2015年07月05日

かっぱ寿司@東武練馬:僕にとっての死の都で見つけた30年以上前につけた轍の有り様




学生時代からお世話になっていた炊飯器

機能としての問題はなかったモノの
一定時間の保温に耐えられなくなり
コメが臭くなるという弊害が出たために

泣く泣く廃棄、からの新アイテム購入という流れ


19年という年月は

田舎者の僕にとっての成長物語であり
厳しい社会との関わりでもあったワケで

上手く使った上で10年ちょっとという
家電の定義に押し込めるとするならば

天寿を全うしたんじゃないかという僕ら的成仏


072






















はてさて、欲しかった物を買い叩いた僕ら

にわかに発せられたウチの子からの大提案


かっぱ寿司行こっか」 ってアンタ



まるでリピートして見たアウトレイジビヨンド

前作で裏切った部下の石原(加瀬亮)に対する
大友(ビートたけし)の「野球やろっか」みたいな

淡々としながらも待ち構えているのは圧倒的な地獄

(僕にとっては)


052






















腹に詰め込むためだけのビニ弁よろしく

食べるために働く じゃない
働くために食べる みたいな

食的な恥辱の向こう側の恥部のビラビラ


054






















恥ずかしさの極み、動くためだけのエサ
中途半端な駄メシに搾取されるぐらいなら

「ちゃんとしたモノを食べようよ」とは

コメカミに銃を突きつけられていても
専制国家の圧政に喘いでいながらも


055






















振りほどいて言いたくなる僕ではありましたが

「おごるよ」の一言で動くのも、また僕であり

あさましくも、さもしい一面を覗かせる小市民


057






















あぁ、このクソジャンク
これぞ回り寿司の矜持

軽めの家族サービスとはいえ
ナニかに心を預けておかないと

食欲が枯れ果ててしまいそうな死の都


060






















寿司屋で食べるようなモノは極力避けて

寿司屋に来ているという思考をできるだけ捨てて


061






















ここでしか得られないモノに従事する事こそが


059






















よりスマートな生き残り戦術なんじゃないかと


062






















まぁ、ラーメンに関して言うならば


065






















くら寿司への軍配が100も挙がる情勢かと


051























ソフトサラミ握りって



058























旨さ新発見って



056






















コメとビアソーの爆発的な親和性に関しては
こちとら30年以上も前に通過しているワケで

烈海王が行なってきた数々の蛮勇じゃなくても
シャウトしたくなるのもしょうがないというワケで


しかしそれは企業としてはどうなのかと

そういう考えに辿り着いたモノの
この手の企業では恐らく初の試み

ドブに沈み途中の叫び声ではありますが
僕は大いに聞き逃すまいと身構える所存


原価率の低いであろうコイツに乾杯












人気blogランキング

開く位一方だった2位との差も政権交代の匂いが立ち込める。



ブロぐるめ!

こちらはシレっと政権交代が起きたようですよ。

2015年07月04日

ぼくの麺@上板橋:線路を挟んで始まった家系戦争に初手を放つのはここなのかも知れない




暑い季節
蒸す季節

だからこそスパイスの効いた辛いナニかを食べて
スカッとするって手法は古来よりのシンクロニシティ


風邪を引いた折

ネギを鼻に詰め込むだの
梅干をデコに貼り付けるだの

お婆ちゃんによる不気味な民間療法よりは
腑に落ちる、納得のイク事象の成り立ちかと


070

























《ぼくの麺》

住所:板橋区常盤台4−31−11(地図
営業時間:11時半〜14半時 18時〜24時
定休日:不定休、木曜に多いみたい
用途:若さ溢れる家系ラーメン



暑さに辛さをぶつけるのが、ひとつの手なら
暑さに濃厚さをぶつけるのも、ひとつの手かと

暑くて蒸し暑かったある日(暑い二回言った)

