こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 吉高由里子

連続テレビ小説 花子とアン 第18週 (103話-108話) 「涙はいつか笑顔になる」 15分x6回
2014/7/28(月)-8/2(土) 8:00~8:15
★2
20140801-080111-955
あらすじ
はな(吉高由里子)は実家に幽閉された蓮子(仲間由紀恵)を訪ね、赤ちゃんに面会させる。
それから1年後の1923年(大正12年)夏、はなは「王様と乞食」の翻訳を完成させる。9/1に関東大震災が起こり、かよ(黒木華)にプロポーズした村岡印刷の弟が亡くなる。蓮子は帝大生と実家を出て行く。甲府の面々が炊きだしの応援に来て励ます。

感想
伯爵家に押しかけて叫ぶはなが図々しすぎで、はなと蓮子のどちらにも共感できず、会話も上っ面に感じた。蓮子の兄の怒りももっともだろう。
関東大震災が起こっても、助け合わないで家から脱走する蓮子だった。
突然のプロポーズに困惑したり、震災で放心する黒木華の演技がよかった。

ここでドラマの2/3が過ぎたが、ついに蓮子にも共感できなくなったので、もう見るのをやめて、あとは総集編後半で見ようと思う。ドラマが始まるときは、文学的感性が豊かな少女のプリズムで見た明治大正の日本とカナダへの憧れを期待していたが、卑近な恋愛話だらけの内容だった。女学校編がピークで、甲府教師編や上京編は低調だった。

醍醐さん
20140728-080459-999
貞子みたいな蓮子
20140728-081221-342
ばかっちょ!
20140730-081423-873
放心するかよ
20140801-080040-002
20140731-081434-399
20140801-081222-533
少し笑顔が戻る
20140802-081428-279

連続テレビ小説 花子とアン 第17週 (97話-102話) 「腹心の友ふたたび」 15分x6回
2014/7/21(月)-26(土) 8:00~8:15
★2
20140723-081033-943
あらすじ
はな(吉高由里子)はかけおちした蓮子(仲間由紀恵)と再会する。
1922年(大正11年)初夏になり、妊娠した蓮子は甲府のはなの実家に身を寄せる。石炭王の伝助は離婚を言い渡す。蓮子の兄が甲府に来て、蓮子を連れ戻す。

感想
蓮子に再会したはなが怒っているので、駆け落ち騒動を咎めるのかと思ったら、「2度と会えなくてもいい」と言われたのを怒っていて、拍子抜けした。蓮子ははなを友人として見ておらず利用してるだけで、はなは蓮子に捨てられないために甘く出てるように見えた。
帝大生は石炭王から小切手をもらってるけど、ほんとは逆にカネを払うべきなのでは。人としておかしいので共感できない。
先週と今週は結婚・出産・駆け落ちとひとつのクライマックスのはずが、共感どころか反感を覚える展開でドラマとして失敗しているように思った。

「白蓮なんて誰も共感しないわよ」 ホントこれ
20140724-080845-001
さらば伝助
20140725-080741-642

ガリレオ シーズン2 全11話 84分, 54分x9回, 84分
2014年5月~6月 15:50~16:50 2013年春の再放送
★3
20140721-194626-890
あらすじ
帝都大の物理学准教授の湯川学(福山雅治)が、新人刑事の岸谷(吉高由里子)とともに難事件を解決してゆく。

感想
柴咲コウから吉高由里子に代わって、会話の妙がなくなってしまった。吉高がキャンキャンわめくだけで相手への敬意が感じられず、それにつられて湯川もただの冷たい人になってしまった。これを見て、花子とアンの吉高まで苦手に・・・
トリックもダウジング、双子、烏天狗などいまいちなことが多かった。そして超常現象を微妙に肯定するラストがいくつかあった。
シーズン1、容疑者X、真夏の方程式は演出が西谷弘だったのが、シーズン2からは抜けてしまったのが、テイストの違いになったらしい。

