こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 小池徹平

第64回NHK紅白歌合戦「歌がここにある」 あまちゃん・プロローグ寸劇 4時間30分
2013/12/31(火) 19:15~23:45
★5
20140106-203518-708
内容
紅白前半の中盤で伍代夏子が歌い終わったあとに、天野アキ(能年玲奈)が登場して自己紹介をする。
「岩手県北三陸市から来ました、海女のアキちゃんこと天野アキでがす!」
このあと北三陸駅前と中継がつながり、吉田副駅長(荒川良々)が出る。B1グランプリで5位になったまめぶ汁を紹介する。まめぶ大使の安倍ちゃん(片桐はいり)が出たあと、スナックリアスでの忘年会を中継する。いつもの面々に加えて、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)まで来て、混乱のまま中継が切れる。

感想
思ったよりもみんないて面白かった!北三陸駅前は事前に久慈で録画したもので、スナックリアスはセットだったらしい。吉田副駅長のテンパった演技でハプニングかと思った。

天野アキ自己紹介
20140106-203311-17620140106-203313-708
吉田副駅長と中継
20140106-203348-629
20140106-203505-020
20140106-203510-286
まめぶ汁に親指が
20140106-203544-989
夏ばっぱのモデルになったお婆ちゃんまで20140106-203605-442
まめぶ大使の安倍ちゃん
20140106-203610-239
勉さん
20140106-203643-504
まめぶ大使とミス北鉄だけのはずが
20140106-203659-723
こっちは忘年会やってんの
20140106-203710-223
ゴーストバスターズ!!
20140106-203721-942
父ちゃんのためなら えんやこら~~
20140106-203727-239
まめぶはくるみと黒砂糖を
20140106-203745-067
琥珀は8500万年前の樹液が
20140106-203817-942
「アキちゃん!」 「ストーブさん、どいてけろ。ユイちゃんにかぶってる」
20140106-203834-254
ユイ登場!
20140106-203850-770
20140106-203910-770
「皆さん、こんばんはミス北鉄の足立ユイです。今日は親友のアキちゃんが「紅白」に出るということで、みんなでテレビの前で応援しています」
20140106-203940-520
20140106-203957-411
20140106-204007-098
鈴鹿ひろ美まで登場
20140106-204021-708
20140106-204054-364
天野さーーん!!
20140106-204128-051
春子登場
20140106-204142-379
20140106-204217-036
紅白会場に戻る 叱られたあとの表情がかわいい
20140106-204227-161

徹子の部屋 小池徹平 35分
2013/10/22(火) 13:20~13:55
★4
20131022-132109-239
内容
あまちゃんでストーブさん役の小池徹平がゲスト。

ストーブさんは大人気で街なかですごく声をかけてもらえるようになった。もう8割ぐらい「ストーブさん」と呼ばれる。
徹子は、あまちゃんは筋も面白い、出演者のキャスティングがすごいよかった。みんな、仲よかったのが画面から伝わってきた。全部見た。能年が目がキラキラして唇も可愛い顔で、一家に一人もしいたら、本当、みんな幸せになっちゃうっていうような。飛び跳ねたり、いろんな格好でも、なんでもがなんとも可愛い。スナックの撮影シーンもみんなワイワイ楽しいんだろうなって伝わってきた。橋本愛はまた美人。2人で潮騒のメモリーズを組んでと。他のに悪いんだけど、ここのとこ本当にないぐらい、あんなにみんな熱狂して見たの。と語る。
黒柳徹子は小さいころ三戸に疎開していたことがあり、岩手のあの辺は冬は雪が積もらないけど物凄く寒いと知っている。
ドラマ中に「ベストテン」が出て来て、清水ミチコから「ちょっと、今度ね、私、あなたやりますけど、下品にはやりませんので、ご心配なく」と連絡があった。頭から飴も出してくれてビックリした。
小池徹平はキョンキョンや渡辺えりと一緒にお寿司を食べて、スナックでも飲んだ。小池だけ次の日、オフだったんで、「まだ飲めるでしょ?」みたいな感じになって、ものすごい飲んで、スナックで寝てしまった。街中にあまちゃんのポスターが貼りまくってあって、みんな声をかけてくれた。
あまちゃんで足立家はヒロシはストーブと言われ一番どうしようもない感じだったが、父が病気、母は家出、妹は不良で荒れて、だんだん気付けば一番しっかりしてるお兄ちゃんみたいな風になった。よしえが北三陸に帰るシーンはピリピリして大変だった。
八木亜希子からのコメントが届く。
「ヒロシはですね、よしえさんにとっては、本当に最初は、こう、情けなくってですね、大好きなんだけど心配な息子だったんですが、八木さんにとって、小池さんは、本当に頼りになる息子で、私が慣れない撮影の中で、流しってなんですか?とか、用語がわからなくて、しょっちゅう、息子に教えてもらってた思い出があります」
「意外と、小池さんの年齢の男性が、今回の三陸の方では少なかったんですよね。だから、若い福士蒼汰君とか橋本愛ちゃんとか、能年玲奈ちゃんとか、若い役者さんたちの兄貴分っていう感じで頼りにされていて、小池さんは意外と現場を盛り上げる事に情熱を傾けていた記憶があります」
小池は20代の人が、あんまりいなくて大人チームと若者チーム両方自由に行き来して楽しんだ。

小池は15歳の時にジュノン・スーパー・グランプリになった。16歳から東京に上京した。東京は一人暮らしでコロッケ明太弁当ばっかり食べていた。帰省すると母が焼き飯を作ってくれる。今は料理を作るようになった。カニンヘンダックスという犬を飼っている。
俳優としてはこれから暗い役やちょっと猟奇的な人で真逆の振り幅もやってみたい。ミュージシャンとしては『紅白歌合戦』に連続3回出演した。最初は路上ライブでインディーズからはじめた。
2004年、18歳の路上ライブの様子。
小池「東京で卒業して・・・。なんか、いろんな、友達出来るかなとか、
すげえ、ホンマ不安で、自分で殻とか作ってたりしてたんですけど、
なんか、卒業してから、みんな、腹を割って話せる仲になれて・・・
ホンマに、友達って、すごい大事やなって思ったんですよ」
観客:「頑張って!」
昔は人としゃべったりするコミュニケーションが苦手で、ストーブみたいなとこがあった。卒業するぐらいに、友達とか打ち明けたりとかして、もっと早い段階で言ってくれればよかったのにみたいなのがあって、なんでも言い合える仲って、やっぱいいな、みたいな。
ライブやトークはウエンツがよくしゃべる。曲は小池が書いて、詞はウエンツなのが多い。時々、ウエンツが暗い詞を書いて大丈夫かな?みたいな。詞が近況報告な感じ。

