2014年09月02日

だんごの初音屋@上板橋:夏場のかき氷の飛び道具性、僕らはまざまざと見せつけられたワケで




アスファルトが溶けるんじゃないかってぐらい

記憶に刻み込まれるレベルの強烈な猛暑が
連日、高校球児たちを痛めつけていたと思えば


急に涼しくなりやがってコノヤロウ



夏に冬の記事を書くワケにもいかないのと同様
アナ雪が冬に上映されないジレンマとでも言うのか

その時じゃないと絶対に説得力がないのに
周りの容赦ない気候が削いでしまっている感じ


そりゃまぁね
要するにですね

書こうと思ってたヤツの
機を逃すってモンなんですよ


そんな感じで

ほんのり暑さが戻ってきた本日
ここぞとばかりに清書に入るの図


059






















《だんごの初音屋》

住所:板橋区上板橋2−2−14(地図
営業時間:聞いとけばよかった
定休日:これも聞いとけばよかった
用途:甘味処、かき氷、いなり寿司



8月24日 バカみたいに晴れ

街中華で甲子園を見ながら
突発的に熱くなってしまった僕らは

裏側に甘味処があるのを思い出して
たぎった体を常温に戻してもらおうなんて

まるで怪我をしたユニバーサルソルジャーの様相


060






















甘味処、街の餅屋、サイドにいなり寿司があって

なんならイートインまで可能な太古のイノベーション


062






















焼きそばや中華そばがあるような
手広くやっている老舗ではなくて

純粋に甘いモノを出し、ついでに涼んでもらおうって
ホワイトな企みを全身全霊で受ける等価交換だと


065






















いいねぇ

とゆーか

よすぎるねぇ


ただ、店の人がひと休み中だったのか

妙な時間に押しかけた僕らの姿を見るや慌てだし
なんなら持ち帰り客の急襲がトドメを指すという

この景色以上に僕らを活性化させる
素敵で美味しい要素の乱れ打ち


066






















ドタバタの末に出てきたこちらは


067






















もう見るだけで涼しくなってしまう


069






















素敵なブツを目の前に

表層的な所では涼んで来ているんだけど
やはり体の芯はオーバーヒートを否めなくて


070






















「あ、このスプーン実家にあるわ」

しかし、妙に冷静でいられるという

この店の雰囲気の持つ圧倒的アットホーム感


071























うわー氷だー



(当たり前だ)


072






















かき氷といえばブルーハワイ

この上なく怪しく、絶対に健康に良くなさそうな
上流階級の親なら止めに入るであろう禁断の色


073






















あれダメ、これダメ
アニメダメ、漫画ダメ
低俗なTV番組ダメ
公園で遊ぶのもダメ
ブルーハワイ食べちゃダメ


なんでもかんでも押さえつけて無菌状態で育てて
果たして立派な大人に育つのでしょうかね なんて

誰も拾わないであろう教育理論は置いておくとして


074






















そういや、店で氷を食べるのって
実を言うと初めてなんじゃないかと

甘味処も餅屋も無かった田舎育ちの僕が
ふと、到達してしまった脱かき氷童貞の時


075






















縁日のは別として、かき氷は家で食べるモノ

そういう、ある種の無菌で育てられてしまって今

店で、ちょっとお金を払って雰囲気と涼しさを得る


076






















大人になって今

この手の『脱』は

早ければ早いほどイイんじゃないかと

頭痛に当てられながらも思いを馳せるのでした


063






















「このまま涼しいまま秋になっちまえ」

とは言いましたが


この『涼み』を得られるのならば

もう数日暑くてもイイんじゃないかのかって


「あ、なんだか昨日のラストと同じ事を書いてる」

そう思ってしまった僕は心のどこかで

まだ暑さを欲しているのでしょうかね

(知らんがな)










人気blogランキング

さぁ、どっちに転がる。
2位か3位か、転落なのか。




ブロぐるめ!