大沢たかおと奥貫薫
20140721-195707-562
ゲルマニウム!! 元素番号は32番で結晶構造はダイヤモンド構造
20140721-194517-921
20140721-194522-468
20140721-194541-046
20140721-194613-109
川口春奈
20140721-194750-640
桐谷美玲
20140721-194925-031
ラストの柴咲コウの曲が非常にいい
20140721-195047-015
恋の魔力
歌:KOH+     作詞:福山雅治     作曲:福山雅治
こわいくらい君の言葉が好きで
何度も夢で繰り返してる

今日もつかめない君の正体に
さまよってる さまよってる
愛の世界を

何が間違ってるかな
言い方のせいかな
素直になりたいのに
素顔見せるのが
出来ないのは ナゼ

空回りしてるのはわかってるけど
これが「恋の魔力」と自己弁護してる

やさしくしたい でも出来ない
恋心こじらせてる こんな僕を
ねぇ 君はわかってるの?

こう見えて凄く気を使うほうで
意外なことで落ち込むタイプで

知っててそんな態度するなら
君って 君って
ズルい人だよ

何が正解なのかな
恋の模範解答
ちゃんと繋がりたいのに
好きになればなるほど
何にも出来ないんだ

空回りしてるのはわかってるけど
これが「恋の魔力」と自己弁護してる

甘酸っぱくて 苦しくて 幸せなんて
それは「君の魔力」で「君の魅力」で

抱きしめて欲しい でも言えない
恋心こじらせてる
こんな僕が勇敢になる
魔法をかけてほしいよ
大好きなんだから

こわいくらい「君の世界」が好きで
何度も夢で遊びに行くの

ちっとも追いつけない君なんだけど
いつかは 並んで
歩きたいんだよ

連続テレビ小説 花子とアン 第16週 (91話-96話) 「あなたがいる限り」 15分x6回
2014/7/14(月)-7/19(土) 8:00~8:15
★3
20140718-081211-803
あらすじ
はな(吉高由里子)と村岡印刷は父母の許しを得て、甲府で結婚式を挙げる。
1年半後の1921年(大正10年)夏、はなは男の子を出産した。蓮子(仲間由紀恵)は帝大生と駆け落ちをして、伝助(吉田鋼太郎)が激怒する。

感想
あっという間にはなは結婚妊娠出産。駆け落ちする蓮子に美輪明宏の愛の讃歌が流れて、これがやりたいがためのナレーション起用だったと感じた。

病身の嫁を置いて浮気したので、恒例の「病めるときも健やかなるときも」がない
20140715-081045-079
かよともも
20140715-081440-173
いきなり出産してた
20140717-080857-814
20140717-080919-236
愛の讃歌
20140718-081211-803
20140719-080538-576
20140719-081120-373
こげなもん!
20140719-081258-045
20140719-081321-608

連続テレビ小説 花子とアン 第15週 (85話-90話) 「最高のクリスマス」 15分x6回
2014/7/7(月)-12(土) 8:00~8:15
★3
20140712-080844-260
あらすじ
1919年(大正8年)12月、カフェーでクリスマスパーティーが開かれ一同が勢揃いする。宇田川の「銀河の乙女」の単行本の挿絵を村岡印刷が描く。村岡印刷がはな(吉高由里子)に求婚して、はなは了承する。

感想
今週は演出が心の声やスロットなどコメディぽかった。
はなと村岡印刷、あさいちの恋愛模様に興味が持てないのが見ていてつらい。蓮子様と帝大生も。逆に伝助が魅力的に見えてきた。

はなとかよのバッテン
20140707-125019-280
どんどん美人になってゆく醍醐さん
20140707-125252-108
20140707-125549-967
20140707-125711-561
20140708-080927-489
蓮子のティアラ
20140709-080335-253
銀河の乙女の挿絵 1
20140709-080913-066
クリスマスパーティー
20140710-124808-737
蓮子と宇田川の対決
20140710-124947-643
20140710-124956-159
例によって泥酔
20140710-125709-003
20140710-125820-034
20140710-125823-534
村岡印刷にはなを託すアサイチ
20140710-125849-378
銀河の乙女の挿絵 2
20140711-081447-230
プロポーズ
20140712-080955-260