今度、日本初上陸の『メリリー・ウィー・ロール・アロング』というミュージカルに出る。宮本亜門が演出、ソンドハイムが音楽。

感想
徹子があまちゃんを真剣に見ていたことがよく伝わってきた。同じトーク番組で小池徹平が出るのでもサワコと司会の実力の差が如実に出て徹子の圧勝だった。面白かった。
20131022-132506-864
あまちゃん アキが北三陸に帰るシーン
20131022-132612-083
冬のロケ 線路に雪が残る
20131022-132638-911
八木亜希子からコメント
20131022-133052-677
愛犬と2ショット
20131022-134028-255
20131022-134035-692
路上ライブ 18歳
20131022-134418-380
ミュージカルの練習
20131022-135151-239
20131022-135153-599

サワコの朝 小池徹平 30分
2013/10/19(土) 7:30~8:00
★4
20131019-074248-296
内容
小池徹平がゲスト。

あまちゃんを始めた時には、ストーブさんがまさかああいうキャラになるとは思ってなかった。朝ドラは初めてで、去年の10月から1年間おんなじ現場にいるっていう感覚もはじめてだった。普通の連ドラは1クール3か月が基本なので。
始まったらすごい反響で、小学生までたくさんの人に「ストーブさん」と声をかけられるようになった。今まで「徹平ちゃん」とかで呼ばれてたのにまったく呼ばれなくなった。
役者として身になることが多かった。舞台役者で活躍してる人が多かったので、リハーサルの雰囲気がすごい。みんな自由に動きまわって、セリフを言うときとかも無理がないように、いい空気になるようにしていた。小泉今日子は格好いい。

今でも記憶に残る一曲はゆずの「夏色」。中2の音楽の授業のときに友達2人がギターとブルースハープで演奏して感動した。その頃、自分は内気で人見知りな少年で、注目を浴びたりとかそういうのが好きじゃなかった。
家の近所で映画のオーディションをやって優勝賞金は100万円という広告があった。母がたまたまそれ見てて「あんたら、どうせゴールデンウィーク暇なんやろ?
暇なんやったら、ちょっとこれ行ってきたら」みたいな感じで、弟といとこ1人で行ったら、いきなり1000人以上いて1人1人自己紹介していった。みんな「自分はこういう者で、こんな映画に出たいんです!」やる気満々で、僕は完全場違いだなと思ったら大阪の代表に受かっていた。後日、東京で全国のオーディションをしたら、そこで落ちてしまった。そのときは本気だったので悔しかった。人生でこんな刺激もらったのがほんとに初めてですごかった。
次は、ちょっともう一回自分の意思でチャレンジしてみた。「JUNON」でグランプリ取って、一気にもう東京出てくることになった。
ウエンツの最初の印象は、なんてキレイな外国の人なんだ超鼻筋が通ってて、色白くて、なんかサァ~みたいな感じで入ってきて。
突然、路上ライブ始めることになり、「あっ、路上かぁ。やってみるのもおもしろいかもなぁ」みたい感覚だった。堺正章の「さらば恋人」など70年代や80年代のカバーを歌った。路上をやってハートが強くなった。弦が切れたりハプニングがあると、相方が5分間くらいしゃべってお客さんをつないだ。
ミュージシャンと役者のウエイトはイーブン。デビューして11年目になる。
去年、一昨年、20代後半はいろいろ焦っていた。割に若い役ばっかりが来るし、そればっかりの役もやってられないしで。
今回新たにミュージカル「メリリー・ウィー・ロール・アロング」で初主演に挑戦する。歌がめちゃくちゃ難しい。共演者が全員20代。

普段は1人暮らしで自分で料理を作る。酒のアテに福岡の明太子ご飯を作ったり、かっぱ橋で包丁や銅のビールグラスを買った。
この夏はサザンの「栄光の男」で感動した。「元気出てきますね。頑張ろう!と思います」

感想
爽やかなストーブさんのトークだった。20代後半の壁をあまちゃんで新境地を開拓して乗り越えたみたいで、これからの活躍に期待。昨日今日で橋本愛、八木亜希子、小池徹平であまちゃん足立家ラッシュだった。

JUNONグランプリ
20131019-073119-421
WaT
20131019-073133-812
ストーブさん
20131019-073211-953
20131019-073215-968
舞台役者と
20131019-073541-750
銅のビールグラスを冷蔵庫で冷やす
20131019-075502-140

火曜サプライズ じぇじぇっ!超豪華すぎます秋の拡大2時間SP 1時間54分
2013/10/1(火) 19:00~20:54
★4
20131002-202942-993
内容
能年玲奈と小池徹平が、ウエンツ、オリラジ藤森と渋谷を散歩をする。ロケはあまちゃん最終回の前日。ウエンツはあまちゃんを全話見てて、終わったらあまロスになると言う。一行はミシンカフェにゆき、バッグを作って、スープカレーを食べる。その後、ラーメン屋にゆく。能年は昔のあだ名は脳みそだったが、今は玲奈子ちゃんに決定する。能年がウエンツにクーラーさん、オリラジ藤森に富士山とあだ名をつける。あまちゃんでユイがミス北鉄の格好をして食事レポートをしたハンバーグ店・ゴールドラッシュでハンバーグを食べる。ヒゲを付けて遊ぶ。
クドカンと阿部サダヲがウエンツと下北沢を散歩する。おじやカフェや中華料理屋。珉亭、鉄板焼き屋で食べる。

テレ朝 中居のミになる図書館3時間SP『文字が美しい芸能人No.1決定戦』 19:00-22:00
中塚翠涛先生が採点する美文字選手権をやる。有村架純と大久保佳代子が出る。優勝は野村克也。

