こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 古田新太

フルタ家の不思議なテレビ お正月スペシャル「第1夜」「第2夜」 40分x2
2014/1/2(木), 1/3(金) 18:05~18:45
★3
20140113-130433-766
内容
フルタ家の居間に過去から今にいたる「お宝映像」を自由に見られる不思議なテレビがあり一家そろって楽しむ。

感想
戦後すぐや高度成長期のニュースが貴重で面白かった。

1946年の神戸の闇市のお正月を米軍カメラマンがカラーで撮影
20140113-130824-235
20140113-130830-547晴れ着を着ている
20140113-130845-547えんえんと続く闇市
20140113-130858-454すいとん?
20140113-130921-110おもち
20140113-130942-297お肉
20140113-130949-969
高崎から上野へ 通勤ラッシュ
20140113-131236-047
20140113-131240-032
20140113-131338-547
東京五輪のチケットの行列 1963年
20140113-131518-625
20140113-131635-76620140102-182917-153
温泉にクマ
20140113-131906-297
20140113-131931-579
20140113-132008-125
フラフープブーム
20140113-132303-813
20140113-132310-266
堀内敬子 宮﨑香蓮20140113-130530-016
20140113-131818-532
吉木りさ 菊地亜美20140102-182132-012

はなまるマーケット 古田新太 1時間25分
2014/1/13(月) 8:30~9:55
★3
20140113-092426-955
内容
古田新太がゲスト。
小学5年生の時に学校の文化鑑賞会でミュージカルを見て面白いと思った。高校からダンスをはじめ、大学ではミュージカル専攻。
帽子が好きで、宮沢りえと井上真央にシルクハットをもらった。
ケータイを持ってないのでテレホンカードを使っている。事務連絡はFAXで家に連絡する。公衆電話は地下鉄駅と病院にいけばある。
料理を作り始めたら、晩酌になってしまった。料理は中華料理屋でバイトしてまかないで覚えた。
ドラマ「隠蔽捜査」に出演する。

感想
地下鉄駅と病院に公衆電話があると知ってお役立ち情報だった。花わさびの醤油漬けがうまそうだった。

小学生の時
20140113-092446-111
20歳の時 劇団でライブ
20140113-092155-173
CMでダンス
20140113-092734-548
杉本哲太がコメント
20140113-093850-267
花わさび醤油漬け20140113-092103-377

ぴったんこカン・カンスペシャル 杉本哲太 古田新太 2時間9分
2014/1/10(金) 18:45~20:54
★3
20140110-184224-288
内容
杉本哲太&古田新太がゲスト。2人は同じ昭和40年1965年生まれで48歳。
亀戸天神から船に乗ってスカイツリーを見上げる。上野アメ横の蓮根料理屋にゆく。あまちゃんで共演した能年玲奈について、古田は「キラキラしてかわいくってコメディーができる子」、杉本は、北三陸チームは最初行ったのが10月に1ヵ月行って、次に2月で一番寒い時期に岩手の久慈でロケをした。冬にロケ行ったとき「今日は能年ちゃん、寒いね」と挨拶したら、「あっ・・・・ハイ!」と敬礼して返してくれた。
表参道で大学進学で大阪に行く娘の万年筆を買う。明大前に20年前に1人暮らしした下宿にゆく、沖縄料理を食べる。2人でツイスト対決をする。代官山で娘に帽子を買う。渋谷でホルモン焼きを食べる。
ドラマ「隠蔽捜査」で共演する。

感想
おっさん3人旅だったけど、食べているものはかなり美味そうだった。れんこん屋と焼肉屋は行ってみたい。

水路からスカイツリー
20140113-111434-250
アメ横
20140113-111636-765
20140113-111519-031
ロケ地です
20140113-111509-390
蓮根料理
20140113-111714-781
20140113-111743-281
20140113-111759-140
能年ちゃんはキラキラしている
20140113-111849-609
あっ・・・
20140113-112301-703
ハイ!!
20140113-112320-515
グリース
20140113-112435-406
ツイスト対決
20140113-112538-375
帽子
20140113-112604-297
炭火焼肉ゆうじ
20140113-112827-390
20140113-112710-812
20140113-112720-094
20140113-112914-812
杉本哲太の嫁は芸能一家20140113-112943-312

