ふと。

おもうことがある。



真実なんてわからない。
確かめる術なんてない。











"イマ"が当たり前になっていることが怖いんだ。
わからないことが"怖い"んだ。






















???
『またサボってたでしょ。そろそろサボる頃だと思った!』













???
『げっ、カ、カイリ……』












カイリ
『ソラはすぐサボるんだから。』













そう。
俺たちはこのなにもない島で暮らしていた。



でもいつしか、ここを出てみたいと思うようになった。









海の向こうには、なにがあるのか。
確かめなくちゃならない気がした。












カイリ
『海の向こう、行けるといいね。』












カイリとは、よく話した。
こうして、海を見ながら

海の向こうのこと。
島のこと。仲間のこと。











ある日、ようやくみんなで作った舟が完成した。
ついに海の向こう側へ、いけるときがきた。
















旅立ちの前日。
カイリはお守りをくれた。














カイリ
『ソラは、変わらないでね。』






















俺の脳内イメージ破壊するの、やめてもらっていいですか?








↓ブログアンテナ参加ちう↓
↑楽しいドラクエライフ↑













ハイ、そうです。
ここまでくれば、わかる人にはわかりますね!!










あの名作を…
あの名作を完全再現に成こ…

カイリ、デカイ












そう。
キングダムハーツ
ソラカイリ


夕陽を諦め、朝日でカバーリング
待つのがめんどくさか…













カイリがデカイ。












そんな、もうわかる人もいるかどうかわからないレーヴェルのドレアに身を包み、ペアドレア大会が開催されるというので見学に行ってみた。










銀の丘。

いやこれね。
ものすごい人なんですね。










意気揚々ときたんですがね。


ねえ、これさ。


ですよね。
しかも今は、各エントリーされた方々の発表真っ只中。














やめろっ
ブッ込んでくるな












大きな顔して乗り込んだまではいい
そこまでは、いいんだ










ただ、このエントリー制のペアドレア大会


そうです
そうなんです。

観に行くだけの簡単なお仕事なんです。











そう。
果たしてこの、

キングダムハーツの
ソラカイリのドレア(かなりのナンチャッテ)
そもそもペアドレアになるか否か


この大きな課題に、三日三晩考えぬいた結果、参加表明を忘れるという大惨事。













他の見学者さんに被り
見えない程の存在感の薄さを発揮

『エントリーすらしてない』って言いたかったんです。
ブッ込んでくるな(2回目











遠くから、参加者達のアピールタイムを見守る悲しい展開

悔しさで歯もガチガチ









この悔しさ、晴らすべきだ。
そう思い、我々はキングダムハーツネタをここぞとばかりに披露。











※パーティーチャットにて。

参加者さんのアピールを邪魔してはいけませんからね。白チャなんか怖くていけねえ。アラシと思われたらどうするんだってばよ。こわいちびる。





ただね。
チャットで再現してる、名シーン

繋がる心が、俺の力だ!












勇気を出して、かなり近づいてみた。


人多い。
やばいぞこれは。











そうなんです。






なにせ、このクオリティの低さ。

ほとんどの人が見過ごすでしょうね。

逃した魚はデカイんだぜ?
カイリもデカイんだぜ









カイリのマインドコントロールが
ハンパない












主催及び参加者、見学者の皆さん
おつこに様でした!












いろんな方のドレアが見れて、
それだけでもかなり参考になりましたし、とても楽しかっt…

あーたん、黙って。













繋がる心が






俺の力だっ!!
カイリがデカイ
(遠近法

見えるよね?











普段着としても、わりと悪くない。

気に入っちゃった!

おしまい。

↓ランキング参加してまふ↓

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろふぅ↑