TBS 有田とヤラシイ人々 ゴールデン2時間SP! 21:00-23:00
まめりん役の足立梨花はブログがヤフーのトップにきた話。
若い頃の橋幸夫を演じた清水良太郎は父の清水アキラが橋幸夫の物真似をしてたからあまちゃんに出演。ライブでもあまちゃんのテーマをかけて、ファンが増えた。

感想
10月に入ってから、各局のあまちゃん便乗番組が激しかった。
能年ちゃんはミシンやヒゲの時は楽しそうだった。小池徹平がストーブさんでは暗かったけど、実際は明るいイケメンで楽しめた。渋谷散歩は切れ切れに放送されて日テレのバラエティの構成はひどい。食事は珉亭の肉うま煮定食が一番うまそうだった。
「あまちゃん」の余韻でバラエティもまあまあ面白いけど、やっぱり役者はドラマで一番輝くと感じた。

能年ちゃん登場
20131002-195257-089
ウエンツは小池が出るので全部見てた !
20131002-195405-089
ストーブとデートぽくていい瞬間
20131002-200127-290
真剣にミシン
20131002-195910-058
こっちもゲストや!
20131002-200315-712
脳みそとか
20131002-200943-540
クーラーさん
20131002-202756-446
あまちゃんに登場したお店
20131002-203218-587
20131002-203316-352
ヒゲが似合うウエンツ
20131002-204307-321
20131002-204331-774
ヒゲTシャツ
20131002-204443-899
20131002-204510-493
クドカンと阿部サダヲ
20131002-205347-649
肉うま煮定食がうまそう
20131002-210237-041
あまちゃん調子いいね!
20131002-210431-229
最近、高嶋政伸さんおもしろいね!
20131002-210515-244
あまちゃん打ち上げ朝まで居たメンバー
渡辺えり、木野花、古田新太、小泉今日子
20131002-210625-119
美文字の有村架純
20131001-191922-364
20131001-191454-802
20131001-194215-364
20131001-194247-271
まめりん
20131001-215414-933
20131001-220156-351
20131001-220200-757
20131001-220219-788
20131001-220229-538
清水良太郎
20131001-220023-695
20131001-220106-226
川口春奈もそのうち朝ドラに出てほしい
20131001-220129-632

あまちゃんファン感謝祭 じぇじぇじぇ祭り! 1時間
2013/9/23(月) 8:20~9:20
★4
20130923-091840-514
内容
9/6に盛岡市の岩手県民会館で開かれた「あまちゃんファン感謝祭 じぇじぇじぇ祭り」の様子を伝える。能年玲奈,小池徹平,塩見三省,渡辺えり,宮本信子がゲストで出演。
一番印象に残ってるシーンは、能年は最初の海に突き落とされるシーンで、実際すごい人の中でヒロインなんてできるのかと思ってたので「何も考えずに飛び込め」というセリフが残っている。宮本信子は孫ということで気持ちが通じ合う大事なシーンだったと語る。塩見は洞窟で水口を殴って破門にするシーンが印象に残っている。ホントはこのあと倒れてこけてしまった。小池は夏ばっぱが春子に大漁旗を振るシーンが一番だった。
大笑いしたシーンは、能年は眠れなくて勉さんを数えるシーンと夢の中で種市先輩から指輪をプレゼントされるシーン。このシーンはみんなで大爆笑と無表情になる2パターン撮ったと渡辺えりが解説する。小池は海女~ソニックの練習でコスプレしたシーンを挙げる。この一瞬のために衣装の準備が朝から大変だった。能年は花巻さんのレディオガガの胸毛がポンっと出し入れできるのが面白かった。
宮本信子は現場主義なので事前に久慈に行って空気や風を感じて話を聞いていろいろご馳走になった。渡辺えりも久慈の人との交流が続いている。
久慈高校の吹奏楽部が「あまちゃん」のテーマ曲と「潮騒のメモリー」を演奏する。
杉本哲太と荒川良々からビデオメッセージが届く。
勉さんが三陸ジオパークの宣伝をする。

会場の観客とあまちゃんクイズをする。
Q.アキが「じぇ」を9回も言ったのは?
A.寿司屋で鈴鹿ひろ美に遭遇したとき。能年はこのシーンは何度もリズムをつかむように練習した。1回目のじぇじぇじぇは夏にウニでお金を請求されたとき。
Q.夏が忠兵衛とケンカしたときに叩いたものは?
A.大根。大根に切れ目を入れておいた。投げ捨てた大根がフレームのいい位置にあって嬉しかった。
Q.弥生は有名な歌手になぞらえて北三陸の何と呼ばれている?
A.越路吹雪。おかしくて吹いちゃって最後まで歌えなかった。
Q.ヒロシのためにアキが潜って取ってきたものは?
A.500円玉。
Q.勉さんが「スマート勉」と呼ばれる理由は?
A.北三陸で最初にスマートフォンを買った。

潮騒のメモリーにのせて名場面集が流れる。最後に1人づつあいさつ。

感想
あまちゃん人気で会場は熱気で盛り上がった。行けた人がうらやましい。

司会は村上由利子アナウンサー
20130926-200406-271
ヒロシです・・・
20130926-200909-146
宮本信子
20130926-201108-896
能年ちゃん登場!
20130926-201304-630
20130926-201333-177
20130926-201345-833
20130926-201355-927
20130926-202713-614
フレディが胸毛をポンと出し入れ
20130926-203345-208
20130926-203523-239
20130926-203530-208
北鉄コンビがメッセージ
20130926-204843-099
勉さんが三陸ジオパーク紹介
20130926-205152-442
20130926-205033-021
20130926-205209-146
じぇ!x9回
20130923-090303-279
北三陸の越路吹雪
20130923-090748-670
スマート勉
20130926-234620-675
東北復興、頑張りましょう!
20130926-235116-581
能年ちゃん
20130926-235239-581