大和ハウス 「湘南にも」編 CM 役所広司 30秒
★3

飲み屋で役所広司が踊る動画を尾美としのりと塩見三省が見る。踊っているのは実は変装した古田新太だった。
アキのパパ、勉さん、太巻社長が出演したあまちゃん便乗CM。
20131030-211548-673
20131030-211557-485
20131030-211611-157
20131030-211613-454
20131030-211615-688

連続テレビ小説 あまちゃん総集編・後編「おらたち、熱いよね!」 90分
2013/10/14(月) 10:05~11:35
★5
20131014-204052-929
あらすじ
2013年上半期の朝ドラ「あまちゃん」の後半・東京編と帰郷編(第13週~第26週)の総集編。

アイドルの卵としての生活は想像以上に厳しかった。憧れの女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の付き人になったアキ(能年玲奈)は、地方出身者が集まる寮で仲間たちと励まし合いながらデビューの日を夢見る。人気投票での落選や現場での失敗に落ち込む日々。そんな時、母・春子(小泉今日子)が鈴鹿の影武者として歌っていた事実を知る。やがて、映画の主演に選ばれるが、公開後すぐに東日本大震災が発生。アキは、北三陸へ戻る。

感想
18時間を90分に縮めた総集編なので仕方ないけど、アキが寿司屋で種市を叱ったり、ユイの母が北三陸に帰ってユイと対面したり、夏が橋幸夫に会ったり、3組の結婚式などがなかった。わりと重要でシーンでも削られてたのは、裏を返せばそれだけドラマが充実していた証しだと感じた。
後半をまとめて見ると、緊急地震速報や、トンネルに閉じ込められる大吉とユイや、壊れた海女カフェなど、震災後の北三陸の世界が非常に印象に残った。春子が過去を解きほぐすのと復興への思いが鈴鹿ひろみの歌に結実して感動した。
ラストは本編と同じくミックスした「潮騒のメモリー」。
総集編前後に能年ちゃんのコメントはなかった。「あまちゃん岩手を行く」や「あまちゃんマップ」が放送された。

平成25年度 文化庁芸術祭参加作品
20131014-204000-633
終わり
20131014-204216-492

グッド!モーニング 直撃Maiスター! 古田新太 10分
2013/10/7(月) 04:55~08:00
★3
20131007-075847-250

内容
ミニコーナーで古田新太がコメント。
若い頃はミュージカルに憧れた。きゃりーぱみゅぱみゅになって、あの格好をしたい。仕事があってもなくても酒を飲む。あまちゃんに出たら、スーパーでおばちゃんに「あんまりアキちゃんいじめてんじゃないよ!」と叱られて、「ドラマだろっ!」て話。能年ちゃんは本当にキラキラしていて芝居の勘もいいので、いろんな役が見たい。

感想
古田新太はいつも酒が入ってる感じだった。

若い頃
20131007-075131-875
20131007-075616-656
20131007-075840-140
20131007-075857-437

秋の夜長の“あまちゃん”ライブ ~大友良英と仲間たち大音楽会~ 50分
2013/9/13(金) 22:00~22:50
★5
20130913-220105-928
内容
あまちゃんの音楽をビッグバンドが演奏する。作曲家の大友良英と能年玲奈と古田新太が、スナック梨明日のセットで撮影の裏話なども語る。ナレーションは宮本信子。

実際の音楽の収録に使われたNHK509スタジオで演奏。ビッグバンドは総勢17人で、さまざまな楽器が使われている。
能年ちゃんは撮影が終わって家でゆっくりあまちゃんを見ている。
作曲家の大友は1959年横浜生まれ、10代を福島市で過ごしギターに出会う。フリージャズを原点とし、型にとらわれない即興演奏で評価を得る。震災後は福島でライブをやる。あまちゃんでは、若い頃の夏が橋幸夫で歌うシーンでバックで演奏するギタリストで出演した。

