こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

2012年12月

2012年の感想

1位 梅ちゃん先生
2位 恋するハエ女
3位 ロンドン五輪 女子バレー 日本vs中国

20120622-080813-194
2012年の1位は朝ドラの梅ちゃん先生。堀北真希の清楚なかわいさが際だっていた。311震災原発事故以降、ドラマを見る気を無くしていたが、 敗戦からの復興と震災の復興を重ね合わせ、 これで毎朝元気をもらった。脚本がよく練られており、いいシーンがたくさんあった。
2位は恋するハエ女。ミムラと筧利夫の演技が上手く、脚本が素晴らしい。
3位はロンドン五輪の女子バレーの日本vs中国戦。シーソーゲームの激戦を制し、ベスト4進出を決めた試合。今まで接戦で糸が切れるとずるずると負けていたが、粘り強くなった。その後、女子バレーは韓国に勝ち、ブラジルに負け、28年ぶりに銅メダルを獲得した。
20120808-190035-616
美術番組はダヴィンチの新作、ミケランジェロ、ベルニーニなどイタリアのルネサンス~バロックの作家が印象に残った。なぜ人類の至宝と讃えられるのか少しわかった気がする。フランク・ロイド・ライトの建築や宮川香山の真葛焼、現代日本の精巧な工芸作品もよかった。
自然番組はカムチャッカやアラスカ、ヒマラヤ、北極海のクジラなど寒帯や極地の自然が美しく見応えがあった。カワセミやモズ、ミサゴなど身近な鳥の特集も面白かった。
20121215-220333-005

2012年12月の感想

1位 恋するハエ女 最終回
2位 美の巨人たち ベルニーニ『アポロンとダフネ』
3位 Nスペ 「ヒマラヤ8000m峰 全山登頂に挑む」 竹内洋岳

20121214_09
1位恋するハエ女は勢いのある物語が最終回で鮮やかに予想外の地点に着地して非常に感動した。録画を何回も見返して、いろいろと発見があって楽しかった。脚本と構成がよく練られている。2位はベルニーニの精巧で流麗な彫刻。3位は8000m全山登頂の快挙に喝采。

「実験刑事トトリ」「東京全力少女」は最終回まで全話見て、わりと面白かった。
「遅咲きのヒマワリ」は暗すぎて途中で脱落。最終回をちょっと見たら、東京タワーの前でキスしていて、これまでの高知四万十を否定するような終わりでがっかりした。クジラvsシャチ、ダーウィン、TBS世界遺産などブログの記事が溜まり気味。

スタジオパーク 大みそかスペシャル 綾瀬はるか 55分
2012年12月31日(月) 13:05
★4
20121231-134245-027

内容
大河ドラマ「八重の桜」に主演する綾瀬はるかが生出演し、ドラマの見所や撮影エピソードを紹介する。会津弁やスペンサー銃の扱い、着物の所作の指導をしてもうらう風景など。広島の名物では求肥入りの紅葉まんじゅうが好き。前髪はよく自分で切る。趣味は足首回し。美容では保湿に気を遣っている。好きな男性のタイプは「芯が強くて、怒ったりしない人」

感想
綾瀬はるかがホンワカとかわいい。番組はほとんど大河の紹介でした。
20121231-133327-386
20121231-132850-371

空から日本を見てみようplus【鎌倉】 54分
2012年12月30日(日) 13:00 BSジャパンの11月の再放送
★4
20121230-141838-941
内容
くもじいとくもみが鎌倉の上空を北鎌倉から円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮を抜けて、由比ヶ浜まで飛び、銭洗弁天にゆきゴール。途中は古民家カフェや陶芸、鎌倉ビール、もじゃハウス、もじゃミラー、車夫、女漁師を紹介する。

感想
久しぶりの地上波放送で面白かった!くもじいとくもみの掛け合いも相変わらずで楽しい。+になってから、地上にズームする時の音楽がYMOから別の似た曲に変わってた。DEPAPEPEのSTARTが印象に残った。鎌倉はコジャレていて観光にはいいけど、結構住みにくそうな感じがした。
20121230-130154-657
20121230-132249-986

あさイチ ニュースウオッチ9 堀北真希
2012年12月28日(金)
★4
20121228-210020-490
内容
あさイチに堀北真希と嵐の大野くんが出て、紅白にかける思いを語った。
ニュースウォッチ9では冒頭に登場した後、ニュースをはさんでから、今年1年を振り返り、被災地への想いを語り、紅白の紹介をした。高橋克実がメッセージをくれた。

感想
紅白リハーサルの前後で宣伝で出演。かわいい。
20121228-082955-264
20121228-212858-443
20121228-213805-630

