厄年に転職したおやじの物語

40才を過ぎて技術職から結婚相談所に転職した無謀な中年男の活動報告

わらびを移植

あと1カ月ちょっとで今年も終わり忘年会のシーズンになってきた今日この頃

枯れたわらびの処理をするため久々にわらび畑へ行ってきました

5年前、数メートルの根っこを埋めたところ↓

DSC_0065


現段階で5〜6aほどに広がり、畑全面積の約40%を占めてます

一部湿地の部分があるため全体に広がるのは無理ですが、なるべく広範囲に繁殖してくれると収穫量も増え、草刈りをするスペースも減って助かります

今までは特に何もせずわらびの成長に任せてましたが、今年はある程度繁殖して余裕もでてきたので、一部の根っこを掘り出して空いたスペースに移植してみようと考えました。

実際掘ってみると結構浅いところに根が張っていて、スコップで掘ったらかなりズタズタに('A`|||)

さらに思ったより脆くちょっと引っ張るとポキポキ折れてしまいました(/TДT)/

思い描いていたビジョンでは、当初購入したような1.5mほど長さで2〜3本を掘り出して埋めるはずでしたが

現実は20cmほどの根っこが2本・・・

成功するまでチャレンジしようと思いましたが、根を取るために掘り返し過ぎては本末転倒

それに寒いし面倒になってきたので、もうこれで埋めちゃうことにしました



来年の6月頃に芽が出てくれれば有難いです

冬に備えてトラクター整備

やっと田んぼの季節が終わったと思ったら山には雪が積もる今日この頃

一昨年から除雪にトラクターを使うようになり、

オールシーズン稼働となった我が家のトラクター

寒い中エンジンの調子が悪くなっては困るので、早めにオイル交換

今までは普通にドレンプラグを外してオイルを抜いてましたが

昨年乗用車のオイル交換を手軽にしようとオイルチェンジャーを買ったので

トラクターでも使ってみました



本来トラクターのドレンプラグは高い位置にあるので、特に下へもぐることなく

簡単にオイルを抜くことができます。

ただ、最近腰が痛くてしゃがむのが苦痛になったため、

敢てオイルチェンジャーを使うことにした次第です(ノд・。)



作業は順調に終わりました。下抜きより多少時間がかかりますが、

腰の負担が無くてたすかりました

次はリヤバケットにペンキを塗らなきゃv( ̄∇ ̄)v

自作籾殻コンテナ補強計画

ついに今年も稲刈りのシーズンになってしまった今日この頃

とにかく「農作業を楽に終わらせたい!!」という欲望を満たすべく、

3年前に籾殻を楽に田んぼへ捨てるための籾殻コンテナを自作、

しかし思った効果が得られずあれこれやってみては挫折、

むしろ苦労や手間を増やすアホな展開を繰り返してきました(T_T)

今年は昨年のフレームをそのまま使い、10俵分位の籾殻に耐えられるよう補強しようと考えました。

具体的には、籾殻がたまる高さを去年の倍まで想定、

その位置までメッシュパネルでフレームを囲い、内側にシートを張る。

前回下側に開く構造で失敗した排出口を上開きにしてメッシュパネルで補強。

さらに開閉部から籾殻がこぼれるのを防ぐため、スポンジ状の部材で開閉部の縁を覆いました。



結果、強度についてはクリアできたと思います。

問題は排出・・・今年もうまくいきませんでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン

まぁ行き当たりばったりの思い付きでやってるのでこんなもんです!

だけど、偶然いい方法発見しました('▽'*)♪!!