能年ちゃんの印象が音楽のイメージになっている。「行動のマーチ」は第1回でアキが北三陸から袖ヶ浜に行く時に流れる曲で、アキはともかく行動してしまう子だというのを表している。
能年ちゃんは久慈にはスナックが多くて驚いたと語る。「スナック梨明日」のテーマ曲の「琥珀色のブルース」を聞く。曲中にドラマの「まぁまぁまぁまぁ」などのセリフも入る演出。

オープニングテーマで流れる「ニャーン」は、ソプラノサックスで吹いている。タブラというインドの太鼓は、洞窟で水口がアキに会うシーンで使われた。リコーダーはバロックみたいな音が出る高いのより、小学校で使う安いやつのほうが北三陸に合っていてよかった。同じようにチューバよりもスーザフォーンのほうがよかった。大友はギターを始めた頃、Eのコードからずらすと必殺仕掛人のテーマになるのを覚えて、そのフレーズがアキが失踪したユイの母が男と会っているのを回想するシーンで使われている。譜面は余白が多くて、自由に演奏している。

能年ちゃんと久保田アナがタンバリンで「じぇじぇじぇ」の演奏に参加する。
あまちゃんのキャラクターをどう見せるか、バンド内で会議をして方向を決めている。
海女クラブのテーマ曲「あまちゃんクレッツマー」を演奏。「アキのテーマ」は能年ちゃんがキラキラした表情でイメージが決まって作りやすかった。

太巻役の古田新太もGMTのデモテープ曲でレコーディングに参加した。太巻を悪者としてどう見せるかも会議した。古田「僕は もう「モンスターですから」って言われましたけどね。唯一、「あまちゃん」という平和な世界にやって来るモンスターなんだと。まあ、最近の放送見てるとキョンキョンの方がモンスターじゃん」。太巻をイメージした「芸能界」を演奏する。

クドカンがコメントを寄せる。20年くらい前に高円寺でノイズをやってるアバンギャルドで前衛的な大友さんを見ているので、劇伴をやってるのが未だにどこか信じられない。「潮騒のメモリー」作った時に、「あ~、大友さんって、やっぱプロなんだなって・・・」思った。劇伴を録音してる時に、一日だけ訪ねて、数曲ギターをやらせてもらった。その時、譜面が空白だらけで驚いた。もうホントに常識じゃないなっていうか、もっと何かフィーリングのところでやられてんだろうなって。
クドカンの「デスメタルでサビがテクノをアカペラで」という無茶な注文を、大友が夜中3時に録音して、古田がダンスの先生と振りを起こして、それをみんなに移して大変だった。能年ちゃんはダンスについてゆくのに必死だった。「果てしなく~」の手の振りは能年ちゃんが本番で勝手に付け足した。古田も映画撮影のシーンで「生まれたての子鹿」などアドリブをやった。

「潮騒」は「潮騒のメモリー」のインスト。春子がメインで回想。
「希求」はアキとユイが月と太陽のように対照的な性格を持ちながらも引かれ合う2人のテーマ。

大友は今回あまちゃんで脚本家や役者とコミュニケーションをとれて楽しかったと語る。能年ちゃんに大河の時は音楽家指名してくださいと頼む。
古田は、同世代のベテラン役者勢は、どこの現場行っても「あ~、終わったね」みたいな解放感の方が先に立つけど、今回は最後のメークを落としている時に「何か、ちょっとさみしいね~」とか言ってた作品だと言う。
能年は「あまちゃん」はこれからずっと私の基盤になっていく作品で、いくつになってもそう言っていきたい。

最後は「地元に帰ろう」をインストでオールキャストで送る。

感想
いろんな楽器が生で使われていて音楽的に楽しかった。即興を取り入れて自由な感じで曲を作っているようだった。
曲はやっぱり「希求」が一番盛り上がった。実質的にユイのテーマだった。
ドラマがヒットするとサントラを取り上げた番組まで出来て、あまちゃんの世界を隅々まで満喫できた。あまちゃんで使われた図案も細かいところに入っていて、スタッフの愛を感じた。

