うええええええい!


ばこんばこーん


コーニでーふよーっ
この絶妙な距離感!!














さあ。
無事終わりました。



↑音が出ます↑





僭越ながら懲りずにPVを作らせていただきました。
なぜこの選曲なのかと言われますと、三日三晩は話せそうなくらい訳ありとなりますので、今回は割愛させていただくという方向で。
イイキョクですよね。
スラダンで、検索










↓ブログアンテナ参加してまふ↓









テテミマス。








ドラリンピック当日

運営ということもあり、余裕をもっての運営のくせに開始5分前ログイン。
これが大人。
時間にはしっかりきっかり。
ヌルフフフ








主催だいちんが、いくばくか遅刻したような雰囲気は出ましたが、皆さんそこは気のせいです。
お祭りムード全開で開会式へと。

主催横で、なにしてんだこいつは、もしや、ついに来たか嵐!と思ったらニッグでした。テンション上がりきってるのね、あなたも。










開始前の集合写真

だいちんに被るようにして立つ黒猫ウェディがお分かりだろうか?




くにぉ、その人である

『集まれ言うたやん』


いやぁヒヤヒヤしたよね、実際。

お約束の集まれボケですね。
ニッグと同じくして、彼もまたテンションマックスなのでしょう。
そういうことにしておきましょう。













まず始まったのが団体戦。


コースはこちら。


偽りのエテーネの島
名もなき草原にあります
創生の邪洞。


ここをパーティー4人で駅伝方式で、最深部、創生の渦を目指してもらいます。












スタート地点
創生の邪洞入り口

第1走者が並びます。
すでに不安なメンバーが何人かいますが、気にしてたらレースにならないということでここは流しましょう。










各走者がバトンタッチの配置に着いたところでレーススタート。


ね。
いいですか。

私はこれを見て、不安になりました。


どんなマラソン大会でも1人2人は、いますよね?


スタートダッシュだけやたら速いやつ










ええ。

君ら、2人のことや!








 ケムク      あーたん

君らのことや!!!!















一方その頃…

コニ担当の
レースの鍵を握る
各チームアンカーの皆さんの
待機場所


影あるところにナスあり
と称されるほどのナリガマンさんが影から見守る形となる中

各人に緊張が走っております。








実況しろ!と、駄々こねるやつ。
アナ雪見るわ、と気分屋なやつ。
(当日は4日土曜22時 平均視聴率19.7%を叩き出した)
『グリコ』しか言わないやつ。


あぁ。。神様
どうしてこんな曲者をアンカーに集めたのですか?
私はカナシイ。










そんななか、悲報が運営パーティー(あちゃの除く)に入ります。












"あーたんがお亡くなりになった"












あーたんがお亡くなr…











な?
言わんこっちゃない!!













このあと、第2走者、第3走者とバトンを繋ぎ





ついに第3走者が、仲間を引き連れ、アンカーのところに到着しました。
















カオス。

かなりの接戦のようです。

だが、それでいい。
この先に、順位を大きく変動させる化物が待っているのだから。
ヌルフフフ











かの、ドレアイベで有名ならくがき帖メンバーも第三走者、なべちが到着。
待ちきれず、向こうでジャンプするシャル。
かわいいところもあるじゃないか
たまには。












そして、みやびさんみやびさん

なんでメガネ2つあるの?
こわい!!!


















で。
バトンタッチが終了しました。
ほぼ。










残りました
こちらの3組


なんで自信満々に、待機場所中央を陣取ってんのwwwwwwwww

その自信、どこから来た!!










感ではない、湯屋よ。
それは感ではない。

確信というのだよ。








ケムクチームのクニアキ君。
俺から見る限り、そのポージングからは微塵も恥ずかしさが伝わってこないことだけは確かだ。













そんな、小言を言っていた湯屋。











残っていた3組中、まさかの1抜け。
オイオイまじかよ。

仲間を見捨てて、明日食うメシがうめェかよ!てめぇら!!












で、結局残りました
2組といえば


な?

















なっ??



マラソン大会において、スタートダッシュする選手は終盤、大概最後尾を走るジンクスはアストルティアでも健在のようですかしこ。













と、ようやくここで

最後の2チームがほぼ同着でバトンタッチ。

『ぐりこ〜〜!』
や、あらへんがな。ケムクさん
はよ











さあ。
ここから追い上げなるのでしょうか。



アンカーに全チームが託し、団体戦も佳境となりました。











ドベ、2チームの報告を入れ

最後尾を追いかけていたスタッフあちゃのと合流し、ここから参加者とともにゴールへとむかいます












そう。
アンカーのコースには、最後の罠が待ち受けます。












ゴールの創生の渦目前
赤まるエリアに待ち受けますは










こちら、トロルキング様の巣窟。
すくつではないですよ?
そうくつですよ?












レベル96の冒険者といえど、そりゃあもう遠慮なしにピキンピキン反応して来ます。



ここで大きく順位の変動が起こりえるでしょう。




そのポイントへと
あちゃのとむかいます。













が、ひとつ、気になってることが
さっきから。。。












主催様……?
なぜに1人だけ戦闘の表示になってるのです??












あ、HP減った。












そしてたどり着いたトロルゾーン。
すでにカオス状態。

ほぼ、そこにいるんじゃねぇかってくらいに参加者が戦っております。







いやぁ、これはなかなか
運営の思惑通りに動いてくれて
運営としては嬉しいですなぁ


ねえ?
だいち…






え?













どうも。
その罠に自ら飛び込むこちらが
本イベント主催のだいちんです。

どぅもどぅも。












なんとか倒し、だいちんと共にゴールへとむかいます。

ゴール地点に主催がいねぇんじゃ、締まらねえ!











左にいるトロルをかわすため

右のオープンスペースへと進みます。
だいちんも後方から来ている
おそらく、無事かわしてくれるはず











ぬおおおおおっ
さあ!今のうちですよ!
だいちん、空いた右側を通っt……



















ファー






だれだ!
こんなコース考えたやつぁ!











なんとか、だいちんをゴール地点に送り込むことに成功。











ゴール地点では、ほとんどのパーティーがゴールしていたと聞きます。










優しい主催者。
だいちんがあそこで戦うことによって、いくらかのパーティーを助ける結果となったことでしょう。






みなさん、だいちんに大いなる拍手を。












団体戦はこれにて閉幕。








次号!!
決戦!個人戦の部!!

空前絶後のデッドヒート
その末に勝利を掴んだ者とは!?











そして…
運命の結果発表!!

栄光を掴んだ上位入賞者とは!!








君もみてくれよなっ!




おしまい。


主催者のトロルゾーン突破時の
心境。

↓ランキング参加してまふ↓

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろふぅ↑