ばこんばこーん


コーニでーふよーっ

ときは満ちたり。
今宵、我はフレを祝う一匹の野獣と化そう。












テテミマス。










フレのチシロちゃんが
イベントをやるとのこと。

フォロワー1500人感謝祭!?
マジかよすげぇな。
きっとこの子は覇王色の覇気の持ち主なんでしょう。

集まれば一網打尽の可能性もありましたが、やはりそこはフレ。

行かないわけにはいかない。












行かないわけには
いかない













到着すると、そこには恐ろしい数のプレイヤーたちがいました。

なるほど、わかる。
全員が何らかの達人であることが。

まるでハンター試験に集まったときの記憶が昨日のことのように思い浮かぶよね。











わかる。












主催、チシロンから
宴開演の咆哮


おめでとうチシロン!
1500人といえば、今コニがどっぷりハマっているキングダムで例えるならば、千人将越えの逸材。

もう、それだけでトンデモナイことが伺えますもしかして飛信隊ですか?










開幕集まったみんなで写真を撮ったんですけど。

恐ろしい人数でもはやチシロンどこ?状態。コニもどこかわからないでしょう?

なぁに、そんなこともあろうかと、目立つ場所を陣取りましたよ。











ココ。

この水玉ドレアの二人に囲まれることにより、全体の写真でも見つかりやすいマジック。

ミッキーをバカにしてるんじゃないか説ドレアのめぐちゃんに近づいたことにより、一部の方から相方なんじゃ?と疑われるかもしれないという危険と隣り合わせのこの配置。

安心してくださいミッキーはそんなに好きじゃありません。









そして、ついにお待ちかねのミニゲームが始まることになりました。

全員でジュレットに移動開始。

ミニゲームは、指定されたマップ内で隠れているチシロンを探し当てるというもの。

早く見つけることができた上位5名に景品ということでした。

ぬおおおーーっ










そしてこのタイミングで、旧友でありチムメンりぃにゃがインしてきたので誘ってみることに。

あ、いやアレですよ。
誘い文句に少しだけ語弊が生まれるような書き方してますけど、ほんとはフレを祝いたい、その一心のみ。
フレの偉業を我がフレにも祝ってもらいたい、そんな美しい心の現れだと思ってください。










亡者め。












そんな突然きた りぃにゃにも
このイベントの趣旨がわかるようにご説明を。

顔、顔。
全面に出すぎている




自覚はあるようで。
いやかわいいの方ではなくてね。












しかし、ジュレットでかくれんぼですかホホホ。
このかくれんぼの鬼、こにたソの前ではまるで無力!!

人聞き悪りぃなオイ。

これは言うなれば知識!!
知識とはそれ即ちチカラ!
経験がモノをいうの世界ですの。









ジュレットの町には出口が駅を除くと3つありますが、そのうち門がある出口は下の赤◯のふたつ。

実はこの門のところ。
少しだけクリアスペースが存在してまして。

外のマップに出てしまう手前で、門のところに少しだけ隠れることができるんですね。











そう、これは知識。
知識とはそれ即ちチカラ。
わりぃな りぃにゃ。



チシロンを見つけるのは俺の勝ちだ。
だがまだ君には教えんよ。
己の力で勝ちとっ


見当はずれもいいとこでした。
チシロンの罠に引っかかった。











ところがその後
すぐさま町長宅の裏側にて
チシロン発見


お待たせしました姫
貴女の騎士(ナイト)です











ジュレット編のミニゲームが終わりましたので、一旦結果発表。


まあ見つけれましたけどね。
かなり時間かかったので入賞はないかなぁと思っていたんですがね。








集計の間に、トンデモナイいちゃもんをつけられました、りぃにゃに。


移動速度9%装着のこの俺に、最近復活してきたりぃにゃ君が勝てるわけがねぇだろうと。

それなのに、羽がなまってるだの。





羽に穴あいてるだの。

穴あいてるとか、どんだけいじめられてるの。






弁護士はいますか。
呼んでください弁護士。
絶対いじめられてるこにたソ。









そんなミニゲームでの負け惜しみなのか、コニがあざとかわいすぎての嫉妬なのかワケワカの状態でいきなり呼ばれました。

チシロンからの発表で。
『五位、こにたソ。』

え!やったー!





