こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 美の巨人たち

美の巨人たち 歌川広重『大はしあたけの夕立』 30分
2014/8/2(土) 22:00~22:30
★4
20140803-164309-406
内容
歌川広重の名所江戸百景『大はしあたけの夕立』を紹介する。
この絵は水平の線がなく不安定な構図となっていて、夕立で慌てる庶民を演出している。初版には、向こう岸に明かりがあったが、不要な要素としてその後の版からは消されている。直線で表現された雨は2枚の版木を使って線に濃淡の差を出して奥行きを出している。
この絵はゴッホも感動して模写している。

感想
夕立の情景が美しく描写されている。
美の巨人たちでは、歌川広重の「深川洲崎十万坪」を紹介した回がよかった。

垂れ込める雨雲
20140803-164356-374
橋の上を行き交う人々
20140803-164228-562
20140803-164347-046
20140803-164423-593
20140803-164417-265
川の水面に雨が吸い込まれる
20140803-164406-687

美の巨人たち ディエゴ・ベラスケス『ヴィラ・メディチの庭園』 30分
2014/7/26(土) 22:00~22:30
★3
20140726-220231-357
内容
ベラスケスの『ヴィラ・メディチの庭園』を紹介する。
ベラスケスはイタリアに2度滞在し、メディチ家の庭園ヴィラ・メディチでこの絵を描いた。
輪郭線を用いず、素早く短い筆のタッチで光の明暗や空気の動きを表している。これは印象派より200年も早かった。
近景に光の当たる人物を置き、中景は暗く、遠景にハイライトを置く構図は「ラス・メニーナス」と同じ描き方になっている。

感想
ベラスケスのスケッチ的な実験作だった。光や空気が主題だが、アーチという明快な構造物があるので、絵が締まって見える。ここが先週の日本画との違いだと感じた。

ヴィラ・メディチ
20140726-220031-044
20140726-220033-169
20140726-220040-591
20140726-220043-560
20140726-221140-872
『ヴィラ・メディチの庭園』
20140726-220257-403
20140726-220318-310
20140726-220313-669
眠れるアリアドネの彫刻
20140726-221224-966
20140726-221256-200
ヴィラ・メディチの庭園(夕暮れ)
20140726-221934-325
20140726-221925-247
ラス・メニーナス
20140726-220142-982

美の巨人たち 速水御舟『洛北修学院村』 30分
2014/7/19(土) 22:00~22:30
★3
20140727-104839-882
内容
速水御舟の『洛北修学院村』を紹介する。
群青と緑青を混ぜて、京都の山里を描いた。

感想
色彩の変化と細部にはまって、フォルムが弱いのが日本画ぽかった。
20140727-110234-335
20140727-104905-132
20140727-104917-054
20140727-105000-179
御舟 16歳の作品 「小春」
20140727-105232-788
20140727-105237-397

美の巨人たち ヒエロニムス・ボス『干草車』 30分
2014/7/12(土) 22:00~22:30
★4
20140727-101035-448
内容
ヒエロニムス・ボスの『干草車』を紹介する。
画面中央に置かれた干し草は富の象徴で、カネに心を支配された貪欲な人々が群がり、争い、様々な罪を犯している。干し草の上では邪淫にふける人がいる。
左側のパネルには原罪が、右側のパネルには地獄が描かれている。扉を閉じると、年老いた男が描かれており、誘惑に打ち勝ったキリスト教信者の姿だと言われている。
この絵はテンペラと油絵具の両方を使用していて、絵に明るさと深みがある。

感想
ヨーロッパ中世の雰囲気が色濃く漂う絵だった。富に群がる人々の醜い姿に考えさせられる。
扉絵の老人は放蕩息子の帰還なようにも思った。

全体
20140727-101050-463
中央のパネル 「干草車」
20140727-101803-495
20140727-101809-791
20140727-101319-370
細部
20140727-101200-776
20140727-101125-026
20140727-101232-245
20140727-101242-807
20140727-101903-120
左側のパネル 「原罪」
20140727-101641-245
20140727-101649-354
20140727-101744-995
右側のパネル 「地獄」
20140727-102335-885
20140727-102350-745
20140727-102610-713
20140727-102620-963
20140727-102625-995
扉絵
20140727-102444-479
20140727-102452-213

