2013年08月18日

久々の釣りに(7/22分)

記事by konchann

ども! 大変、怠けておりました。

1か月程、遅れの記事になりますが、久々のup!

今日は、この時期は「初」の某川へと向かいました。

午前中は曇り時々晴れ、午後からは雨の予報です。

まず到着し、着替えも済ませて、川へと降り立ちましたが

・・・・昨年はカラカラの川原に水がゴンゴンと・・・

なんとか渡渉し中洲へと渡り、釣りを開始。

水温10度、ジンクリアに近い、やや雪代風!

冷たく、太い流れに四苦八苦・・・
DSC_0013









昨年より時期が早いとは言え、1メートルは水量が

多く、上ヘ行くのは困難なため、早々に川をチェンジ>

道路に沿い、堰堤まで行くと1台の釣りらしき車が

あるものの、気にせず、巻き道を進み川へと降り立ちました。

雨もぱらつき、また止んで・・・の繰り返しで怪しい天気ながら

DSC_0021










DSC_0018










DSC_0015















イワナもヤマメと出てくれて、雨に打たれながらも
楽しい時間でした。
上へと進むとかなり出水があった痕跡が痛々しく
段々と荒れて、ポイントも少ないチャラ瀬の連続で
引き返すこととして、林道を下り、今度は支流から入り込み
車までの区間を雨にも負けずに進みます。

7〜8寸程のイワナが中心ですが、顔を出して楽しませて
くれます。
image1













車の近くまで遡行してきたら雨も強まり
ストップフィッシィング!!

工場長さんと、楽しい釣り旅でした。
僕にとっては、1か月ぶりの釣りでしたが
楽しい1日でした。

なんと着替えほ済ませて走り出すと・・・
見た車が・・・?!
FBでのお友達気気鵑任靴拭
私達が入った支流を攻めたらしく、
その支流は、入渓点では水量が極少量で
「ここはいない」と勝手に決めていた僕ら二人でしたが、
さすがiさん、雨の状況を読み、その支流の上へと
足を運び「イワナの入れ食い」だったそうです。
さすがですね!!

さあ、次は何処へ行こう!
ポチットな!

2013年06月04日

麗しの谷・・再び

記事by konchann

ども!

先日、「久々トリオ」で、麗しの谷へイザ!
DSC03306










崩落地点は復活していて、奥まで楽々と
アクセスしちゃいました!
DSC03307










谷ウツギと藤の花真っ盛り・・・と言うか
藤の花は、ようやく開花と言ったところ。
DSC03310











水温は8.5℃ 
IMGA0545










中山節〜!も久々でしたよ〜!お元気!
DSC03311










たるみや巻きの緩い所から、叩いてやっと!
DSC03337










久々で足が・・とか言いつつとっても健脚!
DSC03319














時折、支流からの流の上には、雪渓が鎮座
していまして、例年同時期以上の残雪です。
どうりで、水温は一向に上がらなすわけですね。

DSC03326










途中の淵、ロープを伝い・・・ここからは
工場長さんと二人で上まで探索をしました。
DSC03347











DSC03351















やっと、フキノトウです!6月で。
山の幸を収穫しつつ、上を目指して。
DSC03360










やがて、大きく行く手を阻む大雪渓が。
DSC03370















先を観たくて、雪渓の上へ上って
上流側を撮影しました。
全然ダメ。行けません。
今回はここまで・・・・
帰りは川通しで、途中に置いてきた収穫物を
回収しつつ車へ戻り・・・
「ぷぁーーっと」一息。
DSC03376











DSC03377











最高の゛笑顔 です!!
そして、三人で山分けの・・・・
DCF00300










ワラビ、赤コゴメ、ウルイ、ウド、木の芽、
フキノトウでした。
やいや、歩いた歩いた!!!
最奥をやっていないので、また行かなきゃね!

ポッちトな!

2013年05月25日

チャリ〜んとフライなど・・・!

記事by konchann

どもども・・ご無沙汰でした。
GW以来の投稿です。

今日は、「そろそろいんじゃね?」と
後ろにチャリを積み込んで、イザ!!


DSC03241










歩くと20分ちょいが、楽々です。
退渓ポイントまで、ひとっ走り!!

・・で入渓ポイントまで少々歩いて戻って・・・

さささっと渓へ降り立ちました。
DSC03245









準備を整えている間に「水温チェック」!!
DSC03246










想った通り、「ひゃっこい!!」です。
虫は、チラチラと小型のストーンが出ています。

暫く進み、岩盤へのブツケの揺るみに、極細かい虫
が、乱舞中!
しばし、観察・・すると下から、するする・・・っと浮上
しては、「ばくっ」って・・・・イワナです!

