2018年08月03日

親と婚活と自然栽培

こんにちはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます(o^^o)



今日は、

「親が子のために行うべき婚活」

について書きます。



今、巷で行われている「親が行う婚活支援」は

「子どものお見合い相手を親が探してくる」

「親が子どもの身上書を持って、
 親同士が集まるお見合い会場に行く」

というようなものが多いです。

私個人の意見としては、

「子どものお見合い相手を親が探す」

ということを推奨してはいません。

理由としては、

「お金がほしいと言っている子どもにお金をあげる」

という行為とさほど変わらないと思うからです。

詳しくは

じりつりょく

を見ていただければ嬉しいです。

いいですか?詳しくは

じりつりょく

です!!(°▽°)


でも、親が行える大切な婚活があります!!



ちょっと話は変わりますが、

「奇跡のりんご」で有名な、

木村秋則さんをご存知でしょうか?

世界で初めて無農薬無施肥リンゴの栽培に成功した方です。

リンゴというのは害虫などに非常に弱く、

無農薬・無施肥でリンゴを作るなんて、

絶対に無理だと言われていました。

何ヶ月もリンゴが作れず、もう無理だと死ぬ覚悟で山に行った際、

農薬を蒔いてないのに生い茂る木に気づく。

そして根っこを掘り返してみるとそこには、

ふかふかな土壌があった。


そこで木村さんが自分の畑で取り掛かったことは、

「自分の畑で山の土壌を再現すること」

なんですね。

山のふかふかな土壌を再現した翌年、

花すら咲かなかったリンゴの木々が白い花を咲かせ、

無農薬・無施肥のリンゴを完成させられました。



これと同じことが婚活支援でも必要に感じます。

ズバリ「親が行うべき婚活支援」は

「結して幸せなことを発信する広報動」

です。

これも立派な婚活です。

勘違いしてほしくないのは、


「結婚を勧めるのではなく、
 幸せを発信する」



ということです。

どちらかというと日本は、

ノロケると叩かれる風潮にありますが、

幸せなことはどんどん発信していったほうがいいです。

土壌を変えるくらい時間がかかることなので、

すぐには変わらないと思いますが、

必ず幸せな国になっていきます。



結婚して幸せな方々!!

結婚して幸せエピソードを発信していきましょう\(^0^)/


You are the CEO of your life.

We are the CEO of our lives.


今日も読んでいただき、ありがとうございました♡

konkatsunanto at 15:22コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