こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 尾美としのり

金曜ドラマ 「アリスの棘」 全10話 54分x10回
2014年4月~6月 (金) 22:00~22:54
★5
20140418-224157-653
あらすじ
15年前に父を医療ミスで亡くした水野明日美(上野樹里)は、新人外科医として聖林大学病院に着任し、当時の関係者に次々と復讐を果たして行く。
しかし、次第に明日美は復讐の虚しさに気付き、人間性を取り戻してゆく。

感想
復讐モノと聞いて暗そうなドラマだと予想していたが、クールな上野樹里が勢いがあって引き込まれた。オダギリジョーも好演。
脚本も粗があったが、最後まで面白かった。Bjork風の音楽がドラマをよく盛り上げてた。
また6/12に東京女子医大で63人の子供に禁止麻酔薬を投与して12人が死亡してた事件があり、ドラマと現実がシンクロしていた。

虹のシーン 明日美が殺人を思い留まる ここは非常に感動した
20140502-224427-799
20140502-224438-064
20140502-224452-971
20140502-224501-768
父の思い出は「不思議の国のアリス」 明日はきっといい日になる
20140530-140258-707
栗山千明の積極アピール!
20140502-225043-971
20140509-224237-297
ダークサイドへ・・・ 栗山千明の心境の変化が見所の一つだった
20140516-220913-085
20140516-223529-570
20140530-220803-19320140530-223328-460
20140530-223353-835
復讐リスト
20140530-144302-785
いい女を装うが、実はマニキュアがはげている紀香が虚実入り交じってて面白い
20140523-222359-034
紀香の反撃
20140523-225117-847
実は養父が発端だった・・・
20140613-222208-918
20140613-224523-418
20140613-224639-574
20140613-224641-293
20140613-224857-105
東京女子医大の事件
20140612-190800-001
20140613-192522-516

スタジオパークからこんにちは 尾美としのり 33分
2013/11/29(金) 13:27~14:00
★4
20131129-133839-816
内容
俳優の尾美としのりがゲスト。
「あまちゃん」でアキのパパ役だった。小ネタが分かるのか、字幕が多くて大丈夫か心配だったが、こんなに人気が出るとは思わなかった。じぇじぇじぇ!( ‘ jjj ’ )/の顔文字は台本に書いてあった。アキはかわいかった。台本が面白いのでその通りにおまかせでお芝居した。淡々としてるようでドキドキしている。クドカンの脚本は小ネタなど知らないことがたくさんある。ふだんはアンテナを張ってないで、のんべんだらりと生きている。

子供のときは児童劇団に所属していた。「火の鳥」でデビュー、「転校生」で日本アカデミー新人賞を獲得した。「火の鳥」は、背中を押されてというか胸ぐらをつかまれてというか、とにかく行ってくれと、わけも分からずオーディションに行って、合格した。市川崑監督は最初一般公募で、そのあと児童劇団やプロダクションに声をかけて、全部で尽くした頃に最後のほうに行った。
市川崑に演技を教えられたが、「まばたきをするな!」と叱られた。「大きいスクリーンで見ているお客さんは、君の顔を見て、君の目がまばたきすると、みんなびっくりするから、まばたきも考えてするように」。火の鳥を追うシーンでは、足元が岩場なのに「下を向いて走るな!」とか、ライトが熱くて髪の毛がこげたり、いろいろ我慢した。大人が怖かったので言うことを聞いた。撮影発表では、コシノジュンコ製作の皮の衣装を着て、弓を引いてる写真を撮ったときに皮を染めた染料のにおいで倒れてしまった。若山富三郎にも世話になった。その後のドラマでくしゃみをする芝居がわからず、電話で相談に乗ってもらった。若山富三郎は本番での瞬発力がテストと全く違っていて、子供心にすごいと圧倒された。
俳優業は人前で話をしたり、現場でラブシーンでキスしたり恥ずかしいので苦手。今でもドラマ撮影初日の前日は眠れない。長くやっているが気が小さいので、心ない一言やスタッフの溜息、舌打ちで傷ついたりする。35年やってきたが、監督や演出家が僕をありがたく勘違いしてくれているように思っている。子どものころは大人の言うことは聞かなきゃいけない、今はもう結婚したから養っていかなきゃいけないでやっている。

ドラマ「太陽の罠」に中間管理職の役で出演する。上司に叱られる役でストレスが溜まって大変だった。ドラマのプロデューサーは「いい人かと思うと、いい人じゃない。得体の知れない気持ち悪さがあります。そんな複雑な感情を表現できるところがすばらしい」と語る。
伊武雅刀がコメントを寄せる「自分をこう、あんまりこう出さないで。俺と真逆なんですけど。尾美!お前「あまちゃん」でちょっといい役いい人やったからって、また今度「太陽の罠」でお前、ええ?」
演技は本通りにやって、あとは見ているディレクターなり監督、演出家にお任せしていれば、間違ったほうへはいかないと思っている。最低限、せりふを覚えていって、あまり自分で固めていっちゃうと、ほかの人とのやり取りがぎくしゃくしてしまったりするので、現場で作っていく。衣装を着たり、セットに入ったり、一緒に演じる人たちの演じ方によってテンションや芝居がまるきり違ったりする。
「翔んだカップル」で演じた薬師丸と「あまちゃん」で再演してうれしかった。
今は水泳にはまっている。近くの区民プールで泳いでいる。呼吸を意識するのが楽しい。水を切る音が気持ちいい。

