連続テレビ小説 花子とアン 第18週 (103話-108話) 「涙はいつか笑顔になる」 15分x6回
2014/7/28(月)-8/2(土) 8:00~8:15
★2
20140801-080111-955
あらすじ
はな(吉高由里子)は実家に幽閉された蓮子(仲間由紀恵)を訪ね、赤ちゃんに面会させる。
それから1年後の1923年(大正12年)夏、はなは「王様と乞食」の翻訳を完成させる。9/1に関東大震災が起こり、かよ(黒木華)にプロポーズした村岡印刷の弟が亡くなる。蓮子は帝大生と実家を出て行く。甲府の面々が炊きだしの応援に来て励ます。

感想
伯爵家に押しかけて叫ぶはなが図々しすぎで、はなと蓮子のどちらにも共感できず、会話も上っ面に感じた。蓮子の兄の怒りももっともだろう。
関東大震災が起こっても、助け合わないで家から脱走する蓮子だった。
突然のプロポーズに困惑したり、震災で放心する黒木華の演技がよかった。

ここでドラマの2/3が過ぎたが、ついに蓮子にも共感できなくなったので、もう見るのをやめて、あとは総集編後半で見ようと思う。ドラマが始まるときは、文学的感性が豊かな少女のプリズムで見た明治大正の日本とカナダへの憧れを期待していたが、卑近な恋愛話だらけの内容だった。女学校編がピークで、甲府教師編や上京編は低調だった。

醍醐さん
20140728-080459-999
貞子みたいな蓮子
20140728-081221-342
ばかっちょ!
20140730-081423-873
放心するかよ
20140801-080040-002
20140731-081434-399
20140801-081222-533
少し笑顔が戻る
20140802-081428-279