新年度ですよー!
ばこんばこーん


えっ
こんな状態からでも入れる保険があるんですか!!?


コーニでーふよーっ



















人はなぜ飛ぶことに憧れを抱くのか




人は、無いものに憧れを抱く。
それは過去からずっと続く思想。













無ければ創ればいい





神より与えられなかった翼を
人は神より与えられた知恵で創り出した。




大空へと飛び立つ浪漫。
それは翼を持たぬ人類にとって
大きな夢であり、また大きな欲望であった。















その昔。神話の時代…

ひとりの男が天空へと羽ばたいた
蝋で固めた翼を用い
天空へと羽ばたく能力を得た男。

しかし、男は悲劇の結末を迎える。

大空へと飛び出し、太陽へと近づき過ぎた彼の者は
蝋は太陽の熱で溶け、飛翔能力を失い、やがて地上へと墜落したという。





男の名はイカロス。


太陽(神)に近づき過ぎた英雄はやがて力を奪われ、地に堕ちる。

















ここ、アストルティアでも
ひとりの男が、大空へと羽ばたこうとしていた。




そう。
彼の名はーーー。



















↓ブログアンテナ参加ちう↓
↑楽しいは作れる↑















毛組一家プレゼンツ
〜ラストンピング〜



さあ。
勝負や。毛組一家。

俺の本気を見せてやろう。

ぶつからなきゃ伝わらないことだってある。
例えば、自分がどれだけ真剣なのか、とかね。












テテミマス。















ってことで、毛組一家が開催するイベントに参加してきました。

その名もラストンピング。




どういったイベントか。













舞台は、ジュレットの町
高台。


ここよりジャンプ。






以下、説明をケムクブログより無許可にて抜粋します。


なるほど
マジかよ。

さらに、ケムクを踏めた場合、賞金100万Gが与えられるとか。






この大空に翼を広げ
私、イカロスになります。
















この告知が出た日から、猛勉強を開始。
どうすれば、ケムクのいる地点に着地出来るのか。


まず、この舞台となるジュレットに視点を当ててみた。














海に面した、静かな町。
サーバー1となると、アストルティアの闇と化すこの町も、他サーバーに至っては白を基調とした景観に大きなゆっくりと回る風車が美しい町並み。










そして、イベントの舞台となるのが
問題のこの高台。


ジュレットの酒場の上、いくつもの階段を登った上に位置し、その先からは飛び降りることが可能。

フム。。。
やはり数をこなすしか。。。
練習を積むしかないのか











そう思いながら、ふと、もう一度ケムクブログを見たときだった。













脳に走る電撃

我、天啓を得たり。












ケムクよ。
君は俺をナメすぎた















ここでもう一度ジュレットの町並みを思い出してもらいたい。




この、何気ない景色の中に
潜む、建造物には当たり前に存在する、あるひとつの法則。

























そうだ。

シンメトリー
SYMMETRY

左右相称の意。物体もしくは美的対象の構成が中心軸をめぐってその色,形,性質が左右または上下に同形に配置され,両者が均整,相称な関係にあること。
また、その反対の意味で左右不対象をアシンメトリーという。
(Google先生)