感想
尾美としのりは謙遜しつつ脱力した感じでいて、内に秘めたものもありそうな雰囲気だった。あまちゃんの話は少なめだった。

映画「火の鳥」 市川崑監督 若山富三郎
20131129-133728-410
20131129-134120-566
10代の年表
20131129-133450-363
あまちゃん
20131129-132937-613
ドラマ「太陽の罠」
20131129-132837-301
伊武雅刀
20131129-135334-160

大和ハウス 「湘南にも」編 CM 役所広司 30秒
★3

飲み屋で役所広司が踊る動画を尾美としのりと塩見三省が見る。踊っているのは実は変装した古田新太だった。
アキのパパ、勉さん、太巻社長が出演したあまちゃん便乗CM。
20131030-211548-673
20131030-211557-485
20131030-211611-157
20131030-211613-454
20131030-211615-688

連続テレビ小説 あまちゃん 第19週・後半 (109話-114話) 「おらのハート、再点火」 15分x6話
2013/8/5(月)-8/10(土) 8:00~8:15
★5
20130825-122748-599
112話
アキ(能年玲奈)はGMTを辞めたことへの後悔から、春子(小泉今日子)とぶつかる。水口(松田龍平)が「だったらユイちゃん、どうなるの?もし、お父さんが倒れてなかったら、あのタイミングでユイちゃんと一緒に東京に来てたら、2人でアイドルになれてたかな」 アキ「当たりめぇだべ」 水口「でも、実際なってないでしょ、今2人とも。あれから、もうすぐ1年になるよ。
「もし」とか「誰のせい」とか言ってたら、1年なんかあっという間に過ぎちゃうんだよ。
ズルとかインチキとか、アキちゃんも俺もそんな事、言える身分じゃないんだ。せっぱ詰まってんだ」ととりなして、前向きに仕事に挑戦することになる。
アキは子ども向けの教育番組「見つけてこわそう」にさかなクンと出演して、人気が出る。
一方、北三陸にいるユイ(橋本愛)は夏休みに夏(宮本信子)とともに東京に遊びに行く計画を練っていた。
アキに予備校のCMの出演依頼が来る。しかし、契約は恋愛禁止が条件。ないしょで種市(福士蒼汰)とつきあい始めていたアキは言い出せない。

113話
アキは徐々に人気が出て、さまざまな仕事をこなす。一方、太巻(古田新太)が売り込むGMTも、いまやトップアイドルグループとして、その人気を誇っていた。アキは、久しぶりに寿司屋で鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)に会い、恋愛と仕事について助言を求める。鈴鹿は「私の場合「恋愛も仕事も」よ。バレなきゃいいのよ」と答える。鈴鹿は帰り、寿司屋で種市と2人きりになったアキは改めて交際を申し込む。2人がキスしようとすると、春子から電話がかかってきて、原宿の喫茶店に呼び出される。そこにいたのはユイのママ(八木亜希子)だった。

114話
ユイのママ・よしえは、黙って家を飛び出した理由を話し、春子に「再び家族と会いたい」と打ち明ける。そのころ、北三陸では、上京する予定のユイと夏(宮本信子)の送別会で盛り上がっていた。アキはヒロシに電話し、種市と付き合うことと、よしえが見つかったことを告げる。春子はよしえにユイが荒れていたことやスナックを手伝っていることを言う。
夏は大吉と一緒に上京するが、ユイは東京行きをとりやめる。

感想
第19週後半はアキのテレビ出演とユイのママ発見。
「見つけてこわそう」でさかなクンと共演して、よく似合っていた。GMTを脱退して、奈落や太巻のプレッシャーから逃れて、物語が明るくなってきた。

どんだけ~の人
20130825-121911-864
1年か、ほんと早いよな~ 甘い思い出に浸る正宗
20130825-122521-114
おらこそ、ごめん
20130825-122540-630
見つけてこわそう
20130825-122718-271
20130825-122726-989
20130825-122748-599
じぇじぇ vs ぎょぎょー
20130825-122755-911
20130825-122909-614
アキちゃん、うけるー
20130825-123051-317
麦茶ーー
20130825-123106-880
ぎゃくかいてんは アキちゃんだけの のうりょく
みんなはマネしないでね
20130825-123425-286
20130825-123422-802
東京行くの
20130825-123551-052
じぇも出ませんでした
20130825-123812-786
子どもに大人気
20130825-124020-755
売れまくり
20130825-124412-958
20130825-124427-692
20130825-124447-661
20130825-124502-474
20130825-124533-536
ティッシュを受け取る・・・
20130825-124552-661
ポスター
20130825-124853-724
欲求不満なんです!
20130825-125214-974
遅いくらいだ!
20130825-125949-692
20130825-130000-827
しかし電話が
20130825-130101-921
ユイのママがいた・・・ 夜の喫茶店
20130825-130128-437
おみやげは500円
20130825-131407-656
オムレツ作れるようになったユイ
20130825-131503-624
20130825-131709-781
20130825-131711-499
逆回転できないもんね、人生は
20130825-131756-577
20130825-131803-468
いい知らせとわるい知らせ、どっちを先に聞きたい
20130825-131950-124
20130825-131951-218
盛り上がる送別会
20130825-132132-484
20130825-132142-999
20130825-132411-234
動揺するユイ 目の光が消えた感じがいい
20130825-132503-140