こんな不信感の塊みたいな返信
初めてかもしれない
お母さん人を信じる心ってなんですか










見事入賞して、次なるミニゲーム
場所をカミハルムイに移してもう一度チシロンを探せが開幕。

スタッフさんからの合図を待つ間に、一点凝視するりぃにゃ。

真剣に説明を聞いてるのかなと思っていましたが








どうやらこの方たちが気になったようで。むしろ気に入ったようで。


大根ですね!わかりますわかります!









次なるミニゲームに
意気込むりぃにゃ


さっき入賞すらしてなかったお主がどんな顔でそんなデカイ口をwww
うぷぷっ








今なら投げ捨てジャーマンができる
そんな、我が身の力の増幅を感じましたまさかチシロンのイベント内でこの力に目覚めようとは。












そんな二つ目のミニゲーム
カミハルムイでのチシロンを探せも、かなり盛り上がりました。

どこにもいねぇ!!!
べべべ、べつに賞品なんてどっちでもいいんだ俺はチシロンさえ祝えればそれでいいんだ¥w¥









ヨホホ
こんな不自然な場所にタルなんかあるわけがない!甘いなっチシロン


と思いきや、ほんまにただのタルでしたの図。私はかなしい。










宝箱を見つけたと
誇るりぃにゃ。

ねえ?今それじゃないよね?
今それどころじゃない。




しかも同じタイミングで
別の宝箱見つけるとか、やめてもらっていいですか?










わけのわからない勝負を
なぜかパーティー内だけで行い

法外な値段の枝を買わされかけるという、まるで強欲の壺と化したりぃにゃと、全くもって銭にもならないやり取りをしている間に








ゲーム終了(白目

閉会式会場へと向かいました。









結果はっぴょーーー!!


カミハルムイ戦で5人
ジュレット戦で5人
合わせて10人の入賞者に豪華景品が渡されました







ジュレットで見事5位に入賞していたコニも貰えましたやったー!

ダイヤ花99個をチシロンよりイタダキマシタ。
感謝、永遠ニー!









チシロン、素敵なイベントをありがとう!

みんなの人気者 チシロン。
人気者ゆえの苦悩もあれば、人気者ゆえの楽しみ方もあるはずです。

いつも全力で楽しむチシロンを
これからも見ていけたらなと思いました
楽しいは、作れる
自分から楽しもうという心がだいじって思えるよね!







スタッフさんたちも、楽しいイベントをありがとう!!
お疲れさまでしたよー!!











おまけ。


閉会式のとき。
突然りぃにゃが、フワフワわたあめを使い、ジャンプしまくってました。


などと、訳の分からぬことを供述しており。








そんな、りぃにゃ。
イベントにも全力で取り組んでくれた、りぃにゃ。

そんなあなたにひとつだけ。










※チシロンの開催告知ツイート引用












ツイッターも最近復活したばかりのりぃにゃ。

チシロンをフォローしてるわけなかったよねと、ブログを書いててふと思いましたまる

ほんとごめんなさい。
入賞前に、参加条件すら満たしてなかったことは墓まで持っていこうと強く強く思いました。



おしまい。

ともあれ、チシロン
お疲れ様&おめでとー!