僕はある種の成分飽和状態のスープを求めて
ヨーカドーの裏にある完全個人の家系ラーメン


061

























外が茶濁のトロトロみたいな天気だからこそ

内側に茶濁のトロトロを取り入れて
専守防衛からの均衡を試みようかと

長州のサソリ固めをパクった
藤波の駄所作を思い出す風情


062

























折しもホンのついこの間、街道沿いに
資本系の家系ラーメンが出来たばかり

ちょっと駅よりにはせい家だし
線路を挟んで逆側にはこの店


063

























にわかに勃発してしまった上板橋家系ウォーズ

人員と物量では遅れを取るしかないこの店には
線路の向こう側からのタコ殴りに要防御という事態

穏便に平和に暮らしたい吉良吉影であっても
リスクを承知で敵に立ち向かう時が来たのかと


064

























暑気払いついでに

その気合の入り具合を確かめに行ってみようかと

まるでそれアンタ

OBが部活のその後を見に来るウザいアレかと


ふと、イガラシの新キャプテンっぷりを見に来た

丸井の黒い鼻先が脳裏を駆け巡ったワケですが


065

























はたして、その濃厚さは

かつてを凌駕するんじゃないかってほどトロトロで

ひと口目からヒゲがボーボーに生えるぐらい

男性ホルモンの大量分泌みたいな有り様


066

























そこまで家系に明るくない僕でも解る
あまり出会えない、ウソ偽り無い濃厚

あまりの男性っぷりのビンビンな呈し方は

自身のホルモンバランスの歪みを疑うほど
性的なお薬の効き目におののいてしまう情勢

(飲んだ事ないけど)


068

























そこまで食に頓着がない腹ペコの学生なら
ワンコインのせい家、ライス食べ放題の新店

その辺りに吸い込まれるがよろしいとは思うけど


暑さを叩いて砕きたいのなら

そしてホンモノにありつきたかったら
北口方面に飛べば間違いないだろうと

ラピュタで言ったら南口は目くらましの財宝


069

























そして夏のメニューとは攻撃の手を緩めない

倒れた相手の眉間に拳を数回振り下ろしてから
やっと残心を取るような、恐ろしく激しい用心深さ


暑さに対しては辛さと濃厚さ、ではありますが
一番効くのは冷たいナニか、というのはド直球

夏にこそ攻防一体を見せるとは危険球極まりない


ASOKOの冷たいのとレモンサワーと合わせて

今年は昼も夜も通ってしまいそうな予感(ニヤニヤ)












人気blogランキング

今が反撃のチャンスなのかなんなのか。



ブロぐるめ!

