こんなテレビを見た。

テレビを見た感想を綴っています。おもに自然番組や美術番組、ドラマを見ています。ドラマの未放送回のネタバレはありません。コメント歓迎です ( ‘ jj ’ )/

タグ: 阿部寛

おしゃれイズム 阿部寛 30分
2014/5/11(日) 22:00~22:30
★5
20140511-220744-863
内容
阿部寛がゲスト。
加湿器と空気清浄機が好きで10台以上持っている。冬は乾燥するし、『テルマエ』みたいに裸になったりすると風邪をひくといけないので、毎日、浄水器の水を入れて20~30分かかっている。
レーザー距離計にはまっている。天井を測ったり、身長を測ったりできる。
髪は自分で切っている。藤木直人が燕三条のハサミ工場にゆき、ハサミをプレゼントする。
たい焼きが好き。

感想
そのまま「結婚できない男」のエピソードに使えそうな話ばかりで、最高に面白かった!

加湿器群の写真
20140511-220733-160
レーザー距離計
20140511-221313-792
20140511-221407-011
散髪
20140511-221757-839
20140511-221804-292
20140511-221815-183
藤木直人が燕三条へ20140511-221921-152
20140511-222229-511
20140511-222445-589

ゆうどき 阿部寛 55分
2014/4/30(水) 16:55~17:00, 17:10~18:00
★5
20140512-215850-307
内容
阿部寛がゲスト。
1964年、横浜に3人兄弟の末っ子として生まれる。中学を過ぎたあとも身長が5cmずつ伸びていった。大学2年の時に姉が見せてくれた雑誌の賞品のファミリアが欲しくてモデルに応募した。メンズノンノでは連続43回表紙になった。翌年に「はいからさんが通る」で映画デビューをする。ドラマで活躍するが身長が高すぎて、大木にセミがとまるようなラブシーンになったりした。バブル崩壊で仕事が激減して、「あの人は今」の取材が来たが断った。加藤雅也のコメント「当時はモデル上がりで演技の基礎もない棒読みヘタクソと言われた」。かっこいい役が多かったが、いろんな役をやってみたかった。
29歳の時につかこうへいの舞台「熱海殺人事件」に出た。つかの口立てで俳優がその場で台詞を覚えて演技をしてゆく。共演した俳優は「阿部ちゃんが壊れてゆくのを何度も見た」と言っていた。途中から刑事がオカマ役に変わっていった。舞台で自分を解放して変わっていった。当時は俳優という職業のこだわりがよくわかっていなかった。舞台はありとあらゆるものが自分になかったもので目新しかった。つかこうへいには「お前は下手なんだから、芝居をしようと思うな。相手の目を見て大声でしゃべれば何か伝わる。お客さんは日常ではなく狂気性を見に来るんだからやるだけやれ」と言われ、思いっきりやった。最初は「恥ずかしくて、こんな台詞いえません」と何回も言おうとしたが、稽古がすぐ始まって、つかのペースで言えなかった。恥ずかしい役がなくなり、役幅が広がったので、今は感謝している。来た役はどんな役も勉強だと思ってやっている。
蜷川のコメント「一生懸命でない阿部さんを見たことがない。いつまでたっても失わない素朴さ、誠実さがある。時代を超えた日本人の原型がある」
イタリアのお風呂の映画は裸でイタリア人だったので勇気がいった。
自分では役者は下手だと思ってる。本当に一生懸命頑張らなければ、みんなに並べないというか、追いつけないと思っている。これは本当に実感。
役者はいろんな人物を経験できるのが楽しい。自分のほうに役を引き寄せるより、役にどれだけ近付くかがいい。
身体はジムで鍛えている。食べて食べて鍛えた。
上戸彩「阿部さんは空気清浄機みたいに、いつも受け身でふわっと包んでくれる。」
北村一輝「非常に勉強熱心。声が小さくブツブツ言ってるので聞き取りにくい」
ナポリに行って2000年前の遺跡にスパやオイルマッサージがあったことに驚いた。

感想
オカマ刑事のシーンに爆笑!舞台で修行して一皮むけた感じだった。最近の朝ドラヒロインの相手役のあの人やあの人も修行してほしいと思った。同窓会の取材はプライベートすぎて微妙だったかも。

子供の頃20140512-221356-713
20140512-220933-307
20140512-221354-979
モデル時代
20140512-220543-885
20140512-221605-963
20140512-221620-151
20140512-221638-291
20140512-221646-901
はいからさんが通る
20140512-221744-073
20140512-221745-432
つかこうへいと
20140512-222532-166
舞台「熱海殺人事件」
20140512-222822-635
20140512-222824-635
20140512-222838-073
20140512-222857-416
20140512-222904-370
20140512-224934-463
トリック
20140512-220418-276
坂の上の雲
20140512-220848-463
テルマエ・ロマエ
20140512-220453-901
上戸彩
20140512-221016-463

