2020年10月01日

おばさん化に年齢は関係ない

こんにちはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

今週28日の月曜日、

いしかわ子育て支援財団さまにお呼びいただき、

これから「縁結びist」(おせっ会さん)になられる方に向けて、

山田由理枝さんと一緒にお話させていただきました(°▽°)

お呼びいただいた、いしかわ子育て支援財団さま。

貴重な機会をいただき、ありがとうございました!

今日は講演会での質疑応答で、

改めて気づかせていただいたことについて。

初めに申し上げますが、

決して今回の講演会や参加者を否定する内容ではございません。

帰りの車の中でも、

「みなさん真剣に聞いてくださって楽しかったねー!」

と、めちゃくちゃ盛り上がりました(°▽°)




ということで今日のテーマは、


「おばさん化に年齢は関係ない」


です。

いきます( ・∇・)



質疑応答のときに一番多かった質問(事前記入制)は、


「結婚をする気がない人を

 どうやって結婚させればいいですか?」



という質問でした。

これに対してはめちゃくちゃシンプルに、

「無理ですね」

と答えました笑

理由もめちゃくちゃシンプルで、

「結婚する気がないから」

です。

例えるなら、

お腹が空いていない人が、

食べ物を求めないのと同じです。



うちに関しては、ココは徹底していて、

婚活倶楽部なんとが支援しているのは、


「結婚を希望している人」


に対して、

出会いの場の創出や相談の機会の提供を行なっております。

逆に言えば、


「今結婚を望んでいない人」


に対しての支援は行なっていないんですね。

南砺市の婚活サポーターも、

「おせっ会」

と名乗っておりますが、

ココに関してのメリハリはしっかり行なっております。

このことに関しての、めちゃくちゃ素敵な記事はコチラ↓↓

本気になってもいいんだよ(2018年10月30日執筆)




一括りに「独身者」と言っても、

全員が結婚を望んでいるわけではありません。

「需要と供給」「マッチング」を整備することは、

婚活支援団体として、非常に大切なところです。

ココをしっかりと整備しないと、

婚活支援団体自体が、


おばさん化


していきます。


釣りを楽しみたい人に対して、

魚を買ってきて渡す 的な。


身体作りに本気で取り組んでいる人に対して、

差し入れです!と言って、おはぎを渡す 的な。
※この前Gacktが、「おれはおはぎ食べない」突き返してた


これを一番象徴するのが、

被災地に送る千羽鶴「問題」です。

被災地に対して千羽鶴を送るという行為は、

復興を応援しています、祈っていますという想いを、


被災地が求めていない行為


いわゆる自己満足で、やっちゃっていることが問題です。

コレに関しては長くなるので、

「被災地 千羽鶴」と検索したら出てきた

コチラ の記事をご覧ください。



おばさん化 とは、


自分が「良い」と思ったものを、

相手が求めているかどうかを気にせず、

「やってあげている」という

自己満足を感じたいために押しつけ、

「断りにくい」空気を作り出し、

相手に不必要な気を遣わせる。

そして「善意」を断った(捨てた)暁には、

相手を否定し始める。



と、勝手に定義しておきます( ・∇・)笑

これは年齢に関係なく誰にでも起こり得るので、

自分への忠告としても書きました♪



You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

konkatsunanto at 15:07コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