こっちは体勢が整いました。いつだって撃ち落とします。

2015年07月03日

SANKYU@大山:大手企業の物量より町工場の最高水準を求めた僕らの勝利宣言




言ったら放心状態というか

未知の快感に襲われたというか

童貞を失う際の大爆発が凄ければ凄いほど


021






















喪失当時を大事にできない尖った思春期よろしく
事後の重要性に悩み慌てふためく様相であると

そんな感じだった一連のパーソンズin武道館


思えばプロのミュージシャンのライブとやらに
一回も来た事がなかった僕の心を打ち砕くには

充分とも言えるハイパーオーバーキル

たかが、ひったくり犯を捕まえるのに
核攻撃に踏み入るぐらいの殺しっぷり

棺桶に入るのは指の骨だけとかそんな事態に
精根尽き果てた僕らが向かったのは肉の聖地


022






















《SANKYU》

住所:板橋区大山町8−10(地図
営業時間:17時〜23時前後(日曜ランチあり)
定休日:火曜日だって言ってた
用途:焼肉、韓国料理、マッコリ



あぁ、申し訳がないぐらいにご無沙汰っぷり

リーズナボーな肉だったらここで間違いないのに
冷めた夫婦生活だったら要カウンセリングな事態


単体で来るのはマタギの店の後に来て以来

二人で揃って来るのは実に3年ぶりって

もったいないおばけもガチで殺しに来る

公共広告機構が血に染まる殺伐とした風景


023






















ともあれ、お疲れ様でした

昼過ぎから動き始めて10時間ちょっと

ライブ筆おろしという事態を差し引いたとしても

常人だったら一日の労働時間に相当するワケで


024






















それはそっくりそのまま

プロレス後の焼肉にも置き換えられるワケで


026






















この際、酒の吸い込みよりも

尊ばれるべきは肉と穀類の吸い込みというワケで


027






















間違いない

間違いがなさすぎる


028






















僕らの体が求めていた欲望の型と

ハマってくれるピースのミリもズレない様相


029






















名うての大手企業による物量や
最新機器での算出じゃ難しいのに


030






















町工場のおっちゃんの指先ひとつに
これっぽっちも歯が立たないのと一緒で


031






















最高のもてなしの終着駅とは

個人店のアナログに頼るのが最強なのかと


032






















質のイイ真球を求めるのなら

巨大な工場で生み出されるベアリングより

下町で作られる競技用の砲丸に分があるのかと

改めて思い出して噛みしだいた次第


033






















まぁ結局、ナニが言いたかったのかというと


タンシチューがあったら頼んどけ


そういう事であると

マスターの気まぐれ突発メニューに
センサー最大で耳をそばだてておけと

美味いモノにありつきたいのなら
個人店による手動の極みを見ろと

ご無沙汰だった僕が言える義理じゃないけれど











人気blogランキング

下に怯えても始まらないので上を見る事にします。



ブロぐるめ!

終わらないケーキ旋風と浮かび上がらない僕。

2015年07月02日

中華料理おおかわ@ときわ台:ウサギの使命感を褒め称えた神様が月へと運んだワケとは




弱った、こりゃ弱ったぞ

上板橋⇔ときわ台 間の街中華を貪りたい欲は
慶修光陽楼で収束に向かうかと思っていたのに


048

























《中華料理 おおかわ》

住所:板橋区前野町2−10−1(地図
営業時間:11時半〜14時 17時半〜20時
定休日:日曜なのよって言ってた
用途:王道がすぎる街中華


S&B通り沿いに映える昭和の匂い

こういう店に気づいちゃうんだもんねー

(つか、今まで気づかなかったのがおかしいぐらい)


例えるなら、ときわ台

軽く視察した先でヴォルクハンやコピィロフ
ヒョードルを発掘してしまうロシア的奥の深さ


こいつらクラスなら

まだまだ出てくるんじゃないかと思わせる
広大すぎる上に縁のない未開の採掘現場


049

























そんな怪物、今までどこに潜伏していたのか

その鉱脈は枯れ果てる事を知らないのか

どこからやって来て、どこへ行き着くのか

中高生男子の精子の如くの大量生産


051

























や、陰鬱で悶々とした自家発電なんかじゃない

ロシア人が前田日明のもとへ駆け寄ったように

消費する側とされる側を理解した上での力の流れ


052

























行き倒れの老人を助けようと

猿は木の実を集め

狐は皮で魚を獲り

ならばとウサギは

自ら火の中に飛び込んで食料としたように


054

























それぞれの役割が割り当てられているのなら

身を焦がすってのは大げさな言い様だけど
何らかの使命をこの手の店に持っていると

僕は僕の中でそういう事にして


055

























アンドレがあの体つきに運命を感じたのか
体格を活かした攻撃で世界を蹂躙したように

容赦のない冷やし中華を以てして
僕は界隈の街中華を歩き回りたい

そう願うワケなんです(スケールちっちゃ)


056

























しかし、う〜ん

今までに見た事のないクラスの雑然

よく言ったれば人の家でいただく冷や中


057

























雑な盛りといえば雑な盛り

刑務所メシで出るかどうかは解らないけど
もし出るなら、この系統に近いんじゃないかと

今までにない、キッチリ揃えられてこその法則を
軽くぶち破ってトーナメントに旋風を巻き起こすか


058

























果たして巻き起こってしまったというか

ルックスからは想像できないほどの(できるけど)
過剰なジャンクさの円グラフの一部が突起しており


059

























特にこの麺、柔めの幸楽とは真逆

中太縮れのコイツに、ほんのり芯が残っていて
歯を立てる度にポキポキと骨伝導モールス信号


060

























先ほど火に飛び込んだウサギも
まさか爺さんが神様だったなんて

思いも寄ったのかもしれませんけど(神話だしね)


