こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

2013年01月

2013年1月の感想

1位 Nスペ 巨大イカ
2位 世界遺産 カリブ海クルーズ ブルーホール
3位 とんび
MVP 綾瀬はるか

20130102-180837-385
1位の巨大イカは国際チームが最新鋭の潜水艇で知恵を絞るのが面白かった。2位の世界遺産はカリブ海のブルーホールが美しかった。3位のとんびは内野聖陽と子役が上手かった。
1月期のドラマが始まったが、物語はまだ序盤で大きく動かず。「八重の桜」の番宣で綾瀬はるかを見まくった。「泣くな、はらちゃん」が安定して面白い。「バッケンレコードを越えて」も良作だった。映画館で見た「東京家族」は心温まる感動があった。
正月に一挙再放送された「JIN完結編」「孤独のグルメ1」 「梅ちゃん先生SP」 「シャーロック」を録画して少しずつ見た。特に「JIN完結編」は怒濤の感動作だった。咲さんのひたむきな献身と切ないラストが心に焼き付いた。「八重の桜」とともに1月は綾瀬はるか漬けとなった。
BSプレミアムの徳永えりの温泉ドラマ、田中麗奈のお遍路、陣内孝則の宮崎の口蹄疫のドラマは見たかったが、なぜかNHKオンデマンドになく見られなかった。BSはアテルイ、嘆きの美女など面白そうなドラマが多い。
美術番組はSANAAや生人形を見た。土日に見たい番組が重なることが多く、後日の再放送で助かった。TVチューナーをもう1つ増やそうか思案中。

この4人が素晴らしかったJIN
jin2cast
見たかったBSドラマ「今日も地獄でお待ちしています」
20130113-200006-893

SHERLOCK(シャーロック)<終> 第3回「大いなるゲーム」 1時間30分
2013/1/30(水) 0:25 2010年夏にBBC製作
★4
20130130-172028-661
あらすじ
ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)の兄のマイクロフトが国家機密データの入ったUSBメモリを盗んだ公務員が殺された事件の調査を依頼する。ホームズ宛に連続爆破殺人の予告が残された携帯電話が届く。1件目は水泳選手がボツリヌス菌を薬に混ぜられて溺死した過去の事件、2件目は銀行員の偽装殺人、3件目はテレビ司会者の遺産目当ての殺人、4件目はフェルメールが贋作だと知ったガードマンと教授が殺される事件が発生する。ホームズは漏洩事件の犯人も突き止める。4件の事件は黒幕のモリアティが国家機密漏洩事件の捜査撹乱のために起こしていた。ホームズは夜のプールでモリアティと対決する。

感想
ラストのブツ切りが酷すぎだ!!
話はテンポ良く進んで、疾走感がある。2人目の財布と3人目のボトックスの謎は見ていてわかった。冒頭のベラルーシの事件は関係なかったらしい。人質に爆弾を巻き付けるのはアルジェリアの事件を思い出させるので日テレの「リバース」は放送延期で、シャーロックは良いのだろうか。深夜だからか?フェルメールの「ヴァン・ビューレン超新星」というのはドラマ中のフィクション。銀行員のレンタカーがマツダの車RX-8だった。モリアティは犯罪コンサルタントと名乗っているが、普通に殺人教唆で逮捕なのでは。

ファミリーヒストリー「柳家花緑~祖父・小さんの二・二六事件、その真実~」 50分
2013/1/28(月) 22:00
★5
20130128-223839-515
内容
落語家の柳家花緑の祖父の柳家小さんの回。
小さんの父、伝之助は東京の日の出町の養蚕農家に生まれる。伝之助は成長して長野に行き、紡績工場で働く。山梨から来たてふと結婚し、4人の子を産み、末っ子が小さん。父は金融業を始めるが失敗し、浅草に移住する。
小さんは子どもの頃から話が巧みだった。兄が結核で寝ている間に面白い話を考え、それを話していた。中学時代は剣道に熱中していた。中学卒業後、法律事務所の雑用係として就職する。事務所の弁護士に寄席に連れて行ってもらい、感銘を受ける。18歳で4代目柳家小さんに入門し、落語の世界に入る。
入門3年目の昭和11年1月に徴兵で陸軍に入隊する。1ヶ月後に226事件が発生する。当日は未明に起こされ、実弾を渡され、真相を知らされず、警視庁を占拠する。午後にはクーデターだと知る。2月28日に食糧が届かなくなり、天皇の命令により鎮圧部隊が派遣された。反乱軍は混乱し、沈鬱なムードになる。その場に畑和(のちの埼玉県知事)もいた。夕方に上官が小さんに落語をやるように命令した。小さんは子ほめを一席話したが、誰も笑わなかった。29日の朝に投降勧告を受け、226事件は収束する。
歩兵第三連隊は反乱軍の汚名を着せられ、昭和11年5月に満洲送りになる。非常に厳しい生活だったが、小さんは「つらい時こそ、笑いが希望になる」と考えた。昭和14年に任期を全うし、東京に帰る。前座から二つ目に昇進し、結婚、子どもが産まれる。昭和19年に再び徴兵され、仏領インドシナに送られる。終戦後、ベトナム南部のダナンで捕虜として生活する。収容所で落語を披露する。昭和21年5月に日本に帰国する。昭和22年に真打ちに昇進。平成7年に落語界初の人間国宝になる。孫の花緑の稽古をつける。平成14年に87歳で亡くなる。

