2022年06月16日

モテるための会話力

こんばんはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

今日は、


「モテるための会話力」


というテーマで書きます。

言い換えると、


「伝わる情報発信力」


です。


ーーーーーーーーーーー
▼1次なのか2次なのか
ーーーーーーーーーーー

「情報」というものには「種類」がある


ということを先にお伝えいたします。

その種類というのは、


「一次情報」 「二次情報」


です。(三次情報もありますがとりあえず二次まで)

一次情報というのは、

「自分が体験して得た情報、
 もしくは、
 自ら行なった調査や実験で得た情報」


という意味です。

他の言い方をすると、一次情報は、

自分の行動によって自分で獲得した情報

とも言えます。

対する二次情報というのは、

「自分の直接的体験による情報ではなく、
 一次情報を持つ他人から得た情報」


という意味です。

言い換えると、二次情報は、

他人から聞いたり、

本やSNSなどの媒体を通じて得られた情報

とも言えます。

大切なのは、まず、

自分が今発信しているのは、
一次情報なのかそれとも二次情報なのか
ということを意識する


ということです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼相手に刺さる(伝わる)のはどっちの情報か
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう結論を書きますが、

言葉が相手に刺さる(伝わる)のは、


圧倒的に一次情報を発した時


です。

「オススメの料理屋さんはありますか?」と尋ねた際、

「ここの料理美味しいよ」



「ここの料理美味しいらしいよ」

だったら、圧倒的に前者の答え方の方が信頼感があります。
※信頼できる人に聞いている場合に限る

婚活の会話っぽくいくなら、


「ここの料理美味しいらしいので、

 今度行きませんか?」


より


「この前ここの料理屋に行ってきたら、

 ◯◯さんの好みに合いそうな料理だったので、

 今度行きませんか?」



です。(ちょっと盛りすぎ?笑)

インターネットやSNSで

簡単に情報を仕入れられるようになりましたが、

足を運んで、自分の身体で体感したことを話すのが、

より「自分」ということも併せて伝えることができます♪


やっぱり行動あるのみ!!!




You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

トップ画


konkatsunanto at 22:35コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