アメリカのコミュニティ向け専門誌「コミュニティズ」の2017年夏号に、木の花ファミリーの記事が掲載されました。雑誌のテーマは「共有文化における経済」でファミリーの金庫番、なかのんが原稿を寄稿しました。その日本語版が木の花ファミリーブログ「世界にお金がみんなのお金になるように」に掲載されています。ここではその文章に寄せられた感想をいくつか紹介させていただきます。

コミュニティズ2017年夏



- - -

野津 健司さん(環境農業を広げる会代表、出雲國まこもの会代表)

貴重な情報を、ありがとうございます。 木の花ファミリーの在り方はこれからの社会のモデルの一つだと私も思っています。 これまでの社会の仕組みは既に崩壊寸前で、私たちの緊急の課題は新たな社会の仕組みを構築していくこと。各地で様々な取り組みが進められており、木の花の取り組みもその中の重要なものの一つだと思います。私たちも島根(出雲國)の地で自分たちの取り組みを進めていきます。地域の人たちと繋がり合い、助け合いながら、より好い社会を創っていきましょう。

- - -

岩附 由香さん(NPO法人ACE代表、児童労働ネットワーク事務局長)

中野さん(=なかのん)、読みました! すごく分かりやすかったです。初めてちゃんと木の花ファミリーの在り方を理解した気がします! こうあったらいいのに、と思うことを、理想に留まらせず実践している中野さんが凄いです!ACEで、日本の子どものことも、いまやり始めようとしています。 こうあったらいいのに、を、実践して見せる、そのスタイルを、見習いたいです!

- - -

平島 新さん(創作薬膳いろ葉経営)

しっかり読ませてもらったよ! いつも貴重なきづきをありがとう。 こらからもたくさんの人が木の花を訪れて、世界観をどんどん広げて、より多くの人の可能性が花開き、あ~幸せだな~って思える場をつくりあっていくこと応援してます。地元でも木の花のあり方を参考にできること少しずつ進めていくよ😉  

- - -

藤崎 亜矢子さん(プロセスワーカー、臨床心理士)

内容が素晴らしく、文章も読みやすいです。

いさどんの言葉:

”天の恵みによって暮らす私たちは、心に余裕やゆとりがあります。そして、その余裕を心磨きに向けることが天との約束です。”

心に響きました。興味がありそうな人にシェアします。 恵みをシェアしてくれてありがとう!

- - -

可児 一俊さん(一般社団法人CSS代表理事)

ご紹介ありがとうございます。 木陰に入りほっとして休んでいる時に感じる 無意識の清涼感に似たものを感じます。 世界に広く拡散されていくことを願います。

- - -

末木 弥栄子さん(アトリエナナ料理教室主催)

今まで何度かそちらに伺ったりHPで読んだりして木の花ファミリーの経済システムをだいたいは知っていたんですが、今回読ませて頂いたところ、大変わかりやすく書かれていて、例えばメンバー全員が個人事業主というのがいいなとか、なんだかかっこいいと感じました。それぞれに事業主としての責任感が生まれたり、仕事へのやりがいも増すのかなと、想像しました。 お金を生むことでないと活動しにくいという現実がありますが、木の花ファミリーのシステムの中ではお金の為に働くのとは違う動き方が出来ると感じました。そこが素晴らしい点のひとつですね!!

- - -

前川 航太郎さん(株式会社Remembar代表)

いつも本質の気付きをありがとうございます。 僕達も木の花ファミリーのように、近代資本主義型の経済システムでない、限りなくソフトな経済での傍楽を実践していくために来年からは生活拠点としてのコミュニティづくりを行いたいと思っています。また、学びに伺います。いろいろとシェア出来る機会を楽しみにしております。

- - -

吉田直美さん(盛岡市在住)

なかのんの投稿を読んで、お金と人の心との関係を考えたよ。お金は人の心を誘惑する力を持っているよね~。そういうものに巻かれず、単に便利な道具として使っていきたいなぁと思った。すべて自分次第っていう感じだよね~。ココロ磨き、一緒にやっていきたいね。(^^♪

- - -

原 直之さん(株式会社フィールド勤務)

「自然はすべての人間が暮らすのに充分な恵みを与えてくれています。ですが、人間の自我は強欲や不安などの心を生み出し、それが格差や対立などの問題となって現れます。そのような現実に対して有効な手立てがなく無力感を感じる毎日でした。」
 ↑
これ、すごく感じています。

無力感を感じる一方で、愛で生きている仲間もいて、そういう仲間をどうやったら増やせるのか、、ともがきながら、自分自身も行ったり来たりの葛藤の日々。ステキなシェア、ありがとうございます!日々ココロを磨き続けて行くという気持ちをリマインドして頂けました。 

- - -

この他には感想は多数いたただいています。世界を見ると貧困や格差など経済を巡る問題は多々発生しております。そのような中、木の花ファミリーの経済は未来への展望を提示していると思っています。是非、木の花ファミリーブログ「世界のお金がみんなのお金になるように」を読んでみて下さいね。

木の花ファミリーの経済については以下のページもご参照下さい。

【ブログ「木の花ファミリーの経済から世界を見る」より】
 農事組合法人木の花ファミリーと6次産業化
 消費税から財政論、そして木の花ファミリーの経済から世界を見る
 恵みいただきます/経済的効率よりも大切なもの
 10次産業を実現している場所