*30歳、コニのバリ日記*

ブログ 引っ越しました

お陰さまで忙しく楽しく過ごしてます。

ブログを引っ越しました!

新しいブログはこちら

ライブドアブログには5年間お世話になりましたね〜ありがとうございました。

特に不満はなかったのですが、ワードプレスの方が好きなように作れて楽しいのと、
半年前に有料プラン(月額315円)にしてみたけど特にメリットが無かったのと、
今までは「バリ島ブログ」ってことで書いてきたけど、これからはバリ島にこだわらずに私の人生を記録するブログにしようと思っての、引っ越しです。

今まであんまり書いてこなかった仕事の宣伝やら、ステマやら、バリ島就職の現地事情やらも、色々書いてみようと思ってます。

興味があるかたはどうぞ!

先月オープンしたばかりのウルワツのホテルに取材に行ってきました。1泊朝食付きスタンダードルームが、今だけ2500円。安~い\(^o^)/

ヒデン バレー リゾート バリ (Hidden Valley Resort Bali)

image
image
image
image


現在、ブログ移転中!

image


ショッピング帰りに借りてきた本で読書。

今日は涼しくて過ごしやすい天気だけど、寒がりだから温かいカプチーノ。

ところで治らない習性の一つに、手に持っているもの(指輪含む)をすぐどこかに置いてくるっていうのがあります。

この前はレストランにノートPC、その前は空港のトイレにパスポート、今日は靴売り場に服を忘れました。

でも不思議とほとんど戻ってくるんですよね~。今日も無事でした!

バリ島からスピードボートで40分のレンボガン島。
海の透明度が抜群によく、まったり感の濃い田舎のリゾートです。

この間、日本から来た友人達と2年ぶりのレンボガンへ。
尾島プロデューサーが率いるバリ倶楽部さんのツアーに参加してきましたー!

バリ倶楽部のウェブサイトはこちら

参加したのはアクティブ度高めの「レンボガン島パドルボード&シュノーケル」ツアー。

ガイドさんが力説するには、パドルアップ(スタンドアップボード)は最近日本でも流行っている新しいアクティビティで、『ボードとパドルを使った新感覚の水上レジャー』だそうです。

スポーツという言葉にまるで縁がない私的には、「サンライズ&ヨガツアー」の方が30倍惹かれるのですが、同行者が合わせてとにかく一度やってみることにしました。

1.サヌールビーチでチェックイン。
その日のツアー参加者とサヌールビーチで合流。
ガイドさんからツアーの説明を受けたらスピードボートで出発!

IMG_0007



2.ボートを飛ばして40分でレンボガン到着。
ビーチに近づくにつれて変わっていく海の色に感激!

IMG_0086



3.島内にはまだ10数台しか車が無いそうです。
ミニ・タッチ号?に乗り込んでマングローブの村へ。

DSCN0321



4.波打ち際ギリギリに経つ素敵ワルンに到着。
ここがマングローブ探検とシュノーケルの起点になるみたいです。

IMG_0150


ここで「小船チーム」と「パドルチーム」に分かれます。
「小船チーム」は村見学の後で小船でマングローブ探検へ。

IMG_0172


5.「パドルチーム」はビーチでイメトレ開始!
簡単な更衣室で水着の上にラッシュガードとライフジャケットを装備したらビーチへ。
ラフティングと似てるけどオールの使い方がこっちの方が難しくて、頻繁に持ち替えないといけないんです。

IMG_0210



6.ビーチからチェックイン。
こわごわボートに乗ってみると、幅広で厚みがあるボートなので安定してる。
簡単に乗れた&立てました!

IMG_0214


7.マングローブの森へ。
最初はオールの使い方がうまくいかない。逆走したり森に突っ込みながら漕いでいるとなんとなく慣れてきます。立ったり、座ったり、自由な体勢で漕ぎ漕ぎ。

IMG_0227


マングローブの森は静かで、風と鳥の鳴き声が聞こえるくらい。
時間がゆったり流れていきます。

IMG_0253



8.マングローブをぐるっと一周してビーチに戻り、ワルンで「小船チーム」と合流して休憩タイム。オール漕ぎをがんばったため、疲労度★★。

IMG_0285



9.ボートでシュノーケリングに出発!
さんご礁がきれいなポイントで海にどぼん。そこから潮の流れに任せてシュノーケル。

イメージ写真
18


ゴーグルで水中を見た瞬間、あんまり綺麗でびっくりしますよ!