土曜プレミアム 映画「テルマエ・ロマエ」 2時間10分
2014/4/26(土) 21:00~23:10
★5
20140511-205833-894
あらすじ
 古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格が時代の変化に合わず、職を失ってしまう。落ち込む彼は友人に誘われて訪れた公衆浴場で、突然現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)ら、「平たい顔族(=日本人)」。
日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは、古代ローマに戻って、そのアイディアを使い大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、浴場技師としての名声をローマで得ていく。その評判を聞きつけた時の皇帝ハドリアヌス(市村正親)は、自分の後継者にと考えているケイオニウス(北村一輝)のためにルシウスに大浴場を作るよう命じる。次第にルシウス、そして真実までもがローマ帝国の運命に深く関わっていくことになる。

感想
阿部寛が偏屈なローマ人技師を演じていて面白かった。「結婚できない男」の桑野役に似ていた。当たり前な日本の風呂文化も、日本人が営々と積み重ねたものだと思うと、また違った視点から見えてくる。

笑っていいとも! 阿部寛 60分
2014/3/7(金) 12:00~13:00
★4
20140307-122659-638
内容
阿部寛がゲスト。テルマエ・ロマエ2が上映される。
いい男コーナーでいいとも初登場のときはモデルだった。当時は就職活動もしてたが、会社で女の子に知られて騒がれて、これはダメだと思った。
テルマエ1の撮影の時に、上戸彩は300人のイタリア人エキストラから阿部寛を発見できなかった。今回はブルガリアで巨大セットを作って撮影した。筋肉をつけるため体重を10kgくらい増やした。力士に囲まれて風呂に入るシーンがある。

感想
テルマエ2での登場。いいともももうすぐ終わりでタモリものびのびしていた。若い頃の写真が面白かった。

でかい! カラスで共演した能年から花輪20140307-122533-904
若い頃20140307-122704-998
20140307-122911-029

ドラマスペシャル トリック「新作スペシャル3」 2時間10分
2014/1/12(日) 21:00~23:10
★5
20140122-233417-452
あらすじ
水神家の当主が亡くなり、長女・幸代(国生さゆり)、次女・月子(藤田朋子)、三女・華絵(飯島直子)の三姉妹が遺産争いを繰り広げ、次々と死んでゆく。奈緒子(仲間由紀恵)と上田(阿部寛)が謎に挑む。
実は使用人の千佳子(朝倉あき)は当主の隠し子で、三姉妹を罠にはめていた。

感想
犬神家の一族をコメディミステリーにした感じの話。
朝倉あきが地味でおとなしいメガネ娘から、最後のシーンで豹変するのが非常によかった!!

水神家に案内される奈緒子と上田
20140122-212736-662
醜い争いの三姉妹「あのバレンタインデーの時だって」
20140122-213355-662
「何が癒やし系よ!」
20140122-213434-849
「わたくしはあの日、6組の岡倉君と出掛ける約束してたのよ!せっかくの行楽日和だったっていうのに」
20140122-213231-380
隅で小さくなる千佳子
20140122-213449-943
封印
20140122-213845-708
20140122-213856-130
20140122-214028-005
いびられ20140122-215141-708
20140122-215313-021
教訓茶碗 サイフォンの原理 これが今回のトリック
20140122-215942-333
20140122-220211-255
砒素を少しずつ飲んで耐性をつけていた
20140122-224957-171
瓶のなかに宝の文字が
20140122-230117-389
瓶を覗くと・・・
20140122-230341-608
中から死体が!!
20140122-230426-608
閉じ込められるが・・・
20140122-231008-936
脱出!
20140122-231304-108
朝倉あきが書道教室に! とめはね2やってほしい
20140122-231801-093
またも瓶が
20140122-232720-874
犯人はおまえらだ!
20140122-233727-577
20140122-233621-202
20140122-233701-186
20140122-234554-014
「やめろ、星男!」「種市!」 帽子の羽根はあまちゃんカラー
20140122-234736-889
豹変!
20140122-234935-014
20140122-235038-327
20140122-235110-358
20140122-235138-639
20140122-235237-358
20140122-235311-921
おわり
20140122-235549-452