連続テレビ小説 花子とアン 第14週 (79話-84話) 「その恋、忘れられますか?」 15分x6回
2014/6/30(月)-7/5(土) 8:00~8:15
★3
20140707-222200-894
あらすじ
夫の心の中にはな(吉高由里子)がいることを悟った病床の村岡印刷の妻(中村ゆり)は自ら離婚を申し出る。離婚にショックを受けたはなは仕事でミスを連発して、甲府に戻って頭を冷やす。村岡の妻はほどなくして亡くなる。
蓮子(仲間由紀恵)は、再び上京して帝大生と抱擁する。

感想
花子が存在のコアである辞書を捨てようするシーンが良くなかった。あまちゃんのアキが海女の半纏を捨てたり、ごちそうさんのめ以子がぬか床を捨てたりするか?この2人なら、何があっても必死になって守り抜こうとするだろう。花子の仕事に不誠実な態度が、吉高の持ち味と相まって、魅力の低いヒロインになっている。
そしてこのあとお爺やんの夢で改心して再上京しまい、展開も粗っぽい。夫に浮気されて死んでしまう中村ゆりが不憫だった。

いつもやさしい醍醐さん
20140707-220504-816
20140707-221817-722
中村ゆり 梅ちゃん先生で中学校の先生だった
20140707-221027-909
20140707-221324-034
20140707-221337-675
宇田川先生の着物が面白い
20140707-220814-862
20140707-221709-519
蓮子は帝大生と抱擁
20140707-221254-691
20140707-222654-034

土曜プレミアム・真夏の方程式 2時間35分
2014/6/21(土) 21:00~23:35 2013年6月上映
★4
20140628-183602-962
あらすじ
美しい海が残る玻瑠ヶ浦で海底鉱物資源の開発計画が持ち上がる。旅館「緑岩荘」の娘の川畑成実(杏)は反対運動を始める。説明会で滞在していた湯川学(福山雅治)は、1人の少年(山﨑光)と出会い、彼に科学的なものの見方を教える。

翌朝、元刑事の塚原(塩見三省)の変死体が発見される。転落死に見えたが、実は一酸化炭素中毒だと判明する。成実の父の重治(前田吟)が、少年に煙突を塞がせて、ボイラーの不完全燃焼で塚原を殺していた。
塚原は16年前のホステス殺人事件の件で玻瑠ヶ浦を訪ねていた。川畑節子(風吹ジュン)の娘は重治でなく仙波(白竜)の子だったことを知ってゆすりにきたホステスの三宅(三宅伸子)を、成実が殺していた。そして仙波が代わりに犯人として出頭していた。

感想
前半の田舎の海で湯川先生の夏休み教室編が最高!雰囲気に浸ることができた。海で泳いで、日焼けした杏も健康的でよかった。
事件のほうは東野圭吾作品にありがちな後味の悪さが残った。

海で泳ぐ杏
20140628-174555-118
20140628-174705-743
20140628-174717-837
20140628-174732-509
20140628-174822-915
説明会
20140628-175455-040
20140628-180043-509
20140628-181610-275
梅ちゃん先生でノブの子供時代だった山﨑光
20140628-182841-618
ペットボトルロケットを飛ばす
20140628-183544-259
20140628-183602-962
20140628-183907-826
20140628-185658-326
20140628-185814-764
吉高の化粧が濃い!
20140628-211906-361
なんで紙なのに燃えないの?
20140628-211955-455
朝ドラヒロイン2ショット
20140628-212841-580
葛藤する杏
20140628-213058-971
20140628-213142-268
20140628-213155-096
20140628-213202-846
20140628-213208-236

ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 2時間
2014/6/10(火) 14:50~16:50 2013年6月の再放送
★4
20140624-205533-775
あらすじ
内海薫刑事(柴咲コウ)が、死亡した老婆を車いすで運んでいた介護士の上念研一(ユースケ・サンタマリア)を逮捕し、身柄を長野に護送するが、殺人容疑を否認されてしまう。老婆の娘も殺されていたことがわかり、内海は長野県警の当摩(柳楽優弥)と再捜査を始める。
新聞記者の甲本(滝藤賢一)から「無実の記者を自殺に追い込んだ警察官がいる」と怪文書が出回っていると知らされる。その記者は老婆の旦那で9年前の誤認逮捕事件を追っていた。すると甲本も殺されてしまう。
内海が偽の怪文書を県警に送ると、県警の関岡が現れる。実は、関岡は記者の誤認逮捕の資料を盗みに入ったところを娘に見られて殺しており、駆けつけた上念に罪をなすりすけたのだった。女署長の高崎も隠蔽に加わっていた。
上念は誤認逮捕として釈放される。内海は上念が録画した防犯カメラの映像を発見し、実は盗作疑惑の汚名を晴らすために、誤認逮捕されたのだと問い詰めると、逆上した上念に殴られてしまう。
内海はアメリカ・オクラホマへの研修を了承する。

