「スーパー海藻アカモク」がもっと手軽に食べられる!



ーパー海藻アカモク




最近、TVでもよくとりあげられ、スーパー海藻と呼ばれている


「アカモク」
をご存知ですか?



アカモクはこんぶやワカメ、ひじきといった

メジャーな海藻と同じ、食用の海藻です。



古くから食されている海藻なのですが、

そのアカモクが最近になって非常に注目されるようになりました。




◆なぜアカモクに注目が集まっているの?



アカモクが注目されている理由

それは、


①フコキサンチンが他の海藻に比べて多い。

②フコダインが他の海藻に比べて多い。

③価格が他の海藻に比べて安価。



①と②は何のことかわからないと思いますので

順番に説明していきますね。



フコキサンチンというのは脂肪を燃焼させる栄養素なんです。

つまり、ダイエットに効果的ということです。



フコイダンというのは食物繊維の一種で、

腸内環境を整えてくれる栄養素です。



腸内環境が良くなると花粉症の改善や

生活習慣病の予防にもなりますよね。



こういったメリットがあるにもかかわらず、

他の海藻よりも安価に手に入るため

現在人気を集めているんです。




◆アカモクってどうやって食べるの?



生のアカモクを食べるときは、まず流水で汚れを落とします。

きれいに洗ったら、たっぷりのお湯で下茹でします。

冷水で冷やしたあと、包丁などで細かく切り刻みます。


食べるまでにけっこう手間がかかりますよね。


市販品でそのまますぐに使えるものもありますが、

酢の物にするにも、お味噌汁にするのも調理は必要です。





◆手軽にアカモクを食べられる「海の森キャラメル」



「アカモクを試してみたいけれど、調理が面倒。」

「酢のものはあんまり好きじゃない。」

「でも、人気のアカモクは食べてみたい」



そんな方には当店の


能登産のアカモクを使った

「海の森キャラメル」がおすすめです。



アカモクは日本各地で採れますが

なかでも日本海に突き出た能登半島で採れる

アカモクは特に美味しくて高品質です。



キャラメルなので、すぐに食べられますし

お子さんでも嫌がることなく食べていただけます。

食感も柔らかくてクセになる味ですね。



海の森キャラメルは

みそ味と酒粕味の2種類があります。



味噌は能登産の手作りみそを使用。

酒粕は能登の地酒酒粕を使っています。


価格は1つ325円です(税込)



「海の森キャラメル」

気軽に人気のスーパーフード「アカモク」をお試しください。




IMG_0544

海の森キャラメルpop




*「アカモクこんぶ」はまだ未発売です。


船金庫とは~北前船の活躍を静かに物語る道具たち~

 
IMG_0538


           船金庫

      ~北前船の活躍を静かに物語る道具たち~





金庫という金庫があるのをご存知ですか?

船金庫は別名、船箪笥(ふなだんす)とも言います。



江戸時代から明治時代にかけて

海上の物流を一手に担っていた

北前船に積まれていました。



当時の航海は現在とは比べ物にならないほどの危険な航海。

板子一枚下は地獄とまで言われていました。



荒波の中を航海する北前船は

いつ難破するかわからない危険が常にあります。



1隻の北前船にはリスクを分散するために、

船主用、船頭用、帳簿方用など

数個の船金庫が積まれていました。



万が一難破した時は、海中に船金庫が投下されます。

後日浜に打ち上がった船金庫を代官に届けた者には

報奨金が支払われる仕組みになっていました。



海中に投下した金庫が沈むことはなかったのか?

と疑問に思うかもしれません。



船金庫は当時の技術の粋を集めて作られていました。

なにしろ、当時の大富豪である、北前船主からの依頼です。

多くの職人が腕をふるっていたことでしょう。


船金庫は外側は堅牢な欅を使い、

内側は水に沈まないよう桐が使われています。


そして、たたき上げた鉄を様々な形に装飾し、

ひとつの芸術品へと仕上げました。

鍵穴も決して二つとして同じものがないよう工夫されています。



船金庫の中の主なものは、

顧客の名を記した帳簿だったといわれています。



たとえ難破しても、信用さえあれば

また商売を盛りたてられるという

強い商人魂を感じることが出来ますね。



しら井七尾店にて、船金庫を展示中です。

ご興味のある方はぜひご覧ください。





IMG_0537


IMG_0536


IMG_0539



コメントお待ちしております。

ミニギャラリー玉藻9月「保科信子油彩画展」のお知らせ

IMG_0535


ミニギャラリー玉藻9月「保科信子油彩画展」のお知らせです。


七尾市の油彩画(ゆさいが)作家の

保科信子さんの作品展です。


保科さんは市内の自宅で油彩画(ゆさいが)教室などを開きながら、

作品を制作されています。


油彩画(ゆさいが)というの油絵のことです。

油絵の具で描いたものを油絵といいます。

これに対して水彩絵の具で描いたものを水彩画といいます。


それぞれに表現方法が違うのですね。


今回の作品展では、

七尾市一本杉通りの商店などを描いた

油彩画の作品、9点を展示しております。


また、油彩画教室の生徒さんによる作品も展示中です。



色彩豊かな油彩画の世界をご堪能下さい。

展示は9月29日まで。。。


IMG_0534

IMG_0533

IMG_0532

IMG_0531

IMG_0530




記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール
QRコード
QRコード