4位にはいるようです。
生かすも殺すもひと押し次第。

konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) | 上板

2014年09月01日

麺屋楠@上板橋:全部が全部、ドップリと流行りに浸からない辺りに感じる心地よさ




街中華や街蕎麦のメニュー構成よろしく
手広くイロイロやる事も美学の一つですが

あえて動きを狭めて胆力を示すってやり方も

今風というか、実直なナニかを
認めずにはいられないというか


ストイック、そんな言葉が見え隠れするほど
ラーメン屋としての評価が高いとされる昨今

不器用が重宝される高倉健的な時代は
遥か別次元に置き去りにしたはずなのに

こと、飲食業界の最先端に於いては
わりと重視されてしまうという謎の登用


012






















《麺屋 楠》

住所:板橋区上板橋2−3−3(地図
営業時間:11時半〜14時半 17時〜20時ぐらい
定休日:どうやら水曜日みたい
用途:豚鶏+魚介スープ



普段ならば毛嫌いしてしまう
そういう流行りの渦中の中心部

住まいからの近所っていう
僕にとってのド級の好条件が

名うてという名のATフィールドを
中和して粉砕の後、踏みにじると


行くもんか、なんて微塵も思わないのは

この店の持つ、あやふやな求心力に
当てられた僕がいるからというか


002






















や、味も好きなんですけどね

でも、店の黎明期を眺める事のできる
タイミングばっちりのご近所特権というか


一個の物語を読み紡いでいく感覚のような

今や軌道に乗った近所の店を見るのとは違った


また新たに立ち読みローテーションに
組み込む漫画を見つけた時のような

何とも言えない高揚感


001






















夏場の限定、つけ麺を探ろうと
勇み足をしたのも記憶に新しい所

外観からの存在を認められなかったら
真裏の店にシフトチェンジも考えての磐石


006






















あった、ありました

夏も終わりの様相な気候なので
いつまでなのかは解らないけど

とりあえず、見つけられた事を
ナニも考えず単純に喜んで


007






















ふむ、基本のラーとはちょいと違う

ほんのり甘みの先行する流行りっぽいスープ

心が動く仕様でもないのは僕の好みの問題だとして


005






















僕的に注目したいのは麺


ほら、よくあるでしょ

粋な中細麺が売りの店なのに
つけ麺だけ無駄に極太麺を使う店


008






















キメ細やかなつけ麺を期待して来てみたら
ガチムチに絞め殺されそうになる事、幾星霜

ヒンギスみたいなネーチャンがいると聞いて
ホイホイと合コンに連れられて行ってみたら

待ち構えていたのはウイリアムズ姉妹だった

みたいな的な


009






















そんな泣かされた経験を粉砕して吹き飛ばす

非・極太宣言は僕の心をツンツンしてこねくり回して


010






















普段はあまり食べないけど

つけ麺のローテーションに組み込むべきだと
僕の食の欲が語りかけてきたような気がして


004






















「あたし、このつけ麺大好きかも」

ウチの子にそこまで言わしめてしまう
もしかしたら裏打ちされた実力の見え隠れ


この数日の、雲が多くて涼しい気候のまま
秋に突入して欲しいとは思っていたけど

このつけ麺を100パーセント味わうために
もう1〜2日ぐらいは暑くてもイイのかなと


理想の外気に反した思想を

ほんのちょっと抱いていたりして










人気blogランキング

しばらくぶりの2位に暗雲が立ち込めてまいりました。



ブロぐるめ!

