2022年07月21日

叱られた後に大切なアクション

こんにちはー!

いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

婚活倶楽部なんと事務局の常本です( ・∇・)

先週末は、2年連続で県外自治体の方からお声がけいただき、

全力講演を終えてきました(°▽°)

昨年は「南砺市が行なっている婚活の土台、前提、目的」、

今回は「イベントや相談会の具体的なやり方」を、

本気でお伝えしました。

今月末は西日本で講演♡

次は「独身男性」に向けてお話(ディスカッション)を

させていただく形なので、こちらもめちゃくちゃ楽しみ♪

少しでも今以上に魅力的な男性になるキッカケになるよう、

本気&楽しんできます( ´ ▽ ` )

今日のテーマは、


「叱られた後に大切なアクション」


です。

「部下」や「後輩」のポジションを持っている人向けで、

良好なチーム作り

にも繋がる話。

結論としては、


「叱られた側から話しかけろ」


です( ・∇・)


ーーーーーーーーーーーーーー
▼真摯に受け止めるは当たり前
ーーーーーーーーーーーーーー

大前提として。

怒られた(上司の感情をぶつけられた)ときではなく、

叱られた(自分のためにアドバイスをしてくれた)ときの話です。

んで、


叱られた側が「叱られた内容」について、

自分自身で振り返って、

真摯に受け止めている



ということは、当たり前に押さえていること前提の話です( ・∇・)

叱ってもらったのに、

「無視」や「逆ギレ」などをしてしまうのであれば、

まずは人間性という観点から、自分と向き合いましょう笑


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼叱るときはめちゃくちゃ言葉を選んでいる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

んでここからは上司の視点。

ぶっちゃけ、というか当たり前ですが、

基本的に、


「叱りたくない」


んですよ。

自分でキチンと気づいて、キチンと振り返って、

キチンと次のアクションに繋げてくれていれば、

叱る必要なんてないんです。

でもどうしても経験不足や勉強不足で、

上司が叱る必要があることもあります。

そのときの上司って、部下や後輩のことを考えて、

めちゃくちゃ言葉を選んでいるんですね。

一応もう一回「叱る」を定義しておきますが、

叱る=相手のためにアドバイスをする

です。

「何て言ったら伝わるかな」

「人間性ではなく行動を叱ろう」

「傷つけないように。落ち込ませないように。」

みたいな感じで、めちゃくちゃ慎重に言葉を選びながら、

部下や後輩と向き合って叱ります。

なのでまず、「やらないほうがいいこと」としては、


「落ち込む。そして引きずる」


です。


ーーーーーーーーーーーーーーー
▼叱られた側から話しかける理由
ーーーーーーーーーーーーーーー

叱った後の上司って、少なからず、


「叱ったことの振り返り」


をしています。

・言いすぎてはなかったか?

・落ち込ませちゃったかな?

・別の言い方をした方がよかったかな?

的な。

なので、


叱られた側から話しかけてくれる


ことで、叱ったことではないことの会話とかも、

めちゃくちゃしやすくなります。

逆に!

必要以上に落ち込んだり引きずりまくっていると、

叱ることが億劫になります。。。

なので結果的に、


「チームとしての成長が遅れる」


ということにつながります。


改めてですが、

基本的に「叱る」という行為自体は気持ちの良いものではなく、

でも、


「役割として必要」


なので、


「叱る」という行為を遂行


します。

だからこそ、叱られた側(部下や後輩)は、

叱ってもらった(自分のことを真剣に考えてくれた)ことへの、

感謝の意も込めながら、


自分から少し明るめに話しかける


をすると、

良好なチームワークを築くことができます(°▽°)♪






You are the CEO of your life.


今週も読んでいただきありがとうございました♡


婚活倶楽部なんとHP→コチラ

筆者Facebook→コチラ

筆者Twitter→コチラ

講演依頼・お問い合わせは→コチラまでぜひお願いしますm(_ _)m

トップ画


konkatsunanto at 16:52コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