THE世界遺産 「異国の王が育てた港町」~ナポリ歴史地区 30分
2012年12月16日(日) 18:00
★3
20121216-180219-687
内容
イタリアのナポリは青の洞窟、ベスビオ火山があり風光明媚な都市として知られる。地下にはローマ時代の古代都市が埋もれている。ナポリはBC5cの古代ギリシャに始まり、古代から海運交易で栄えた。バイキング、フランス、スペインなど異国の王に支配され続け、要塞の大砲は市民の住む街角に向けられている。パスタやビザ、オペラが有名。

感想
「ナポリを見て死ね」のナポリ。さすがの絶景。わりと駆け足の紹介だったので、個々の建築や美術品の詳しい紹介を見たかった。
20121216-180133-312
20121216-180307-671
20121216-180847-796
20121216-180937-671
20121216-180422-453

THE世界遺産 「火山が生んだカリブ海の秘境」~モーン・トロワ・ピトン国立公園  30分
2012年12月2日(日) 18:00
★3
20121202-175944-687
内容
ドミニカは南米プレートがカリブ海プレートに沈み込んで出来た人口6万人の火山島で、今もたびたび噴火する。マグマに熱せられた沸騰湖や地獄谷、温泉がある。年7600mmの多雨地帯で、ドミニカアノールやレッサーアンティルイグアナ、ヘラクレスカブト、沢ガニのシリック、犬のように吠え自分の卵を子どもに与える蛙のマウンテンチキンが棲息し、クルシアやグズマニアなど5000種もの植物がある。先住民カリナゴはヤシの木のドラムで踊り独自の文化を守っている。

感想
ちょっとマイナーな感じのカリブ海の火山島。熱帯でともかく降水量が多い。豊かな熱帯雨林と火山の荒廃した景色の対比が面白い。温泉が気持ちよさそうだった。
20121202-182651-980
温泉
20121202-181943-323
地図
20121202-180348-120
20121202-180339-808
20121202-181541-558

ファミリーヒストリー「南果歩~波乱の南一族・1300年の絆~」 50分
12月24日(月) 22:00
★4
20121225-205051-419
内容
女優・南果歩の先祖を辿る回。
唐の時代、712年に河南省汝南県老金村に産まれた金大鐘(金忠)は科挙に合格し玄宗皇帝に使える。754年唐から日本に渡るが難破し、朝鮮の丑山に漂着する。金忠は新羅の景德王に使え、汝南から1字取って南という姓を賜り、南一族の初代・南敏となる。1592年に文禄の役の戦乱を逃れ、12代目の南継曹がヒョンドンに移り住んだ。
祖父・南雲洛(ウンラク)は1910年(明治43年)の日韓併合の3年後の1913年(大正2年)に釜山の北150kmの慶尚北道青松郡県東面(チョンソン郡ヒョンドン)に産まれた。南一族はかつての両班で、ウンラクは父から儒教を学ぶ。長じて大邱で剣道の武道具を作る仕事に就く。1937年(昭和12年)ウンラクは日本の武道具屋にスカウトされ和歌山に渡る。後に京都へ移住し、そこで終戦を迎える。GHQにより剣道などの武道が禁止され、職を失う。ウンラクは帰郷を決意するが、船荷を紛失して帰国に失敗する。尼崎に移住し、クズ鉄屋を始める。ウンラクの妻がガンに倒れ、娘の直江が兄弟の世話をする。直江は建設業を営む男性と結婚するが、離婚して喫茶店を開き、果歩を含む5人の娘を育てる。ウンラクは68歳で胃がんで亡くなり、韓国に妻と埋葬される。墓碑には異国で支え合った妻への想いを述べた漢詩と故郷を留守にした先祖へのお詫びが書いてあった。

感想
梅ちゃん先生の母親役の南果歩だったので見てみた。余貴美子の回と似ていて、中国や台湾、韓国では儒教の影響で祖先崇拝と氏族社会があり、族譜によって1300年近くまで遡れるのが印象的だった。
南果歩の祖父のウンラクは、儒教を学び武道具製作の技術を身につけるも、終戦で失職し、クズ鉄屋に転落してしまう。しかし、仮に帰国してても朝鮮戦争の動乱が待ち構えてるわけで、かなり難しい運命の選択だったように思う。武道具製作ではなく、旋盤で金属加工など別の技術を身につけていれば、また運命も違ったかもしれない。
当時は大日本帝国下で同じ国だったとはいえ、異国への移住はリスクが高く、政治情勢によって個人は翻弄される。特に戦争は多大な影響を与えることを痛感する。ウンラクの墓碑から最後まで日本に溶け込めなかった心情が伺われた。