とりあえず転落の危機は脱したみたいです。

2014年08月31日

朝食のある風景@自宅:ただ古めかしいだけじゃ終わらない、内在する疑問のあり方とは




民衆の健康の知恵
朝の不動の食文化

一汁三菜 とは言ったモノですが


006






















時代は先行して2014年

時代は流転からの動転で
テクノロジーの推移の果て

それでもなお、まかり通るなら
今目の前、ここにあるコイツは


007






















最強にほかならない

いまだにごく一部で囁かれている
大山倍達が世界最強っていう伝説

好きな人だけが飛びつくニッチな頂上は


008






















そういうのが好きな人達だけで
情報の並列化をすればイイだろうし

他人にとやかく言われる筋合いでもなければ
それを真に受けて肩を狭めるのはバカの所業だと


朝食フリースタイル

何事も自身のスタイルを貫くってのは
いつの時代も重要極まりないって事で


014






















昔ながらの
言い伝えの

ありの
ままの

稀代のカラオケ屋さん、MayJもビックリの
一汁三菜一焼き魚というトラディッショナル


多けりゃイイって業界に一巨石を投じる所業

ボタンが多くなりがちなゲームハード事情に対して
「AボタンとBボタンだけでいいよ」ってのと一緒だと


011






















ともすれば

祖父母の住む田舎に帰った時に出た
見慣れぬお茶菓子に目を白黒させるアレ


012






















地味なんだけど味わい深いゼリー状の謎物質

正式名称も解りゃしないで、この年になって今


009






















ありがたみに組み伏せられてバタンキュー

スーパーで見つけてはカゴに放り込む日々だと


013























この魚ド偉い美味いな!



ちょっと待った
ちょっと待った

これ、いつもじゃないっぽくないか?


焼き魚であるはずなのに

ニンニクがガツンと感じられた後に
唐辛子によるピリ辛が遅刻して来て

魚の旨みが重役出勤という事態


010






















これじゃまるでペペロンチーノ?

とゆーかステーキっぽくもある?

見た目のガワはパリっと正装しているのに

いざ、話してみるとド変態紳士だったみたいな?


006






















全項目に回答が出るって仕様じゃない
理想の伝統芸能に一個のミステリー

実家から送られてきた味付き魚の真意は
今後の僕らの調査が待たれるモノとして


ともあれ、理想の朝メシadvance

そこに、とやかく探りを入れるってのは
野暮の所業なのかもしれませんけどね










人気blogランキング

なかなか政権交代とはいかないモンですね。
週明けのダッシュに期待するとしましょうか。




ブロぐるめ!

フェティッシュダディー再再再浮上。
いきなり下に持っていかれました。

konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ジ・自宅 

2014年08月30日

夏のドイツビール祭り@某宅:ドイツに対する想いは複雑なモノがありましょうが、僕らは大いに是としたい




第二外国語だった、っていうのもあり

実を言わせてもらうとドイツは馴染み深いです


しかし

ドイツ文学を前歯でかじり
ハイデガーをペロッと舐めて
ドイツ語検定もなぁなぁでとか

ガワをちょっと知った風っていうのは
僕の好奇心もタカが知れているワケで


019






















まぁまぁまぁ

シャバい英米学生の典型を行っていた僕の
精一杯の、世間に対する体裁というか恥辱

ナニ事も中途半端な僕のためにあるような
引っかかりやすいフックとも言うべきなのか

(ドイツに謝れ)


020






















ところで

「今度ウチでドイツビール飲もうぜ」ってな

僕の一方的でイイカゲンな『好き』とは違う

かの国を肌で味わってきた人によるお誘い


022






















ならば

20年近くも燻っていた僕のドイツ熱を
爆発させる時は今なんじゃないかと


024






















しかし

長い事アンダーグウランドに埋まりすぎて
非可燃性になっているんじゃないかって


026






















そんな心配も一発で粉砕する

そうそうたるドイチラントが目の前に


027






















海外に於けるビールの値段の
コーラの下を行くミステリーは

とりあえず置いておくとして


028






















ドイツ人の血はビールで出来てるのかっていうほど

ドイツ=ビールなイメージ


029






















どこかで聞いたようなアレ

某川島なお美の妄言も許容に至るモノなのかなと


031






















そのぐらいビールと


040






















こういうのの相性


044






















否めない長い歴史というか既成事実が

突きつけられた銃口のように説得力抜群で


033























オレ二郎っすか




入れてある丼の文字列が
僕らの性感帯を刺激する時


038






















止まらないビールが待ち構えているという


039






















どうにもならない王手飛車な情勢であったと


047






















あー、そういうの出てきちゃう


053






















あー、素敵感じになっちゃう


063






















ちょっとで済まされない最高級のオモテナシは
ロクデナシな僕の心をソフトタッチで撫で回して

あぁ、いつもの酔っぱらい

帰宅後、就寝からの大音量イビキが
約束されてしまったではありませんか

(知らんがな)


