2020年10月29日

内面と外面の一致

こんにちはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

今年度から妻と同じ職場で働いておりまして、

先日いつも通りの朝の準備をして、

いつも通りに他の仲間と仕事をしていました。

んで13時から、

富山大学の 女子大生 が婚活支援の取り組みについて、

取材に来てくれたんですが、その時に妻から、


「だから今日カッコつけてるんか」


と、ツッコミが入ったんですが、その返しに、


「アホか!いつもカッコつけとるわ!」


と、返したところ、みんなが笑ってくれました( ̄▽ ̄)



今日のテーマは、


「内面と外面の一致」


について。


話を冒頭の流れに戻します。


私は「カッコつけている」という方向性を否定せず、

数や量の部分だけを否定というか、修正したんですね。

ここで方向性自体を否定することもできましたが、

しなかったんです。

理由はめちゃくちゃシンプルで、


「ウソをつきたくないから」


逆にここで、

普段から意識してカッコよくあろうとしていることを、


「いやいや全然カッコつけてないっす」


ってウソをつくメリットってなんでしょう。

もしかしたら、

「カッコつけているっていうのがバレると恥ずかしい」

っていう気持ちが生まれちゃうからかな?

でも、


「カッコつけているのに、

 カッコつけているとバレたくない」



っていうことをしていると、


「あの人カッコつけていないって言ってるけど、

 絶対カッコつけているよねー」


っていう、

周りの人に対して無駄な思考時間を生んじゃうじゃないですか。


てか絶対バレてるし!


なので、カッコつけているなら、


「カッコつけたいからカッコつけてます」


って言い切っちゃったほうが、

自分に対しても周りに対しても、


言動と行動を一致


させているので、

圧倒的に優しいですよね( ・∇・)
※聞かれてないのに言うのはめんどくさい人になるからやめよう!笑


そもそも、

「カッコつけること」



「カッコいいと思われること」

は別次元です。

別次元に関しての話はコチラ↓↓

『知っている』と『やる』は天地の差(2020年9月10日執筆)





婚活に関しても同じように思います。

恥ずかしいという気持ち?から、

「結婚したい」という気持ちを隠して、

他の人にバレないように婚活をしている人。


めちゃくちゃもったいないよ!!


「僕(私)結婚したいんやけど、

 どうすればいい!?誰か助けて!!」



って、一回叫んでみな?(°▽°)

必ず手を差し伸べてくれる人いるから。


「よし!一緒に頑張ろう!」


って背中を押してくれる人、

いっぱいいるから。

そして同じように本気で結婚したいって思ってる人も、

いっぱいいるから。

このことを書いた記事についてはコチラ↓↓

本気になってもいいんだよ(2018年10月30日執筆)



内面と外面を一致させちゃうと、

今よりもっと、

楽に生きていけますよ♪




You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

konkatsunanto at 15:49コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