感想
警察内部ネタが好きではないので事件はいまいちだった。湯川はあまり出てこないし、トリックは物理学が関係ないしで、ガリレオの名をつける必要なかったかも。
柴咲コウはよかった。
20140624-202342-634
余貴美子
20140624-203250-009
新聞記者の滝藤賢一
20140624-203450-369
柳楽優弥
20140624-203740-463
湯川のモノマネ
20140624-204804-775
蛍光灯で希望を
20140624-204933-181
20140624-204931-400
犯人は警察だった
20140624-205806-025
20140624-211103-868
ムダに挑発するのはどうかと・・・
20140624-212008-665
20140624-212606-931
20140624-213028-775

連続テレビ小説 花子とアン 第13週 (73話-78話) 「その恋、忘れられますか?」 15分x6回
2014/6/23(月)-6/28(土) 8:00~8:15
★3
20140628-125705-446
あらすじ
はな(吉高由里子)は村岡印刷に好意を寄せるが、妻がいることを知ってしまう。
蓮子(仲間由紀恵)は帝大生に演劇の脚本を書く。

感想
朝ドラというより昼ドラ風になってきた。話がほとんど恋愛話メインで、英語や文学を置き去りに進んでゆくのと、下宿、カフェ、編集部のセットの往復なので澱んだ感じがする。やっぱり朝ドラには爽やかさと透明感がほしい。
これで「花子とアン」は前半が終了した。甲府の神童だった主人公が成長ではなく退化していってるように見えるのがつらい。

醍醐さん
20140628-124538-961
有閑マダムな蓮子
20140628-124630-446
憲兵になった兄やん
20140628-125649-977
サイダーで乾杯 伝助はそんな悪い人でもないんでは・・・
20140628-130537-071
「おやじ、冷や!」
20140628-130509-243
20140628-125958-133

連続テレビ小説 花子とアン 第12週 (67話-72話) 「銀座のカフェーで会いましょう」 15分x6回
2014/6/16(月)-6/21(土) 8:00~8:15
★3
20140621-151318-607
あらすじ
1919年(大正8年)、上京したはな(吉高由里子)は出版社で働き始める。妹のかよ(黒木華)は、銀座のカフェーの女給になっていた。
蓮子(仲間由紀恵)が上京してきて、はなは10年ぶりの再会をよろこぶ。
村岡印刷の弟からもらったマーク・トウェインの「王様と乞食」を翻訳して雑誌に載せることになる。はなはこれまで支えてくれた村岡の存在に気付き好意を伝える。

感想
物語は東京編に突入。ついに蓮子様と再会した。生き生きとする蓮子様がよかった。
村岡印刷への好意はかなり唐突で違和感があった。このドラマでの「パルピテーション」は、初対面でのいわゆる一目惚れの恋の直観のことだと思ってたけど、村岡印刷にはそういうのはなかったので、どうやら違ったようだ。

女給になったかよ
20140621-145027-445
醍醐さん
20140621-145303-414
歓迎会で酔っ払い!! 吉高の酔っ払い演技が天才的に上手い!!
20140621-145442-758
20140621-145452-461
20140621-150008-842
20140621-150025-170
セイロンティー
20140621-151113-248
ブドウ酒で乾杯
20140621-151354-607
20140621-151454-904
飲みまくり
20140621-151904-185
20140621-151931-592
蓮子の一言であらぬ方向へ・・・
20140621-152132-998
20140621-152209-623
20140621-152431-467
20140621-152457-326

あまちゃんでアキが種市に一目惚れするシーンみたいのが「パルピテーション」だと思っていた。
e0fda655
220d8c9c
そして「想像の翼」もこれくらいやってほしかった・・・
c32c60cb

このページのトップヘ