黒ボディーの#14カディスを「ぽいっと」・・・
「来た」・・っと思ったら、下へ戻って行きまして・・・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
再び、「ぽいっと!」流し込んだら、
          ・
          ・
          ・
スローモーションでした・・・ゆっくりと浮上したイワナ君
何の疑いも無く「ぱくりっ」と咥えました!

DSC03248
















DSC03251















体の割に「でかいひれ」が印象的!
DSC03252












「よっしゃー!こころの中でガッツポーズ」です。

次の流れも、イー感じ!!
DSC03262











DSC03265
















DSC03287












小型のストーンに混じり始めた、カゲロウ!
フライをソラックスダンにチェンジして進みます。

流芯、ど真中から「水面を割って飛出しました」
DSC03267


















なんか調子に乗ったもんで・・・その後
連続3回のバラし・・・「あいたたた・・・」
出方からして、ヤマメと思われます。

DSC03278














吹き込む風が、「冷たい」から「暖かい」に
変わりました。
谷の緑は元気な緑色。
DSC03289











またまた調子にのって水面に集中すると、
フライをひっ掛けてしまいましたが、
シマちゃんからの破損品を修復し、今
日は持参したお蔭で
引っかかったフライも簡単に回収!DSC03282












ケースに仕舞った、腰から取り出し
「しゃきーん!」と伸ばして・・・・
その先端には・・・
DSC03283











コイツで引っかかったフライは「無事生還」
疲れた時の杖替わりにも、いーぞ!!
         ・
         ・
         ・
ここらでお腹が空いたので、遅い朝食を!
DSC03281











          ・
          ・
          ・
お腹が膨れると、目がたるむ・・・・少し寝ます。
DSC03284










15分ほど「マジ熟睡」・・・しました。(笑)   
          ・
          ・
          ・
気を取り直して、再び遡行開始!
DSC03271











小ぶりですが、元気はすこぶる良いヤマメです。
その後、バラしを3つ、いたしまして・・・・・
          ・
          ・
          ・

取敢えず、今日はここまで。

渓を後にして、斜面を登り林道へ出ると、
          
マイチャリが待っています!
DSC03242
















帰路は、下りの砂利林道をすいすい・・・と
歩くと30分、チャリ9分弱

あっと言う間に車へ到着!!
さて、遅い昼飯など・・・
DSC03292












汗をカイタ、後の元祖カップ麺は旨いぞ!
帰りの車内は夏でした。
道路の温度計は28度

ちゃりふらい・・・いーかも!!

ぽちっとな!


2013年05月06日

GWキャン釣りを楽しむ・・の巻

記事by konchann

久々の更新です。・・・・・(^_^;)

GWは「恒例の春キャンプ」開催!

3日は肌寒く、時折雨交じりにアラレも降る

天気でしたが、子供達は元気です!

管理人さん曰く

「寒いと虫と一緒で人も来ないよ〜」

たしかに、私達のほかは2グループのみ。

ほぼ貸切状態でした。

雪もあるなか桜も咲いていて・・・
DSC02945










日帰りチームををお見送り後、ファイヤー♫

の始まり・・・つまりは晩の宴の始まりネ!

日中の食べ過ぎがたたり・・・ただただ飲みに

徹っしまして・・・

DSC02948











火の当番は「はるくん」です。(*^^)v

楽しいよね〜!是非、今度は泊ってねー。

DSC02958










雲が切れて星が見え始めるとグンっと気温

低下・・・焚火が嬉しい夜でした。

アルコールはガンガン進み・・・
DSC02962










「さて、寝ますか〜」日付変更線を越えていました。

翌朝6:30 すでに焚火を前にうたた寝中

の工場長さん。早起きです。

たっぷりと二時間「ぼーーーーーっ」とする時間

を過ぎて、イザ釣りへ!
DSC02963










天気は快晴!水温8℃。水クリア

ただ、虫っ気がまったくありませんが・・・

DSC02966











叩いて進むも チビヤマメひとつのみ。

昼を過ぎてキャンプ場へ戻ると・・・あれれ??

やけにお天道様が眩しいぜ!!?って

タープが無い・・・・ひぇーーーっ

聞くところによると突然の突風に飛ばされて

川の下流へとひとっ跳び!!

幸い、誰にもけがさせることなく川へ着陸

そこまでは良かったのですが・・・

骨は折れ、二度と使えない姿に・・・

師匠! ごめんなさい!(>_<)

二日間で総勢22人のキャンプでした!!