連続テレビ小説 あまちゃん 第19週・前半 (109話-114話) 「おらのハート、再点火」 15分x6話
2013/8/5(月)-8/10(土) 8:00~8:15
★5
20130824-203646-166
109話
アキ(能年玲奈)を売り出すため、春子(小泉今日子)は、芸能事務所「スリーJプロダクション」を設立する。自宅をオフィスにし、春子が社長、アキが所属タレント、正宗(尾美としのり)が運転手でのスタート。お昼にラーメンを食べていると、北三陸の喫茶リアスから電話がかかってくる。副駅長の吉田君が観光協会の栗原ちゃんと結婚するというので、お祝いのビデオレターを送ることにする。失恋したヒロシ(小池徹平)は勉さんから300円のコハクを1000円で買って、栗原ちゃんのお祝いにする。が、すぐに捨てられてしまう。
アキが原宿の喫茶店でバイトしてると、GMT5のCMが流れる。曲にはアキの声が残っているが、歌っているのは見たこともないハーフの子だった。春子が現場マネージャーの採用面接をしていると、水口(松田龍平)が志願してくる。「GMTは10万枚売るために予算も10倍になって、自分なんて用無しなんです」と言う。春子は水口を引き抜いた形になるので太巻(古田新太)を敵に回してつぶされると断ると、水口はユイ(橋本愛)に電話する。「ごめん、君との約束果たせなかった。会社辞める事にした。ごめん」「いいです、そんな・・・」「よくないでしょ?だって、これで完全に君の夢が断たれてしまったんだから」「いいんです。とっくに諦めてるから。それより、アキちゃんの事よろしくお願いします」「僕はあきらめてないよ!絶対いつかデビューさせる。アキちゃんと2人でまた「潮騒のメモリー」歌ってもらうから。お座敷列車で。いや・・・。何なら満員電車で歌ってもらうからそん時は頼むよ!」電話を横で聞いていた春子は水口を採用にする。
早速、水口とアキがテレビ局で売り込みをしていると、GMT5の小野寺ちゃんと会ってしまいそうになり、隠れると鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)に見つかる。アキは「いつか一緒にお芝居しましょうね」と励まされる。

110話
水口は必死にアキを売り込むが、春子はセリフのない役はなまりが生かせないのでダメだと言う。
一方、北三陸では海女になったユイの人気が再燃し、新たなファンを集めていた。
ヒビキは北三陸で撮ったユイの写真を原宿の喫茶店でアキに見せると、アキはつれない態度を取る。アキのミサンガが切れる。テレビ局回りから水口が戻ってくると、ヒビキは10万枚突破記念のGMT祭りに行かないのか聞く。気を遣ってアキには知らされてなかった。
アキは水口と見に行くと、会場が大盛り上がりで、メンバーの輝きに衝撃を受ける。アキは中退扱いになっていた。水口は太巻に挨拶しようとするが、無視されてしまう。入間ちゃんがアキに気付いて「お寿司屋さんで待ってて」と言う。
アキと水口が寿司屋で待っている頃、GMTメンバーは太巻に特訓を受けていた。アキは「まだ会えねぇ、みんなさ合わす顔ねぇ、水口さんは残ってろ。みんなさ褒めてやってけろ」と先に帰ってしまう。
そんなアキに種市(福士蒼汰)が「ここがふんばりどころだぞ、天野。独りぼっちでつれえのは分がる。でも、今逃げちゃ駄目だ。南部もぐりも、んだべ、最後は孤独との闘いだべ。深い海の底で一人になってみて、やっと自分と向き合える。海の底さいる天野に空気送り込むのは、自分しかいねえべ」と励ます。

111話
種市先輩に思いがけず励まされ、一度は冷めたアキの恋の病が再燃する。GMTもやめて恋愛御法度も解禁。アキは「おらとつきあってけろ!」と告白する。種市も「わがった、つきあうべ」と抱き寄せようとすると、アキは「やんだ!」と払いのける。「だって、今のおらは普通でねえもん。海の底では判断力が鈍るもんだ。今度にしてけろ」 種市は正月にユイとは別れた、自分が海の底にいた時からアキのことを気にしてたけどGMTは恋愛御法度で言えなかったと伝える。嬉しくなったアキは「やっぱ、つきあってけろ!おら先輩が好きだ」と言い、種市先輩が抱きしめようとすると、小野寺ちゃんが現れて、驚いたアキは逃げてしまう。
寿司屋ではGMTメンバーがアキが帰って水くさいと言うと、水口が「いつもの明るさでごまかしたくなかったんだよ。「お疲れ よがったよ~」って笑顔で迎えたらせっかく感じた悔しさも流れちゃうだろ。ちゃんと落ち込む事も必要なんだよ」とアキをフォローする。GMTには「見捨ててすまなかった。立派になったな、おめでとう」と謝る。
家に帰ったアキは、1人でGMTの曲を聴いて落ち込む。春子が励まそうとすると、アキは出て行ってしまう。夜の道路でトンネルに向かって「おらもアイドルになりてえどー!」と叫ぶ。春子は昔の名刺を探し出して、営業攻勢をかける。
取ってきた仕事の台本を前にアキは「やりだぐねぇ」と言い出す。
「インチキじゃん!これ、全部ママのコネでしょ?おら、何にもしてねえ。
こんなんで何の努力もしねえで、ドラマだのバラエティーだの出たら、天狗になっちまう
だから、気持ちはうれしいけど、おら・・・ズルしてまで仕事欲しくねえ」
春子が「ズルじゃないわよ!」と怒り、台本でアキをはたく。

感想
8月に入ってあまりの猛暑と熱帯夜であまちゃんの感想を書く気が起きず、だいぶ間隔が空いてしまった。あまちゃんはかなり丁寧に見てるので感想を書くにも気力がいる。
第19週前半はGMTライブ、アキと種市の告白がメイン。
水口が合流して、キレイなユイちゃん復活。ヤンキー時代がなかったかのように、清楚な黒髪のユイちゃんに戻っていて、女は怖い!