しかし

ドの付く街中華界隈というニッチなフィールドでは
トップクラスに食い込んでくる傾奇ながらの正統派

しかも麺固という逆サイドからのアプローチにより
僕は魔性の現場に立ち尽くすしかないワケでして

(現実だしね)


050

























ともあれ

まだ喰らっても喰らい尽くせない上板橋・ときわ台


シーズン中に近辺の全冷し中華を回れるのか

なんとなく心の導火線が熱くなってきたからには
謎の使命感と見えない後押しによって弾ける所存












人気blogランキング

さぁ、そろそろ下からの突き上げが怖くなってまいりました。



ブロぐるめ!

↑ ケーキ旋風に吹かれて顔を出そうにも出せないっていう。

2015年07月01日

レストラン武道@九段下:武道館併設の店にて清濁を併せ飲む僕らの準備は万端で




思えば3年前のDDT以来ですか


001






















ビッグTHE武道館

なんだろう、昔と違って今ここに来ると
涙を伴うというか鼻がグズグズ言う感じ

爆風スランプの功罪は偉大に果てしなくて


002






















そこにパーソンズを代入するとなると

溢れ出てくる涙の量も桁違いになってくるワケで


や、小さい所までコツコツとやっていて
低迷した時期もくぐりながら音楽の聖地

そんな所に24年ぶりに帰ってきたとなると
僕らだって若干の前のめりを呈するワケで


003
























チケット調達に遅れてしまった僕らは当日券狙い

のめりが過ぎて宙に浮いてしまった数時間

どこかで時間でも潰せればと思いまして


004























言うに事欠いて“武道”て



武道館に併設されているサ店があったなんて

齢40を手前に見えてきた30年目の真実


パーソンズのデビューした時期と
僕と武道館の関係性の年月が被る

そんなどうでもいいインフォメーション


005






















のんびり時間を潰すには、と思いきやの
広すぎて、のんびりしすぎて寝てしまう懸念

いったい早起きとは何文の損なのかと
諺の発信元にガットショットを入れる所存


006






















しかしまぁ、アレですな


008






















ややの高いメシはしょうがない


007






















公共施設、それも神聖な場所の


009






















その程度と言ってしまっては
大変な失礼に当たる付加価値


012






















粉チーズにカタルシスを見出そうにも
出の悪さに乳酸だけが腕に溜まる風情


014






















落ち着け落ち着け

僕らはナポリタンやカレーを食べに来たんじゃない


016






















涙を伴うべくして伴うパーソンズの帰還

その勇姿を網膜に貼り付けようと来たんじゃないか


017






















つーワケで清濁の併せ飲み

毒は毒らしく食らい、反動から健康食品にすがる

すでに体勢が前のめりなのに心まで前を向くかと


018






















準備段階の解りやすい句読点に
鞘の中で加速が済んだ刀よろしく

いつだって前に飛び出して行ける
抜刀寸前の僕らがいたのでした


004























しかしレストラン“武道”て



ここから数日間

このツッコミが頭から離れないなんて

この時は知る由もないのでした

(うそ、薄々感づいてた)












人気blogランキング

一見すると打ち落とせそうな、そんな絶妙な距離感。



ブロぐるめ!

まだ浮かび上がらず。溺死寸前で6位以下を彷徨う。

2015年06月30日

らあめん こそっと@上板橋:箱入り娘を思わせるお固さからの溶解、意外な付け入る隙の新発見




ラーメン屋で酒と言えば

缶ビール、缶チューハイ
あったとしてもビンビール

生ビールが置いてあればイイ方で


サワー、うんうん夢のまた夢

日本酒、ひょんな事から異世界へ

ホッピー、エルフにモテモテのハーレム

ありえない事を望んで夢想する思春期の奈落

そんなん富士見ファンタジア文庫に任せとけってな


016

























たとえあったとしても
酒場価格では絶対になく

とかく『飲ませる』を良しとしない
『啜って帰れ』が聞こえてきそうな

回転率を矢じりの先端に持って来る感じ


015


























レモンサワーが290円?