連続テレビ小説 あまちゃん 第17週・後半 (97話-102話) 「おら、悲しみがとまらねぇ」 15分x6話
2013/7/22(月)-7/27(土) 8:00~8:15
★5
20130802-202507-664
100話
アキ(能年玲奈)たちGMTの面々は海女の格好をして岩手物産展を手伝う。物産展の合間にアキはヒロシ(小池徹平)と春子の勤めていた原宿の喫茶店に行く。ヒロシは北三陸の様子を伝え、アキは東京に来ても変わってない、寮の雰囲気なんて昔の漁協みたいだと言う。
「アキちゃんがいる場所は、ほかの場所と違ってちょっと温度が高くて明るいんだよ。アキちゃんのおかげだよ」
「おいおい、よせやい!人をまるでストーブみでえに」
「ホントだって。場所じゃなくて人なんだよ、結局」
アキがGMTだと知った喫茶店の甲斐さんは「春ちゃん、娘に夢を託したんだな」と言う。
北三陸へ帰るヒロシをアキは上野駅前に見送る。ヒロシは「みんな、応援してるから。しんどくなったら帰ってこいよ。大吉さんが春子さんを待ってたように、俺もアキちゃん待ってるがら」と伝える。アキは「うん!」と返事する。アキは、ヒロシの母のよしえ(八木亜希子)が見知らぬ男性といるところを目撃したことを打ち明ける。ヒロシは「ありがとう!聞かなかった事にするわ!」と去って行く。
GMTのデビュー曲「地元に帰ろう」のデモが届く。しかし、まめりん(足立梨花)のスキャンダルで、突然デビューの中止が宣告される。まめりんは卒業扱いになる。
納得のいかないアキは太巻(古田新太)に「そうやって先延ばしにして、おらがママみたいに諦めるの待ってんですか?母のせいですか?天野春子の娘だからですか?私が」と抗議すると、太巻は「そうだよ」と言い放つ。

101話
太巻は社長室でアキと水口(松田龍平)に春子が影武者だったと話す。鈴鹿ひろ美の音程の狂ったテープを聞かせる。「鈴鹿ひろ美伝説に傷をつける事は俺にはできない。どんなに小さく、古い傷でも」太巻は娘を送り込んできた春子(小泉今日子)に驚いたと語るが、アキは自分の意志で来たという。太巻は「うちじゃ無理だよ、うちにいる限り、俺が潰すから」とアキにクビを言い渡す。
合宿所で水口がGMTメンバーに「重大なペナルティがあってアキはクビになった」と伝えるが、皆は納得しない。
北三陸に帰ったヒロシがスナックで、アキがウニ丼食べて泣いていたことや、合宿所の悲惨な様子を伝える。
アキは眠れずに水口の部屋の戸を叩くが返事はこない。腹が減って冷蔵庫を開けようとすると、若い頃の春子(有村架純)が椅子に座っている。「私のせいで太巻に意地悪されてかわいそう!あいつ、ちっちゃいよね、器が。ハハッ 全然、太くないの。細巻き?ハッハッ。」アキはめんこいなと感心してると、「ブスだもんね。奈落だもんね。繰り上げ当選のブスだもんね」と言われてしまう。「ブスとか言うな!親子だからって!いや、親子だからこそ!」と怒る。春子はお詫びに「潮騒のメモリー」を歌おうとすると、静御前姿の鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が現れて、歌を止めようとする。春子が瞬間移動して、鈴鹿御前は段差を越えられないで、アキを呼ぶ。混乱したアキは「2人ともやめで!」と叫ぶと、アキは夢から覚める。
春子からの電話に出るが、アキは泣きながらおかしな夢の内容を話す。アキは太巻に嫌われて事務所をクビになったことを伝える。「一生懸命やってんのに・・・。もう帰りたい。ねぇママ、アキそっち帰りたいよ。もう帰っていい?いいよね?」と訴えると、春子は「ダメよ」と断る。

102話
春子は若い頃、上野から夏(宮本信子)に電話した記憶が蘇った。
回想の春子「そろそろ帰ろうかなって思って」 夏「なすて」「私も23だしそっちで役場さでも勤めて、お見合いでもしようかなみたいな」「なすて」「だから、一人じゃ寂しいかなと思って。ねえ、帰っていいでしょ?」

現在の春子「ダメよ。まだダメよ。アキ頑張りなさい!」
アキ「なすて?」
「ここで帰ってきたら後悔する。反対したじゃん、ママ。「甘くないよ」って。自信あったんでしょ?いけると思ったんでしょ?だったら中途半端なところで諦めちゃ駄目じゃん!」

回想の春子「そんなの分かってるよ」
「いいや、分かってねえ」
「おめえさん大騒ぎして周りさ迷惑かけて出てったんだ。おらや海女クラブや漁協や観光協会や北鉄やみんなの善意踏みにじって、つば吐いて出てったんだぞ!」
「あんたが突き放したからだべ!」

現在の春子「今、帰ってきたら、ママと一緒だよ。腫れ物扱いだよ。雑に慰められて、陰で噂されて、ジロジロ見られてそれでいいの?」 アキ「・・・やんだ」
「消したい過去を引きずって生きるって、しんどいんだよ!あんた、それでもいいの?」「やんだ!」
「アイドルになるんじゃなかったの?」
アキは泣きながら電話を切ってしまう。夏が起きてくるが、春子は縁側に座って夜空を眺める。

回想の夏「アイドルさなるっていうがら、親子の縁切ったんだぞ。娘でもねえ、アイドルでもねえ。おめえ、どこの誰だ?」「もういい」
「たかが5年で気が済むなら最初から行くな。何だ?役場さ勤めて見合いだ?この恥知らず!一人じゃ寂しいって?のぼせんなバカ、この!おめえなんぞとっくに親でもなければ子でもねえ。町で会っても知らんぷりだ」「もうたくさん!」春子は泣きながら電話を切る。

翌日、春子はリアスで働くが、琥珀とコップを間違えるほどボンヤリしている。ヒロシからアキの風呂や食事の様子を聞いて心配する。春子がアキが事務所クビになった話をすると、みなが驚く。大吉たちは潮騒のメモリーズ復活だ、海女カフェでバイトだ、海さ潜って、ウニ丼売ってと騒ぐと、春子は「ダメよ、そんなの。あの子にそんなしみったれた事させたくないの。あの子が帰ってくる時には駅前に黒山の人だかりサイン会、握手会、コンサートは市民ホールでどーーーんって!」
ちょうど来たユイに春子は伝達事項を伝えて去ってしまう。
春子はアキを助けるために上京を決意し、夏に挨拶する。大吉が止めに来て騒ぎになる。
アキと水口が寿司屋で鈴鹿ひろ美に最後の挨拶をしていると、そこに春子がやってくる。