アキのホームページの写真 こうして見るとやっぱりめちゃくちゃかわいい
20130824-194427-068
20130824-194423-14720130824-194511-756
春子はブティック今野からスーツ姿に
20130824-194638-131
わりとひどい栗原ちゃん
20130824-194712-568
またも失恋レストランのヒロシ
20130824-194851-022
初仕事はお祝いメッセージ
20130824-195358-287
GMT5のCM
20130805-130933-311
20130805-130943-749
20130805-130950-030
20130805-130959-233
20130805-131031-124
20130824-195916-412
20130824-200006-072
20130824-200013-744
あれ・・・
20130824-200239-525
水口の電話に嬉しそうなユイ
20130824-200642-103
20130824-200842-728
20130824-200852-025
夏は海女の看板の前で、ユイを見つめる
20130824-200911-932
絶対いつかデビューさせる!
20130824-201027-291
20130824-201039-838
20130824-201353-900
20130824-201446-525
20130824-201458-869
20130824-201506-853
鈴鹿ひろ美はパン屋さん?
20130824-201818-010
ユイちゃん復活!!
20130824-202543-166
20130824-202652-416
20130824-202717-119
20130824-202723-525
ミサンガ切れた!
20130824-203230-197
缶コーヒー持ち込み水口
20130824-203316-775
「衝撃でした・・・ つい、この間まで一緒だった仲間が、共に奈落で汗かいてた仲間が、目の前で歓声を浴びている。スポットライトを浴びて輝いている。練習の成果を存分に発揮している・・・」
このシーンのアキの取り残されたような表情がなんともいえない
20130824-203646-166
ステージで輝くGMTメンバー
20130824-203647-588
20130824-203747-853
20130824-203845-978
20130824-203915-275
20130824-204612-807
20130824-204709-853
握手会
20130824-204820-635
入間ちゃんと対面
20130824-205020-822
思いがけず励まされ一度はすっかり冷めた恋の病が
20130825-083826-666
20130825-085523-510
20130825-085855-588
さっき奈落に種市が寿司を配達したはずなのに、また寿司屋に・・・
20130825-090220-888
20130825-090308-763
ベロニカ 「水口、2000円デ、イイヨ。 みんなは5000円通しネ」
20130825-090630-372
落ち込むアキ
20130825-090328-685
このシーンが非常に東京ぽくて好き
20130825-091005-716
20130825-091014-49720130825-091042-857
20130825-091145-279
20130825-091141-357
20130825-091225-607
台本いっぱい
20130825-102110-228
おら、天狗になっちまう!
20130825-102400-822
ズルじゃないわよ!
20130825-102420-463
うわ~
20130825-102430-541

連続テレビ小説 あまちゃん 第18週・後半 (103話-108話) 「おら、地元に帰ろう!?」 15分x6話
2013/7/29(月)-8/3(土) 8:00~8:15
★5
20130804-223724-697
106話
太巻(古田新太)は会見で「GMT5デビューシングル『地元に帰ろう』発売週に1万枚売れなかったら解散!彼女たちは地元に帰ります!」と宣言する。
GMTのメンバーはレコーディングに臨む。なぜか春子(小泉今日子)が場を仕切り、アキ(能年玲奈)は何度もダメ出しをされる。
この件を夏(宮本信子)に電話をすると、なんとユイ(橋本愛)が海女になるという。アキは「無理してねえか?」と心配するが、ユイは「『してない』って言ったら嘘になるけど。でも、ちょっとぐらい無理していかないと変わっていかないし」と前向きになる。
寿司屋でGMTメンバーがデビュー曲のお祝いをしていると、彼氏発覚で脱退したアユミ(山下リオ)もやってくる。アユミは妊娠5ヶ月でもうすぐ母になる。
そして、デビュー曲の録音を聞いた太巻は、その出来を完全に否定する。
翌朝、春子はバイク便で届いたデモ版を聞き、なにこれ・・・とつぶやく。

107話
太巻のアレンジで機械でロボットボイスに大幅に変わってしまったGMTデビュー曲を聞いた春子は怒り心頭で怒鳴り込む。曲を聴いて、アキは「おら、何か変な感じって思った」と言う。春子は「こういうの大っ嫌い!こんなの誰が歌っても一緒じゃないですか。大体、本人たちの許可も得ずに、勝手に声変えるなんて歌い手に対する配慮が足りないと思います!」と言う。太巻は適当にあしらうが、春子は「CDはこれでいくとして、歌番組どうすんの?太巻さん。得意の口パクですか?冗談じゃない!うちの娘、鈴鹿ひろ美と一緒にしないで!」と追い打ちをかける。太巻は「GMTは企画倒れ、どうせ売れない」と関西弁でまくしたてる。春子はアキをつれて帰ろうとする。
太巻「どうして僕の邪魔ばっかりするんだ、君は」
春子「こっちのセリフよ。どこまで器ちっちゃいの。普通にやって、普通に売れるもん作んなさいよ」
出て行くアキをGMTメンバーが引き止めに来るが、春子が「あんたが私の娘じゃなかったらこういう形でもいいかもしれない。でも、ママ嫌なの。どうしても許せないの」といい、アキは「しょうがねえ!ここさ来る前から、おらママの娘だ」とGMTのデビューを水口に頼み、去ってしまう。アキの代役を探している太巻に水口は「天野の代わりはいません!」と告げる。春子はアキを「ママがあんたの事、絶対アイドルにしてやるからね!」と励ます。