自分の領分に交差しない畑違いに対しては
うっかり触れないようにしているのか何なのか

ストイックに陥りがちなラーメン専門店にて
この『飲ませる気マンマン』の価格帯の登用


さすが、こそっと

ちょっと目を離した隙に

幼女から女への変身を見た 的な


017

























レモンサワー×2、つまみセット420円×1

この、ちょうど1000円に収まる
押しやすさ抜群の券売機のボタン

なんだろう、お堅いお嬢様のように見せておいて
そういう所に付け入る隙があるのかもと匂わせる

もしかしたらヤレてしまうんじゃないかと錯覚する
たかまつなな への「ビッチたれ」という失礼な期待


018

























思わぬトラップと躍動する肝臓とのコラボは

僕に限定のスイッチを押させるには充分で


019

























冷やニボですか

かつて来た時に虜になってしまったアイツが


020

























ひんやり冷えて

なんなら冷えすぎてスープがシャーベット状に


021

























この手の夏の限定ってば
場数を整えていないばかりに


022

























僕の手は震える一方で
(サワーを飲んだのに)


024

























ケンカ慣れしていない人が相手と対峙して

前口上から入る時に噛んでしまうぐらいのあるある


025

























ところが一口

この一口は

麺のように僕の口内を滑らかにしてくれて


026

























なんだこれ

冷えているからなのかノンストップで吸い込まれて


027

























酔いに任せて大暴れ

泣いたいじめられっ子
いじめっ子を蹂躙の様相


全ツユからの、器ナメこそは回避したモノの

もう一杯飲んでしまおうかとの悪魔のウィスパー

(これもなんとか回避)


013

























《らあめん こそっと》

住所:板橋区上板橋3−9−4(地図
営業時間:11時45分〜14時18時〜22時
(土日祝は午前営業だけっぽい)
定休日:月曜日だったはず
用途:鶏白湯、煮干



やられたなー

こりゃレモンサワーからの冷やニボは
夏の定番になっちゃうなーと思っていた所


014

























ナポリタンのノボリに

一瞬 (((( ;゚д゚))) っとなるも

「なんだ隣の居酒屋のか」と思い直して

再び (((( ;゚д゚))) となってしまうという


この居酒屋で飲んでからこそっとに流れる
そんな危険なルートをチラッと思いついて

ご近所さんに声をかけようかなと
リストをチラ見からの顔のニヤリ











人気blogランキング

ちょろっと弱々しく、そして下からの突き上げが恐ろしく。



ブロぐるめ!

ケーキ旋風おそるべし。僕の付け入る隙がないという。

2015年06月29日

麺屋 楠@上板橋:普通の優等生からの脱却とは、ちょっとだけワイルドになる事と見た




不安?

不安でしたよ

他人事ながら


開店するなり安定しなかった営業時間と
メニューの少なさ、駅から遠いというハンデ

初動から搭載していた手枷足枷の数々は
開幕で77のリングをつけていたぐらいの重苦

タルカスとブラフォードも泣いて許しを請う事態


001

























《麺屋 楠》

住所:板橋区上板橋2−3−3(地図
営業時間:11時半〜14時半 17時〜20時ぐらい
定休日:どうやら水曜日みたい
用途:豚鶏+魚介スープ



ただ単純に僕が好きな味だけに
若い味を続けてもらいたいがために

近所の街道沿いの新興勢力
エールを送り続けたいと願う次第


気分はもう、相撲やプロレスのタニマチ

こちとら経済力は無いけど勘弁しいただきたく


002

























さらに1シーズンぶりでタニマチを名乗るとは

1回番組で芸能人とご一緒させてもらったADが
「アイツ友達だよ」ぐらいの事を言っちゃう痛いアレ

ダメな小市民むき出しの僕ではありますが

直で強要しているワケじゃないので
許されるような気がするものまた事実

(都合のいい思い込み)