感想
第17週後半はアキと太巻の対決と解雇、過去の春子と夏の対立、そして春子の上京へ。
重めな展開の中で、ヒロシとの原宿デートにほっとする。アキのおかしな夢のシーンが面白く、そして哀しい。アキと春子の電話のシーンで過去と現在が「同じ場所・違う時間」のカットバックでセリフが混交してゆくのがよかった。

岩手物産展でーす みんなで海女の衣装
20130802-194155-547
20130802-194212-625
20130802-194247-484
20130802-194252-391
20130802-194315-219
20130802-194337-719
ヒロシと原宿の喫茶店へ
20130802-194611-250
20130802-194645-734
「おいおい、よせやい!人をまるでストーブみでえに」
20130802-195116-422
上野駅前でおわかれ
20130802-195702-516
「ホントは見たんだ」
20130802-200153-773
「聞かなかったことにしておくわ」 ヒロシの成長を感じるシーン
20130802-200236-648
デビュー曲のデモを聞く
20130802-200415-055
20130802-200510-820
20130802-200525-383
おらがママみたいに諦めるの待ってんですか?
20130802-201129-148
そうだよ
20130802-201237-664
太巻と対峙
20130802-201844-383
武田鉄矢か!?
20130802-201916-023
フハハハハ
20130802-202129-648
「納得いかない」 このシーンの入間ちゃんの声がいい
20130802-202733-476
うちもやめたい
20130802-203043-164
ヒロシから実情を知らされる春子
20130802-203101-883
ユイ・・・
20130802-203808-320
眠れない・・・
20130802-203816-805
水口さん、おらアイドルやめたくないです
20130802-204032-289
こんばんは
20130802-204148-742
はっ!?
20130802-204150-648
細巻!?ハハッ!!
20130802-204520-398
歌います
20130802-204814-148
水口の部屋から静御前登場!!
20130802-204825-851
わたしの歌!
20130802-204933-805
瞬間移動!
20130802-204943-930
天野さぁ~ん
20130802-205023-555
アハハハハハハハ
20130802-205039-555
2人ともやめで!
20130802-205046-289
はっ!!
20130802-205206-601
おっおっおっおっ
20130802-205401-883
ねぇママ、アキそっち帰りたいよ。
20130802-205544-726
過去と現在が交錯する
20130802-215110-806
20130802-215117-900
20130802-215240-040
20130802-220400-099
月明かりを眺める春子
20130802-220543-787
もうたくさん!
20130802-220748-912
20130802-220756-568
20130802-220803-146
アキにことが気にかかる
20130802-221003-615
20130802-221025-834
コンサートは市民ホールでどーん!!って
20130802-221530-302
そこにしみったれた人が・・・
20130802-221615-615
今プロポーズしたら×!!
20130802-221918-709
お世話になりました
20130802-222005-599
アメ横へ!
20130802-222422-787
はっ!?
20130802-222704-709
じぇじぇじぇじぇじぇ
20130802-222713-631

連続テレビ小説 あまちゃん 第16週・前半・92話93話 (91話-96話) 「おらのママに歴史あり 2」 15分x6話
2013/7/15(月)-7/20(土) 8:00~8:15
★5
20130720-200243-578
92話
里心がついて沖縄に帰省する喜屋武(蔵下穂波)をアキ(能年玲奈)は駅で見送る。
家ではアキの出演するドラマを録るためにプラズマテレビとHDDレコーダーを導入していた。アキは前日の海女カフェの口論でユイ(橋本愛)を傷つけたのではないかと落ち込み、春子(小泉今日子)に謝っておいてと頼む。
2階の部屋で春子はアキに自分が喫茶店のウエイトレスで太巻(古田新太)と知り合いだったころの話をする。アキは、自分にアイドルとしての芽が出ないのは、太巻と春子の間に何か秘密があるのではと疑っていた。
そして町の人々の注目の中、アキが初めて出演したテレビドラマの放送がやってきた。アキの出番は一瞬だけで、セリフはカットされていた。アキは落ち込んで水口(松田龍平)に「やっぱり私の芝居がよくなかったんですよね。40回もNG出したからですよね」と電話する。水口が「いつ、こっちに帰ってこれるかな?」と聞くと、アキはケータイを切って、作業小屋に入ってしまう。

93話
奈落落ちしたまめりんが合宿所に住むことになり、正月過ぎても帰ってこないアキの私物を片付け始める。
アキは海女カフェで働きはじめ、大吉(杉本哲太)らは潮騒のメモリーズ復活かと喜ぶ。ユイは勉さんの琥珀磨きを手伝う。今夜は友達の家に泊めてもらうというユイに、春子(小泉今日子)は「ホントに友達~?」と聞く、ユイは「友達っすよ」と返す。春子はアキがユイを傷つけたと気にしてたと伝え、アキを慰めるように頼む。
アキはヒロシ(小池徹平)から父が倒れたときはユイも懸命に協力していて、あの頃がひょっとしたら足立家の一番幸せだった時期かもね、母の失踪でユイは完全に道が断たれたと思ったみたいだ、と聞かされる。アキは自分だけが上京したことを後悔し、いっそう自信をなくしてしまう。そこに東京の水口(松田龍平)から電話が来るが、一切出ようとしない。
アキは作業小屋で忠兵衛に漁に出たくないと思ったことはないのか聞く。忠兵衛は今まさにイカ釣り漁船に乗らなかったことを後悔してると答える。そこに東京から水口がやってくる。組合長も忠兵衛を誘いに来た。
組合長 「忠兵衛さんよ、いつまで陸さいるつもりだ!」
忠兵衛 「おらの代わりなんぞなんぼでもいるべ!」
水口 「バカな事、言ってるんじゃないよ」
忠兵衛 「すいません」
水口 「アキちゃんね、GMTには君の力が必要なんだよ」
アキ 「ウソだ。頭数さえそろえばいいと思ってるくせに」
水口 「そんなこと・・・」
組合長 「思ってねぇよ!」
アキは「わざわざ来たんだからおらじゃなくてユイちゃん連れてったらどうだ。かわいい方が目当てなんだべ。だったら、かわいい方連れてって、かわいくプロデュースすればいい!」とすねると、水口は留守電を聞くように言う。留守電には東京のみんなからのメッセージが入っていた。アキは励まされる。そこにユイがやってきて、驚いたアキは作業小屋にこもってしまう。