108話
太巻の事務所をやめたアキだが、当面はすることもなく、合宿所を出て実家に戻り、春子が勤めていた原宿の喫茶店でバイトする。急な事で鈴鹿には別れの挨拶をしそびれる。太巻に反抗した水口は会社に居づらくなり、喫茶店に入り浸って、昔はバンドやってたとか自分語りを始める。水口はアキに「太巻が「GMTを10万枚売ってやる」と宣言した」と伝える。話はユイの海女や北三陸のことになる。アキはこっちでまだ飛び込んでもないから、まだ帰らないという。水口はアキにアイドルの資質があることを語る。アキはケータイで喫茶リアスに電話しながら上の空で聞き流す。勉さんは水口に「今、来い!深夜バスで来い!おらが死んでも琥珀が待ってるからな。8500万年前からお前の事、待ってるぞ」と激励する。ユイはアキを「大丈夫だよ。アキちゃんと一緒にいると誰でも笑顔になれるもん。だから、アキちゃんの周りには自然と人が集まってくるんだよ。それって、アイドルの基本じゃん。どこにいても、何をしてても、アキちゃんはアイドルだよ。ユイが言うんだから間違いないよ。」と励ます。アキは感動して泣く。「水口さんには申し訳ないけど、同じ言葉でもユイちゃんに言われた方がずっと心に響くもんです」
しかし、アキの日常はパッとしない。「北三陸や上野の喧騒がまるで前世の記憶のように感じられ、もうずっとここに座ってたみたいに、地味で暗くて向上心も協調性も個性も華もないパッとしない子だったみたいに、ただただ静かに時が流れていました」
静かな部屋で、春子がサヤエンドウを床に落として音がすると、ハッとして家事なんてしてる場合じゃないと気付く。春子が「アイドルは忘れたの!?」と言うと、アキはタブレットPCで音感の練習、正宗はノートPCでブロマイドを作っていた。春子は芸能事務所を作ろうと言い出す。「海女になる時は夏さんだったけど、今度はママがあんたの背中押す番だね。」会社の名前は「スリーJプロダクション」に決まる。

感想
第18週後半は春子と太巻の対決がメイン。
春子は影武者や曲の無断加工について怒るけど、もしかしたらクドカンも昔は脚本の代筆やらされたり、無断で大幅に書き変えられたりしてて、その怒りが投影されてるのかもしれない。大吉がことあるごとに歌うゴーストバスターズもゴーストライター・ゴーストシンガーの退治という意味があるのかも。
GMTがダンスレッスンで元気ロケッツの曲で踊っていたのと、取材VTRで春子が匿名でヘリウムボイスになってたのが、合成加工への伏線だった。
アキはGMTのメンバーとは40位解雇、北三陸帰省、太巻と対立と何度も別れの危機があったが、今度は本当にお別れぽい。水口の忠告に反発して、太巻が本気になったのが残ったGMTメンバーに幸いする。はたして春子の芸能事務所設立は上手くいくのか?アキはアイドル、ユイは海女さんになって、物語に遊びがあって楽しい。
春子が居間でえんどうのサヤむきをしてて、もやしの根を取っていた北三陸にゆく前の状態に戻る。ということは、ここからまた「夏さんが倒れた」と大吉に呼び戻されるのだろうか?もしかしたら今度は震災・津波で。

7月に入ってから東京編で話は面白いけど、北三陸編であった映像的な躍動感はどうしても薄れた。アキは奈落で失敗を繰り返し、まだ晴れの舞台で成功しておらず、ユイのヤンキー化、春子の影武者の過去と合わさって話も重めな展開。また夏や海女など祖母の世代のベテラン女優が抜けて、GMTメンバーが登場するけど若手女優なのでやはり演技力やキャラの濃さで負けてしまう。夏から代わったアキのナレーションは良い。
朝ドラでは主人公の結婚や出産を描くのが定番だけど、アイドル活動があるアキがこのあとすぐ結婚するとはあまり思えず、春子の再婚などで代わられるのかも。妊娠出産があるとしたらユイかな?

解散!
20130804-093026-813
このクリアファイルほしい!
20130804-094215-875
小野寺 地元に帰ろう~
20130804-094613-344
真奈 地元で会おう~
20130804-094621-359
喜屋武 あなたの故郷~
20130804-094631-500
アキ 私の地元~
20130804-094635-859
入間 地元 地元~
20130804-094648-938
全員 地元に帰ろう~
20130804-094727-891
「お墓の前で」になっちゃうじゃないのよ!
20130804-095116-969
わたし、海女さんになるの
20130804-132357-252
20130804-132512-846
20130804-132515-033
20130804-132825-049
袋とじは壇蜜のそっくりさんの小蜜(副島美咲)らしい
20130804-133505-189
久しぶりにアユミ登場!
20130804-133707-455
20130804-133844-486
なにこれ・・・
20130804-134313-018
プロダクトA
20130804-221418-213
A.Hさん
20130804-221620-651
音声を変えています またもや太巻に匿名化されてしまう春子
20130804-221634-104
「どうせ売れない?」 動揺するリーダー
20130804-222717-885
普通にやって、普通に売れるもん作んなさいよ
20130804-222944-541
頼む!このとおりだ!GMTデビューさせてやってけろ!
20130804-223747-729
20130804-223805-260
奈落を去る
20130804-223923-401
20130804-223931-979
20130804-223936-244
20130804-224157-151
テレビの向こう側の存在になった鈴鹿
20130804-225557-666
ていうか、何のつもりだ?仕事サボって、退屈なヒストリーなんぞ語りやがって、あ~、退屈だ~。お客さん来ねえがな~
20130804-225814-260
ユイも光のあるほうへ
20130804-231000-092
20130804-231215-264
20130804-231244-185
20130804-231518-217
アキにも陽光が降り注ぐ
20130804-231619-154
静かすぎる家、ふたたび
20130804-231959-217
頭なでられる能年ちゃんがかわいすぎる!
20130804-232239-795
フォルダ名 「かわいいアキ_ブロマイド」
20130804-232407-670
「会社はじめよう!!」 キョンキョンを売り込めば大ヒット間違いなし!!
20130804-232947-748
光あふれる
20130804-233108-779
「私の地元~」 やっぱりアキの地元は東京かな?
20130804-233251-467
スリーJプロダクション
20130804-233526-529
20130804-233537-560
20130804-233611-560
地元に帰ろう