はじまります 後ろにはあまちゃんで使われた図案がいっぱい
20130913-220012-741
地元に帰ろうのイントロから「じぇじぇじぇ!」
20130913-220101-303
NHK509スタジオで演奏
20130914-110137-498
大友さんもドラマに出演してた!
20130913-220451-194
20130913-220457-616
スナックリアスのセット
20130913-220959-553
20130914-112300-514
「まぁまぁまぁまぁ」 琥珀色のブルース
20130914-112522-983
解体!あまちゃんサウンドの魅力
20130914-112742-373
ニャーンはソプラノサックス
20130913-221301-053
20130913-221355-272
タブラで怪しい雰囲気
20130914-113004-045
20130913-221442-100
スーザフォーン
20130914-113414-186
北三陸で一番恵まれているといっても過言ではねえ、幸せの代名詞、足立家の奥様が・・・ 
20130913-221652-366
ジャラララーン 必殺仕掛人!
20130914-114017-467
余白の多い譜面
20130914-114115-342
タンバリン演奏
20130914-114335-108
クドカンのコメント
20130914-122449-990
「アキのテーマ」 ヒロシが「るいがとひなきす」で失恋するシーンでも使われた。オープニングテーマの中盤でアキが防波堤を走ってるあたりのメロディをスローにしたもの。
20130914-121052-881
デスメタルでサビがテクノをアカペラで
20130914-122802-100
勝手に手の振りを増やしました
20130914-123303-725
20130914-123359-209
潮騒のメモリー
20130914-105919-895
20130914-123841-272
「希求」 怒濤のユイちゃん名場面集!!
20130913-223917-522
20130913-224111-116
20130914-124142-990
20130914-124213-787
20130914-124240-756
20130914-124254-412
20130914-124313-553
20130914-124331-053
ハーモニカ
20130914-130352-053
能年ちゃんの大河!?
20130914-130603-318
地元に帰ろう
20130914-130949-756
20130914-131039-350
20130913-224627-928
最後は水口の抱擁!
20130914-131329-397
20130914-131335-584

20130914-131805-475

セットリスト
1. あまちゃんオープニングテーマ (ロングバージョン)
2. 行動のマーチ
3. 琥珀色のブルース
4. じぇじぇじぇ
5. あまちゃんクレッツマー
6. アキのテーマ
7. 芸能界
8. 潮騒 (潮騒のメモリー インスト)
9. 希求
10. 地元に帰ろう(インスト)

連続テレビ小説 あまちゃん 第22週・後半 (127話-132話) 「おらとママの潮騒のメモリー」 15分x6話
2013/8/26(月)-8/31(土) 8:00~8:15
★5
20130911-222253-744
130話
春子(小泉今日子)は東京に戻ってくる。
映画「潮騒のメモリー」の撮影は最終日を迎え、アキ(能年玲奈)は、母親役・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)とのクライマックスシーンに臨む。アキの演技はいまいちだが、鈴鹿がアドリブでたんすから布を出して「この先、つらい事があったら、これで涙拭ぎなさい」と渡す。アキは上京の時に夏にかけられた言葉を思いだし、いい演技が出来る。映画は無事にクランクアップする。
春子は現場でアキをねぎらうと、彼氏の件で水口(松田龍平)に詰め寄る。
アキは鈴鹿と寿司屋で打ち上げをする。鈴鹿はアキに女優として向いてないが、「今、日本で天野アキをやらせたらあんたの右に出る女優はいません。だから続けなさい。向いてないけど・・・向いてないけど続けるっていうのも、才能よ」と励ます。種市ははじめてのお造りを2人に差し出す。
そして、その年の暮れ、アキは主題歌のレコーディングに臨む。

