2020年12月17日

相手の喜びを最大化する

こんばんはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

富山県南砺市は、今週に入り、

一気に雪景色に。

昨年が全く降らなかった年だったので、

この1週間で昨年分くらいの量が降ってる感じです笑

今年はホワイトクリスマスになるかな?(°▽°)

クリスマスのプレゼントはもう準備されましたか?( ^ω^ )

来週は24日クリスマスの更新になるので、

今日はプレゼントの渡し方について。

テーマは、


「相手の喜びを最大化する」


です。

結論から申し上げますと、重要なのは、

「いつ」「どこで」渡すか。いわゆる、


「タイミングと環境」


です。

ではいきます。


プレゼントを買ったり渡したりするときって、

どんなことを考えますか?(°▽°)

「何あげようかなー」

「こんなの好きって言ってたなー」

「これ喜びそうかなー」

「どんなシチュエーションであげようかなー」

みたいな感じかな?

めちゃくちゃ厳しいことを書きますが、

「相手が喜びそうなもの(求めているもの)をあげる」

は、正直最低条件だと思います。

プレゼントをあげたいと思っているなら、当たり前というか。

ここに関してはプレゼント(ギフト)の代表例でもある、

千羽鶴についての記事を、

おばさん化に年齢は関係ない(2020年10月1日執筆)

でも記載しましたので、もしよろしければぜひ( ´ ▽ ` )♪

今日は「選び方」 ではなくて、「渡し方」 です。




ちょいと話を飛ばして、先日の私自身の話です。



仕事終わりくらいに妻から、

「今日は実家(妻の)でご飯です」

と、LINEがきました。

まだ職場建物内のスーパーが開いていたので、

義母の分のビールを買っていくことにしました。

妻の実家について車を停めようとしたとき、

普段は事務所に籠りっきりのはずの、

義父の車が停まっていたんですね。

車から降りようとして、買ってきたビールに手をかけたあと、


「ん?これこのまま持っていかんほうがいいな」


と思い、車に置いておくことにしました。

んでそのままご飯をご馳走になり、

義父が先に帰ったタイミングで車にビールを取りに行き、

「いつもご馳走さまです。ありがとうございます」

と、渡しました。



この段取りの理由としては、

義父がいる前で、義母にだけビールを渡しちゃうと、

義母も喜びたいけど、喜びきれないんですよね。

義父と義母の飲むビールの種類が違うから笑

多分義父がいるタイミングで渡しちゃうと、義母に、


「嬉しいけど、私だけもらっちゃったな」

「お前だけいいなーって思われてないかな」


「後から私が義父の分も買ってこようかな」


みたいな、

考えなくてもよかったことを考えさせる、

余計な余白をデザインしてしまう可能性を生むんですね。



なので、

プレゼントを渡すときは、プレゼントを渡された側が、


純粋に喜べる環境を整えてから渡してあげる


という、

思いやりのデザインが大切だと感じました。




プレゼントを渡すときは、

プレゼントを渡す側のエゴを押し付けてはいけないと思います。

「何かをあげること」は「手段」であって、

「目的」ではない。

プレゼントの「目的」は、


「相手にとっての善を作ること」


です。



プレゼントを受け取る人が、

受け取ることに対して、

何の気遣いもしないタイミングと環境で、

渡してあげること。

「目的」を忘れ、「手段」だけを優先してしまうと、

せっかく相手を喜ばせようと準備したプレゼントが、

時に「暴力」になってしまったり、

「喧嘩のタネ」になったりするなど、

相手を困らせてしまうプレゼントになってしまいます。



せっかくのプレゼントです。

自分にとっても、相手にとっても、

気持ちの良い「今」を作りませんか?( ・∇・)



You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

konkatsunanto at 23:26コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