バリにも綺麗な海はあるけど、南部リゾートからは距離があるので、
手軽に行ける範囲の中ではレンボガンが一番おすすめです。

シュノーケルの時間は小一時間。
流れによって変わっていく海中の風景を十分楽しめます。


10.ボートに乗り込んで出発地点の村に戻ります。
2つのアクティビティで疲労は★★★★、かなりクタクタです。
更衣室で簡単に着替えて、ミニ・タッチ号でリゾートエリアに戻りますよ〜

IMG_0298


11.レストランに到着。 行きのボートで「あのレストランいいな」と思ってた所でした!

IMG_5786


屋外シャワー&プールでさっぱりしてからのランチです。

IMG_5874


IMG_5917


IMG_5918


食べ足りない方はアラカルトメニューを追加注文できます(支払いは各自で)。
冷えたビンタンもあるますよー のんびりタイム

12.スピードボートでバリ島へ戻ります

IMG_5938


・・・という充実ツアーとなりました。

私にとっては「パドルアップの後にシュノーケル」という2アクティビティは結構ハードでしたが、同行者たちは「全然軽い。もっとパドルボートやりたかった!」とか言っていたので、体力消耗度は個人差があるようです。

パドルボートはやってみる前は「不安定ですぐ海に落ちそう!」って思っていましたが、
意外と一度も落ちなかったので足しか濡れませんでした。

「船に乗って連れていってもらう」という受身のツアーではなくて、「自分で漕いで行く」というところがポイントだと思います。ボート1枚で波の上に立って自分でマングローブの奥に進んでいくときは、おおっ冒険してる!という感覚がありました。

バリ倶楽部さんのツアーは個性的で昔からファンなんですが、
アクティブ系からカルチャー系まで、テーマ性のあるツアーが揃ってます。
それと、ガイドさんのホスピタリティが凄く高くてすばらしいです。

定番観光地とお土産店を組み合わせただけのツアーじゃなくて、
何かのテーマや独自性・一貫性があるツアーが増えると面白いと思います。

バリ倶楽部のウェブサイトはこちら

前回の続き

お昼12時を待ってレストランに一番乗り!

ガラス張りのレストラン内はすごく広くて、
お料理は一箇所にまとまっているのではなく、ジャンル別にあっちこっちに分かれています。

日本人だからだと思いますが、和食コーナーの席の近くに案内してくれました。

レストラン全景

IMG_0543


寿司&さしみバー

IMG_0526


IMG_0521


アイス&チョコルーム

IMG_0544


スイーツルーム

IMG_0553


インドネシア料理コーナー

IMG_0542



ここからはお料理写真を一挙ご紹介!
でもお腹を空かしながら撮影したので、ちょっと雑な写真に・・・(悔)


寿司&さしみコーナーより

IMG_0523


IMG_0522


IMG_0524


IMG_0528


IMG_0527


インターナショナル&小鉢コーナー

IMG_0540


IMG_0533


IMG_0531


中華&インドネシア料理コーナー

IMG_0534


IMG_0537


IMG_0535


スイーツコーナー

ぐるぐる回るジェラードマシン!
IMG_0545


カットフルーツやジャムを自由にトッピングできます
IMG_0547


これが家にあったらいいのに
IMG_0549


IMG_0550


IMG_0551


IMG_0552


至福の瞬間!

IMG_0554


好きなもの(エビとチーズ)ばっかり食べてました。

IMG_0557


二人で行って、お酒は飲まずにソフトドリンクを2杯ずつ(計4杯)飲んで、
70万ルピア弱でした。

他のビュッフェに比べて料金が割安なことと、料理の種類が豊富なこと、
毎日ランチ&ディナータイムに開催されている所が魅力ですね。

次はWのサンデービュッフェに行ってみよう〜

--------------------------------------------------------------
ムリヤホテル 平日のランチビュッフェ

時間: 12時〜15時
料金: 大人 Rp.199.000+21%の税金 (※ドリンク別)
--------------------------------------------------------------

このページのトップヘ