とりあえず今年は間に合わないので続きは来年にしようと思います。

忘れないうちにメモしとこ・・・φ(.. )

トラクターで畑の除草

今年も1カ月後に稲刈りを控える今日この頃

ここ数年、俺の住む地域ではやたらと人里へ出没するようになった猿のせいで 昔のように畑に作物を植えられない状況になってまいりました。

路地栽培したトウモロコシやナス、キュウリ、トマトなど、十数頭の群れが来て片っ端から食い荒らされてしまう。

網や電柵などで畑を囲って対策するしかないのだが、それでも100%防げるわけではない。

完璧に防ぐには上下左右全てを丈夫な網、もしくは透明なパネルで囲み、出入り口も施錠できる扉をつけるしかない。

そこまでして自家消費野菜を作るくらいなら買った方が安い。

もともと何も作らなければ苦労して育てた野菜を猿に荒らさられるストレスも無い。

というわけで、今までジャガイモやトウモロコシを植えていた畑は今では雑草が生え放題。

しかしながら、ずっと放置すると土地が荒れるし見栄えも悪くなるので、面倒だけど定期的にトラクターで耕して畑の体を維持している。

小さい畑なのでいつでもできると思っていたら、いろいろ立て込んで1カ月放置してしまったところ、雑草が1m近く伸びてしまった・・・

ここまでくるとロータリーに草が絡まって簡単に耕せない(TДT)

馬力の少ないトラクターなので労りながら作業。



次回、稲刈りの前ぐらいに耕せば今年は終了。

来年は猿が食べないものを植えてみようかなv( ̄∇ ̄)v

米ぬかペレットで田んぼの除草2017

今年も半分が過ぎ梅雨の時期に入りました

昨年試験的に小さい田んぼに撒いてみた米ぬかペレットが思いのほか除草効果があったので、今年は大きい田んぼにも撒いてみようと計画していましたが

4月以降、すべての休日がいろんな用事でことごとく潰れてしまい、自分のことをする時間がほとんどない状態に。゜(´Д`)゜。

最近ようやく時間がとれるようになり、早速米ぬかペレット作成にとりかかりました

とは言えこの日も午後は自治会の作業でつぶれるため、午前中に作成および乾燥、夕方散布という流れ

結局時間的に昨年と同じ小さい田んぼに撒く分しか作れませんが、こうなることが予想されていたので他の田んぼには予め例年通り除草剤を撒いておきました

昨年は味噌作り機を置く台が無く、壊れかけの座卓で何とか運用しましたが、今年は不要になったオフィス机がタダで手に入ったので穴をあけて味噌作り機を固定

オフィス机はクソ重たいのでハンドルを回してもびくともしません

米ぬかは、倉庫に眠っていた精米機を引っ張り出して自分の家で精米し貯めておいたものを使用

コイン精米機なら300円で10分もかからず30kgが精米できますが、家の精米機は2時間近くかかります

電気代を考えると損してるかも?

とにかく原料は自給出来るので、これから時間さえあればいくらでも作れるのがいいところです

昨年はそば打ちみたいにこね回しましたが、考えてみれば味噌作り機自体が螺旋のスクリューでこねているようなもの

ある程度米ぬかと水が混ざった状態にして味噌作り機に投入すれば自動的に圧縮されるので、あえてこねる必要は無いことに気づきました

というわけで、水を混ぜて攪拌したら味噌作り機に投入!

今年は土台がしっかり固定されているのでハンドル回しも片手で楽々(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

できた米ぬかペレットを新聞紙に広げて乾燥させ午後の自治会作業へ

作業を終えて乾燥具合をみると、日陰の部分はまだ乾いてませんでしたが型崩れしない程度には固まっていました

どうせこのあとすぐ水の中にぶち込むので今回はこれで十分



出来れば雑草が発芽する前に撒きたかったのですが、20日ほど遅れた分雑草が成長しているため、アイガモンでざっくり除草してから米ぬかペレットを撒きました



既に大きくなった雑草は仕方ありませんが、今後の雑草を抑えてくれれば幸いですv( ̄∇ ̄)v
婚活支援!!★
納音占い/自分の本質とは?
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

提携広告



じぶん電力

除菌率99.96%
宅配食材		
オークション ビジネス
薬剤師なら 紅珠漢






ティアリー

マジックボール



amazon link
楽天ショッピング
ランキング/募金
ブログランキング・にほんブログ村へ
bana3 クリックで救える命がある。
ポイントサイト
貼るだけで収入?!
アフィリエイト
free
  • ライブドアブログ