こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 滝藤賢一

ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 2時間
2014/6/10(火) 14:50~16:50 2013年6月の再放送
★4
20140624-205533-775
あらすじ
内海薫刑事(柴咲コウ)が、死亡した老婆を車いすで運んでいた介護士の上念研一(ユースケ・サンタマリア)を逮捕し、身柄を長野に護送するが、殺人容疑を否認されてしまう。老婆の娘も殺されていたことがわかり、内海は長野県警の当摩(柳楽優弥)と再捜査を始める。
新聞記者の甲本(滝藤賢一)から「無実の記者を自殺に追い込んだ警察官がいる」と怪文書が出回っていると知らされる。その記者は老婆の旦那で9年前の誤認逮捕事件を追っていた。すると甲本も殺されてしまう。
内海が偽の怪文書を県警に送ると、県警の関岡が現れる。実は、関岡は記者の誤認逮捕の資料を盗みに入ったところを娘に見られて殺しており、駆けつけた上念に罪をなすりすけたのだった。女署長の高崎も隠蔽に加わっていた。
上念は誤認逮捕として釈放される。内海は上念が録画した防犯カメラの映像を発見し、実は盗作疑惑の汚名を晴らすために、誤認逮捕されたのだと問い詰めると、逆上した上念に殴られてしまう。
内海はアメリカ・オクラホマへの研修を了承する。

感想
警察内部ネタが好きではないので事件はいまいちだった。湯川はあまり出てこないし、トリックは物理学が関係ないしで、ガリレオの名をつける必要なかったかも。
柴咲コウはよかった。
20140624-202342-634
余貴美子
20140624-203250-009
新聞記者の滝藤賢一
20140624-203450-369
柳楽優弥
20140624-203740-463
湯川のモノマネ
20140624-204804-775
蛍光灯で希望を
20140624-204933-181
20140624-204931-400
犯人は警察だった
20140624-205806-025
20140624-211103-868
ムダに挑発するのはどうかと・・・
20140624-212008-665
20140624-212606-931
20140624-213028-775

スタジオパークからこんにちは 滝藤賢一 47分
2014/5/2(金) 13:05~13:52
★4
20140513-205813-516
内容
滝藤賢一がゲスト。
半沢直樹の同期を演じて話題になった。梅ちゃん先生ではジャンピング土下座をした。ジャンピング土下座はリハでやってみたら、OKが出てそれでやった。
1976年、愛知県生まれで現在37歳。子ども時代は体操、水泳、野球、サッカー、そろばん、習字、エレクトーンと習い事をした。映画が好きで、ビートたけしや塚本晋也の映画監督と俳優という姿に憧れて、高校卒業後に上京する。
東京で1年のアルバイト生活を経て、仲代達矢の劇団無名塾に合格する。仲代達矢に40歳くらいに見られて、無名塾は26歳までなので証拠に運転免許証を持ってこいと言われた。演技はまったく知らないところから始めた。朝は掃除から10キロランニングで始まり、厳しい生活だったが、やめる人は少なかった。仲代さんに、一歩足を出しただけで「違う」。ひと言発しただけで、「聞こえない」と、骨の髄まで演技を叩き込んでもらった。最初はコップを持つ手も震えていたが、緊張しててもいいじゃないかと思ったら、あまり緊張しなくなった。3年間の修行期間を終えて、その後も舞台を中心に、アルバイトをしながらの下積み生活がおよそ10年続いた。居酒屋、宅急便などのアルバイトをしたがいやだった。映像は呼ばれないと出ることができないので、小劇場でステージに出続けた。
2008年の映画「クライマーズ・ハイ」で、オーディションに受かり、新聞社カメラマンを演じて注目された。この頃は、ちょうど引きこもっていて、4か月ぐらい家賃をためていて、ストレスで顔のTのラインに赤い発しんが出てるくらい、やってもやっても、何も見えなくて、精神的にもどん底だった。
「踊る大捜査線」では中国人の刑事を演じた。顔を知られていなかったので、本当の中国人だって思ってもらうことが挑戦だったが、ほんとに中国人だと思われて知名度が上がらなかった。
その後もドラマに出演。苦しい役が多いので苦しい。見ている方が見ておもしろいとか何か感じていただければと思っている。
ドラマ「ロング・グッドバイ」に出演する。
共演する浅野忠信が、昔から大好きだった。好きすぎて台詞が出なかったことがある。現場では浅野にくっついて、服や車の話を聞いている。
浅野忠信のコメント「滝藤さんは、間の取り方やリアリティーの作り方が一番近くて、やりやすかった。こう返ってきたらいいなというのが、いつも返ってきて、自然なやりとりを共有できた」
とにかく緊張するのが分かっていたんで、せりふで迷惑をかけないように、邪魔にならないように、必死だった。芝居を楽しもうと思ったらもうダメだと思って、とにかくやれることを一生懸命やった。
3人の男の子がいて、4日前に4人目に女の子が産まれた。子供は学校の勉強をちゃんとして、元気に育てばよいと思っている。子供の頃の習い事で、特に体操は役立っていると思う。