131話
アキは映画の主題歌を歌うが、なかなかOKが出ない。そこで春子が歌って手本を示す。そこに太巻(古田新太)が呼び出した鈴鹿がやってくる。太巻は歌を差し替えたことを鈴鹿に詫びる。鈴鹿は春子に「ごめんなさいね。私のせいで、表舞台に出られなかったんですよね」と謝る。太巻も春子に謝る。
春子はアキに歌うように促し、鈴鹿に会えたことを感謝する。
映画は完成し、試写会が行われる。

132話
映画「潮騒のメモリー」が公開され、北三陸でもCDなどのグッズ販売で盛り上がる。映画公開に合わせてアキはGMTとコンサートを開くことになり、練習に励んで、ユイ(橋本愛)にはコンサートのチケットを送る。
鈴鹿ひろ美は、春子が社長を務めるスリーJプロダクションに所属したいと言いだし、そのまま専属女優となることに。
春子はアキと表参道を散歩して、昔ここでスカウトマンを待って1日中信号待ちをしてたと語る。今までずっとアイドルを目指して上京したのを後悔してたけど、今は全部よかったと思っている。これもアキのおかげだと感謝する。正宗ともよりを戻そうとする。
3月11日午前、アキはライブに向けてGMTとリハーサルをする。北三陸では、ユイがアキのコンサートのため、北鉄に乗って上京しようとしていた・・・。

感想
橋幸夫で鈴鹿と夏が会っていたのが、映画のクライマックスシーンでのアドリブにつながるのがよかった。主題歌のレコーディングで、太巻そして鈴鹿が春子に謝り、春子はアキの未来につないでゆく展開が最高だった。鈴鹿も差し替えには気付いてはいたけど、それが春子だとは言い出せず、もどかしい思いだったのだろう。
春子の歌を聞いた後で、アキの歌が上手くなっていた。オールアップや試写会で水口がたびたび涙ぐんでいて、アキにかける思いが高まっていた。

ここで東京編が終了。
アキは上京当初はGMTで重め展開だったが、独立してからは種市との恋愛もあり楽しく活躍。春子は影武者だった過去を乗り越えた。
今年の8月は猛暑で夏バテして気力減。伏線や各登場人物の微妙な心の動きまできちん追えなくて、消化不良気味でもったいなかった。

映画のクライマックスシーンへ
20130911-202056-462
親孝行できなくてごめんなさい!
20130911-202232-322
この先、つらい事があったら、これで涙拭ぎなさい
20130911-202604-009
20130911-202629-572
20130911-202635-259
オールアップ! なんかあまちゃんまで撮影終了したような気分に
20130911-202843-212
20130911-203021-384
水口! 水口! こら水口!
20130911-203349-634
20130911-203405-165
20130911-203423-759
天野アキをやらせたら日本一!
20130911-203734-853
20130911-203732-384
アキの歌はいまいち乗らず・・・
20130911-220301-869
春子が手本を
20130911-220559-400
太巻の謝罪
20130911-220814-588
鈴鹿を見て春子の歌が止まる
20130911-221041-963
画面の半分が物影で塗りつぶされて、春子の心境を示す
20130911-221123-931
わたしだー
20130911-221245-010
ごめんなさいね
20130911-221259-197
予想外の展開に驚く春子
20130911-221431-369
すまなかった、春ちゃん
20130911-221454-947
アキの「潮騒のメモリー」へ
20130911-221642-228
並んで座る2人
20130911-221805-010
試写会
20130911-222218-088
20130911-222242-510
北鉄でグッズ販売
20130911-222427-306
上京目前のユイ
20130911-223047-400
GMTと練習!
20130911-223349-306
20130911-223523-978
ついにこの舞台へ・・・
20130911-223628-525
20130911-223659-072
スカウトマンを待って、1日中信号待ち
20130911-224030-931
20130911-224158-650
20130911-224439-556
リハーサル
20130911-224507-838
20130911-224541-306
20130911-224545-963
カレー屋のサービス券 ユイにもう閉店してると言われてしまう。
ヒロシはもう東京に興味がないので知らなかったのだろう
20130911-225033-431
ユイ上京に勢揃い
20130911-225216-791
そして・・・
20130911-225508-119
20130911-225521-510
20130911-225544-150
20130911-225550-025