003

























この日、食べたつけ麺に至っては
ご対麺はまさかの九月ぶりとかいう

先の発言の更なるビッグマウス化現象


005

























亀田ファミリーをちぎって砕いてドブ川に叩き込む

さらなる外道行為で封印された中二病が騒ぎ出す

事もなく


004

























シレっとつけ麺、大盛りの妙

味玉の惰性は大林宣彦映画に於ける
尾美としのりの位置づけと断ずる僕は


006

























なんとなくではありますが、このつけ麺

若手のプロレスラーがデスマッチをくぐったのか
それとも総合格闘技や野試合を繰り返したのか


匂わせる匂いの、細胞に突き刺さる鋭角な突起

一年前とは違う、微細ながらも進化を感じていて


008

























イイね、イイよ、大好き

普段、おとなしくて滅多に動かないアイツが
ピンチ時に四肢を爆裂させるような頼もしさ


010

























ジャイアンが映画でイイヤツになる感じじゃない

出来杉、いや担任の先生が活躍しちゃうみたいな

組み込まれて溢れ出すフルスイングの非日常とは


009

























搭載済みだと思っていた去年の仕様から
甘味だけを差し引いた無骨で男っぽい感じ

ピチピチでチュルンとしたベビーフェイスに
僅かながらのヒゲを散らせたかのような風情


011

























小さい事で化けてくれる成長性の伸びしろ

そこが、僕が好きでたまらない要因の一つ


それが本物かどうかを査定するためなのか

同じ街道沿いのちょっと駅寄りに
資本の入った家系ができるという

禁断の78個目のリングを
着けなくてはならないのかと


心配である一方で

それが躍進のスイッチじゃないかと

どう切り返すかを楽しみにしている次第です











人気blogランキング

こっちは様子見かなぁ。まだ3位みたいなので。



ブロぐるめ!

問題はこっち。ケーキ軍団に蹂躙され続けております。

2015年06月28日

初夏のサーベルナイト@日暮里:酒場での出会いと別れを超越した怪奇現象に挟まれて僕は




酒場の世界ってのは狭いと申しまして

誰と誰が繋がっていた、なんて話はしょっちゅう

ジャニヲタの悪評ぐらい耳にする事も頻繁だったり

(例えがダメすぎ)


092






















ある日の不定期開催仲間内の飲み

こうして呼んでいただけるってのも
ある種の奇跡のエンカウントだし

ここで誰かと出会えたっていうのも
前もった出会いがあってこその宝


093






















つまらん力で抗うなんてとんでもない

来た波に対しては引き込んでの三角締め


098






















例えマウントから攻められていたとしても
起死回生のオモプラータで上下逆転の妙

声がかかりさえすればアズスンアズ「行きまぁす」
上ずった返事はカストラートを思わせるファルセット


099






















僕の拙い活動を汲んでいただけるのなら

そこは世界ビックリ大賞に出る彼らのマインド
奇異の目で見られようが何だろうが屁でもない


103






















美味しいナニかに出会えるのなら


104






















「タココラ」ってな罵声も厭わない


106






















食と感情のダブルで当てられて


102






















グゥの音も出るワケも無く


101






















活発的なシュワシュワと


100






















ドッシリ動かない魚の刺身


107






















エッヘッヘ〜蒲焼〜柔らかいっすね〜


105






















からの、全国のお百姓さんに感謝した僕らは


120






















ハモを心の限り


121






















シャブ極道っていう


125






















シャブり尽くして


126






















食し倒すっていう


122






















普段、で出さないような飛び道具も


123






















文字通り体のシルエットを大の字にして


124






















当たる面積を最大にして全弾を受ける所存


127






















美味いモノはオーバーフローさせずに
なんならキャリーオーバーを望みたい所

考えるには易くとも実行には難いというのを
遺伝子レベルで解っている猛者たちの集まり


129






















考えの似た者同士っていうのは
まんま姿かたちも似るのだな、と

「お前ら生き別れの兄弟か」ってなぐらい
似ているという範疇を軽く飛び越える酷似

飲み友のソックリさんというかドッベルゲンガー


そんな二人に挟まれてしまって僕は

どっちがどっちだか混乱をきたすっていう

(酒のせいって説もある)


ともあれ最後に添えたいのは

レアな怪奇現象の目撃への驚愕と
燦然と輝く『感謝』の二文字であると

お誘いAZMS


(あ、定休日が日曜になったというのも添えて)













人気blogランキング

みるみる開く2位との差。止まらないのか止められないのか。



ブロぐるめ!