036






















ともあれ、お誘いありがとうございました

帰り際の記憶は、やや曖昧ではありましたが
意識のあった時にいただいたビールの味は

ベロと喉越しに焼き付けてございます


加えてゲップが美味かったっていう事も










人気blogランキング

いきなりの躍進は少々夢を見すぎましたかね。



ブロぐるめ!

そしていつもの崖っぷち。
首元がいつもより涼しゅうございます。

konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) | 

2014年08月29日

じょっぱりラーメン@下赤塚:正道からはズレながらも、思いとどまる事なく突き進む男気とは




空手

キック

柔道

柔術

総合格闘技


強くなるため、体を鍛えるため、護身のため

そういう括りから発展した格闘技のカテゴリーも
今ではファッションだったり、エクササイズだったり

強さを求める事から美容に傾倒するまで
多様性を見せるに至る昨今ではありますが


017






















プロレスって 正直どうなんでしょう

上昇志向、闘争心はもちろん
体格だったりタフネスだったり

あらゆる才能が入り混じらないと
敷居を跨ぐ事すら許されない業界

僕から言わせれば東大に入るより難しい世界


今でこそ、デートのツールとして
最下層から這い上がってきている

ってな、復活を思わせる印象ではありますが

全盛期の盛り上がりからしてみれば
やはり社会的認知度は下に見られがち


そんなプロレスの中でもUWF系 そこキタか的な

『見せる』を排除した打つ、投げる、極めるを
どちらかと言えば実戦寄りでヤルなんてシブさ

古典酒場、街中華、洋食屋、懐かしの自販機等々
昭和を懐かしむ回顧廚が飛び付くニッチなジャンル

みたいな?


020






















《じょっぱりラーメン》

住所:板橋区赤塚新町1−24−8(地図
営業時間:18時〜翌4時ぐらい
定休日:日曜日なんだそうな
用途:土佐っ子ラーメン、飲み



これだけ多様化が進んだラーメン業界に於いて
背脂チャッチャ、環七土佐っ子系のラーメンは

かつての桁違いの隆盛から考えてみれば

今のU系のポジションの非ド真ん中性と
被るんじゃないかと悟ったのが少し前


021






















この日も、いつもの

ハードヒット帰りのじょっぱりラーメン


022






















業界に毒を撒き散らすアンチテーゼの役割

時代に逆行しているバチバチ系の興行

しかも寝技のみという完全なる縛りの


023






















そんな、男達の生き様を見た帰り

僕らのたぎったストマックを揉みほぐすどころか


024






















ビクトル投げからの膝十字固めにも似た

無化調ラーメンを打突して粉砕したついでに
アホなOLの無駄に高い意識すらも踏みにじる

毒々しい環七土佐っ子系の遺伝子を継ぐラーメン


025






















ストイックに自分を苛め抜くって所と


027






















内蔵に負担をかけるこの所業ってば


026






















やはり被りまくりの背脂チャッチャの妙


029






















今、ビジュアル系バンドで天下を取るか みたいな

世間からは少々ズレた所にあるであろう着眼点と
基本ルートではない箇所からのアプローチってのは

僕らの心をガッシャガッシャと揺り動かすこの感じ


031






















昔は遠くに感じた土佐っ子も
今では隣駅に来てしまっている

のと同様に

遠い存在だと思っていたプロレス
それもUWFっていう矮小な世界が

今は僕らの傍らにまで来てくれている


願わくば

世間の風に乗ってくれる事を祈りつつも
しかし、手の届く範囲にはいて欲しいという

消費者側の妄言の反社会性も添えて










人気blogランキング

一瞬だけでも2位だったんでしょうか。もしかして。



ブロぐるめ!