感想
小さんの笑いは軍隊生活に裏打ちされていた。226事件で上官の命令に従っただけの新入兵なのに満洲送りになり、非常に理不尽な体験をするが、「つらい時こそ笑い」と考え、それを落語の芸に昇華させたのが素晴らしい。

226事件で国会前を戦車が走る
20130128-222324-593
疲弊した兵士を前に落語を一席
20130128-222609-999
超豪華メンバー 志ん生、文楽、圓生、小さん
20130128-223732-937
「やっぱり心が汚れていると、出てくるものがみんな汚くなっちまう。ずるいやつはずるい噺になる。生意気なやつは生意気な噺になる。卑しいやつは卑しい芯のない噺になってくる。だから、全部噺の上に出てくるんだから、心は清廉潔白でなくちゃいけない」
20130128-223927-577

日曜劇場「とんび」 第3話 54分
2013/1/27(日) 21:00
★3
20130127-212008-321
あらすじ
11歳になった旭はクラス委員で野球のエースで4番で活躍する。野球の上手い転校生がやってきて、エースの座が危うくなる。父(内野聖陽)は野球ができないので、旭は照雲(野村宏伸)にピッチングを教わるが、練習のしすぎで肘を痛める。おかみのたえ子(麻生祐未)が「あさがおの双葉は一番始めに苦労して芽を出すが、花を見る頃には枯れてしまう。親の役割も同じだ」と語る。照雲の嫁(加藤貴子)は流産していて、照雲は子どもとキャッチボールするのが夢で、やりすぎてしまった。旭は父の日に試合があるので頑張っていた。

感想
いい話だと思って見てたのに、ラストのゲイネタで完全にぶち壊しだ!!平成パートはいらない!
昭和パートはちょっとした気持ちの行き違いを上手く描いていた。和尚の「子どもを追い詰めるな!」というゲンコツが良かった。20130127-211548-118
20130127-212845-165

八重の桜(4)「妖霊星」 45分
2013/1/27(日) 20:00
★3
20130127-202441-710
あらすじ
覚馬(西島秀俊)は禁足が解かれ、西洋砲術指南役 蘭学所教授に復職し、さらに軍事取調役、大砲頭取に抜擢され、会津藩の兵制改革を任される。覚馬はうら(長谷川京子)と結婚する。
井伊大老(榎木孝明)が日米修好通商条約を締結し、水戸の斉昭公が激怒する。徳川慶福(家茂)が世継ぎに決定する。ドナティ彗星が出現し、コロリが流行する。安政の大獄が始まり、吉田松陰が捕まる。

感想
ハセキョーが美人だったけど、愛想のないぶっきらぼうな役割だった。コロリ流行と綾瀬はるかでJINの咲さんを思わずにはいられない。後半は江戸の政情で八重と覚馬のシーンは少なかった。幕末史は立場が複雑に入り組んで、ころころ変わって行くので難しい。

座り聞きをする八重
20130127-200730-835
美人なハセキョー
20130127-201839-695

THE世界遺産「幻のトラがすむ巨大デルタ」~シュンドルボン(バングラデシュ) 30分
2013/1/27(日) 18:00
★4
20130127-180146-490
内容
ガンジス川の河口に広がる世界最大のマングローブ林のバングラデシュのシュンドルボンを紹介。ヒマラヤから供給された土砂で三角州が発達した。干満差は大きく、干潮時は干潟が現れる。チャバネコウハシショウビン、ミズオオトカゲ、トビハゼ、シオマネキ、ビロードカワウソ、アクシスジカなどが棲息する。カワウソを使ってナマズなどの魚を追い込むカワウソ漁が行われている。ベンガルトラはベンガル地方に20世紀始めには4万頭いたが、毛皮狩りで2400頭に激減した。シュンドルボンには400頭が棲息する。アカゲザルはマングローブの呼吸根を洗って食べ、葉に析出した塩分を舐める。

感想
ともかくトラが世界的に減りすぎ。後ろ足で立つアクシスジカや、カワウソ漁、アカゲザルが面白かった。イスラムのバングラでもヒンズー信仰をしていた。
20130127-180529-286
20130127-180016-318
後ろ足で立って葉を食べるアクシスジカの仕業で、マングローブの下葉の高さは一定になる。何万年も経てばキリンに進化?
20130127-180917-615
漁をしたカワウソに小魚のごほうび
20130127-181113-365

