ブログネタ
食べ物の、かたい話とやわらかい話 に参加中!

 

 みかんは収穫後も呼吸し、生きている果物です。室温が高いと酸味が飛んで、ぼけた味になってしまうのはよく知られています。しかし、この場合の味の低下は、何も温度だけの問題ではありません。置き方に問題があるのです。
 まず、収穫後も続くという呼吸を考えます。箱で買ってきたときなど、窮屈な箱入りのままでは呼吸困難になってしまいます。一度箱から出して、伸び伸びさせてから並び替えると傷みにくいといわれます。
 それを数個ずつ出してお盆などに載せるわけですが、このときの置き方が大事。たいてい、ヘタを上にして積んでいませんか。
 実はそんな置き方が、みかんにとっては大変なストレスになるといいます。ヘタ側より反対側のほうが、果皮が柔らかいためです。柔らかいところに重さがかかって、下のほうからギブアップというわけです。
これを解決するのは簡単です。硬い果皮のほうで、ストレスを受け止めてやるようにすればいいのです。
 みかんはヘタを下にして、逆立ちさせて置きましょう。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「食べ物の、かたい話とやわらかい話」の頁のトップへ