日曜洋画劇場 特別企画「劇場版トリック 霊能力者バトルロイヤル」 2時間19分
2014/1/5(日) 21:00~23:19 2010年上映
★4
20140114-205332-742
あらすじ
霊能力者“カミハエーリ”が統治する万練村で、後継者を決める「霊能力者バトルロイヤル」が行われようとしていた。霊能力者になりすまし貢物をせしめるべくやって来た山田奈緒子(仲間由紀恵)、先代カミハエーリの孫から村へ招かれた上田(阿部寛)。やがて壮絶なバトルロイヤルに巻き込まれていく。
実は村の美代子(夏帆)は双子の娘で、その1人が翔平(佐藤健)に恋をして、鈴木玲一郎(松平健)と組んで、双子のもう片方を殺したのだった。他の霊能力者たちも鈴木の陰謀で消されていた。

感想
劇場版3にあたる作品。マツケンのうさんくさい存在感がものすごい。仲間由紀恵と阿部寛のコンビが楽しい。小ネタが多くてコメディタッチだけど、ラストは哀しかった。

水芸
20140114-193428-834
20140114-193517-037
中華料理タイム
20140114-194700-019
村へ20140114-195114-379
20140114-195147-082
藤木王子
20140114-201428-691
2度目に開く扉
20140114-203719-742
双子だった夏帆
20140114-204857-477
三浦理恵子 うーやー Coco!
20140114-211557-696
火で火を打ち消す
20140114-212012-633
20140114-212153-086
20140114-212844-789
白馬にまたがる
20140114-213031-008
佐藤健と平泉成
20140114-213229-930
20140114-213622-533
映画の告知20140114-213637-205

トリック 劇場版2 2時間16分
2014/1/4(土) 21:00~23:16 2006年上映
★5
20140104-223442-741
あらすじ
絶海の孤島・筐神(はこがみ)島。島を支配する霊能力者・筐神佐和子(片平なぎさ)が連れ去った少女(堀北真希)を救い出すため、上田(阿部寛)は、奈緒子(仲間由紀恵)を連れて島へ。「浮遊する巨大な岩」「瞬間移動」「消失する村」など、2人は佐和子が起こす驚がくの奇跡の謎に挑む。少女を助けて島を脱出して、村で佐和子を向かえ討つ。実は少女は佐和子の娘だった。

感想
堀北真希が若い!この頃はスポーツ少女風なかわいさがある。
阿部寛と仲間由紀恵の掛け合いが面白い。

大島蓉子とアベディン あまちゃんではバングラデシュ人の彼氏で登場
20140104-211514-225
肩幅しかない部屋に堀北が
20140113-173013-527
20140104-214757-381
キラキラビーム
20140104-215135-319
脱出しようとするが・・・20140104-215202-616
20140104-215314-194
キラキラ
20140104-215339-022
かみそりキス
20140104-215821-538
今度こそ脱出
20140104-220055-850
キラキラビーム
20140104-220206-710
岩を降ろす
20140104-220319-100
村へ
20140104-220800-585
20140104-220849-163
20140104-221056-397
わーい
20140104-221205-163
村を消す!
20140104-222452-866
20140104-222513-506
モザイク20140104-223047-600
捕らえられた堀北
20140104-223536-413
母だった
20140104-230054-397
20140104-230430-178
いいラスト20140104-230738-006
20140104-230804-678
20140104-230904-897

土曜プレミアム・ステキな金縛り 2時間45分
2013/11/9(土) 21:00~23:45
★4
20131109-224408-993
あらすじ
弁護士のエミ(深津絵里)は落ち武者の幽霊を裁判の証人にして無罪を勝ち取る。

出演: 深津絵里(宝生エミ) 西田敏行(更科六兵衛) 阿部寛(速水悠)
竹内結子(矢部鈴子) 浅野忠信(木戸健一) 草なぎ剛(宝生輝夫)
中井貴一(小佐野徹) 市村正親(阿部つくつく) 小日向文世(段田譲治)
小林隆(菅仁) KAN(矢部五郎) 木下隆行(工藤万亀夫) 山本亘(日村たまる)
山本耕史(日野勉) 戸田恵子(猪瀬絹) 浅野和之(猪瀬潤) 生瀬勝久(占部薫)
梶原善(伊勢谷) 阿南健治(野島) 近藤芳正(心霊研究家) 佐藤浩市(村田大樹)
深田恭子(前田くま) 篠原涼子(悲鳴の女) 唐沢寿明(ドクター)
脚本: 三谷幸喜

感想
三谷幸喜の豪華オールスター総出演のコメディ映画。非常に舞台ぽい作りだった。深津ちゃんがかわいい。序盤だるいけど、阿部寛と西田敏行の掛け合いあたりから、場面が締まってきて面白くなってきた。中井貴一や小日向もよかった。これだけ上手い役者たちが出てると、下手な人は逆に目立ってしまっていた。この映画は面白いけど、盛り込みすぎでともかく時間が長い。カットしようにも、キャストが豪華だったので切れなかったのかなぁ。