残念ながらの不動の4位。これからこれから。

2014年08月28日

中華料理 花月園@上板橋:真夏の昼の街中華はアフタースクールの如き重要な空間であると




ある日の僕らの街中華欲は

時と場所を考えない中学生の性欲の如く


一回でも食べたいとなってしまったら
可及的速やかに発散できる場所を探す

エロ本を抱えて人気のない個室を求めるという
思春期にはありがちな恥ずかしい下半身事情で


ともかく

手っ取り早く文化遺産にフラれてしまって僕ら

路頭に迷って露出狂に興じるワケにもいかず


035






















《中華料理 花月園》

住所:板橋区上板橋2−2−3(地図
営業時間:11時半〜20時半ぐらい
定休日:月曜日は誰もいないみたい
用途:ど真ん中の街中華



そういえば、と

僕の脳裏をよぎった人も疎らなビルの影

ここでだったら大量発射もやむなしだろうと

イキリ勃つイチモツも臨界寸前という風情


036






















前回こそは初回というハンデもあってか

完全アウェイという周りを取り巻く環境に

言葉少なめだった僕という恥辱ではありましたが


037






















二人ならば怖くない、とばかりに
おっちゃん達の間を堂々と割って
名人を差し置いて上座に座るという

まるで若き挑戦者な風情であったと


040






















そうそう、これこれ

昼に

酒で

アテを

アウェイで


042






















とりあえず、前回取りこぼしたポイントは

ここまでで全部回収できたんではないかと


045























カツカレーってマジすか



「夏といえばカツカレーでしょ」

って、どこかで聞いた言葉ではありますが


そんなタッグパートナーの心強い言葉は
一昨年ロスしたポイントを取り返すどころか

逆に強烈なプレッシャーを与えて
上から見下ろしてニヤつくような風情


044






















まぁ、正解だよね


048






















作法だってワールドスタンダード


049






















おごそかな自慰行為に自分ルールを作るが如く


052






















ティッシュは2枚をドローなのか3枚なのか

どんなに些細で瑣末な事でもイイと思うんです


055






















やはり、こういう所でも謎のこだわりを見せたい


054






















そういう気概はエニータイム見せていきたいと


057






















時として新境地が見えない事もない

中華そばに余ったニラ炒めを乗せて
即席野菜ラーメンという遊びを見る余裕も


058






















まぁ、1+1が2じゃなくて
1.1ぐらいではありましたけど

見立て通りの頂点よりは
一歩引いたナニかでありたいと


039






















物言わぬ師匠達から教わったような気がして

改めて街中華の深さに背筋がピンとなる
若造も若造、まだまだな僕らなのでした


次は師匠達がこぞって食べていたカツ丼に

ピッタリと照準を合わせる事を忘れずに









人気blogランキング

2位の可能性は大いにあるんですけど
なかなか達成させてくれないのが世の常。




ブロぐるめ!

安定の4位。でもないか。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)中華 | 上板

2014年08月27日

トラットリア・マンマブッファラ@東武練馬:一歩先ゆくオトナになりたいのなら焦らずにドッシリと構える、ってな極意





ハッピーバースデー ベンガル


じゃなかった マイハニー


そんな8月の中旬


096












《トラットリア マンマ・ブッファラ》

住所:板橋区徳丸1−33−7(地図
営業時間:12時〜14時 17時半〜22時
(平日ランチは木曜日以外やってるって)
定休日:火曜日、たま〜に不定休
用途:パスタ料理、肉料理、魚料理



