このこの島

konokonoってスワヒリ語で「かたつむり」のことなんだそうです。 ゆっくりのんびりといきたいものです。

謎のバイタル。

夕方まで特に変わった様子はなかったのに
夕方から
心拍と呼吸の数値が高い。
本人さん驚くほど静かに寝ているのだが…

きょう主治医から今月中には退院しましょうと話があったばかり。
退院の声をきくと体調を崩すこのちゃん。
また?IMG_7187
IMG_7190


糖尿病のひと。

主治医に血糖値の件はどんな状況かきいてみたら
きょうカンファレンスがあります、
と聞いたのがきのう。

今朝内分泌科の先生がやってきて
このちゃんの状況と今後についてはなしてくれた。

夜中は安定。
注入するとぽんとあがる。
平均160〜170
糖尿病との診断がつく。
I型はインスリンの分泌が自己免疫で壊されているもの。
なのでI型ではない。
膵炎からくるインスリン分泌の障害。
でも完全にでていないわけではない。

しかしインスリンの分泌はないわけではないのでI型ではない。

朝昼夜の注入前にインスリン使うと
下げることができるが
低血糖の危険がある。
低血糖の場合ふつう本人が訴えてブドウ糖などを使って対処するが
このちゃんはできない。
低血糖は→生命の危険
インスリン使った場合
メリット<デメリット
ではどうするか
①このまま安定しているかA1cという1〜2ヶ月の平均値を見ながら
経過観察。
②内服薬を使う。
しかし子どもにはあまり適用がない。
経口摂取のもので
経管投与の場合効き方がよくわからない。
③すぐ効くものとゆっくり一日効くインスリンの中間的なものを朝一回うつ。

3つのことが考えられるが
とりあえずは経過観察をしながら
必要ならば③の薬を検討する、
ということになった。
糖尿病にはかわりないし
治療にも危険がともなうので
とりあえずはやらない、
というだけなので
完全に安心ではないが
急を要する状況ではない、
ということで少しホッとした。

注入は順調。
昨夜は寝る前の水分を椅子で注入し
その後左側臥位で就寝。
朝は胃残なし。
嘔吐対策で続けていた座薬ナウゼリンも思い切って中止。
家で過ごすことを念頭に
いろいろ進んでいる。






数値上向き

注入が順調だ。
おかげで血液検査の数値もあがってきた。
タンパクやらアルブミンやら
上向きに動き出した。
よかった。
CRPも3.4から2.2に。

退院を視野にいれ
いろいろ試している。
左側臥位が流れが良さそうなので
食後落ち着いたら
積極的にその姿勢にしている。
通常注入は椅子に座って。
寝る前の水分は左側臥位にて注入していた。
きょうは寝る前も椅子で注入。
一時間半くらいたって左側臥位に。
明日までの消化&流れに注視。IMG_7165

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

konokonoisland

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