回
2009.01.31 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第5回
2009.02.21 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第6回
2009.03.28 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第7回
2009.04.18 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第8回 
2009.05.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第9回
2009.06.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第10回
2009.07.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第11回
【えん】さんが大会終了後に「旦那が出かけていて居ないから泊まっていって」との電話を受けて、二次元嫁を捨てて人妻のもとに走ったのが印象的な大会でした。まさに不倫頑張ってくださいとしか言いようがない。
2009.08.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第四期 第12回
2009.09.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第1回 まさかの5年目突入
2009.10.31 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第2回
2009.11.28 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第3回 神邪怒スピ斬紅郎優勝
2009.12.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第4回 参加者7名 そして【えん】さん優勝ですが、個人的には来年の春くらいまで優勝できなくて、この総評に【えん】さん優勝まだぁ?と書き続けたかったのに・・・。
2010.01.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第5回
2010.02.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第6回
2010.03.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第7回
2010.04.24 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第8回
2010.05.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第9回
2010.06.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第10回
2010.07.31 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第11回えんさんが佐賀に何と結婚のために行くらしいとか聞かされてそのイケメンぶりに一同驚愕する中(ry
2010.08.07 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第五期 第12回
2010.09.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第1回
2010.10.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第2回
2010.11.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第3回
2010.12.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第4回
2011.01.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第5回
2011.02.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第6回
2011.03.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第7回
2011.04.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第8回
2011.05.28 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第9回
2011.06.25 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第10回
2011.07.30 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第11回
2011.08.27 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第六期 第12回
2011.10.01 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 第1回
2011.10.29 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 第2回
2011.11.26 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 第3回
2011.12.24 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 第4回
2012.01.28 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 第5回
2012.03.31 サムライスピリッツ天下一剣客伝ランバト第七期 ・・・人が集まったら開催
2012.09. サムライスピリッツの何かで最後の大会・・・行われたかは不明
2012.09.30 GAME41完全閉店
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =

2Dで完全新作出て対戦盛り上がれば続き書くかもね?w


konblog at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!大会報告 

2012年07月11日

ぬいぐるみが当たる

5605affd.jpgPontaぬいぐるみ(30cmサイズ)が1000人に当たるキャンペーンがローソン100でやるそうです。応募数どのくらいだろう。3000じゃ少ないか。じゃあ5000?1万?2万?

konblog at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年03月16日

ファンなら買い?のすごい一品

エヴァンゲリオン等身大フィギュアが43万円。
以下ツイッターの反応→http://news.nicovideo.jp/watch/nw214785?marquee
ああ、なるほどなぁと思った書き込みを抜粋すると、
1 シンジとマリはどうした→やっぱり主要キャラ全部欲しいようです
2 エロゲでこういうフィギュア出たら死ぬ気でバイトするわ→アニメのキャラばかりが求められているわけではないようです。あと、買うお金がないならバイトでもなんなりすれば買えるようになるようです。
3 家庭用じゃなくて業者が買うのか?→パチ屋の店舗に置くなど、家庭や個人ばかりが買い手じゃないようです
4 アノ機能ついてたら500万でも売れちゃうのか?→アレができると付加価値がハネ上がるようですww
5 カヲル君とシンジ君揃えて→女性も買います

あと、
ただいまゲーセンのアルバイトを探しています。プライズとか触れるし、UFOキャッチャーの練習とかして上達したいなと思いましたので。都心住まいだと毎日終電後の閉店まで余裕だしいいかなと思った。

konblog at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年02月15日

あとで必要になる下調べ

今、アーケードのキャッチャーゲーム機のプライズを製造している会社を調査しています。

今年中に形にしたいなと思います、色々と。

konblog at 15:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年01月02日

今年の抱負

ま、今年も(仕事の方は)ダラダラ行こうかと思います。
例の罪袋とか作るミシンとか針の技術方面は真剣に取り組みたいと思います。

konblog at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月13日

最近のネット

ブログを作る前、メールの認証が必要という表示が出た。
そのメールの主、とろろのものなのだが、このメールのプロバイダはすでに解約しているということらしい。
一応ブログ自体はこうして投稿できるようだが、ちょっと面倒だ。

最近のネット:
ミクシィ→相次ぐ仕様変更(特に足あと機能)で日記が上がらなくなってきたのを痛感
ツイッター→一日30ツイート以上する人がフォローにいるとその人の書き込みだけで画面が埋まる罠。どうにかならんのこれ?あともうすこし軽快に動いて欲しい。
フェースブック→あれこれ着手しすぎるとどれかおろそかになるので今は触りたくない。てか実名じゃ誰かわからんからハンドルネームで表示してほしのだがw

konblog at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年08月17日

ノーマルクリア安定化中

今地霊殿と風神録をもりもりノーマルクリア中。一部機体なら75%くらいの確率でクリアできると思う。

最近ネットしてて思う。
何年も前ワンタッチでブログが始められるサービスが開始。
その何年か後、ミクシィというSNSがサービス開始。
その後、ピクシブやニコニコ動画、ようつべがサービス開始。
その後、ツイッターだのフェイスブックがサービス開始。
色んなサイトができた。

自分は、ブログとミクシィをメインでツイッターは基本的にROM専というスタイルである。
コピー&ペーストという文明の利器があるものの、書く度にあちこちにコピペして回るのって正直面倒きわまり無い。ZUN(東方作った人)は、基本ツイッターで発言して、残しておきたい重要発言をブログでするスタイルを取っているよう。これはツールの使い分け例としていいと思う。

これも問題だったりする。
書く人としてはリンクを貼ることもできる。
ただ、普通の見る側としては、
ツイッターにリンク貼ってあるけどリンク先まで飛ぶのが面倒。
ミクシィにブログへのリンクが貼ってるけど行くのが面倒。

ってことが多いのではないか。

じゃあこの際、
ブログもツイートもピクシブ(お気に入り絵師とか好きなタグの新作絵)も2ちゃんのスレッドもまとめて好きなところだけフォローして同一タイムラインに表示するフォローツールがあると便利だよね!とか思う。
IT極めた人開発お願いしますw

konblog at 17:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!