美の巨人たち 亀倉雄策『東京オリンピック第2号ポスター』 30分
2014/7/5(土) 22:00~22:30
★4
20140705-220259-463
内容
グラフィックデザイナーの亀倉雄策の『東京オリンピック第2号ポスター』を紹介する。
夜の国立競技場で選手を集めてスタートさせた。全員の顔が映り、三角形の構図になるように、1人だけ1m先からスタートしている。
シンプルな構図は日本の家紋からヒントを得ている。
亀倉はカッサンドルのポスターに感動し、グラフィックデザイナーを志して、戦前は名取洋之助のNIPPONでも活躍した。戦後もグッドデザインやNTTなどのロゴを作った。

感想
実は偉かったのは写真家なのではないだろうか?水泳のポスターも素晴らしい。

オリンピックポスター
20140705-220158-150
20140705-220234-822
20140705-220249-322
20140705-220153-541
全員の顔がわかる
20140705-220340-744
三角形の構図
20140705-221642-525
ソ連の日本工業展ポスター
20140705-221501-869
家紋からヒントを得た
20140705-221504-884
カッサンドル
20140705-221151-400
nordexpress

美の巨人たち 『ボルグン・スターヴ教会』 30分
2014/6/28(土) 22:00~22:30
★3
20140628-220157-120
内容
ノルウェーの『ボルグン・スターヴ教会』を紹介する。
この教会は1180年にバイキング船の技術を応用して建てられた。キリスト教以前の北欧神話の名残が見られる。この教会は世界遺産に指定されている。

感想
北欧の木造の教会の紹介。日本だと源平時代なので、木造建築の古さを強調されても、あまり有り難みがなかった。
フィヨルドの谷間の景色は美しかった。
20140628-222458-432
ヴァイキング船
20140629-101022-034

美の巨人たち 白山松哉『日月烏鷺図蒔絵額』 30分
2014/6/7(土) 22:00~22:30
★5
20140613-201320-704
内容
白山松哉(しらやま・しょうさい)の蒔絵『日月烏鷺図蒔絵額』を紹介する。
白山松哉は明治時代に東京美術学校の教授を務め、パリ万博などにも出品し、帝室技芸員にも選ばれた。
「日月烏鷺図蒔絵額」は金粉の上にさらに漆を塗り、消し炭で研ぎ出す研出蒔絵という技法で作られた。高蒔絵や肉合研出蒔絵、置平目など様々な技巧が凝らされている。
蒔絵は、西洋美術の絵画、彫刻、建築から外れて工芸と呼ばれ、また明治40年の第1回文展でも対象は日本画、西洋画、彫刻だけで、工芸は外された。
万博で西洋で人気が出た工芸品は明治日本の外貨獲得の重要な産業だったが、粗製濫造で質の悪いものが大量にできてしまい、今日まで明治の工芸品があまり知られなくなった原因となった。

感想
花鳥風月を細かく細かく描いてゆくのが日本人ぽかった。
20140613-202012-235
20140613-201359-173
20140613-201406-282
20140613-201412-735
20140613-201433-469
20140613-201437-173
20140613-201519-563
20140613-203552-219
20140613-203610-079
蒔絵の技法
20140613-202050-110
20140613-202105-876
研出蒔絵 2週間ほど研ぐとつやが出る
20140613-202316-344
20140613-202359-266
20140613-202404-048
20140613-202412-407
20140613-202436-313
20140613-202456-782
20140613-202502-048
金粉の種類
20140613-202625-954
20140613-202635-204
20140613-202639-376
高蒔絵
20140613-202709-188
肉合研出蒔絵
20140613-202737-688
置平目
20140613-203353-141
20140613-203359-860
切出蒔絵印籠
20140613-201748-204
20140613-201745-298
菊紋様蒔絵香合
20140613-201945-563
20140613-202002-251
羽根蒔絵手板 細かすぎて肉眼で産毛を見ることができない
20140613-203233-501
20140613-203244-298
20140613-203253-454
勿来関図硯箱 蓋裏
20140613-203524-344
20140613-203530-110
20140613-203538-048
他の明治の工芸品
蝶図瓢形花瓶 並河靖之
20140613-202832-735
渡蟹水盤 宮川香山
20140613-202838-657
群鶏図香炉 正阿弥勝義
20140613-202847-876

