2021年12月23日

多様性の真価を発揮させるには

こんばんはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

先日の掛川出張、めちゃくちゃ刺激的でした!

その地域にはその地域の文化というか、価値観というか、

根付いている意識があり、

そこをひっくるめて関われることが楽しい!

富山県は掛川市の避難場所?として、

定まっているとのことでしたので、

避難訓練と称してぜひ南砺市へお越しください♪

とお伝えしました笑


今日は、


「多様性の真価を発揮させるには」


というテーマで書きます。

結論を先に書くと、


お互いの「軸」を「尊重し合う」


という話です_φ( ̄ー ̄ )

ーーーーーーーーーーーーーー
▼みんな違ってて、それでいい
ーーーーーーーーーーーーーー

そもそも「多様性」という言葉は、

どういう意味なのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

多様性とは英語でいうと「ダイバーシティ」

互いに非常に異なる多くの人や物の集まり


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、定義されております。

自分の意見や想いが、


「互いに非常に異なっててもいい」


ということです。

「異なっていなければいけない」となると、

またニュアンスは変わってくるので、

「異なっててもいい」

という感じがいいかと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼ソレはどこ(ダレ)から生まれた意見?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みんな違ってて、それでいい。

大事なのは、違っている意見や想いが、


「自分ではない誰か」が決めた「自分のこと」


ではなく、


「自分」が決めた「自分のこと」


であること。

言い換えると、

「自分の人生を、こう生きたいと自分が選んだ」

「自分のやりたいことはコレだと自分が決めた」


という


自分の考え(自分軸)を持つ


ということが非常に大切です。

人は1人では生きていないので、

全ての想いや意見が自分1人の中から、

ゼロベースで生まれてきているわけではありません。

ですが、

「他人」や「過去(常識とか)」に答えを求めるのではなく、

「最後にコレだと決めているのは自分自身」

という意識を常に持っていることで、

自分の軸が少しずつ感じられるようになってきます。

これが俗にいう、


「価値観」


というやつです。


ーーーーーーーーーーーーーーー
▼「競争」や「正解」からの脱却
ーーーーーーーーーーーーーーー

日本の教育はまだまだ、


「正しいこと」を「たくさん覚える」


ということが中心になっています。

でもこれは、しょうがないかもしれません。

未成年教育のゴールの1つが「受験」や「試験」で、

「受験」や「試験」に出てくる問題を解くことを求められるから。


でも!

それ「だけ」をやればやるほど、


「自分の頭で考えられない大人」


を量産していくことになります。



ちょっとまとめますと、多様性の真価を発揮させるには、

「自分の考えは自分の考え。

 あなたの考えはあなたの考え。」


という


誰かと比較して考えないこと


が、非常に大事です。

それに加えて、先ほども記述した、

「自分の人生を、こう生きたい」

「自分のやりたいことはコレ」


という


自分の考え(自分軸)を持つ


ということ。

ここの、意識のインフラが整ってきて初めて、


「多様性」


という言葉の、本当の意味が発揮し始めます。


「これまでの常識」や「他人の意見」を参考にしたり、

時にはいい意味で「本当にそうか?」と別視点でも考える、


「クリティカルな思考」


を持つ。



一人ひとりが自律した意見や想いを持ち、

お互いが尊重し合いながら生きるということが、

予測不可能な時代(VUCA)には大切です( ´ ▽ ` )♪




You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

トップ画


konkatsunanto at 22:57コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