そしてついに埋没しました。ケーキ軍団大逆襲の巻。

2015年06月27日

即興ハヤシスパ@自宅:漠然とした『天』から明確に見えてきたラオウの目的




例えば食べる目的で、とある料理を作ったとして
それを食べる事が目的なのはモチロンなんだけど

そこから生まれる副産物や、その料理のラスト付近

実はそこにこそ欲しいモノが転がっていたというか
結果としてそれがメインになってしまったというか


まぁ、そんな話


012












普段、あまり食べないハヤシライス

ナニを思ったか、ナニに取り憑かれたのか
ある日、せっせと仕込む僕の姿がありました

なぜ備蓄戸棚にハヤシの素があったかというと
「ハヤシ食いてー」じゃなく、安いとかそんな理由


スーパーのレジ前の月餅よろしく

ついで買い、惰性の極みは否めなくて


011












その過程でピョコンと顔を出す、とある考え

乳牛として役目を終えたら食肉になるみたいな
流動体の行き着く先、麺に絡めるという終着駅

僕の意識の集中する事、レーザーポインターの如く


013












や、最初っからそれを意識してーとかじゃなく
ミッション中に通行人を殴ってしまうGTA的な

遂行の途中に見る目的意識の変質


例えばサッポロ一番

もちろんメインはジャンクな即席麺本体ですが
最後の最後、スープの底に散らばる麺のかけら


014












最初はそうは思っていないんだけど
食べ進むうちにあらわになる着地点

結果、アレをラストにズズズっとヤリたいがために
ポロイチを食べていると言っても過言じゃない事実


「スープの底の麺、あれ商品化してくれないかねー」

何かの番組で、みうらじゅんが言っていて
「同種族発見」と狂喜した僕がおりました


015












つーワケで

終了間際のハヤシに絡めたるスパゲティ

コメに置いていた羨望の眼差しのシフトチェンジ


017












ひたすら天を目指していたラオウが激闘のさなか

「天とはお前(ケンシロウ)だったのかもしれない」

気がついたのか、都合よく辻褄を合わせたのか

一旦は見えてきた北斗神拳のフィナーレ


018












その後の

天帝→修羅の国までは許せるとしても
それは器をペロペロとナメるような行為

そのあとのグダグダは器をかじるのに等しくて


019












終わるべき所は終わるべくして終わる

チマチマ生きながらえて日銭を取るよりも
頂点で散って伝説となる方に美学がある

綺麗に終わらせる事の大事さを見たと


ハヤシスパとは

ケンシロウvsラオウの北斗練気闘座

明確な終点に向かっての欲のぶつかり合い

美味しくてオイシイ全方向、意識の高まり


これ、悪くない例えだと思いませんか?

(知らんがな)












人気blogランキング

みるみるうちに開いていく2位との差。まだ遠いか。



ブロぐるめ!