連続テレビ小説 あまちゃん 第22週・前半 (127話-132話) 「おらとママの潮騒のメモリー」 15分x6話
2013/8/26(月)-8/31(土) 8:00~8:15
★5
20130910-222834-523
127話
映画「潮騒のメモリー」の撮影が始まるが、初日は鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が長々と挨拶をして、日の出のシーンを取り逃してしまう。映画は頭から順番に撮影するわけでないので、2日目はいきなりクライマックスの撮影になるが、アキ(能年玲奈)の演技はいまいち。1次審査のときは夏(宮本信子)が危篤でアキは迫真の演技が出来たのだった。元気になってきた夏は春子(小泉今日子)に「いつまでいるんだ」と言い出す。アキが役になりきるために、鈴鹿はアキの家で一緒に暮らす。
夏は海女たちを家に呼んで賑やかにすごす。「忠兵衛さんも春子もそれからアキも帰ってくるのは構わねえけど、いずれ出ていくかと思うと頼りたくても頼れねえのさ」と本音をいう。
春子はスナックで、「帰ったらアキは鈴鹿さんにべったりだし、混ぜっ返すし、夏さんはいつまでいるんだっていうし」と愚痴をこぼす。
迷っている春子に、大吉(杉本哲太)は、「マサと男の約束を交わしたから、もう惑わすな!帰れ、春子!ダイヤの乱れは心の乱れだ!」と言って酔いつぶれてしまう。
翌朝、アキは早起きした鈴鹿に目を覚まされ、鈴鹿スペシャルドリンクを飲まされる。映画のオープニングの撮影ではまたNGを出してしまう。

128話
映画の撮影が順調に進むアキにラブシーンの撮影という難題が立ちはだかる。台本には「貪るような接吻」と書いてあり、種市(福士蒼汰)は動揺する。
相手役のTOSHIYA(勝地涼)は、アキの苦手なタイプで、キスシーンの撮影を目前に困惑。種市は、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)とともに、差し入れを口実に撮影現場に乗り込む。リハーサルをモニタで見ていた種市は「天野!」と叫んでしまう。アキは「帰ってけろ」と種市を帰す。
洗面所で歯磨きをしながら、アキは今まで種市とキスするチャンスはいくらでもあったのに勿体つけるんじゃなかったと後悔する。ユイに助けを求める電話をかけると、「好きでもない人ってことは、好きな人がいるって事か。種市先輩でしょ」と言われてしまう。そこに鈴鹿がやってきて、私も同じだったと語る。その時、太巻に「女優を続けていくって事はね、好きでもない人を好きになったり、好きな人を傷つけたり、接吻したり、接吻じゃ済まなかったり、それをずっと続けていくって事なんだ。もし耐えられないんだったら、今やめてしまった方がいい」と言われ、鈴鹿は「正直に生きるのをやめた、ウソでも本当でも、お客さんが本当だと思ってくれたらいい」と思うようになったとアキに語る。意を決してアキが撮影現場に入ると、トシヤはキスNGだと言い出す。水口(松田龍平)は「女だろ?どうせ。嫉妬深い女とつきあってると男でもキスNGとか言いだすんだよ」と愚痴をこぼす。結局、カメラの角度とかでなんとかごまかして撮る。その晩、アキは種市先輩とキスをする。

129話
映画の撮影が進む。アキは鈴鹿が夏ばっぱに見える瞬間があると伝えると、鈴鹿は歩き方や姿勢を演技の参考にしていた。
北三陸では夏がだんだん元気になり、春子はそろそろ潮時と感じ始めていた。
アキは奈落で映画のクライマックスのリハーサルをやる。映画の公開日は2011年3月5日に決まる。主題歌はアキとGMTが歌うことになる。
スナックに夏が訪ねてきて、北三陸の面々は喜ぶ。夏は春子にケータイを買ってもらった。みなに歓待される夏を見て、春子は少し寂しさを感じる。そこに水口から主題歌決定の連絡が来る。横で聞いてたユイが「ママに守られて、彼氏にも守られてアキちゃん羨ましい」というと、春子が彼氏!?と驚く。
翌朝早く、春子は東京に帰る。夏はウニ丼作りを再開し、春子に渡そうとすると、すでに出発したあとだった。