⬇︎ランキング参加してまふ⬇︎

人気ブログランキング
⬆︎クリックで応援よろふぅ⬆︎









とある宇宙。
絶対的なチカラをもつ女がいた。


その女は力で持って宇宙を統べ、力を持ってその全てを掌握した。
たったひとりで。


左手を振れば、輝く光が全てを照らし万物を打ち消した。

右手を振れば、混沌の闇が全てを包みあらゆるものを深淵へと飲み込んだ。


全宇宙は、彼女を創生の女神と称えた。











そして、今。
女神は次なる目的地
"太陽系"へと向かうのだった。












女神は未だ未開の宇宙制圧を推進するため、自らの力の半分をさらに2つにわけ、その力を具現化した。

左手から出しは、光の者
右手から出しは、闇の者

女神はこの2人に名を授け、そして使命を与えた。











女神『光の者、其方の名をアフラ。闇の者、其方の名をアンラとします。』









女神『其方達に、これより太陽系とと呼ばれる場所を制圧してもらいたいのです。』









女神『これは宇宙再建のために必要なこと。力を持つ者の使命。其方達2人は我が分身。その光と闇の力を持って、各星々を掌握してくるのです。』











女神が創りし2人。
光の者と闇の者。










光の者は、名をアフラ。
全てを打ち消す光を纏い、その剣技は光の速さを誇り、眩い光は相手に幻さえみせるという。











闇の者、名をアンラと授けられ。

彼女が射し矢は夜を纏うといわれ、歩みし大地は闇とともに。
深淵なる闇は、見る者の心に絶望を与えた。











頬に描かれし刻印は、女神の剣たる証。










両名の活躍により、太陽系は凄まじい速度で制圧されつつあった。


たった2人。
たった2人の侵攻を、止める術が太陽系になかったからである。












太陽系が壊滅しつつある。
残す星は地球のみとなった。













制圧。
それが2人のやり方。

その星に生きる生物すべてを消滅させる。
すべてを白紙に戻す。
それこそが、主 女神の願いだから。










太陽系 最後の星、地球へと向かう
前日。

光の者 アフラは考えた

アフラ『果たしてこれが全ての生きる者に対しての救いになるのだろうか?私がやっていることは間違いなのではないだろうか?』











そう。
光の者 アフラは心を宿していたのである。



己が闇の者アンラと共に行ってきた太陽系の制圧行為。

ときには無抵抗な生物を葬ってきた。
そんな問答無用のやり方に疑問を抱きつつあった。










アフラ『こんなやり方は間違っている。共に歩む道もあるはずだ。』











光の者 アフラは、地球制圧予定日その前日、単身地球に乗り込み制圧ではなく和平をと考えた。











しかし、立ち塞がる者あり。
 
闇の者 アンラだった。











アンラ『アフラ…アンタの考えてることくらいわかる。私達は元はひとつだからね。』











アンラ『だからこの先には行かせはしない。アンタのやろうとしてることは我らが母への冒涜。』












アフラ『そこをどけ!アンラ!話せばわかるかもしれないのに、こんなの間違ってる!相手の意見や思いも聞かず、制圧なんて間違ってる!』










その瞬間
無音の闇があたりに広がる

アンラ『間違ってる間違ってないじゃない。我らが母が、"望む"か"望まない"かしかない。』













アフラ『そこをどけ!アンラ!たとえお前を倒してでも、ボクは先へ……地球へ行く!』















光の者 アフラが叫んだ瞬間

アンラから出る闇がすべてを飲み込んだ。













勝負は一瞬だった。











































アンラ『心など母は認めぬ。心など母は求めぬ。つまらぬ幻想に取り憑かれたな、アフラよ。』







覆い尽くした闇は、光の者 アフラを包み込み、アンラのその矢はアフラを死へと誘った。












アンラ『あとはこの太陽系も地球という星のみ。私だけで十分だ。母には"戦場で散った"と報告しといてやる。せめてもの情けだと思え、アフラ。』























アフラ『アンラ……それはボクが見せた幻影だ。せめて……苦しむことなく…』











人知れず始まった
光と闇の戦いは、光の者 アフラが勝者となった。

戦いが始まる直前、周囲がアンラの発する闇に覆われたとき、アフラも同時に光の幻影を張り巡らせていたのであった。












アフラはすぐに地球には旅立たず、傷ついたアンラを宇宙船の回復ポッドへと運んだ。