感想
水口と組合長の会話が交錯してから、東京のみんなの留守電への流れが最高!
3話連続でアキが作業小屋にこもるラストで面白い。

花巻ー那覇の航空券! そんな便あるのか!
20130720-175118-248
北三陸から花巻経由で沖縄に行くには、まず北三陸鉄道リアス線で宮古まで行き、宮古から盛岡まで山田線、そこから花巻まで東北本線。そこから…。
20130720-175315-092
誰と誰がデキてるとかさ~、誰の年収がいくらとか、そういうゲスいの頂戴よ。頂戴、頂戴!
20130720-175903-685
聖子ちゃんカットです!
20130720-180202-897
もう聖子ちゃんもそんな髪型してないよ
20130720-180235-569
なもみ
20130720-180443-819
静かすぎる店内・・・
ユイちゃんがいるから、磯野先生もリアスに通うようになったのか?
20130720-180729-772
「春子ー、酒ーー」 大吉の態度がでかくなった
20130720-180836-210
いらないバイク 買い取るぞう~
20130720-180954-116
パパって呼んでくれるかな
20130720-181111-444
出たっ!
20130720-181222-163
ほんの一瞬の出演 セリフなし!
20130720-181331-272
セリフ・・・カットされだ。一個しかねえセリフ、カットされでだ。
20130720-181438-991
なぜか双子 どんなドラマだ「おめでた弁護士」
20130720-181539-319
40回もNG出したからですよね
20130720-181640-444
作業小屋へ・・・
20130720-181910-897
颯爽とまめりん登場!
20130720-182703-678
まめりんには弱いリーダー
20130720-182852-116
ストーブがストーブで餅焼いてる
20130720-183143-975
海女カフェでは大人気!
20130720-183259-413
琥珀を磨く側に回ったユイ
20130720-183613-053
「ホントに友達?」 
このセリフは初めはユイの泊まり先が彼氏じゃないのか疑うように聞こえる。ユイもそう受け取ったはず。その後の春子のセリフで、ホントの友達はアキなんじゃないの?という意味にスライドしている。ちょっとしたシーンだけど、こういうの好き。
20130720-183750-428
アキのこと慰めてやって
20130720-183911-725
気付くユイ
20130720-183930-819
協力的だったころのユイ
20130720-194301-010
20130720-194329-041
会話が混ざるシーン最高!
20130720-203418-922
メッセージは16件です・・・ じぇじぇ?
20130720-200138-594
ここ数日、君の事を考えてる。
正確には君のいないGMTの未来を考えて激しく落ち込んでる。
俺はずっとユイちゃん派というか、ユイちゃんをセンタ-に抜てきしようとしてきた。
そんな逆風の中で君は4か月かけて自分の立ち位置を獲得した。
もう君はユイちゃんの相方じゃないよ。GMTの天野アキだ。
なまってるけど、40位だけど、最下位だけど、それがどうした!
誰が何と言おうと、君の代わりは君しかいないんだよ。
20130720-200156-984
20130720-200258-031
しおりです! 一緒に天下取るって約束したじゃん! アキちゃん!
20130720-200448-062
20130720-200451-391
真奈です。アキちゃんがおらんとくさ、奈落のお通夜んごと静かやけん、早う帰ってきて!
20130720-200535-375
小野寺です。あの早く帰ってこねえと私、有馬めぐと相部屋になっちゃうから・・・
20130720-200746-062
ざわわ~ ざわわ~ ざわわ~
20130720-200823-906
天野、みんな待ってるぞ。頑張れよ!
20130720-200941-266
「帰ってくる時、磯汁の缶詰3つばかし買ってきて。
いらっしゃい!そばですか?うどんですか?まめぶですか?」
いつの間にかまめぶも問いかけるようになった安倍ちゃん。
20130720-201004-359
あなた田舎帰っちゃったんですって?
ハッ、ちゃんちゃら、おかしい。
20130720-201108-297
ユイちゃん参上
20130720-201212-953
20130720-201219-969
20130720-201235-844
氷の女王のように美しいユイ
20130720-201240-391