感想
能年ちゃんが演技上手い時と演技下手な時に差をつけていて上手い!
春子は親孝行して「ありがとう」の言葉は聞いてはみたが、やっぱり夏は北三陸の人々に囲まれているほうが楽しいと感じるシーンがよかった。今回の帰郷では春子はブティック今野の服にならず、大吉も無理に追わずで、こころは東京にあった。

映画「潮騒のメモリー」撮影スタート!
20130910-183455-822
20130910-183918-947
60年に一度の巨大台風、120年に一度の大飢饉、4年に一度の盆踊り、鈴鹿山の大噴火、突然現れるイカ釣り船の漁師トシヤ、そして母ひろ美の体をむしばむはやり病
20130910-184456-354
いきなりクライマックスの撮影 
20130910-184755-135
うまくゆかず・・・
20130910-203054-017
壁があるのよねー
20130910-203231-377
鈴鹿ひろ美と一緒に暮らす
20130910-203359-502
本音を語る夏
20130910-203617-392
鈴鹿スペシャル!
20130910-204446-455
本当に映画みたいなシーン
20130910-204622-377
20130910-204603-173
貪るような接吻
20130910-205139-252
さっさとしてけろ
20130910-205259-236
しっかり監視
20130910-205322-252
見世物じゃねえです!
20130910-205338-845
素潜りの練習をしていたアキは沖に流され
たまたま通りかかったイカ釣り船の漁師トシヤに助けられる
廃屋となった網小屋で夜を明かす2人
20130910-220301-991
20130910-220322-366
前髪クネ男
20130910-220647-866
「おじいちゃん、入れ歯くさ~い」みたいな顔
20130910-220849-101
テストは思いっきり行っちゃっていいっすか?
20130910-220950-523
天野!
20130910-221423-616
帰ってけろ
20130910-221518-741
洗面所が白一色に清楚なアキ
20130910-221631-913
20130910-222103-226
わりとキャピキャピなユイ
20130910-222310-569
アキと種市が付き合っていると知って、なぜかドキドキする弥生
20130910-222606-898
鈴鹿の過去・・・
20130910-223600-569
アキぶちきれ!
20130910-224250-366
先輩と
20130910-224437-179
20130910-224450-741
20130910-224530-507
夏さんのような鈴鹿
20130910-225003-023
20130910-225329-804
そろそろ潮時か
20130910-225705-632
20130910-230421-782
どくろべえの声真似?
20130910-225920-819
冬服のユイちゃんがかわいい
20130910-230714-563
わたしなんて捨てられて
20130910-230850-829
彼氏!?
20130910-231108-922
再び東京へ
20130910-231338-329
もぬけのからだった
20130910-231627-969
20130910-231629-657
20130910-231639-594

連続テレビ小説 あまちゃん 第21週・後半 (121話-126話) 「おらたちの大逆転」 15分x6話
2013/8/19(月)-8/24(土) 8:00~8:15
★5
20130909-212456-607
124話
「ママもパパも、家さいねえの」 べたべたなセリフで種市先輩(福士蒼汰)を自宅に誘ったアキ(能年玲奈)は、恥ずかしくて同じセリフを5回も繰り返す。
一方で、太巻(古田新太)は映画の二次審査の結果を検討して「鮮烈なインパクトが天野春子にはない!」と言い間違える、結局、アキを残すことにする。
アキの自宅に2人が着くと、種市はシャワーを借りたいと言い出す。アキは動揺する。そこに春子(小泉今日子)から電話がかかってくる。アキは水口(松田龍平)がいると、とっさにウソをつく。春子は電話を切り、これまでの夏(宮本信子)の一人暮らしの姿を想像する。種市はいつか北三陸に帰って小さい店を構えるのが目標だとアキに語る。2人がいい雰囲気になってると、アキは若い頃の春子の幻を見る。また春子から留守電の確認するための電話が来る。留守電には水口が「事務所に寄らずにこのまま帰る」と入っていた。春子は不審に思い、水口のケータイにかける。水口は寿司を食べていたが、春子に事務所に今すぐ戻るように命令される。そのころアキはシャワーから上がって、種市の待つ部屋に入っていった。