美の巨人たち 放送700回スペシャル 劇的空間!ローマ・ヴァチカン 後編 60分
2014/5/24(土) 22:00~23:00
★5
20140531-224313-223
内容
ローマとヴァチカンを小林薫が訪れる。
フラ・アンジェリコ、ミケランジェロ、ベルニーニ、ボッロミーニの作品を紹介する。
遠近法で長く見えるスパーダ宮の廊下を見学する。

感想
さすがバチカン!超名作の連続で非常に見応えがあった。

ニッコリーネ礼拝堂 フラ・アンジェリコ
20140531-225241-707
20140531-225254-864
20140531-225413-004
システィーナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ
20140531-225541-348
20140531-225553-207
20140531-225603-957
大洪水 群像から大胆でシンプルな人物表現になってゆく
20140531-225629-207
原罪と楽園追放
20140531-225637-395
アダムの創造
20140531-225653-817
大地と水の分離
20140531-225700-598
リビアの巫女
20140531-225720-004
20140531-225737-129
この部分は3日で描いた
20140531-225830-723
最後の審判
20140531-230242-660
20140531-230259-785
20140531-230248-848
20140531-230303-239
20140531-230308-848
20140531-230317-114
20140531-230321-676
サン・ピエトロ大聖堂
20140531-230408-239
20140531-230656-20720140531-230707-160
20140531-230732-176
バルダッキーノ ベルニーニ
20140531-230813-770
20140531-230829-489
四大河の噴水
20140531-231107-426
ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタ
20140531-231119-410
プロセルピーナの略奪
20140531-231247-129
20140531-231219-270
20140531-231241-051
20140531-231237-973
スパーダ宮
20140531-231701-379
20140531-231655-645
サン・ピエトロ広場
20140531-231821-942
20140531-231902-395
20140531-231912-817
20140531-231956-629
20140531-232015-910

美の巨人たち 放送700回スペシャル 劇的空間!ローマ・ヴァチカン 前編 ラファエロ 30分
2014/5/17(土) 22:00~22:30
★4
20140528-202422-558
内容
ローマとヴァチカンを小林薫が訪れ、ラファエロ「アテネの学堂」と「ラ・フォルナリーナ」を紹介する。
「アテネの学堂」の左側の女性は、「ラ・フォルナリーナ」に描かれたラファエロの恋人だった。このパン屋の娘の住まいがローマの下町に残されている。

感想
スペシャルで美術番組というより旅番組風になっていた。
アテネの学堂には3巨匠がモデルなのは有名だけど、ラファエロの恋人が描かれているのは初めて知った。

署名の間
20140528-202008-230
アテネの学堂
20140528-202053-871
20140528-202250-465
20140528-202337-980
20140528-202256-840
ラ・フォルナリーナ
20140528-202455-230
20140528-203512-480

美の巨人たち ミケランジェロ・ブオナローティ『ダヴィデ像』 30分
2014/5/10(土) 22:00~22:30
★5
20140521-211603-520
内容
ミケランジェロのダヴィデ像を紹介する。
それまでダヴィデは勝利した姿で表現されていたが、ミケランジェロは戦闘前の姿に変えた。フィレンツェ共和国のシンボルとして政庁舎ヴェッキオ宮殿の入り口に飾られた。

感想
彫刻から湧き出る力感がものすごい!!今にも動き出しそうだ。そして美しい。

全体
20140521-211707-739
20140521-211700-739
20140521-211649-020
20140521-211621-302
細部
20140521-211711-36420140521-211910-114
20140521-211722-70820140521-213820-651
20140521-211859-161
背後20140521-211747-520
20140521-211750-052
20140521-211753-833
20140521-211801-192
頭部20140521-213909-105
20140521-215240-558
20140521-211520-958
下から見たときの視覚効果を考慮して、頭を大きく作ってある。 6頭身
20140521-213738-089
瞳をハート型にすると、立体感が出る
20140521-214958-573
ラオコーン
20140521-215008-823
20140521-215015-636
ピエタ
20140521-213533-198

このページのトップヘ