「ベンガルと同じ誕生日なんだよね」

そう言って怒られてから結構経ちましたかね


069












僕らのハレの日ディナーのスタンダード

アド街収録の件

アド街予想の件

アド街放映の件

ってな数々の絡みがありつつも


068












やはり馴染み深い近所のトラットリア

しばらく普段使いで来ていなかったけど
いざって時の近距離パワー型の存在とは


070












ジョセフの孫もびっくり

僕らにとってのスターであり
僕らにとってのプラチナであると


072












「時よ止まれ」とは言いたいけれど

止まっていてもしょうがないと思えるのが
一歩先ゆくオトナの考えなんじゃないかと


071












抗えないのなら抗えないなりに

ジタバタするのは恥ずかしいので


074












下方修正が伴いがちな僕らの生活に

上向きを垣間見せてくれる大事な要素


075












得難い店の存在に


076












狂い悶える僕らの図


077












レディーガガによる貝のコスチュームに対して

武田久美子の大人の返答の心地よさというか


081












コートレットじゃない、カツレツな日本文化

しかしあえて、そこはコートレットと言う辺り


083












ソーメンではないくて
カッペリーニと言いなさい

僕らに課せられる大人への道は長く険しくて


085












出ましたよ

僕らの中ではヴィジュアルと味が先行して
本来の名前を覚えたまま帰る事を許されない


086












夏場は外せない通称『緑の』


ラザニア
ジェノベーゼ
ルイジーナ

帰宅する頃に思い出せるキーワードの矮小さが

ケンシロウの餌食になったジードの雑魚の
断末魔のダイイングメッセージのようで


087












「ほ、ほくと」

そう呟いて爆ぜる僕らがいたというワケで


090












なんならコースで頼んだ方が
お得なのかもしれないけど

「ドイツ軍人はうろたえない」ってのと一緒で


091












「一歩先ゆくオトナはそんな事で焦らない」

アラカルトでガッツリとヤルならヤルで
その時に目についた好きなモノ総動員


095












ドルチェを盛り合わせていただく所まで


094












余す事なく堪能させていただいたバースデー


080












ベンガル

じゃなかった

ウチの子への労い


オトナならではの間違いのない店チョイスは
いつだって焦らす事を必要としないワケで

でも口に出して「ベンガル」って言いそうになると
怒られやしないかと焦る僕がいるというワケで









人気blogランキング

近々2位になる予感。あくまでも予感。



ブロぐるめ!

思えば長い政権ですね、カフェ巡り。
カフェの良さが理解できるほど大人じゃない僕です。

2014年08月26日

福沢屋@上福岡:20年近く経って、あの日の僕の青さに気がついて懺悔を繰り返した夜




青も青

ガキンチョが過ぎて僕の尻の色が
ピーカンみたいに青かった学生の頃

とりあえず居酒屋も焼き鳥も焼きとんも
善し悪しの判断がつかなかった青の時代


東松山式やきとり


東武東上線沿線に住まう僕としては
一応、食べておいたのは言うまでもなく

しかし、しかしながら

僕の感性が未完成だったのか
その時、行った店が悪かったのか


「そこまで美味いか?」


ってのが当時の僕の率直な感想

(正直言うと今でもなんだけど)


124






















そんな折

地元の正中線ではない上福岡という辺境に
東松山系やきとりの名店があると聞き及んで

ともだちんこに呼ばれて来てみたのは福沢屋


125






















でもまぁ、言ったらソウルフードのたぐいでしょ?

美味い不味い、安い高いの範疇からは逸脱して
雰囲気中心にモノサシをブッ込まないといけない


126






















ですから

本来なら部外者たる僕なんかが
地方の味についてゴネゴネ語るのは

食卓のテレビで野球のナイター中継を見ながら
「ワシが監督なら」とかクダを巻くオヤジそのモノで


129






















同時に

ケンミンショーに出る妙な料理が
全国区なワケがないのと一緒で

全国で受けたら、もう知れ渡っているし
すでに全国展開しているよ、ってなモンで


地元にとどまり、地元に愛されるからこそ

地元の人達に愛されるべきソウルフードだと


127























ところがどうですか



入るなり、かぐわしいコの字カウンターには
高キャップ、高ハンチング帽率のオッチャン達

安価にて提供される酒とつまみは
僕の耳の裏辺りをコチョコチョプレイ


128






















これはまさか

この店はまさか


130























とんでもねーんじゃね?



