このこの島

konokonoってスワヒリ語で「かたつむり」のことなんだそうです。 ゆっくりのんびりといきたいものです。

11/17 注入もじわじわ。

前回入院時はエレンタールがさきだった。
今回はソリタ水から開始している。
ソリタに続いてエレンタールの注入も開始。
通常の三分の一くらいからだけど。
しっかり栄養とりましょう。

すぐに戻るけど心拍がぱーっとさがる件。
念のため心エコーの検査をすることに。
心電図も。
特には問題なく、自律神経がうまく働かなくてそういう状態になる人もいるそうで
心配はないそうだ。
よかったよかった。
夜中何度か起こされるけど
酸素が下がって起こされるよりまし。

iPhoneから送信

11/16 経過は悪くなく。

血液検査の結果、CRPは9.27から5.78に。
そのほかの数値も悪くなく、
白血球がぐんと下がっているので
何らかのウィルス感染は間違いなさそうで
週明けまで抗生剤を使って、また採血して考えましょうと。

このちゃんはとても落ち着いてる。
時折モニターなアラームがけたたましく鳴って、
すわ酸素が?と思ったら
心拍の方だった。
今回心拍が100?110と普段より高めだったので入院したのだが
むしろ40台、下手すれば30台まで下がって、
それでアラームがなっていた。
なんでだろ?

iPhoneから送信

11/15 何事も初動が肝心。

日曜の夜から違和感を覚えて
その夜から痛み出し
夜中から激痛。
月曜日の朝には上がらなくなったkonohahaの右腕。
整形外科か鍼灸院か迷ったけど
朝一で鍼灸院に電話し、
朝一番に予約を入れてもらった。
少しは張りが取れた気がした。
火曜日整形外科へ。
痛み止めといつものヒアルロン酸の注射。
水曜日、再び鍼灸院へ。
初動がよかったためか
嘘のように腕が上がるようになった。
このちゃんのこともそうだけど
やはり初動が大切。
安静に、といわれるが
日々このちゃんの体を支え、抱き抱え、
服を着替えさせ
オムツをかえてと
なかなかの力の仕事をしているので
それは無理な話。
いつもはほぼ自分でやるのだが
せっかく入院しているので
この際、力の要るこのちゃんのお世話は看護師さんにがっつりお願いするとことにした。

konohahaの身体の異変を察知して
このちゃんが与えてくれた休息なのかしらん。

iPhoneから送信
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