そう。
このジュレットも同じことが言える




赤矢印の方から町全体をとらえた場合












大きな風車などは異なるものの、その本質は変わらない。

町全体が大きなシンメトリーとして形成されている











さらに
イベントの舞台となる高台においても


シンメトリーは揺るがず。













先程の電撃が走った画像を思い出してもらいたい。










何気なく寝転ぶケムク。
だが、彼はそう。

地面に描かれた円の中央。











つまり

この中央にいることが判明。












以上のことから
答えを導く、一本の線が浮上する。



なるほど。
驚くほど簡単なお仕事。










これらのことから推測される
ケムクの寝ている地点をと仮定した場合



このような図式化が可能となる。

あとはunknownの青線。
今回の場合でいうと飛距離を調整するだけ。




建造物を一から学び
考古学書を読破し
数学書を完全記憶し
今週のジャンプを昨日すでに
コンビニで立ち読みした
我が脳に死角はない。












今こそ、あえて言おう。
















この勝負、もろたで。
ケムク
(10万Hitsおめでとう










完璧なる分析の結果
一度も練習などせずとも余裕だろうという心の甘えから、本番を迎えた














こにたソ
現地到着、22時過ぎ。

イベント開始時刻、21時。
余裕の到着である。

ゆっくり降りれると聞いた傘を装着するが後ろが怖過ぎて振り返ること叶わずの図。













すでに会場ではほとんどの参加者が飛び降りており、残る参加者が列を連ねる。

余裕。
余裕である。

まだケムクを踏んだ者は現れていない様子。
ぷくくっ
みんな、メトリーメトリー。
シンメトリー










一緒にいっていた
赤トンボあーたんが飛ぶ番に。

このラストンピングというイベント
飛ぶ際に白チャで一言叫ぶというのがお決まりのようで。












そんなあーたん赤トンボの
飛ぶ様がこちら












いや待って。
それでも噛むの??
準備時間あったろう。












集中力が掻き乱されたので
精神統一

集中…集中…
俺は…できる…












できません。集中

だいちん、なんて?
やんんえん










しかし、集中できずとも、我には策あり。
あらゆる学を駆使して求めたこのラストンピング。
絶対に地点Xへと着陸してみせる所存。






思い出せ、おれ。

この確定ライン上をまっすぐ
ただ、まっすぐだ。














次の瞬間、地獄を見た。













あれ、まって。

なんか、向こうに見える景色が
全然シンメトリーじゃない。
むっちゃナナメ。

おかしい。

















アッーーー


気づいた。
とんでもない過ちに。

(10万Hit記念にケムクブログの驚き方に基づき、画像を使用しています猿の)














まさか……












まさか……
















直線上に設置された
意味のわからない出っ張り









音を立て、崩れ去る
完璧と思われた計算式。













真っ白になる頭。


無情にも進む刻は
自分の出番へと進む。




なるほどな。

太陽(ケムク)に近づき過ぎた英雄は
結局、翼を失って地に堕ちるってか。


やってくれるぜ、毛組一家。












ここまでの心理戦を強いられるとは、完全なる予想外。

だが俺も男だ。

とことんやりあおうじゃねぇか
計算抜きの、ガチンコ勝負ってやつをよぉ!!!!














いざ。
真っ青な天空へ。























!!!!












成功してもなく
面白くもなんともない
絶妙な着地に震えて眠れ














いあ!飛んだんですけどーっ!
あなたが言うから飛んだんですけどー!













まいったよ。
毛組一家。

勝負なんてのぁ、一度きり。
言い訳なんてごめんやで。


この勝負、あんたらの勝ちさ。















くやぢぃぃぃいいい!!!












こうして、毛組一家主催
ラストンピングが幕を閉じた

よく考えたら、中央で寝そべるケムクめがけて飛ぶのに、今まで熱弁したことは誰でも思いつきそうなことやなと思いまして、わたし吐き気が止まりません。

俺の数日間のお勉強タイムよカムバック














あまりの人の多さに圧倒。

ケムク……
そして毛組一家……











おぬしらとは…
また会いたいものよ。


それまで俺は、この最強の座にてお前達を待つ!(踏めなかったけど

我を超えてみよ!
毛組!!(踏めなかったけど













ともあれ、お疲れ様でした。
ケムク。


10万Hitおめでとう。
一朝一夕ではいかないこの数字。
心の底からおめでとう。











毛組一家
イベントを手伝った方々

お疲れ様でしたん!







毛組の益々の発展をお祈り申し上げます。












おまけ。


この記事を書く際、毛組一家という文字を打つのですが






何回やっても
何回やっても














ケータイの予測変換第一線に毛虫がくるのは
ケムクのせいですか?




おしまい。

不正は、なかった!!!
なかったヨーイ!

↓ランキング参加してます↓

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろふぅ↑