僕のケツが青かったのは認めましょう

でもね、かつての僕が行った店に
難があったのも事実なんじゃないかと

そう思わせるには充分な、いわゆるカシラの妙


131






















あの時、野暮ったく感じた味噌に憤りを感じて

長年あの系列にハマり倒して
今なおズブっと埋まっている僕を

したたかにグイッと地面から引っ張り上げて
そのまま横っ面を数発ほど張るかのような風情


134






















や、美味い

美味いよここ

店として美味い

ただ、上福岡・・・


BlogPaint






















僕の心を引っ張るにはロープが短いのか

や、僕が持っているロープが短いんでしょうけど


あの日の僕の間違いを払拭して
クラッシュして粉砕するためにも

一年に一回、二回は来る意味があるのかも、と
東武東上線の下り方面に微笑みかける僕がいると

(実にキモいです)










人気blogランキング

ポイントのデフレが激しいです。
昔は2000点ぐらいでも3位とかだったんですけどね。




ブロぐるめ!

昨日の5位からちょっとだけ息を吹き返しました。

2014年08月25日

やきとん ま〜ちゃん@御徒町:大好きな友達だからこそ、今こそもつの中心で間違いを正そうと思うのだけど





まーちゃりんぐ

まーちゃにんぐ


そんな話



「や、だからナニかをするって意味で」

「うんうん」

「ingをつけるじゃないっすか」

「うん」


「で、店名が『まーちゃん』だと」

「そうだね」


158






















「まーちゃん で最後が『ん』だからー」

「はいはい」

「『まーちゃりん』ぐってオカシイと思うんですよ」

「あー、そこが解んないのよ」


159






















「うん、あの、ですからー」

「ええ」

「ingって最後の子音に影響されるんですよ」

「お、おう」


161






















「よく、まーちゃんに行くっていうのを」

「はい」

「『まーちゃりんぐ』って言ってるじゃないっすか」

「まぁ、そうよね」


162






















「さいごの『りんぐ』の『R』は」

「うん」

「どこから来てるのかって話なんですよ」

「あー、そこから解んない」


163






















「店名は『まーちゃん』でイイんですよね」

「そう、まーちゃんよ」

「でも、その『まーちゃりんぐ』がまかり通るなら」

「うんうん、はい」


164






















「店名が『まーちゃー』になっちゃうんですよ」

「ほうほう」

「ここはまーちゃーじゃないですよね?」

「違う、まーちゃーじゃない」

「まーちゃんですよね?」

「そう、まーちゃん」

「ですよね?」

「うん」


165






















「『まーちゃん』の最後の『ん』と」

「ん と」

「ingとで」

「と で」


166






















「いわゆる『まーちゃりん』ぐじゃなくてー」

「じゃなくてー」

「『まーちゃにんぐ』が正しいんですよー」


「ゴメン、そこがいつも解んない」


168























(なんで解んねーんだよ)



170






















「や、だからね、それはね」

「あー、うん」

「まーちゃりんぐって言うならばー」

「いやー、あのさ」


171






















「まーちゃりんぐでイんじゃね?」



(だからよくねーよ)


172






















舛添の規格外の暴走や
秋元康の超激悪徳商売や
著名人が氷水をかぶる行為

イスラエルがわがもの顔で虐殺を繰り返す等々


世の中、納得がいかない事ばかりです


180






















警察が動くような事とか
公安が目を光らすような事とか
世界を挙げて不正を連動するような事とか

僕らのパワーじゃどうしようもない事象に対しては


175






















まぁ、あきらめましょう
(あきらめちゃダメなんだけど)

しかしね、しかしですね


仲間の間違いは正しておきたい


ですよね

であると思うんです

大好きならばなおさら


177






















maachar(まーちゃー)+ing=まーちゃりんぐ
maachan(まーちゃん)+ing=まーちゃにんぐ

屋号がまーちゃんと仰るのならば
まーちゃーじゃないと言うのならば
正解はまーちゃにんぐじゃないかと

思うんですがいかがでしょう


だめ?