ウンラクの娘の直江のなんとも言えない表情
20121225-212211-519

ノーリミット 終わらない挑戦 45分
2012年12月23日(日) 17:15
★3
20121223-172447-562
内容
登山家の栗城史多が世界7大陸最高峰全制覇を目指し、エベレスト(8848m)に挑む。単独 (?) 、無酸素 (?) でエベレスト西稜ルートから登る。キャンプ4(7500m)からPM7:15に行動開始するが、AM6:30にホーンバインクーロワールの取りつきまで来て(?)、強風のために敗退する。途中、凍傷と酸素不足で動けなくなり、シェルパに救助を頼む。PM 10:00にC4で休み一晩過ごす。翌朝、救助されるが凍傷が進み、9本の指を失った。

感想
栗城史多は登山家として賛否両論あるが、エベレストは人間の思惑を超えて美しかった。栗城はC2到着時点ですでに指が凍傷にかかっていた。単独行動(?)、無酸素(?)という条件と疲労度を考えたら、強風でなくても1日でホーンバインクーロワール突破して1300mの標高差は難しかったのではないか。今回は指を9本失うという、非常に痛ましい結果になった。
20121223-174123-922
20121223-172025-844
20121223-174033-203

恋するハエ女 全6話 各30分
2012年11月~12月 ★5
20121103-215905-974
梅ちゃん先生の松子姉さん(ミムラ)が出るから見るか~、「ハエ女」って綾瀬はるかのホタルノヒカリの干物女みたいだな~と思いつつ、気軽に見始めた「恋するハエ女」は大傑作でした!
毎回ぐいぐいと話が飛んで行き、最後でキレイに物語が着地。鮮やか。これはもう一度最初から見ざるを得ない。最終話で明かされた八重樫の視点で最初から見ると、まったく違った物語に見えて面白かった。以下、いろいろ気付いた点や歌詞、ラストの長セリフが書いてあります。間違ってる点があったらご容赦ください。m(_ _)m
未見の人や録画してない人はNHKオンデマンドで各話30分x6話で3時間で見られます。 2013年6月19日にDVD・ブルーレイが出ます。このドラマ、超オススメです!
追記: 2013年4月9日に脚本の大島里美さんが市川森一賞に選ばれました!おめでとうございます! \(^o^)/
20121127-232029-152
■総理の愛人計画
あらすじ
-八重樫は内閣調査室で野党の総理の愛人計画を追っていた。
-絵美とネットで知り合うきっかけは別件のまったくの偶然だった。
-八重樫はHPで自分の住所氏名を公開し、辞職する。
-内閣情報調査室に野党と密通してると疑われて、八重樫と絵美が公安に尾行される。
-絵美は母の懇親会の総理講演会に呼ばれる。
-一方、野党の愛人計画も進行していて、野党の偽ガードマンに絵美は愛人予定の女と間違われる。
-八重樫のアドバイスで絵美は窓からジャンプしてピンチを切り抜ける。
-総理が緊急入院し、野党は愛人をでっち上げる必要はなくなった。
-内調と公安も絵美と愛人候補者は無関係と結論づける。

ドラマでは冒頭から八重樫が絵美をいい女にして、総理の愛人に仕立て上げる話のようなミスリードがなされている。
フランスのコスプレバーで白鳥姿で飲んでたのは、内閣情報調査室の室長で、追いかけたのは八重樫の同僚の真田だった。総理の愛人計画とは特に関係なし。
20121204-231305-022
■八重樫と絵美
八重樫はHPに「アイドルが肥えている件!」「牛丼の大盛りがショボい件!」と書いたり、ケータイの割引解約や地銀の金利がいいとか気にするのが元々の性格で、「人生、攻めてみろ」「そのまま定年までやりすごすのか」「左遷されるつもりで生きてみろ」「人生チャンスは1度きり、開いている窓には飛び込め」「回りのやつにとっては、どうでもいいんだよ」「終わった恋愛にしがみついているのは醜い」は自分が生きてみたかった姿だった。

八重樫は4話の最後~5話冒頭の絵美にバス停でケーキをあげて、「好きだから」と言うが、絵美に「えええええ!?」とメチャクチャ驚かれて冗談にしてしまう。ポルトガルの写真集にはさんであった雄鳥ガロのハートマークで絵美の好意を感じる。絵美はケータイの着信氏名を「ストーカー」から「八重樫修治」に変えている。ドレスアップのドッキリのあとで八重樫は手品をしつつ電話するが、コップに2つの手品玉が入り、絵美の描いた雄鳥ガロのイラストになり、八重樫のヒドい言葉の裏にある気持ちを語っている。絵美は内閣調査室で「八重樫にこんなかわいい彼女がいたなんて」と言われても特に否定しない。

ラストの八重樫のセリフ「Ola!Senhora mosca. おかえり、ハエ女」は、Senhoraで英語のミセスに当たり、英語のミス相当のSenhoritaと呼んでないのがミソ。八重樫の八重がハエでハエ夫人になる。
タイタニックの真似は、1話の絵美の履歴書で「好きな映画:タイタニック」と書いてある。ホントに楽しそうなミムラがウケル。

