こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 仲間由紀恵

連続テレビ小説 花子とアン 第18週 (103話-108話) 「涙はいつか笑顔になる」 15分x6回
2014/7/28(月)-8/2(土) 8:00~8:15
★2
20140801-080111-955
あらすじ
はな(吉高由里子)は実家に幽閉された蓮子(仲間由紀恵)を訪ね、赤ちゃんに面会させる。
それから1年後の1923年(大正12年)夏、はなは「王様と乞食」の翻訳を完成させる。9/1に関東大震災が起こり、かよ(黒木華)にプロポーズした村岡印刷の弟が亡くなる。蓮子は帝大生と実家を出て行く。甲府の面々が炊きだしの応援に来て励ます。

感想
伯爵家に押しかけて叫ぶはなが図々しすぎで、はなと蓮子のどちらにも共感できず、会話も上っ面に感じた。蓮子の兄の怒りももっともだろう。
関東大震災が起こっても、助け合わないで家から脱走する蓮子だった。
突然のプロポーズに困惑したり、震災で放心する黒木華の演技がよかった。

ここでドラマの2/3が過ぎたが、ついに蓮子にも共感できなくなったので、もう見るのをやめて、あとは総集編後半で見ようと思う。ドラマが始まるときは、文学的感性が豊かな少女のプリズムで見た明治大正の日本とカナダへの憧れを期待していたが、卑近な恋愛話だらけの内容だった。女学校編がピークで、甲府教師編や上京編は低調だった。

醍醐さん
20140728-080459-999
貞子みたいな蓮子
20140728-081221-342
ばかっちょ!
20140730-081423-873
放心するかよ
20140801-080040-002
20140731-081434-399
20140801-081222-533
少し笑顔が戻る
20140802-081428-279

連続テレビ小説 花子とアン 第17週 (97話-102話) 「腹心の友ふたたび」 15分x6回
2014/7/21(月)-26(土) 8:00~8:15
★2
20140723-081033-943
あらすじ
はな(吉高由里子)はかけおちした蓮子(仲間由紀恵)と再会する。
1922年(大正11年)初夏になり、妊娠した蓮子は甲府のはなの実家に身を寄せる。石炭王の伝助は離婚を言い渡す。蓮子の兄が甲府に来て、蓮子を連れ戻す。

感想
蓮子に再会したはなが怒っているので、駆け落ち騒動を咎めるのかと思ったら、「2度と会えなくてもいい」と言われたのを怒っていて、拍子抜けした。蓮子ははなを友人として見ておらず利用してるだけで、はなは蓮子に捨てられないために甘く出てるように見えた。
帝大生は石炭王から小切手をもらってるけど、ほんとは逆にカネを払うべきなのでは。人としておかしいので共感できない。
先週と今週は結婚・出産・駆け落ちとひとつのクライマックスのはずが、共感どころか反感を覚える展開でドラマとして失敗しているように思った。

「白蓮なんて誰も共感しないわよ」 ホントこれ
20140724-080845-001
さらば伝助
20140725-080741-642

連続テレビ小説 花子とアン 第16週 (91話-96話) 「あなたがいる限り」 15分x6回
2014/7/14(月)-7/19(土) 8:00~8:15
★3
20140718-081211-803
あらすじ
はな(吉高由里子)と村岡印刷は父母の許しを得て、甲府で結婚式を挙げる。
1年半後の1921年(大正10年)夏、はなは男の子を出産した。蓮子(仲間由紀恵)は帝大生と駆け落ちをして、伝助(吉田鋼太郎)が激怒する。

感想
あっという間にはなは結婚妊娠出産。駆け落ちする蓮子に美輪明宏の愛の讃歌が流れて、これがやりたいがためのナレーション起用だったと感じた。

病身の嫁を置いて浮気したので、恒例の「病めるときも健やかなるときも」がない
20140715-081045-079
かよともも
20140715-081440-173
いきなり出産してた
20140717-080857-814
20140717-080919-236
愛の讃歌
20140718-081211-803
20140719-080538-576
20140719-081120-373
こげなもん!
20140719-081258-045
20140719-081321-608

連続テレビ小説 花子とアン 第15週 (85話-90話) 「最高のクリスマス」 15分x6回
2014/7/7(月)-12(土) 8:00~8:15
★3
20140712-080844-260
あらすじ
1919年(大正8年)12月、カフェーでクリスマスパーティーが開かれ一同が勢揃いする。宇田川の「銀河の乙女」の単行本の挿絵を村岡印刷が描く。村岡印刷がはな(吉高由里子)に求婚して、はなは了承する。