地元に帰ろう 地元で会おう
あなたの故郷 私の地元
地元 地元 地元に帰ろう

好きです 先輩 覚えてますか?
朝礼で倒れた私
都会では 先輩 訛ってますか?
お寿司を「おすす」と言ってた私

第二ボタンは 捨てました 腹いせに
第三京浜 乗りました 川崎方面へ

地元に帰ろう (好きよ)
地元で会おう (先輩)
あなたの故郷
私の地元
駅前 コンビニ 駐車場
地元 地元 地元に帰ろう
20130803-234820-897
20130804-094234-609

連続テレビ小説 あまちゃん 第18週・前半 (103話-108話) 「おら、地元に帰ろう!?」 15分x6話
2013/7/29(月)-8/3(土) 8:00~8:15
★5
20130803-183011-240
103話
アキ(能年玲奈)と水口(松田龍平)が寿司屋で鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)に最後の挨拶をしていると、そこに春子(小泉今日子)がやってくる。春子はビールを頼み乾杯する。鈴鹿に「はじめまして」と言われ、顔がこわばる春子。緊張した空気に水口は座敷からカウンター席に逃げてしまう。鈴鹿が春子のことを「すてきな声だわ。私の声に似てる」と言い出す。春子はアキのアイドルの資質があるか尋ねる。鈴鹿はステージママは過剰な期待をして厚かましいと返す。太巻の話になると、春子は「知ってますとも」、本も読んだけど自慢話だったと言う。険悪な空気に店の他の客はいなくなってしまう。
春子は、昨日アキに電話したら「帰りたい」と泣いていたが、帰って来たら後悔する、私はつまんない一言で歌手の道をあきらめてしまったと語る。春子の脳裏には過去に太巻に「君にはプライドってものがないの?」と言われたことが浮かぶ。鈴鹿が「わかるわ。誰にだって許せないことだってあるわよ。要するに、あなたは過去の傷を引きずってらっしゃるのね。今も後悔してらっしゃるのね」とフォローすると、春子は「全然・・・、あそこで見切りをつけたから、結婚してアキが生まれたんです。むしろ、あなたには感謝してます~!」と言い切る。鈴鹿は「わたしに!?」と驚く。アキはあまりの張りつめた空気に叫びだしてしまう。
春子は、アキは北三陸ではアイドルだった、みんなの心にアキがいた、と語る。鈴鹿はアキは一緒にいて楽しいし、度胸もあるし、顔もかわいい、アイドルの資質はあるかもしれない、でもそんな子はごまんといる、原石はゴロゴロ転がっている、その中で磨いて光るのはたった1個だと指を立てる。
そこに太巻(古田新太)がやってくる。春子は「はじめまして!天野アキの母です」と挨拶する。

104話
太巻は鈴鹿に呼ばれて来た。鈴鹿はアキの解雇の理由を尋ねるが、太巻は真相を話さず、わたしのやり方に楯突いたと表面的に答え、GMTはポンコツとガラクタしかないガラクタ市だと言い放つ。鈴鹿は「天野さんをクビにするなら、私も女優を辞めますから」と宣言する。太巻はアキの解雇を撤回する。鈴鹿はタクシーで帰り、太巻も帰ろうとする。春子は「逃げるの?」と言うと、太巻は「話があるなら、事務所までお越し下さい」と事務的に答える。
正宗(尾美としのり)が自宅でパソコンでお見合いビデオチャットに熱中していると春子とアキが帰ってくる。春子は明るくなったカーテンの色や間接照明を見て、モテようとしてんのー?独身かーー?と茶化す。
そのころ大吉(杉本哲太)はスナックリアスで1日中泣いていた。24年間春子を待っていたのを、勉さんに8500万年前の琥珀に例えられ、ユイ(橋本愛)に1984年の歌をリクエストすると、弥生に「悲しみがとまらない」を歌われてしまう。
春子たちが自宅で夕食を食べていると、アキは鈴鹿が夏に似ていると言い出す。正宗が滞在期間を聞くと、春子は「2~3日か、2~3年かなー」というと、正宗は「全然違うだろ」と言う。春子が「何よ、迷惑なの!?」と切れると、正宗は「ずっと待ってた、君の帰る場面をずっとイメージしていた」と言う。
アキは「しばらく反省していい子にしてるべ」というと、春子は「あんたは今のまんまでいいの!悪いのは、太巻なんだからね!あいつの理不尽ないじめと戦うためにママ来たんだから!だから反省なんかしなくていいの!おとなしいアキなんかさ、肉の入ってない肉じゃがよ!」と力説する。
アキはGMTに復帰し、春子が奈落を仕切って、ダンスレッスンをはじめる。