連続テレビ小説 あまちゃん 第16週・前半・91話 (91話-96話) 「おらのママに歴史あり 2」 15分x6話
2013/7/15(月)-7/20(土) 8:00~8:15
★5
20130719-184344-479
91話
正月に北三陸に帰省中のアキ(能年玲奈)は、ヤンキー化したユイ(橋本愛)に呼び出される。かつて、地元アイドルとしてステージに立った思い出の海女カフェで、ユイは「海女~ソニックなんて全然楽しくなかった、あんなの消したい過去」とつぶやく。ユイは家に帰ってないという。アキが「東京に来れば?みんな待ってるよ」とGMTメンバーの映ったケータイ待ち受けを見せようとすると、ユイがケータイを叩き落とす。「もういいわ!もういい、やめた。行かない。やりたくない。もうアイドルとか、どうでもいい。関わりたくない」。アキがユイちゃんはセンターにふさわしいってみんな言ってるよとフォローするが、ユイは否定する。
「諦めた訳じゃなくて冷めたの、完全に。だって、ダサいじゃん。オタク相手に生足出して、媚売って、真ん中に立って、それが何なの?
「暦の上ではディセンバー」?だから、何?「絶滅危惧種、下町アイドル」?知らねえよ。その下でしょ?要するに。ダサいアメ女のダサい妹分がGMTな訳でしょ。ウケる。今となってはあんなものに夢中になってた自分が恥ずかしいっていうか、もう汚点だよね。
昔の自分を知ってる人に会うのが本当に嫌。ミス北鉄とかホント無理。勘弁してほしい」
アキは「そりゃ、ねえべよ。ユイちゃんあんまりだ!」、上京の時にユイがすぐ行くからねと叫んだから待ってたんだぞ、と怒る。「その言葉だけをずっと信じてたんだぞ。それなのに何だよ!冷めたって、やめたって。おら、何のために、東京で、奈落で、風呂もねえ合宿所で・・・」
「知らねえし」
「ダサい?そんなの知ってるよ!やる前から、ダサいと思ってた!ユイちゃんがアイドルになるって言いだした時から!」
袖ヶ浜駅でユイがアイドルになると宣言するシーンの回想。
「ダサいから聞こえねえふりしたんだぞ。そしたらユイちゃん、もう一回言ったんだぞ!」
「「私のせいだ」って言いたいの?」
「違う」「じゃあ、何!?アキちゃんは、何でやってたの!?」
「楽しいがらに決まってるべ!
ダサいけど楽しいがら、ユイちゃんと一緒だと楽しいがらやってたんだべ!
ダサいぐらい何だよ!我慢しろよ!」
アキは東京でみんなが待ってたのはユイだった、いくらおらでも傷つくべ、逆だったらよかったのにと言うと、
ユイは新幹線の切符を破り捨て、父母を置いていけないと返す。
スナックではユイの父を囲んで回復祝いをしていた。ユイの父は妻が失踪したことを知っていたが、バカだなぁ・・・とぼやく。
アキはユイに「お母さん、帰ってこないよ」と言ってしまう。ユイは「帰ってくるよ、必ず」と怒る。
「ごめん。だけど、おらだって・・・おらだって、必死にふんばってはい上がろうとしてんだ。気楽な身分だなんて言われだぐねえ!」
「40位の繰り上げ当選のくせに自慢しないで!」
「自慢じゃねえ!それがおらの現実だ!ダサいなんて、そんなの自分が一番分がってる。
どんだけ不幸か知らねえが、ここで過ごした思い出まで否定されたら、おらやってらんねえ!」
アキは海女カフェから出て行ってしまう。
スナックでは大人たちが結局、ユイちゃんはなんなんだべ、アイドルだべ、と話し合う。ユイは春子(小泉今日子)に「私、アキちゃん、傷つけちゃった・・・」と泣く。
アキはまっすぐ家に戻らず、作業小屋にこもってしまう。

感想
91話はアキとユイが対面する重要回なので1話だけで感想を。
前に春子にナポリタンを食わせてもらっても、ユイは万引きが止んだくらいであまり改心しなかったのか?春子が「アイドルはダサい」と電話するのは止めたのに、直接アキに言って傷つけてしまうのが悲しい。「知らねぇよ」といいつつ、GMTの歌詞も40位繰り上げ当選も詳しいユイ。本心はセリフとは逆のところにある。
ユイはヤンキー化して、父の世話をヒロシに任せきりで何もしないで悲劇のヒロインぶるのがなんだかなー。本当はアキに「待たせたけど上京をやめた」と謝るのが筋ではないのか?アキの怒りももっともだ。ただアキも東京でのみじめな現実をぶつけられるのが、ユイしかいない。
「光る水槽=アイドルへの夢」と「潮騒のメモリーズ」の看板を使った演出が絶妙だった。ハリウッド白熱教室がためになった。

アキはライブを思い出す
20130719-171400-383
海女~ソニック
20130719-200309-220
潮騒のメモリーズの現状・・・
20130719-171552-242
ガラス越しの2人の壁 ユイの顔にはなにかが映り込んでいて、ユイの発言を軽く見せている。またユイの心が傷ついていることを示す。
20130719-173209-477
「宮城の子も・・・」「もういいわ!」 ユイは小野寺ちゃんが嫌いなのか? 前もずんだずんだの歌でブチ切れていた
20130719-173318-195
20130719-173321-820
「ダサいよ、あんなの」
光る水槽=ユイの夢だったアイドルの世界から離れて行く。北三陸脱走計画のときは水槽の前でキャメロン・ディアスになりたいと語っていた。
20130719-173800-070
GMTを否定するユイを聞きながら背景の看板でアキのなかでのユイの存在の大きさを語る
20130719-174209-664
20130719-174447-586
光る水槽=アイドルへの夢を挟んで2人が対峙する
20130719-184059-916
そりゃねぇべ
20130719-175126-664
アキちゃんは行って!
20130719-175424-945
東京に行ってアイドルになるの
20130719-175550-930
「じゃあ、何!?アキちゃんは、何でやってたの!」 背景の看板のアイドルの文字を挟んで対峙
20130719-184332-823
「ダサいけど楽しいがら、ユイちゃんと一緒だと楽しいがらやってたんだべ!
ダサいぐらい何だよ!我慢しろよ!」
20130720-152826-546
東京への切符を破り捨てるユイ 看板と顔が重なっている
20130719-184838-307
「母さん蒸発して病気の父さん置いていける訳ないでしょう!?」
背景の看板の「アイドル」の文字がぼやける
20130719-184946-573
言えねぇだろ
20130719-185434-370
「それがおらの現実だ!」
アキだけは絵から現実のアイドルへ踏み出した ユイが切符を破り捨てるシーンと対になっている
20130719-185853-745
「ここで過ごした思い出まで否定されたら、おらやってらんねえ!」
カフェのイラストの煙がアキの涙
20130719-190011-942
「ユイちゃんって、なんなんですかね~」 「アイドルだべ」
20130719-190447-113
落ち込むユイ
20130719-190510-567
アキちゃん、傷つけちゃった・・・
20130719-190625-348
20130719-190646-207
汚れた靴が傷ついたアキの心
20130719-190653-473
消えた電灯がアイドルへの夢が消えた状態
20130719-190751-145
20130719-190757-285

連続テレビ小説 あまちゃん総集編・前編「おら、この海が好きだ!」 90分
2013/7/14(日) 13:05~14:35
★5
20130714-213240-039
あらすじ
2013年上半期の朝ドラ「あまちゃん」の前半・故郷編(第1週~第12週)の総集編。

東京にいたころは、そのスピードについていけずに引きこもりがちだったヒロイン・天野アキ(能年玲奈)は、24年ぶりに帰郷する母・春子(小泉今日子)に連れられ、初めて北三陸にやってくる。そこで出会った祖母・夏(宮本信子)の颯爽(さっそう)とした生き方に触れ、人生で初めて心を動かされたアキは、海女になることを宣言。北三陸の豊かな自然や温かい人々に育まれ、別人のような輝きを放ち始める。