125話
水口と正宗(尾美としのり)があわてて家に駆けつけると、種市は腹減ったアキに玉子焼きを作っていた。水口は「アイドルが一人の男と恋愛すると100万人のファンが失恋するんだ。それがアイドルなんだ」とアキに言う。正宗は春子とのなれそめを話す。種市は感動する。2人が会うときは寿司屋で、メールはOKという線で落ち着く。
映画の最終審査が始まり、鈴鹿ひろ美との芝居のテストに真剣に挑むアキ。一方、最有力候補には、かつてのGMTの仲間・小野寺薫子(優希美青)がいた。太巻はアキが北三陸でウニを取った動画を見て悩む。アキが太巻に呼ばれ、小野寺と握手し、奈落から出て行く。

126話
映画のヒロインに合格したアキを水口が抱きしめる。アキはユイ(橋本愛)に電話して、水口は勉さんに報告する。夏も退院して自宅に戻り、北三陸は盛り上がる。
アキのもとには台本が届く。夏は懸命に世話を焼く春子に「ありがとう」と言う。
ユイは海女として活躍し、アキは子ども番組を撮りためたり、映画のリハーサルや所作、資料読みで、忙しい日々を送る。そしてクランクインの日を迎える。鈴鹿は「今まで勉強した事一回全部忘れよう。リセットしてゼロから始めてみよう。それが芝居、それが映画です!」とハッパをかける。

感想
第21週後半は種市とアキの騒動と、映画の最終審査からクランクインまで。ギクシャク気味の種市よりも、水口の抱擁のほうが熱かった!アキが奈落の階段を上がるシーンは初めてで、それを見送る小野寺ちゃんもまたよかった。夏が、麦茶を運ぶ春子に「ありがとう」と言って、さりげなく感謝を伝えるのがこの親子の距離感でしみじみした。

「ママもパパも 家さいねえの」 リフレイン
20130909-204118-451
なんぼオ-ディションの緊張から解放されたとはいえ、まさかおらの口からこんなベタベタなセリフが出るどは
20130909-204227-436
天野春子と言い間違え、固まる太巻
20130909-204829-139
うわ~ うわ~ 先輩!いきなり お風呂ってもしかして 先輩・・・
うわ~ もう 「うわ~」しか出てこねえ
20130909-205533-732
夏の姿を想像する春子
20130909-205837-748
玉子焼き作ってます
20130909-212110-419
20130909-212118-294
はっ?
20130909-212507-872
なぜかここにも若い頃の春子が 予兆?
20130909-212519-513
シャワー浴びました
20130909-212922-529
20130909-212933-169
20130909-213007-216
20130909-213055-575
20130909-213115-107
何やってるんだよ!
20130909-215727-497
君に胸キュン♪
20130909-215852-325
うまっ!
20130909-220706-257
小野寺ちゃんと一騎打ち
20130909-221414-413
ついに奈落から出るアキ
20130909-221902-569
20130909-221932-538
やっぱり悔しい・・・
20130909-221934-413
アキちゃん
20130909-222300-741
いでっ!
20130909-222309-007
うるさい。もっと泣くぞ。
20130909-222405-147
ミサンガ2本になってた
20130909-222442-350
うそーー
20130909-222445-116
夏さん退院!
20130909-222725-335
台本届いた
20130909-223558-678
夏のありがとう
20130909-223802-397
20130909-224024-803
ウニ4つ!
20130909-224143-319
生まれたての子鹿のように
20130909-224429-460
和服姿がかわいい!
20130909-224529-553
20130909-224543-850
20130909-224558-178
そしてクランク・イン!
20130909-224740-538
20130909-224811-272

このページのトップヘ