105話
春子はGMTのダンスや衣装の助言をするのを、太巻は「あの薄汚えシンデレラの娘!」と気に入らない。ヒビキがGMTの写真を撮るが、太巻は思い出作りだな、1万枚売れなければ解散だと言う。
喫茶店で大吉(杉本哲太)が春子、正宗、安倍ちゃん(片桐はいり)と話し合う。大吉は春子を連れ戻そうとするが、春子は「大吉と結婚したり、正宗とよりを戻すつもりもない。やり残したことを果たすまでは帰らない。それが何かはやり遂げるまで言わない」と断る。
そんな春子の応援を、アキは少しプレッシャーに感じる。
大吉と安倍ちゃんは寿司屋で種市の様子を見ながら、反省会をする。安倍ちゃんはまめぶはもう限界で北三陸に帰りたいと言い出す。大吉は「帰ってこい。ただし、別々に帰るべ。春ちゃん連れ戻しに来て、おめえ安部ちゃん連れ帰ったら、みんなぶったまげるべ」と言う。鈴鹿ひろ美に会った大吉は浮かれて握手や電話攻勢をする。
合宿所では水口がGMTメンバーにデビュー決定を知らせる。「地元に帰ろう」のまめりんのパートを5人で割り振って歌う。よろこぶメンバーに水口は1万枚売れなければ解散だと言い出せない。

感想
第18週前半は春子と鈴鹿の対決。
ワンシーン15分の長回しで能年ちゃんが緊張がすごかったと語っていたが、ドラマでこういうこともできるのかと面白かった。
春子が実は太巻の本をチェックしていて、アキに期待していた。鈴鹿は天然ボケだけど、最後の「原石は1つ」で女優の余裕を見せつける。薬師丸ひろ子の酔っ払い演技が面白い。
春子がだんだん過去からアキに自分を重ねて現在を生きていくようになる。

まずは乾杯!
20130803-175617-796
デ・ニーロのつもり
20130803-180923-661
わたしが? アキの? ステージママー!
20130803-181344-255
ママ、太巻さんの本、読んでたの?と言いたそうな顔
20130803-181820-161
寿司が飛ぶ!
20130803-183227-443
鈴鹿と並んだアキ アキもアイドルになれるのか? ともに背景に照明がある
20130803-183429-927
トンと机を叩くのがいい
20130803-183632-036
たった1個!
20130803-183651-161
20130803-183654-208
2つの照明に挟まれる太巻 鈴鹿ひろ美と春子
20130803-184022-021
カーテンの色が明るい~ 間接照明~
20130803-204733-908
春子が戻ってきてうれしそうなアキ
20130803-204913-689
泣き続ける大吉を見て、体育座りで笑うユイちゃん
20130803-204955-814
悲しみがとまらない~
20130803-205527-205
おらも一人っ子だべ
20130803-205918-127
おとなしいアキなんかさ、肉の入ってない肉じゃがよ!
「じゃが!」だね、うん!逆よりはいいね。「肉!」よりはね。
20130803-210557-401
照れるリーダーがかわいい
20130803-211056-041
20130803-211132-166
20130803-211143-557
元気ロケッツの「Touch Me」でダンス!
20130803-211538-322
衣装作りました!
20130803-231330-209
写真撮影!
20130803-231832-334
GMTステッカー
20130803-232031-866
照れる安倍ちゃん
20130803-233109-944
「まめぶ、もう限界」「帰ってこい」 やっぱり安倍ちゃんが本音を話せるのは大吉
20130803-233735-709
女優の鈴鹿です~
20130803-234230-022
たちの悪いよっぱらい!
20130803-234226-662
美しい人生を~ かぎりない喜びを~
20130803-234404-334
ついに解散!?なんつって
20130803-234729-959
デビュー決定です!
20130803-235046-803
20130803-235054-897
20130803-235138-131

連続テレビ小説 あまちゃん 第17週・前半 (97話-102話) 「おら、悲しみがとまらねぇ」 15分x6話
2013/7/22(月)-7/27(土) 8:00~8:15
★5
20130802-174338-060
97話
アキ(能年玲奈)は正宗(尾美としのり)から昔の話を聞く。若い頃の春子(有村架純)が上野に向かうとき拾ったタクシーの運転手が若き日の正宗(盛岡流)だった。春子を上野で降ろして戻ろうとすると、また春子を拾う。世田谷に向かう途中、カーラジオから「潮騒のメモリー」が流れる。春子は「降りる、やっぱり上野に帰る」と言い出す。正宗はこの曲は春子が歌ってるのを知ってると言う。
2人は喫茶「アイドル」で話し合う。春子は話したら楽になったので上野に行くというと、正宗が告白する。
「ずっと、応援してたんです!あなたを。ファン第1号なんです、あなたの。だけど、あなたは表に出てこない。絶対、出てこれない」「あのね、ここで諦めるなんてもったいないですよ。あなたの歌に励まされて、僕はここまで頑張ってこれたんです。横柄な客に罵られても、酔っ払いに絡まれても、後部座席ガンガン蹴られても、あなたの歌を聴いて彼女も頑張ってるんだからって」
「送りますよ、世田谷まで。
行きましょうよ。
歌いましょうよ。
東京にはあなたの歌必要としてる人が、いっぱいいるんですよ!」
春子は「ありがとう」と感謝する。
それから正宗は喫茶店の常連になって、春子は歌手になれなかったけど、正宗と結婚した。

その話を聞いたアキは感動する。アキはスナックの春子(小泉今日子)に電話する。
「ママ、かっけぇー。おら、もう一つ新しい目標が出来た。おら、ママみでえな歌手になりでえ!
ママの歌がパパの心さ響いて、それで2人が結婚しておらが生まれたんだもん。
ママの歌がねがったら、おらこの世さ生まれてねえんだぞ。
だから、おら、そういう人の心さ響く歌っこ歌いでえ。
何万枚も売れなくてもいい。そのかわり、ちゃんと一人さ届く歌っこ歌った、ママみでえな歌手になりでえんだ!」
春子は照れて大吉のゴーストバスターズでよく聞こえなかったふりをする。