感想
「梅ちゃん先生」のジャンピング土下座や「あまちゃん」の記者役の映像は準備してなかったみたいだ。子供時代から上京後に急に雰囲気が変わっていた。無名塾時代の話は興味深かった。遠藤憲一が10日で無名塾を辞めたのは、以前本人がゆうどきネットワークで語っていた。

清水ミチコが遠藤憲一と間違える
20140513-202227-610
子供の頃
20140513-202300-470
中学生時代
20140513-202314-079
高校時代
20140513-202332-595
無名塾へ入る  急に雰囲気が変わる
20140513-203036-345
下積み生活
20140513-202357-204
舞台
20140513-203217-829
無名塾の先輩の野崎海太郎
現在は淡路島でたまねぎ農家をしながら俳優をしている
20140513-203817-173
クライマーズ・ハイ
20140513-212457-266
踊る大捜査線
20140513-204708-345
ロング・グッドバイ
20140513-205025-501
浅野忠信
20140513-205527-954

日曜劇場「S-最後の警官-」 第5話 1時間4分
2014/2/9(日) 21:00~22:04
★2
20140209-234250-958
あらすじ
ネットで自殺を幇助した医師(滝藤賢一)を逮捕するが、凶漢に刺されてしまう。神御蔵一號(向井理)が救命措置を行い、一命を取り留める。

感想
SATとNPSで銃撃戦や制圧などの緊張感と爽快感のあるアクションドラマを期待してたが、ネットで自殺幇助という普通の刑事ドラマとあまり変わらない湿った展開でかなり興ざめした。第1話が面白すぎて、期待しすぎたのかもしれない。

笑っていいとも! 滝藤賢一 1時間
2013/10/11(金) 12:00~13:00
★4
20131011-181936-144
内容
滝藤賢一がゲスト。
半沢直樹とあまちゃんの両方に出演した。ダンカンも両作品に出演。
半沢は反響がすごかった。主人公を裏切ったら、大ブーイングになった。
最初、映画監督になりたかった。そこから役者へ。リサイクルショップなどでバイトをしていた。家具が好き。男の子が3人いる。掃除が好きで、エアコンのフィルターや扇風機を拭く。奥さんが栄養士で結婚してから10kg増えた。177cmで55kgしかなかった。20代のころはブラピに憧れてムキムキで70kgくらいあったが、仕事が来なかったからやせてみた。
100人アンケートは5人兄弟の人。2人予想が1人。

感想
梅ちゃん先生でみかみのオヤジをやっていたのが印象に残っていた。だいぶ役によって印象が違う。

エスカレーターですれ違ったら全員に気付かれた
20131011-123358-229
梅ちゃん先生でみかみのオヤジ
20120816-080739-458
20120816-081115-349
109491
あまちゃんで記者役
20131011-183246-706
20131011-183121-909
20131011-183136-144

このページのトップヘ