2017年10月25日

そうだ!後部座席に乗ってみよう!

こんばんはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます(o^^o)


今日おせっ会の副会長と話をしていて、

改めて感じたことがあり、

「何か今日は言葉が沸いてきた!」

と思ったので書きます( ^ω^ )
由理枝さんありがとうございます!



前回のブログ(お世話側の役割)に書いた内容にも

関わってくるのですが、

支援側に与えられた役割は、


「本人のじりつ(自立・自律)を促し、

 本人が主体的に動ける関わりをすること」



だと思います。


視察にお越しになられる方々の中には、

「なかなか成果が上がらずに自分たちが疲れてしまった」

という意見も多く見受けられます。


なぜでしょうか


「よっしゃー!みんなで成婚者増やすぞー!」と

お世話側が張り切っておせっかい団体を作って、

お世話側がガンガンお見合い相手を探して、

お世話側がどんどんお見合いをセッティングをする。

上手くいかない場合は、

お世話側が2人の間に直接介入して、

お世話側が双方にお断りの連絡をいれて、

また新しい相手を探すために動き回る。


あえて強調して書いたのですが、

主語が「お世話側」なんですね。


お世話側が、


「本人の行動力」を
超えた支援をしてしまっている



ということです。

これを続けるとお世話側の疲弊に繋がっていきますし、

本人のじりつの種を育てる機会を奪うことに繋がります。


まずは「お世話側が」という主語を、

「本人が」

という主語に変えてみることから始めてみましょう♪

じゃあ何をすればいいの?と思っていただけた方は、

お世話側の役割も読んでいただけると幸いです(・∀・)



婚活をドライブに例えてみました٩( 'ω' )و

まずは本人が自分で燃料をいれて、

自分でアクセルを踏んで進み始めることが大切。

婚活のゴールである結婚に向かうために、

お世話側がハンドルを握って、

アクセルを踏むのは良くない。

お世話側は後部座席くらいがちょうどいい。

「補助席は?」って思われるかもしれませんが、

補助席はこれから出会うお相手のために空けておくこと。

相手が見つかったら、

結婚というゴール(目的)に向かって、

2人でどういう道のりを進むか2人で考える。

お世話側は、後部座席で2人を見守る( ・∇・)

2人が迷っているようだったら、

あくまで決定権は2人に委ねながら、

「どこに行こうとしてるのかな?」

「2人は何をしたいと思ってる?」

と、そっと問いかけてあげる。

そんな感じです。



婚活者には厳しい言葉かもしれませんが、

あくまで今現在結婚できていない(していない)のは、

本人の問題であって、

決してお世話側の問題ではありません。



お世話側は、

「結婚したいと本気で思っている人は、

 必ず結婚できる」と、

本人を信じ切って見守る勇気が大切だと思います。



You are the CEO of your life.

We are the CEO of our lives.


今日も読んでいただき、ありがとうございました♡

konkatsunanto at 17:56コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