参加された皆さんありがとうございました!

またやりましょう!

ポチットな!

2013年03月24日

天気は上々。楽しい初トリオ!

記事by konchann

今日は、先般HDでのキャス練で知り合った

「Nさん」と工場長さんとの三人旅!

先般「やまさん」のブログでは

「まだ少々水量多い」との情報でしたが

早朝から一気に歩き進みました。

DSC02728













降り立った川には、まだまだあちこち雪が。

水温は5℃。巻きのゆるーい流れで工場長さん

いきなりのヤマメヒット!! こりゃ幸先いいぞぉ!

天気はイイが、日蔭は寒い・・・(>_<)

Nさん、工場長さんにポイントを教わり狙います。
DSC02731 












昨日らしき足跡もあり、上を向いているヤマメ達は

一発で仕留めないと、二度と出てはくれませんでした。

流の中に4匹の定位発見も、まったく上は無視。

それじゃってんでニンフ・・・まったく無視・・・・

手ごわい彼らでした。

DSC02741












日当たり良好の適地で、コーヒーブレーク♫

DSC02745












トリオ・ザ・SIMMS!!

DSC02751











絵になるな!

ひとときのくつろぎタイム、ガッツリ釣りに夢中も

良いケド、こんな時間が楽しいのですよ!

Nさんも楽しそうであります!!
DSC02752
















盛期なら、過去にも実績のあるポイント!!

上から工場長さん、魚影を探しますが・・・


Nさん、やったね!!
DSC02756












DSC02759











この渓の貴重なヤマメです。

オレンジが「しゅっ」と中央でアクセント。

さてさて、少し遅い、昼飯を食べて、食後の

コーヒーでございます。
DSC02767











なかなか「美味いカステラ」でした。
コンビニとは思えない旨さでした。

上へと進むと雪はまだまだ多く・・・
IMGA0434














膝上まで、すぼっずぼっ!!

流は日当たりも良く「イー感じ」でしょ?
IMGA0443











かつて、自然の大堰堤と化していた場所も
今は昔の話・・・
IMGA0451











この流をやっつけて、帰路に着きました。

やいや、歩いた歩いた・・・・

Nさんの万歩計で車まで1万3千歩越え

登りあり下りあり・・・最後のロングダウンの

道は膝上の筋肉に響きました・・・・

こいつを入力中になんど足が攣ったことか。

今日は、風呂入って「爆睡」です。

トリオ・ザ・SIMMS また行きましょう!


Nさん、これからもよろしくね!

ポチットな!!


2013年03月17日

スカッと!スカジットの巻

記事by konchann

どもども!

今日は、青空一色の「スカッと」晴れたね。

シマちゃんと、近所のH川へご出勤。

車を止めて支度をしていると、

1台のお車より「こんにちわ〜!」と

さわやかな挨拶を頂きました。

色々とお話しをしているうちに、

一緒にやろーぜぃ!ということで

3人で「きゃす練」開始です。
DSC02703









水温7℃。 水は清く水量も「ややあり」

こんな水況は、なかなかフラットで太い流れ

だけに、大物達は狩りをしないと思われますが

「まあ練習練習」万一かかれば大儲け!!

ってな感じです。
DSC02708










シマちゃんの「力作」揃いのフライ達。
DSC02706










シマちゃんは、スカジットのラインシステムで

遠方までクルリクルリとぶっ飛びます!

オイラは、海用に師匠に仕上げてもらったロッド

にマンマ海使用のラインシステムの

シンクティップに、速攻沈むピンク色のチャーリー

でしたが、時折吹く風に難儀しましたねー。

こういった状況と川の規模からすると、

スカジットのシステムはとても有利ですねぇ。
(良く考えられたシステムですねぇ)


足が冷えて、川原でケツを付いてしばし談義。

若者はNさんと言いルアーからフライへ転向

し、今はフライオンリーの方でした。

雪の上でキャス練をしたということで、扱いは

とても慣れておりました。

今度、何処かでまたお会いするかもですね。
(そん時は楽しくまた、一緒にやりましょ!)
(*^^)v

Nさんは川へ残りシマちゃんとオイラは

保田の不二食堂へ・・
DCF00258










味噌チャ―大 うっぷぷ・・ 旨し。

師匠宅はご不在でしたので、H川へ戻り

再び・・・
IMGA0381










シマちゃんからレクチャーしてもらいまして

なんとなく、感覚が理解できました!!