感想
今週は演出が心の声やスロットなどコメディぽかった。
はなと村岡印刷、あさいちの恋愛模様に興味が持てないのが見ていてつらい。蓮子様と帝大生も。逆に伝助が魅力的に見えてきた。

はなとかよのバッテン
20140707-125019-280
どんどん美人になってゆく醍醐さん
20140707-125252-108
20140707-125549-967
20140707-125711-561
20140708-080927-489
蓮子のティアラ
20140709-080335-253
銀河の乙女の挿絵 1
20140709-080913-066
クリスマスパーティー
20140710-124808-737
蓮子と宇田川の対決
20140710-124947-643
20140710-124956-159
例によって泥酔
20140710-125709-003
20140710-125820-034
20140710-125823-534
村岡印刷にはなを託すアサイチ
20140710-125849-378
銀河の乙女の挿絵 2
20140711-081447-230
プロポーズ
20140712-080955-260

連続テレビ小説 花子とアン 第14週 (79話-84話) 「その恋、忘れられますか?」 15分x6回
2014/6/30(月)-7/5(土) 8:00~8:15
★3
20140707-222200-894
あらすじ
夫の心の中にはな(吉高由里子)がいることを悟った病床の村岡印刷の妻(中村ゆり)は自ら離婚を申し出る。離婚にショックを受けたはなは仕事でミスを連発して、甲府に戻って頭を冷やす。村岡の妻はほどなくして亡くなる。
蓮子(仲間由紀恵)は、再び上京して帝大生と抱擁する。

感想
花子が存在のコアである辞書を捨てようするシーンが良くなかった。あまちゃんのアキが海女の半纏を捨てたり、ごちそうさんのめ以子がぬか床を捨てたりするか?この2人なら、何があっても必死になって守り抜こうとするだろう。花子の仕事に不誠実な態度が、吉高の持ち味と相まって、魅力の低いヒロインになっている。
そしてこのあとお爺やんの夢で改心して再上京しまい、展開も粗っぽい。夫に浮気されて死んでしまう中村ゆりが不憫だった。

いつもやさしい醍醐さん
20140707-220504-816
20140707-221817-722
中村ゆり 梅ちゃん先生で中学校の先生だった
20140707-221027-909
20140707-221324-034
20140707-221337-675
宇田川先生の着物が面白い
20140707-220814-862
20140707-221709-519
蓮子は帝大生と抱擁
20140707-221254-691
20140707-222654-034

連続テレビ小説 花子とアン 第13週 (73話-78話) 「その恋、忘れられますか?」 15分x6回
2014/6/23(月)-6/28(土) 8:00~8:15
★3
20140628-125705-446
あらすじ
はな(吉高由里子)は村岡印刷に好意を寄せるが、妻がいることを知ってしまう。
蓮子(仲間由紀恵)は帝大生に演劇の脚本を書く。

感想
朝ドラというより昼ドラ風になってきた。話がほとんど恋愛話メインで、英語や文学を置き去りに進んでゆくのと、下宿、カフェ、編集部のセットの往復なので澱んだ感じがする。やっぱり朝ドラには爽やかさと透明感がほしい。
これで「花子とアン」は前半が終了した。甲府の神童だった主人公が成長ではなく退化していってるように見えるのがつらい。

醍醐さん
20140628-124538-961
有閑マダムな蓮子
20140628-124630-446
憲兵になった兄やん
20140628-125649-977
サイダーで乾杯 伝助はそんな悪い人でもないんでは・・・
20140628-130537-071
「おやじ、冷や!」
20140628-130509-243
20140628-125958-133

連続テレビ小説 花子とアン 第12週 (67話-72話) 「銀座のカフェーで会いましょう」 15分x6回
2014/6/16(月)-6/21(土) 8:00~8:15
★3
20140621-151318-607
あらすじ
1919年(大正8年)、上京したはな(吉高由里子)は出版社で働き始める。妹のかよ(黒木華)は、銀座のカフェーの女給になっていた。
蓮子(仲間由紀恵)が上京してきて、はなは10年ぶりの再会をよろこぶ。
村岡印刷の弟からもらったマーク・トウェインの「王様と乞食」を翻訳して雑誌に載せることになる。はなはこれまで支えてくれた村岡の存在に気付き好意を伝える。

感想
物語は東京編に突入。ついに蓮子様と再会した。生き生きとする蓮子様がよかった。
村岡印刷への好意はかなり唐突で違和感があった。このドラマでの「パルピテーション」は、初対面でのいわゆる一目惚れの恋の直観のことだと思ってたけど、村岡印刷にはそういうのはなかったので、どうやら違ったようだ。