機動装置を操作する光の者 アフラ

アフラ『……よし。アンラはまだ死んではいない。これなら治療ができそうだ。』









アフラ『ごめんよ、アンラ。君を傷つけたくはなかった。戻ってきたら、またゆっくり話そう。』











アフラ『じゃあ……いってくるよ、アンラ。』












アフラ『よし、まずは地球へ行き、話をして宇宙の統合化について理解をしてもらおう。そのあとで我が母……』










その瞬間だった。

強く眩い光が光の者 アフラを包み込んだ。

そして、その光はアフラ飲み込んでしまった。












女神『やはり……何度やっても難しいですね、光と闇の力の調整は……』

女神が発した光により、アフラは存在そのものが消え去ってしまったのであった。











女神『まあよいでしょう。まだ3度目……。"次は"うまくいくことを祈りましょう。』












女神『さあ。我より生まれし光の者と闇の者……』











女神『光の者、其方にはアフラという名を……。闇の者、其方にはアンラという名を授けましょう…。其方達の使命は……』







そして、
光と闇の輪廻はまた繰り返す…

To Be continue



おしまい。


フレと、Cの刻印を使ったドレアをしてみました!近未来風に作ったのですが、頭の中で厨ニが急に突風吹き荒れ嵐が如く。
ついつい物語にしてしまいました。

光と闇の戦い、生み出され、使命を背負う者が、己が使命と行為に対し疑問を抱き始めるという物語でした。

いやー、頭に浮かんだままに書きなぐってしまったゼハハハハッ!!
あっ
あけましておめでとうございました!

⬇︎ランキング参加してます⬇︎

人気ブログランキング
⬆︎クリックで応援よろふぅ⬆︎


ばこんばこーん

コーニでーふよーっ
年末年始のバタバタの貴方へ。
愛を込めてブログを書きたいと思います。










さて。
2018年、やり残したことはありませんか?

僕はあります。
むしろこれやらないと、年越えれない。









11月17日に行われた
シロにゃん主催 
プクリパバトルミッション
逃走のデスフロントライン


その最終章をずっと書けないでいました。








これには話せば鬼のように長くなる理由があるのですが、動画を撮ったものから、必要箇所をスクショで切り取り、ブログに貼り付けるんですけどね。

切り取るたびに画面真っ白で動画が落とされるんですの。

新種の呪いかと思いましたよね。











と、そんなことはドゥーでもいい!
さあ、今こそ語ろう
あの物語の結末を。

テテミマス。












ここまで、第1ゲーム、第2ゲームと終えて、散々たる結果となった。

第1ゲーム 捕獲1 ミッション0
第2ゲーム 捕獲1 ミッション0

託された運命の第3ゲーム
ここでぶっちぎって逆転優勝を狙うしかぬぇ!!



⬆︎⬆︎クリックで飛べるよ!


⬆︎⬆︎クリックで飛べるよ!











運命の第3ゲームのバトルスペースが発表されました緊張してきた

商人のテント…
つまり、ゴブル砂漠西ー!!!









砂漠化したこの広大な土地で、ファイナルミッションが始まることとなった

ついた瞬間、テント外に走って散っていくハンターたち。





それを呆然と見る逃走者たち。
恐怖でしかない。










そんなとき。



えっ









突然の天魔タクァバルナwww

オリの向こうでなんかやってる










こわいこわいっwww





まあ見事に小さい種族ばかりが天魔にたかっていたので、幼稚園児みたいにみえました。
羽◉ ◉羽 見えましたー!!
      ◇








第3ゲーム
ルール説明


かかってこいくまーっ!!





鯖威張る!!ムキーッ!







小難しい小細工は一切無用。
捕まれば即終了の生き残りゲーム


まさに今回のイベント名
デスフロントラインの名の通り。







逃走範囲はゴブル砂漠西のマップ内。







マップ移動やルーラ石、ドルボードの使用は禁止。純粋な自らの足のみの勝負。










もちろん、洞窟などもはいぅてはだめです。発音難しいなオイ









そして始まるカウントダウゥゥゥン

最後のたたかいが、今始まる。









シロにゃんのGOの合図で一斉に始まる逃走劇。

ハンターが散らばる無法地帯へと飛び出す逃走者たち。

15分間の逃走劇が開始。










しかし今回は、第1ゲーム、第2ゲームと訳が違います。

なぜならこの第3ゲーム。
後からハンターが追ってくるのではなく、すでに散らばったハンターたちが待ち構えているというところ。
まだ解放はされていないようですが、解放後すぐに捕まることも考えられる。