怪しい旅館へ・・・
20131109-211430-929
金縛り
20131109-212122-960
20131109-212151-929
20131109-212155-382
20131109-212238-663
ファミレスに深キョン
20131109-213425-913
阿部寛
20131109-214057-351
20131109-214719-257
肖像画
20131109-215342-320
ご先祖様と対面
20131109-215531-163
法廷へ 砂鉄と笛ラムネ
20131109-220308-962
20131109-220602-134
20131109-221431-790
20131109-221641-493
悲鳴の女 篠原涼子
20131109-221741-899
20131109-221949-290
手品20131110-131925-971
20131110-131914-612
シナモンです
20131109-222544-180
愛犬と再開
20131109-222651-649
死後の世界の公安 小日向
20131109-223320-759
再び法廷へ ハーモニカ 斬り付け
20131109-224012-180
20131109-224449-821
20131110-085219-046
深津姫
20131110-085328-234
私、絶対負けないから!バーナード、今に見てなさい!
フハハハ… アハハハ…
20131109-225818-009
また公安20131109-225052-024
20131109-230242-414
阿部寛も死後の世界へ20131109-230937-008
20131109-231504-008
また法廷へ シナモン振りかけ
20131109-232043-008
20131109-232438-961
20131109-232459-758
20131109-232703-852
20131109-234041-899

映画 「カラスの親指」 2時間40分
2012年上映
★3
T0011391p
あまちゃんのヒロインの能年玲奈が出ているので見ました。
以下、映画のネタバレを含んでいます。

あらすじ
詐欺師コンビのタケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)のもとに、スリの少女まひろ(能年玲奈)と姉のやひろ(石原さとみ)、その恋人の貫太郎(小柳友)が転がり込む。過去にタケは借金を背負い闇金に使われていたが、まひろの母が自殺したのを機に、口座情報を警察に売って組織を壊滅させてヤクザに追われていた。5人は反撃に出て、盗聴器ハンターを装って事務所に入り、組織の資金を奪うことに成功する。ホテルで打ち上げをして、5人は解散するが、実はまひろたちはテツの娘で、タケとまひろの出会いから計画まですべてテツが仕組んだものだった。

感想
まず2時間40分が非常に長い!半分くらいの時間で語れたのではないか。地味な映像が続くので、かなり途中だれた。
阿部寛は詐欺師で雰囲気は「白い春」のように日陰な感じだった。寸借詐欺、放火、盗聴、スリとトーンが暗く、登場人物に共感しにくい。ヤクザの事務所で拳銃を撃つクライマックスシーンもあまり盛り上がらなかった。能年が「私のおとうさんです」と2人を指さすシーンでネタがわかった。最後のどんでん返しは面白かったが、セリフで説明してしまわず、やっぱり映像的に語ってほしかった。
能年玲奈が非常にかわいかった。能年ちゃんはこれで報知映画賞新人賞をもらって、このあとあまちゃんでブレイクしたのに、姉役の人はワーキャーする演技が浮いていて、いまいちハマってないなぁ・・・どこのモデルさんだろう?と思ったら、石原さとみで驚いた。
sub6_large

徹子の部屋 阿部寛 35分
2013/2/5(火) 13:20
★3
20130205-135141-646
内容
阿部寛がゲスト。映画「つやのよる」の役作りで10kgも痩せた。去年はロンドンで蜷川シェイクスピアをやって、本場ということで緊張した。20代後半のころ、高倉健とどうしても共演したくて、工事人Aの役で出た。高倉健や長谷川一夫など昔の人は大人ぽいと語る。徹子がマッチが39年会をやろうと言っていたと伝える。高橋克典、堤真一、椎名桔平などが昭和39年生まれ。市村正親や北村一輝、宍戸開と濃い顔同士でローマ会で年数回集まっている。フランスの「メモリーズ・コーナー」という映画に西島秀俊と出演する。
私生活では15年くらい自分で髪を切っている。モデルデビューの時の賞品の車にはエアコンがついてなくて、上半身裸にシートベルトして運転した。先日、2人目の女の子が生まれた。母が入院した時、父は1時間半かかるところを8年間毎日見舞いに来て、愛の深さを感じた。
徹子の部屋は今年で38年目になる。昔のテレビドラマは生放送で、何かの事態で続けられなくなったら、「終わり」というフリップを出していた。

感想
テルマエのローマ、蜷川のロンドン公演、フランス映画に出演と活躍が続く。徹子の昔の映像も出て来て、面白かった。

ロンドンでシェイクスピア公演
20130205-132658-662

このページのトップヘ