八重樫と絵美のその後を予想すると、ポルトガルの雄鳥ガロの伝説は死刑を宣告された男が助かった話で、膵臓ガンを宣告された八重樫に重なっている。ラストで絵美がガロを差し出したので、命は助かるのだろう。絵美の小学校に寄付しすぎたお金は、「勇気ある女性教師と子ども達」宛なので、いくぶん絵美から八重樫に回るのかな?
セントレア空港と、リスボン行きのチケットはよく分からず。飛行機に搭乗する前に八重樫から連絡があったと脳内補間した。

追記: 名前からすると、「八重樫修治」=「ハエが死、修まって治る」なので、やっぱり八重樫は治るのだろう。空港のシーンで映ったポルトガル行きの航空券は、持ってる手がピンク色のセーターで、絵美ではない別人のものだった。
20121106-230300-137
■絵美の書き込み お悩みなでしこ smallwood1014
見事に愚痴ばかりだけど、最終話ではネットに書き込むのをやめ、自分で八重樫を追うことに決める。

撃退法が通用しません!!
変なのにつかまっちゃいました・・・対処法教えてください!
婚約していた彼にふられました・・・(泣く)
PTA会議にかけられることになりました・・・(泣く)
結婚式の席次ってどう決めたらいいのでしょう?
せっかくの休みなのに彼に会えませ~ん(泣く)
どう思います?今の子ども達って
まあ、私の人生、こんなもんです(T-T)
婚約している彼が最近、冷たいんです・・・・・(泣く)
また教務主任に怒られました・・・・・(>_<)
学校って理想を追求する場所ですよね?(愚痴)

■エンディングの歌詞
エンディングにかかるSPYAIR 「WENDY ~It's You~」の歌詞。
絵美をピーターパンを待つウェンディになぞらえている。

下を向いて 歩いてちゃ 星空は見えない
イヤホンで ふさいでちゃ 聞こえない 明日の足音 (baby)
本当に欲しかったものほど (baby) すぐそばにあるんだよ

さよなら もう振り返らない 愛した人 追いかけた夢
僕らはまた歩き出せるさ
ビクビクするなよ ウェンディ
ドキドキしようぜ ウェンディ
20121218-231728-960
■ポルトガル民謡のファド「Não venhas tarde」の歌詞。
八重樫がいつも口ずさみ、ポルトガル風の街角でかかる曲。嘘をつきつつ、絵美の心に残ろうとする、八重樫の心情に重なっている。

「遅くならないでね」
君は愛を込めて言う
強調することもなく
とっても小さな声でお願いするんだ

「遅くならないでね」
最後に僕は神に頼んだ
僕への愛が少しだけ
君の心に残っていることを

君は感づいている
僕が嘘をついているのも 臆病なのも
なのに笑いながら言うんだ
「あなた 遅くならないでね」

Não venhas tarde

Não venhas tarde, Dizes-me tu com carinho,
Sem nunca fazer alarde, Do que me pedes baixinho.

Não venhas tarde, E eu peço a Deus que no fim,
Teu coração ainda guarde, Um pouco de amor por mim.

(劇中ではこの部分省略
Tu sabes bem, Que eu vou para outra mulher,
Que ela me prende também, Que eu só faço o que ela quer.)

Tu estás sentindo, Que te minto e sou cobarde,
mas sabes dizer sorrindo, meu amor, não venhas tarde.
20121218-232138-273
■ラストの絵美の長セリフ

八重樫さん!
八重樫さん。
ばかばかしいけど、思ってました。大人になっても、
ある日突然誰かがやってきて、どこかすてきな世界に
連れていってくれないかなって。

笑っちゃう。
あるはずないですよね。そんなこと。
でも現れたんです!私の前に。
どうしようもなく、大ぼら吹きのピーター・パンが。
大ぼら吹きで弱虫。

私が・・・私が、ちょっと好きかも、、みたいなこと言ったら、
ビビって逃げ出しちゃって。
そんなんだからモテないんですよ。
自分だけ言いたいこと言って忘れろなんて
かっこよくも何ともない。
クソです!あなたはクソの中のクソ男です。
だからたかりに来てあげました!ハエ女が。

ミッションです。八重樫さん。
もう一度人生生き直しましょう、今度は2人で。
笑っちゃうようなエピソード、ないなら一緒に作ればいい。

大丈夫!瀕死の男を救うお守り、私、ちゃんと持ってます。
(ポケットからガロを取り出す)
世界はあなたが思っているより、まだまだずっと広い!
20121222-205056-271
ガロに描かれたハートが2人の気持ちをつなげる

このページのトップヘ