難しさが段違い。

そのため、今回のコニが考案した作戦。
必殺 供物作戦
この作戦の恐ろしいところは、同じ逃走者を供物としてハンターに献上し、自分だけは助かるというまさに極悪非道の自分さえよければ作戦。
大人の鬼ごっこ、といったところでしょうか。

写真のように、逃走者達と紛れて逃げることにより、万一待ち受けるハンターに出くわしたとしても、そこからさらに散り散りになり、大多数は助かるが1人が必ず犠牲になるという恐ろしいもの。

よく、昔の盗賊団などが用いた逃げ方だそうで。

非道と呼んでもらって大いに構わんよフフフ。なぜかって?ボウヤだからさ。









開始すぐ、シロプク教官より
連絡が入る。


!!!





天魔……タカァバルナが……
第2ゲームでは味方だった…
天魔が……!!






逃走者にどよめきが走る。








ということは、ハンターのみではなく、あの緑のかいぶ



はやいっっっ!www
言うたそばからエースwww




そしてこのタイミングでハンター解放。
散りばめられた場所からハンターたちがスタートを切る。

スタート地点から離れれば少しの間は平気という概念はもはや通用しない。










シロプク教官、コワレル。












とりあえず、災厄クエで訪れたことのある、王家の墓までエリアまできました。










未取得の黒箱に群がる逃走者。

こういうの、重要。
たぶん、ぼくたち二度と来ないここまで。








高低差と岩陰を兼ね備えたこのポイント。やはり、同じ逃走者、考えも似通った結果となります。










開始直後から、すでに2.3人捕まるというハイペースにシロプク教官からカツが入りますが


どこのお店だろうと一瞬躊躇しましたよね!!











てめぇのアイコンがこえぇわ!!!










おもちさんの怖いアイコンはおいといて、ここで冷静にマップを開いてかんがえてみます。

このまま、供物作戦を継続してもいいのですが、ふと。

逃走者が3人も考えが被るポイント。
ということは、当然追いかけるハンターも容易にこの場所を思いつくのでは?

"みつかる"という危険ポイントをより無くしていかなくてはならないこの第3ゲーム。











なにかがヤベェセンサーをキャッチしたコニ。早々にこのポイントを離脱。
あなたのアイコンが裏切りだ、と心の中で叫びながら放浪したほうが安全だという結論に。











短い時間+サバイバルゲームゆえ
続々と追加されるハンターたち。










ドSなの?



測定士、はまちも号泣。
さあ、コニの胸に飛び込んでおいで。











王家の墓の真下あたりまで走ってきたところで、残り時間10分。
いける、このまま発見されなければ勝利はみえてくる……!!









ここで一気に捕まるドワ子ちゃんたち。



このメンバー……!!





最初に隠れていたポイントのドワ子さんたち…!!?

しかもハンターではなく天魔に捕まったと。

おのれ天魔……タカァバルナ!!
やはり人とは馴れ合わぬか…!











このまま止まることなく走りながら逃げ延びようと考えていたところ

海岸線で人影を発見。










アレは…アソコ!!!











お祓いはするは、ハートは出すはの、ぐっちゃぐちゃになりましたが、逃走者との出会いとは心がホッとするものです。








わずかな時間ですが、少しでも仲間との時間を大切にしたい。

最後かもしれないだろ?
だから全部話しておきたいんだ












想像を絶する意味のわからない言葉が返ってきましたさすがアソコ。
元気そうでナニヨリです。











お布団がナントカとつぶやいていたアソコに別れを告げ、再び荒野へ。


またしてもハンター追加。
一体何人いるの!











ハンターも捕まえる気がしないんじゃないかなと思う。アイコン。


ブログ書きながら
だまれウンコ、とツッコんでやろうと思っていたんだけれど




ゲーム内でも全く同じツッコミをしていました。さすが。









さあ、残り5分程。

このエリアをぐるぐるして生き残ってやる。逆転優勝で、王座奪還も目前。




















えっ






ええっ?