タイミングがイマイチで、最後のシュートが

まぐれで飛ぶことがありましたが、、

「バックが取れない」とか普段の渓流でも

そのテクニックは使えるかもしれませんね。
DSC02709










最近の流行りの「スカジット」を少しだけ

体験出来た楽しい日となりました。!!

ポチットな!!

2013年03月04日

旅立ちのH君

記事 BY しま

毎年、この時期この川で出合うH君。

彼と釣りの話をするのが楽しみだ。

高校では生物部の部長で全国大会に出場した実績があり、

地元では環境NPO法人の活動にも参加している。

この春、県外の国立大学に進学する彼の目標は

「自然と共に生きる生物を保護する仕事」。

将来、釣り人としても有望な彼の夢が叶いますように。

DSC00308










ポチットな!!

2013年03月02日

凍りつく「解禁日に」!!

記事by konchann

祝!「解禁」って当然、真日ですが

お祭りですから〜! イザ川へ!

今日は「工場長んと、営業マン」さんとの

3人での川歩き !!

現地集合6:30到着で早速支度を済ませ

川へGo!
DSC02607









昨年も残雪は思いのほか多かったですが

今年も「昨年以上の多さ」にビックリ!!
DSC02616









更に更に、浅いんじゃない?!

流も若干の変化があります。

谷の岸壁からは、至る所から人間を超え
る長さのツララ・・が
DSC02617









見ているだけで、寒さ倍増!!です。

昨年も底で定位している奴がなかなか相手

をしてくれなかった場所。

流が変わっていましたが、お見事!

工場長さんが上げてくれました。

小ぶりですが、この渓のヤマメです。

解禁一番の魚の姿は「嬉しい限り」ですな。
DSC02620









IMGA0321









「足先に感覚無し。ひゃっけー〜」

少し早いコーヒーブレークを!
DSC02627










「暖」かい飲み物の、有難いこと・・・

その後、背後から「こんにちわ〜」の掛け声

で一同ビックリでしたが、フライマンでした。

市内からの方でしたが、こちらが3人だと知ると

下って行きました。

「解禁日」 やはり来るべき川はこの辺り

だと言うことで、集中してしまうのですね。
IMGA0335










その後、カーブを超えるたびに突然「もあー」

っと暖かい風が吹いて来たり、冷めたくなったり

と激しい変化の風でしたが、昼飯を食べて

コーヒーを頂き、三人で一跨ぎの川での

釣りを堪能出来ました。
DSC02651















当初は、付近で泊り、翌日ももう一本!

の予定でしたが、急遽の予定で敢無く断念。

さてさて、翌日の様子はいかがだったでしょうか?

「工場長さん」「Brown−Dipper」さん!!

また、行きましょう!

ポチットな!

2013年02月25日

ちょっとその辺で

 記事 BY しま

先日、カメラを持って近くを撮影ドライブ。

DSC00132~1


















  オネオネ川


DSC00150











 お気楽川

DSC00171










 阿賀野川

DSC00168










   阿賀野川河口 

 
DSC00161










DSC00162










DSC00164









 松浜


 テレビからは連日、大雪のニュース。

しかし、新潟市近辺は昨年に比べたら大したことないですね。

昨日、今日と結構吹雪いたけど、私の住んでる所で
30センチもないかな。

もうすぐ解禁なのにこの寒さ。

オヤジには堪えますな。

ポチットな!!

2013年02月16日

釣られる釣り人


 記事 BY しま 

先日、長岡の釣具店で話題の「シマザキ・ハックル・
セパレーター」を購入。

釣り雑誌の付録DVDで 島崎 憲司郎さんが
解説してるのを見て欲しくなってしまった。

これを使うとヘンネックなどのファイバーが綺麗に
バラケてフライの見た目も良くなるし、フロータントとの
相性も一層期待できるとのこと。

タイイングがイマイチな自分としては気になる商品である。

これを使えばバカスカと魚が釣れる訳ではない事は
十分に承知してるけど、ここぞという場面では納得して
巻いたフライを自信を持って使いたい。

多分この時期に釣り雑誌やカタログを見て妄想を膨らまし、
新商品にライズしてしまう釣り人は大勢
いるんだろーなぁ〜。

ところがメーカーに釣られてしまった当の釣り人は
ニヤニヤとして、また釣られたいと願っているのである。

DSC00274
ポチットなー!


Amazonライブリンク
次は何処へ行こうか?
イイね!釣りと温泉
万一時や外での快適に
この季節、家族を守る
キャンプの定番
coleman特集
GPSなら!!
ガーミン特集
グレートマザー
コロンビア特集
禁断の商品!
メット美人