98話
アキが合宿所を掃除していると、まめりん(足立梨花)が「当分、彼の家に泊まる」と言って出て行ってしまう。アキが奈落にも門限あるし恋愛御法度だと忠告するが、まめりんは取り合わない。アキは「すげえ・・・この子、おらの事、敵ともライバルとも思ってねえんだな」とおどろく。
北三陸では大吉は天野家で朝食を取っていた。大吉は実家の母に気兼ねして1日5食食べて太っていた。忠兵衛は南半球の漁に出る。春子は夏に「昔、上野から電話したとき何と言ったか覚えてる?」と尋ねるが、夏は覚えていない。
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)は中田有紀司会のトーク番組で映画「猫に育てられた犬」の宣伝をする。寿司屋に戻った鈴鹿は最近母親役ばかりでつまらないと愚痴をこぼし、アキの母はどんな人か尋ねる。アキは内心で「あんたの影武者で、潮騒のメモリー歌ってたなんて言えねぇ・・・」と思い、「歌が上手くて、かっけぇかあちゃんで地元でスナックやってて、東京で歌手を目指していた時期もあります」と伝える。すると、鈴鹿から、アキは春子の夢を託されているのではと指摘される。アキは戸惑い、「重でぇ・・・。あんなに歌がうまくて、器量がよかったママですら通用しねがったのに・・・おらなんか」とプレッシャーを感じる。
種市先輩(福士蒼汰)はヤンキー化したユイ(橋本愛)の写真を見てショックを受ける。アキは「ダセえぐれえ、我慢しろ!ようやく立ち直ったんだぞ」と怒る。
スナックリアスでは副駅長と磯野教官がガールズバーの話題をしてると、春子たちにスナックと何が違うのと迫られる。
アキが合宿所に戻ると、リーダーが反省会を開いていた。デパートの岩手物産展を手伝って1曲歌うことにする。そこに水口(松田龍平)が来て、太巻がGMTのデビュー曲を作っていると告げる。

99話
奈落で太巻が踊りながら曲の構想を練っていた。実は太巻は奈落のまめりんのために曲を作っていて、GMTはまめりんのバックだった。アキはまめりんに油断させられたと気付く。理由はどうあれ、やっとつかんだチャンスにアキたちは必死にレッスンに励む。そうこうしてるうちにアキ、しおり、真奈、喜屋武は高校を卒業する。
ヒロシが岩手物産展のために上京して、アキと会う。ヒロシは種市がアメ女劇場のそばの寿司屋で働いていて「近すぎるでしょ!」と動揺する。
アキは鈴鹿(薬師丸ひろ子)から、昔は太巻と付き合っていたと聞かされる。太巻が恋愛なんて個人的な感情で有能なアイドルの卵を1つ潰したと後悔してるので、恋愛御法度なのではと鈴鹿は推測する。「結局は運よね」としめくくる。
合宿所ではヒロシや安倍ちゃんたちが作ったウニ丼の試食をしていた。アキはさっき鈴鹿に聞かされた話を思い出し、ウニ丼を食べながら泣き出す。

感想
第17週前半は若き日の正宗の告白と、太巻と鈴鹿が付き合っていて春子がデビューできなかった話。シリアス展開が続く。
東京で誰にも認められなかった若い頃の春子にファン1号の正宗が現れて嬉しいシーンが印象的。ヒロシもアキのファン第1号だけどどうなるか?
あさいち430時代から好きな中田有紀が出ていてうれしかった。これで月9・ガリレオと朝ドラに出演して大活躍。

またもや同じタクシー
20130802-150202-218
カーラジオから「潮騒のメモリー」が
20130802-150255-703
20130802-150508-765
春子の背後から青い光は消えて、陽光の当たるほうに
20130802-150651-015
ファン第1号なんです!
20130802-150845-125
20130802-151346-703
かっけーー。初めてかっけえと思ったよ、パパの事!マジ、リスペクトだよ パパ!
20130802-151435-968
春子とマイク
20130802-152349-359
このユイの1カットが、アキがアイドルの話をするのはユイではなく春子になった寂しさや、母がいるアキをうらやましく思う微妙な心境が出ていてよかった
20130802-152428-984
ゴーストバスターズ! こっそり勉さんもいる
20130802-154124-468
アキを抱える若き日の春子と正宗
20130802-154005-422
まめりん
20130802-154558-703
スタジオパークのセットで中田有紀司会の番組
20130802-155312-609
猫に育てられた犬
20130802-155403-297
あの司会者残り時間5分もあるのに
20130802-160507-121
ヤンキーユイちゃん
20130802-163602-590
「スナックと何が違うわけ?」  怖い!!
20130802-163818-996
20130802-163824-605

怒るけど空回り気味のリーダー
20130802-163932-730
ストップ!
20130802-164250-402
20130802-164839-480
実は奈落で居残りレッスンするまめりん
20130802-165719-777
20130802-165844-168
猛練習もどこか上の空のアキ
20130802-172403-716
20130802-172735-966
20130802-172745-263
20130802-172846-997
20130802-172916-856
高校卒業
20130802-172930-669
20130802-172934-606
近すぎるでしょ!
20130802-173534-981
じぇーじぇーじぇー
20130802-173852-622
うに丼うめぇ
20130802-175033-794
おかわり
20130802-175249-247

このページのトップヘ