感想
12週分(15分x6話x12週=1080分=18時間)を1/12の90分に縮めた総集編だから仕方ないけど、あまちゃんは話が早くてネタが非常に多いので、こうしてみると息つく暇のない駆け足な展開だった。「るいがとひなきす」など好きなシーンもカットされてた。やっぱり朝ドラは毎日15分少しずつ見るのがいい。
まとめて見ると、北三陸篇は海女に地元アイドルと躍動するアキに、春子と夏の和解の話なんだなと感じた。ヤンキー化する前のきれいなユイちゃんが懐かしかった。
途中、高温注意情報でL字放送になった。
最初か最後に能年ちゃんのコメントがあるかと思ったら、最後に「潮騒のメモリー」の1番がアキとユイ、春子の歌声で名場面集にのせて流れた。
20130714-214005-101
20130714-214040-992
20130714-214236-679
20130714-214259-367
20130714-214255-679
20130714-214317-492
20130714-214348-211
20130714-214356-757
20130714-214410-007
20130714-214413-757
20130714-214418-507

連続テレビ小説 あまちゃん 第12週・後半 (67話-72話)「おら、東京さ行くだ!」 15分x6話
2013/6/17(月)-6/22(土) 8:00~8:15
★5
20130626-212202-887
70話
春子(小泉今日子)は2階でアキ(能年玲奈)と話し合う。春子は「アイドルに憧れてバカみたい。人生やり直したいって話だから。アイドルはダメ。不幸になるからよ。純粋な気持ちもてあそばれて、利用されて、消費されて、心が折れる。水口も、その社長の太巻って人も誰も決して手を差し伸べてくれない。そういう世界なのよ」と諭す。アキはスナックで春子の歌を聴いてアイドルに憧れたという。春子の脳裏に昔のオーディション番組が浮かび、何と答えていいか迷う。
迷った春子は夏(宮本信子)に相談する。夏は「アキを行かせてやればいい」と答える。春子は「なんでアキには甘いの?孫だから?」と聞く。夏は「地元のために娘を犠牲にしたことを後悔してる。あの晩 おめえは本気で訴えかけてきた。
おらも本気で応えるべきだった。
「大事な娘を欲の皮の突っ張った大人たちの犠牲にしたくねえ」って。市長さんや組合長さたんか切るべきだった。
その事を、ず~っとず~っと悔やんでたから。
おめえの顔、見んのがつらかった。
すまなかったな。春子。
25年かかった…。
このとおりだ
許してけろ」
夏も春子もこころのつかえが取れて、スッとする。

71話
夏の本当の思いを知った春子はアキの東京行きを許す。
アキとユイ(橋本愛)は水口(松田龍平)の事務所と契約をする。大吉が臨時便を出して北鉄で上京することにする。
出発の前日、アキは浜に出て思う存分潜る。アキは春子に一緒に東京こないの?と聞くが、春子はめんどくさいと断る。ユイは家族と食事をして、これまでの感謝を伝える。
出発の朝、夏はアキに北の海女のてぬぐいを餞別に渡したら、そそくさと浜に出てしまう。駅には海女たちが見送りに来てくれる。

72話
アキは列車に乗り込み、春子から手紙を受け取る。春子は「こっちに来てみんなに好かれた。あんたじゃなくてみんなが変わったんだよ!自信持ちなさい、それはね案外すごい事なんだからね」とアキを励ます。
喫茶店に戻った春子が「私のときは誰も見送りにこなかったもんね」と愚痴ると、勉さんが実はあの時、夏さんが浜で見送っていたという。春子は大吉に話しかけられて、車窓から海岸を見逃していた。春子は「なんだよ~」という。
アキは列車から浜で旗を振る夏を発見して手を振る。
アキは袖ヶ浜駅にユイとヒロシを発見して驚く。ユイの父が倒れて、ユイは行けなくなる。アキも上京をやめようとするが、ユイは「アキちゃんだけでも行って!」と慟哭する。

感想
第12週後半は春子と夏の和解とアキの上京。三陸編はこれでラスト。
2階に行ってアキと春子の全面対決かと思ったら、春子と夏の和解で感動した。
第1回から出ている春子の家出シーンは何回も繰り返されたが、実は夏が浜で旗を振って見送っていた。これはやられた。春子の夏へのわだかまりが三陸編のメインテーマでそれがほどけた。
春子の「海だね~」や、ユイが駅にいるシーンも最初の週をなぞっていて物語的に美しい。本当に脚本が非凡だと思う。
ユイの父は脳卒中の前触れがあったけど、本心では娘と別れるのがつらくて、身体の症状に出てしまったのかなあ。最後のユイの号泣は怒濤だった。ユイはこのまま田舎の美少女で終わってしまうのだろうか。

またそういう~
20130626-201632-755
立ち聞きユイちゃん
20130626-201854-146
歌ってるママは最高だ
20130626-202120-396
春子のオーディション番組
20130626-202233-833
20130626-202321-786
もうわかんない
20130626-202347-255
すまなかったな、春子
20130626-202849-005
20130626-203140-599
お母さん・・・
20130626-203317-911

100頑張る!
20130626-203851-724
最後のウニとり
20130626-204401-865
ユイの感謝
20130626-204923-849
ミサンガ結びまくり
20130626-205710-083

20130626-205740-333
みんなに好かれたんだよ!
20130626-210913-652
20130626-210924-481
20130626-211015-840
若い勉さん
20130626-211619-465
頑張れ~!
20130626-211605-731
20130626-211632-996
20130626-211716-231
20130626-211740-199
なんだよ~
20130626-211758-231
頑張れ~!
20130626-212134-324
20130626-212241-715
20130626-212433-856
ふふっ
20130626-212525-012
ユイちゃん 初めての登場シーンをなぞる形
20130626-212549-246
ごめん、行けなくなった
20130626-212855-590
動揺するユイ
20130626-212954-715
無機質なガラス越しの映像がユイの壁をあらわす
20130626-213033-543
アキちゃんだけでも行って!
20130626-213151-512
ユイの顔が光のなかにぼやけてゆく 美しいシーン
20130626-213325-074
20130626-213316-496
慟哭するユイ
20130626-213331-762
20130626-213354-418
そしてアキは東京へ・・・
20130626-213356-996
20130626-213406-668

このページのトップヘ