185






















と、秋元屋の血を引くお店のある
御徒町の中心で叫ぶ僕がいたと

そこでガンコなおっさお兄さん達
解っていただこうと叫ぶ僕がいたと

(そんなに響かなかったけど)


173






















でも隣のおっさんの領海侵犯には

ヒジ鉄で以てちゃんと対抗しましたけどね


そんな僕の中の領土争いのさなか

限りなく小声だったかもしれませんが
これだけは言わせていただきます

まーちゃんに行く事は
まーちゃにんぐですよ

(リアルに小声で)











人気blogランキング

巨星墜つ、という事で僕にもチャンスだったりして。



ブロぐるめ!

首の皮一枚から2〜3枚ぐらいにはなりましたか。

2014年08月24日

オムライス&コーンのかき揚げ@自宅:ドサクサに乗じて料理の腕の底上げを狙うも、思わぬ伏兵にやられるの図




とある、僕の晩メシ当番の日

この日のディナーのテーマは茶色っぽい黄色

言ったら食卓を彩る最高のカラーって事ですな


001






















あっこインスパイアのかき揚げ実験


002






















色んな所から数々のアドバイスをいただいて


008






















まぁまぁ、店レベルには程遠いけど
それなりに細々と継続しておりまして

しかし試作品4号目にして、ややの足踏み


掴もうとも掴ませてくれない
思春期に於けるオッパイの如く

いつかそれは、どうにかなるはずなので(楽観)


004






















この日、もう一個のテーマ

中華ペーストをもってしての一個の試み


街中華方式のオムライス


古めかしいお食事処でいただくってのも
僕的には鼻腔のビッグバンではありますが


005






















フワッフワの?

タンポポ方式の?

花が咲いたようなアレ?


黙ってろケツメド野郎!


オムライスってのはね

ラードで炒めたチキンと玉ねぎ
ケチャップが乗りすぎのライスに
包み込むような強いしっかりエッグ

そこに混ぜ込まれるホンノリ中華味
やっぱ、そうでなきゃいけないんですよ


理想系の究極はあの店のだとして

塩っけの効いたコッテリしたケチャップライスを
ちょっと厚めの、なんなら焦げ目もあるぐらいの

そんな玉子で、玉子の色で語る正調オムライスは


006






















こう


007






















こう


013






















あー、ケチャップで書いちゃう感じですか?


011






















どんな家庭でもヤった基本中の基本ですよね


010






















書かれた文字列のダダスベリ性と
圧倒的、しかし弱すぎる出オチ感は

まぁまぁ、いったんどこかに置いておくとして


012






















初チャレンジだった包み込み式とはいえ

ちょっとした料理の経験と勘と偶然が
フライパンの形状にマッチした感じ


014






















ちょっと崩れてしまったけど

こちらも、なかなか高火力の出オチ感


016






















あ、そっちを選びなさる

形状よりも書かれた文字で選ぶとは
いっぱしのプヲタになったんじゃなかと


017






















ともあれ、このオムライスディナーは

素敵なテーマに沿ってガサツに編み込まれた


019






















ひとつの理想系

この手のグルメを愛する僕らにとっては
あらゆる食を以てしても全てを圧倒する模様


020






















ケチャップと少々の中華ペーストが生み出す

小保方ナニガシもひっくり返って漏らすであろう
キッチンでのハイパー化学反応なんじゃないかと


021






















まぁでも、この日一番「スゲー」と思ったのは
かき揚げの付け合せのポテトなんですけどね

(;´Д`) えー


テーマに沿ったメインを完全に食ってしまったのは
揚げる前にイモに付けた、ごく微量な衣のマジック

乱戦での見えない、目立たない闇パンチの
恐るべき威力を目の当たりにしたワケで










人気blogランキング

2〜4位の乱戦は好都合だったりして。



ブロぐるめ!

こっちも2〜5位が超激乱戦模様だったりして。
昔の記事