ドラマ 「バッケンレコードを超えて」 1時間15分
2013/1/27(日) 16:05
★4
20130127-171101-495
あらすじ
大倉山のバッケンレコード(最長不倒記録)を持つ有力スキージャンパーの浩輔(福士誠治)は、合宿中の事故で脳挫傷を起こし、記憶を失ってしまう。恋人のはるか(比嘉愛未)がジャンプ場につれてゆくと、記憶が戻る。浩輔はジャンプに復帰する。しかし、2人の結婚式ではるかが拡張型心筋症で倒れてしまう。はるかは帯広の実家に帰る。浩輔は引退して、はるかを支えて生きる。はるかは4年後に亡くなる。

感想
いい話だった。実話を元にしたストーリーで展開が非常に速かった。もう少し長い時間でドラマを作っても良かったのでは。再起のジャンプシーンは感動した。素晴らしい記録を持っていても、五輪に縁がない選手もいるスポーツの世界の運の要素を感じた。比嘉愛未がともかく美人だった。大泉洋がかなり原田ぽかった。ラストの実際の写真が良かった。

必死の看病
20130127-161725-211
記憶を取り戻してトレーニング
20130127-163659-133
結婚式で倒れてしまう
20130127-164828-352
大泉洋が原田ぽい ふなきぃ~
20130127-163915-758
実際の写真
20130127-171450-636

ダーウィンが来た!「珍獣ズキンアザラシ 鼻から風船が!?」 30分
2013/1/20(日) 19:30
★4
20130120-193042-733
内容
カナダ東海岸のセントローレンス湾には鼻から赤と黒の風船を膨らませるズキンアザラシがいる。これは鼻中隔が膨らみ、メスを巡るオス同士の争いで示威行為に使われる。哺乳類最短のわずか4日で授乳と子育てが終わり、子を残して母はいなくなる。シャチやホッキョクグマに狙われないように、子育てが短いと考えられている。子は水を弾く毛で生まれ、いきなり泳いでも大丈夫になっている。1頭になった子に別の母親が乳を与える。3月になると流氷が溶け始め、子どもも泳ぎ始める。
撮影は上空からヘリで探し、船で近付き、流氷の上に乗って撮影した。水中撮影も行った。

感想
珍しいズキンアザラシを見ることができて満足。鼻から風船を膨らませる音がSEかと思った。金魚の水泡眼を思い出した。氷上を移動するアザラシが尺取り虫みたいな動きで面白かった。
ズキンアザラシは日本の動物園水族館にはいない。2012年6月に湘南に現れた白アザラシはクラカケアザラシだった。

黒い鼻風船
20130120-193113-280
威嚇するメス
20130120-193432-233
子アザラシ
20130120-193116-921
20130127-123940-422
泳ぐズキンアザラシ
20130120-193049-749
こんな船で撮影
20130127-123154-985

泣くな、はらちゃん #2 「あなたに会いたくて会いたくて仕方がないんです!」 54分
2013/1/26(土) 21:00
★4
20130127-103733-649
あらすじ
はらちゃん(長瀬智也)が越前さん(麻生久美子)を思うと胸が苦しいのは片思いだと、パートの百合子(薬師丸ひろ子)に教えられる。越前さんの弟が漫画を勝手に売り払い、書店を探し回る。はらちゃんは夜の商店街で越前さんに「会いたくて仕方ないんです!」と伝える。清美(忽那汐里)とかまぼこ工場のポスター対決をして勝利する。

感想
今回も面白かった。漫画が書かれたノートを勝手に読んだり捨てたりする、弟や母がひどい。夜の商店街で越前さんの気持ちが揺れるシーンが可憐だった。薬師丸ひろ子が良い味を出していた。「だからお願い、かかわらないで~♪」と「恋の歌とかキライなんだよね~どれも皆同じ~♪ 」と歌う劇中歌が面白い。CMの入り方が唐突な感じがした。
 20130127-104032-431
20130127-103956-071
薬師丸ひろ子は漫画の世界を知っているようなそぶり
20130127-105345-884
越前さんはハートマークを描き入れる
20130127-104349-587

泣くな、はらちゃん #1 「あなたが笑えば、世界は輝くんです!」 54分
2013/1/26(土) 16:00 1/19(土)の再放送
★4
20130126-164654-579
あらすじ
かまぼこ工場でパートで働く冴えない越前さん(麻生久美子)は、同僚となじめず自己主張もできず、家に帰ってノートに漫画を描くのがストレス発散だった。ある日、漫画の世界からはらちゃん(長瀬智也)が出てくる。はらちゃんは現実世界に一つ一つ感動し、神様の越前さんを励ます。

感想
脚本が「ちゅらさん」の岡田惠和なので見てみた。はらちゃんの直球のセリフにドキマギする越前さんが面白い。いけてないイモムシの越前さんは、はらちゃんの登場でチョウチョになれるのか?物語がどこに着地するかが楽しみ。
20130126-164800-641
20130126-160041-704

このページのトップヘ