2022年05月12日

トキめき力の磨き方

こんばんはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

今日のテーマは、


「トキめき力の磨き方」


についてです。


ーーーーーーーーーーーー
▼「トキめかないんです」
ーーーーーーーーーーーー

婚活でよくあるやりとりや質問。


「お相手とやりとりしているんですが、

 なんかピンと来なくて」


というもの。

この、「なんかピンと来なくて」という理由を、

自分の問題としているならまだいいです。

一番厄介なのが、


「相手の責任にしてしまっている」


ときです。

言い換えると、

「相手が魅力的じゃないから心がトキめけないんです」

です。

一見、「そうだよねー」ってなりがちなんですが、

そうじゃないんですよね〜。


ーーーーー
▼感度不足
ーーーーー

いや、全てが相手のせいではない、とは言い切れないですが。

例えば、

「相手がめっちゃ不潔」←そもそもマッチングしない

「考え方が違いすぎる」←ピンと来ない理由がわかっとるやん

的な。



話を戻しまして、

「自分の心がトキめかない原因を相手のせいにするな」

っていう話なんですが、


そもそも「トキめくための感度」が弱まっている


という可能性もあります。

アンテナ強度が弱いから受信できるテレビ局が少ない、的な。

この状態で「色んな人と会う」ということだけを繰り返しても、

なかなか「心がトキめく相手と出会う」というところまで、

辿り着くことは難しいです。

今回は「感度」という切り口で書いていますが、

以前「本気度」という切り口でも似たような記事を書きました。

もったいないになる可能性を潰す」(2021年1月7日執筆)


ーーーーーーーーーーーーーー
▼心を動かすために必要なこと
ーーーーーーーーーーーーーー

人を好きになる感覚って、

花や景色を見て「綺麗だなー」って思う感覚や、

絵画を見て「すげー」って思う感覚の、

延長線上にあると思うんですね。

なので、一見関係なさそうな活動に感じそうですが、


「美術館や博物館に行く」

「綺麗な景色を見る」

「夕焼けや綺麗な花を見る」



など、


「感性を高める活動」


をすることが、婚活を早く終わらせる、

一つのコツです( ・∇・)♪

余談ですが、

最近(2019年頃?)「STEM教育」に「A(アート)」が追加されて、

「STEAM教育」になりました。




You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

トップ画


konkatsunanto at 21:53コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