2010年05月23日

安定段との相関2

【麻雀日記】
この記事で鳳南1000戦以上の各順位と安定段の関係を見たけど、さすがにデータ数が9人分じゃダメなので条件を500戦以上に変えて母数を増やす。

試合数が減るとバラツキが増えて嫌(例えばラス率250だけどトップ350取れちゃってるとか)なんだけど仕方ない。
これで母数が57になる。


平均順位上位30人
a



安定段上位30人
b



ラス率上位30人
h



c



d



e



f


ラス率≒安定段


近似式
Y=-45.368X+18.519

X:ラス率
Y:安定段




まぁ平均順位≒安定段でもあるけどね。。。
g


ラス率を下げて平均順位を上げるといいよ!

konokey at 09:01│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by laschil   2010年05月23日 16:44
なるほど、勉強になりました(*´ω`*)

>ラス率を下げて平均順位を上げるといいよ!

これは大発見ですねwww

2. Posted by Lask   2010年05月23日 17:18
>ラス率を下げて平均順位を上げる
この発見はノーベル賞までありますね(*´ω`*)
3. Posted by 東単騎   2010年05月23日 17:40
>ラス率を下げて平均順位を上げる

どうしてここに気付かなかったんだろう…
さすが9段様は発想力からして違いますね!
あまりの含蓄の深さにただただ恐れ入るばかりです。
4. Posted by 南斗のレイ   2010年05月23日 19:14
思ったけど、ラス率0.200を切る人っていないんですねー。理想だけど、相当難しいんだなぁ。
5. Posted by このきー   2010年05月23日 19:43
>>laschilさん
もっと早く気付ければよかったです。

>>Laskさん
今世紀最大の発明かも。

>>東単騎さん
逆転の発想ですね。

>>南斗のレイ
長期で200切りはキツイですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字