女給になったかよ
20140621-145027-445
醍醐さん
20140621-145303-414
歓迎会で酔っ払い!! 吉高の酔っ払い演技が天才的に上手い!!
20140621-145442-758
20140621-145452-461
20140621-150008-842
20140621-150025-170
セイロンティー
20140621-151113-248
ブドウ酒で乾杯
20140621-151354-607
20140621-151454-904
飲みまくり
20140621-151904-185
20140621-151931-592
蓮子の一言であらぬ方向へ・・・
20140621-152132-998
20140621-152209-623
20140621-152431-467
20140621-152457-326

あまちゃんでアキが種市に一目惚れするシーンみたいのが「パルピテーション」だと思っていた。
e0fda655
220d8c9c
そして「想像の翼」もこれくらいやってほしかった・・・
c32c60cb

スタジオパークからこんにちは 吉田鋼太郎 47分
2014/6/11(水) 13:05~13:52
★4
20140616-223154-992
内容
「花子とアン」で石炭王の伝助を演じる吉田鋼太郎がゲスト。
舞台が中心だが、最近はドラマ半沢直樹や七つの会議、ロング・グッドバイにも出演した。
「花子とアン」の撮影では舞台の大きな動きになってしまい、カメラのフレームから出てしまい苦労した。本番で乗ってくるとついアドリブを入れてしまう。
仲間由紀恵のコメント「伝助は九州男児のもつ頼りがい、深みがある。本人はおちゃめで微笑ましい」

吉田鋼太郎は1959年に東京都に生まれた。小学校の頃に大阪に転校し、合気道をやった。中学ではギターとバレーボールをした。高校の先生のすすめでシェークスピアの舞台「十二夜」を見て衝撃を受ける。先生は大学時代に英語劇をしていた。以降、数々の劇団で演技を磨き、今では日本を代表するシェークスピア俳優になる。「タイタス・アンドロニカス」の役が思い出に残っている。
シェイクスピアはせりふが長いのが楽しい。お客さんの前で長くしゃべっていられる。
舞台で共演した小栗旬と親しい。長いセリフは歌うようにしゃべるとお客さんに届くとコツを教えた。
スタジオで井上陽水の「おやすみ」を弾き語りする。
食べ物は鍋物が好き。気の強い知的な女性が好き。

感想
吉田鋼太郎はMOZUにも出て新谷と戦って、花子とアンの伝助とはまた違った役で面白かった。
小栗旬はこれからも伸びそうな感じがした。
20140616-215905-805
仲間由紀恵のコメント
20140616-220349-992
小栗旬のコメント
20140616-221407-617
小栗旬との舞台「カッコーの巣の上で」
20140616-221718-680
幼少期
20140616-220604-695
20140616-220609-148
シェイクスピア劇に多数出演
20140616-220905-430
20140616-220823-117
20140616-220931-414
20140616-221111-258
弾き語り
20140616-222138-164

連続テレビ小説 花子とアン 第11週 (61話-66話) 「グッバイ!はな先生」 15分x6回
2014/6/9(月)-6/14(土) 8:00~8:15
★3
20140615-225520-730
あらすじ
安東家に見知らぬ女・サダが突然やってきて、お父と夫婦のように暮らしていたと言い出す。お父は家を追い出されてしまう。
病に倒れた周造(石橋蓮司)にお父がはな(吉高由里子)の書いた童話「たんぽぽの目」を読んでやる。サダの話は全部うそだったことがわかり父と母が和解する。周造ははなに夢を追いかけるように言い残して亡くなる。はなは東京行きを決意する。朝市ははなに告白せず、東京行きを励ます。
翌年の1919年(大正8年)3月、はなは上京する。
蓮子ははなから「たんぽぽの目」を送ってもらい喜ぶ。冬子を修和女学校に入れようとするが伝助に反対される。

感想
ついに花子は教職をやめて再上京へ。謎の女サダが何をしたかったのか謎すぎた。
先週からオープニングに脚本協力・古林実夏という名が出ているので、甲府編はこの人が書いているのかもしれない。

たんぽぽの目
20140615-221152-448
喜ぶ蓮子様
20140615-221953-308
「お聞きします!あなたは、私のどこを好きになったんですか!」
「お前の華族っちゅう身分とそん顔たい!」
「身分と顔?そんなの愛じゃないわ!」
20140615-223136-105
20140615-223316-698
さらばおじいやん
20140615-224755-573
上京へ
20140615-225536-948

おまけ 朝ドラ名物 たこチュー比較
あまちゃん
0972cc64
ごちそうさん
20140124-125021-062
花子とアン20140615-223604-792

このページのトップヘ