定型、完璧かて。









でも天魔タカァバルナは第2ゲームでは味方だったお方。

もしかしたら、見逃してもらえるかもしれないワンチャン










全然ダメでした









捕まった者は商人たちのテントへと戻ります。

もう結構いた
しかもわりと記念撮影してた。









その後、続々と

あにぴぃやおもちなども増え。








かなしきあにぴぃ心の叫び。


もう、オムレツに爪痕って書こう。
それで許してもらおう。










ここで残り時間が少なくなったところで、シロプク教官より連絡が。


生き残った5人
ぽぷりいろさん、ミラードさん、わよっとさん、シンゴさん、いわちょさん

この5人に裏切り者疑惑がかけられたとのこと。
つまり、逃走者ではない=なので捕まらない、ということらしい。







疑いのかけられた5名。



ゴルバチョフみたいに言わないで
アソコ。











そして、来る。


最後のミッソン!!!





生き残った5名をハンターよりも先に捕獲する。



そう、これは我々捕獲された者に出されたミッソン!!







つまり、今まだ生き残っている逃走者は、ハンター+囚人からも狙われることになる。


まさに最凶のサバイバル。







まさにデスフロントラインとはよく名付けたもの。


生存側の立場だと考えただけで恐ろしい。







しかも、追いかける囚人にもドルボードが許可されました。

侵略すること火の如く。











ミッソンが始まって、すぐに捕まってしまった
シンゴくん。


なんか、痴漢みたいになってましたが、それでも彼は無実だと叫んでいました。








ええ、捕まりましたからね!
彼は無実だった!











生存者、いわちょさんを捜索中、みぃちくに遭遇。
なぜか囚人同士でいいね。










と、ここで運命のブザービート。


第3ゲーム、終了〜〜!!












と、同時に足に走る激痛。


【悲報】ガチで足、ツル。












ものすごい器用な足ですかて!
衛生兵ーーー!
タスケテーー!








ものすごい勢いで、座る➡︎立つ に姿勢をかえ、これでもかというくらい右足ふくらはぎを伸ばしました。

画面はこのまま。
ほんと、選手生命に響いちゃう。










ようやく足が平和を取り戻しつつある頃には、もう、閉会式は始まっていました。













こうしてみると、今回もたくさんの逃走者がいたんだなぁと思います。









授賞式。

今回は、なかなか入り組んだ勝負となったので、【生還賞】と【ミッションクリア賞】という形で、第1〜第3ゲームの合計で順位を決めることに。


まずは生還賞。











(シンゴくん、その賞はいらないかな

生還賞はふたり!
いわちょさんとわよっとさんでした。







いや、ほんとすごい。
これだけのボリュームなのに、一度も捕まらないなんてことが神業。












そして、ミッションクリア賞。

より多く、ミッションをこなした方はぽぷりいろさんでした。

中でも、第2ゲームの脱出劇。
ミッションとして登場した天魔タカァバルナの願いを全てクリアしたとのこと。

す、すげぇな…。











そして、最後。
今大会で間違いなく台風の目となった、このお方からひとことをもらって、イベントを締めることに。















嫌すぎるわっっっ










いやーーー。
しかし、今回もプクリパ バトルミッション。
ものすごいボリュームでした。

これだけのボリューム、そしてゲーム感、本当にすごい!!

シロにゃんはじめ、スタッフの皆さんお疲れ様でした!!
次は、次こそは必ず、もう一度優勝すると誓おう!!

そして、新たな挑戦者を!
シロにゃんはきっと待ってると思うぞ!
共にたたかおう!心臓を捧げよ!







to be contenew…








おまけ。

今回のイベントが終わり、専用ルームが解散となったときのお話。


急にウンコドレアがなにか言い始めました。










弁護士はいますか?



おしまい。

次は1月かなーーっ!?
楽しみだー!

⬇︎ランキング参加してまふ⬇︎

人気ブログランキング
⬆︎クリックで応援よろふぅ⬆︎




↑このページのトップヘ