ばこんばこーん

コーニでーふよーっ

水の領界おすすみですか??












おれもう、金策しかしたくない

やだなにこれ楽しすぎる









貧乏人??
オイオイだれのこといってんだよ


過去の自分におさらば。
ドラクエとは金策なのかもしれない















なあ。















見えるか?
この貧乏人が、かつて到達したことのない地点に辿り着いている様が。









またいつもの、お金が貯まったらすぐ使いたい症候群に襲われながらもなんとかここを打破しないといけない。


ああ、眠たい。











金策に熱中するなか。





話しかけてくる一人のエル子。

『ねえ、ソ。』


彼女の名前はめいつな。
とあるブログを書いているめいつな。

そうだな、あと若い。







こんなことを言ってきた。









『ドルなんちゃらってうまいの?』



なんの話か全くわからなう。
ドラクエ?リアル??







『いるじゃん!闇の領界に!』



ざくっとしすぎかて。
伝わりません全く。









『ドルイド?かな』







ああ。


こいつのことか。







『経験値うまいのかな?検証してきてよ』









よし、わからない。
なぜおれが行くんだおれが!







『自分でいってこいよっ!w』


カツをいれてやらねばですね。
何事も自分でやらないとだめだよということを、大人の私が教えなければなりません。


いや、いいのですよ。
若さとはそういうもの。


たくさんまちがって、たくさん覚えればいいのですよ^ ^


未来は君たちが作るのです^ ^










『だって私、メタキン派だもん』






表、出なっ!!!!












テテミマス。











人は生きる中で、たくさんの出会い別れを繰り返す生き物である。






素晴らしい出会いがあれば、そのぶん悲しい別れもある。





誰かがいった。
『出会わなければよかった』と。






本当にそうだろうか?










出会わなければ、こんな悲しい思いをすることは確かにないかもしれない。


でも、出会わなければこんな想いをすることすら、なかった。








悲しすぎると思いませんか??










今回、こにたソの身に起こったのは
別れ



新しい扉の向こうに歩かなければならない。

この先に、君はもういない。
それでも僕は歩かなければならない。




君と作ってきた過去があるから
僕はこの先を歩いていける。





ありがとう。










君との出会いは

災厄クエストだったね。








いつもみんなから守られ、傷つかないように、傷つかないように。

もぎたての果実を両手でそっと、持ち上げるような。

そんな扱いさえしてた。








ぼくはいつまでたっても


君のことを最後までわかってあげれず、いつも悲しい思いをさせていたね。










君と過ごしたたくさんの日々。

一緒にいったレグナード。






遊ぶのに準備の長い君は、ぼくにとっては扱いにくく。

でも、準備が整った君は、だれよりもぼくの力になってくれた。












ときには、順序を飛ばして
甘える僕に君は言ったね。


『はやく目を醒まして!』と。
覚醒しないといけないと思った。











ありがとう。
君がいたから、僕は強くなれた。

また、僕は歩き始めるよ

きっとまた、止まってる僕を
君は笑うだろうから。












さようなら。
ありがとう。





















魔法使い!!!






おれは進むよ!
この先へ!!

新しい相棒とねっ!!!


両手剣が楽しすぎて秋。



人気ブログランキングへ