中野クニヒコさんのご指名により、
今回のコンガラブログは和紙商小野商店の河手がお届けします。

8月から9月にかけて開催された奈良県立万葉文化館での
展示が終わったと思いきや、今月は伊勢で坤柄紙(こんがらし/kongara)
現在、展示中しております。 (当面、こんな感じのようです。)

伊勢でのコンガラ紙の設営風景伊勢でのコンガラ紙の設営風景

先日、設営のため展示会場へ行ってきました。
場所は外宮に近くにあるギャラリー、社長とは約10年ほど前からの知り合いで
昨年より坤柄紙展示のラブコールを受けていて、今年やっと実現しました。
コンガラ紙を展示している伊勢のギャラリー外観

このギャラリーは古いにも関わらず(大正時代の建物?)、
随所にモダンな装飾が施されていて、いつ見てもカッコよく、渋い建築物です。
こんな事務所でお仕事されているとは羨ましいかぎり。

コンガラ紙を展示している伊勢のギャラリー内部コンガラ紙を展示している伊勢のギャラリー内部風景

坤柄紙(こんがらし/kongara)が
このモダンな空間にどのように映るのでしょうか。

先日、伊勢のケーブルテレビの番組にどうやら坤柄紙展示の事が
放送されたようで、その番組を見た方も来られてました。

少し遠い場所になりますが、
期間中、お伊勢参りに来られる方は是非ともお立ち寄り下さい。
ご来場、心よりお待ちしております。

※伊勢での坤柄紙(こんがらし/kongara)展示の詳細については
以下のリンク先よりご覧いただけます。

[⇒]伊勢・外宮近くモダン建築の洋館がギャラリー、坤柄紙の『ひかりと影の調性』展が開催中

次のブログは牧野あにきにお願いしようかなぁ~と思いつつも、
やっぱりここは昔、健全な?元ヤンだった鈴木さんにお願いすることにしようっと。
では、次回、宜しくお願いします。