復活の狼煙はまだ上がってくれないみたいです。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ジ・自宅 

2015年06月26日

炉ばた焼 おがわ@中板橋:最先端よりも最古、逆流する強さへの欲は原始に帰ってきて




店をやっている人が通う店ってのは
なんとも信憑性があるように感じます

自分の店で手一杯というのもアリですが
他を知って勉強とするスタンスもアリかと

飛鳥のように神のガラパゴス化とは真逆の
可能な限り、飛び回って糧とする進化の過程


001






















ある日の、今年43回目

「昔から通っている店がありますよ」
と、みとやのマスターから聞きまして

ラーメン好きでありながら居酒屋事情にも明るい
陸上競技の二毛作、お前はカールルイスかってな


自分の領分とは別ジャンル

捨て置けない実績があるだけに

無視がありえないと思う僕なのでした


002






















《炉ばた焼 おがわ》

住所:板橋区中板橋25−5(地図
営業時間:17時〜不明
定休日:不定休かもしれない
用途:使い勝手の酔い感じ



ここかぁ

環七方面にハシゴをキメる時は
ここを通ってバス停に行ったっけなぁ

なんて、思い出すだに恥ずかしい
酒場巡り黎明期のあの頃を反芻して


003






















今となっては成熟した、と思いたい僕ですが
奇跡の小学31年生がナニを言っているのかと

精神的な前のめりは『つもり』で終わって
亜の付くファンタジーで完結しているのかと


妄想の中に生きる中年の一個のピリオド

それを真正面で穿つか否かの瀬戸際にのは
なかなかヘンテコな扉が待ち受けているモノで


004






















開けないで外から眺めていた僕の馬鹿野郎

成熟しても二次元に恋する童貞どもを
馬鹿にできないナニかが内在する所存


なんだ、内気な野郎って同じ道を行くんじゃんか

そう、猫の額以上に狭い理論のレッドカーペットを
外出用のジャージで裸足にサンダルってな一張羅


006






















普段着の着飾らない の遥か向こう側

就寝中のあらぬ姿の開けっ広げ

徳弘正也的な足の菱形の様相


まるで長年連れ添った熟年夫婦

普段では見せないような恥部も
無防備が先行してしまったら
あとは流れに乗るばかりで


007






















出会いから何年経っても、ジジイババアになっても

トイレから響いてくる相手の屁の音すら愛おしい

そういう砕けすぎた間柄でありたいと願う

抜群の雰囲気が似つかわしいこの酒場


005






















近所の景虎とは客層もノリもまるで違う

向こうが華麗な足技で翻弄するフルコン空手なら
こっちは空手じゃない唐手、呼吸法と鍛錬の賜物


斥候のつもりで来た僕を打ちのめすには充分

喰らう側としては『安くてデカい、メニューが豊富』

そういう原始の強さへの欲が搾り出される所存

習いたい通いたいと願える年頃になりました












人気blogランキング

ますます開く2位との差。アキレスと亀の酷いヤツみたいな。



ブロぐるめ!

昨日、一瞬だけ復活の兆しがあったんですけどねぇ。

2015年06月25日

麺屋Hulu-lu@池袋:夏のうちに賭けるべきナニかがあるという事は大変有り難いという事で




プロ野球に興味はありませんが

高校野球は大好きだったりします


018






















《麺屋Hulu-lu》

住所:豊島区池袋2−60−7(地図
営業時間:11時半〜15時 18時〜21時
(日祝は11時半〜15時半)
定休日:火曜で間違いないかと
用途:雰囲気ハワイなラーメン屋



プロだってもちろん
生活がかかっているし

シビアな世界だってのは
重々承知しているつもりです


ただ、シロート目から申させていただくと

太ったオッサン達がモゾモゾ動いているようで
妙な試合時間の長さばかりが目に入るというモノ


020






















その点、どうでしょう高校野球

最近はプロ入りを前提条件として取り組んでいる
早々に設計図をこしらえる球児もいるようですが

アスリート然とした若い肉体の躍動


ひと夏に賭ける想いのパワー

例えここで選手生命を絶たれたとしても
爆裂をいとわない投打、命を賭けた守備

このまま分解してしまったとしても
それはそれで燃え尽きた男の美学


なにそれ超カッコイイ

想像するだけでゾクゾクします

(軍国主義を思わせるとか眠たい事言わない)


021






















そしてそう、これが重要

一回でも負けたらそこで終了ってシステム


プロの消化試合とやらを踏み抜いて打倒する
必死さの深みの違いを見る事ができるというか

一挙手一投足、一箇所の土のくぼみ、一陣の風

どう作用するか解らない戦場さながらの地にて
自身の能力の限界と機微の配合の見せつけ合い


022






















「よっしゃ、ここで行ったらぁ」 


ウチの子は思ったのか思わなかったのか

Hulu-luで唯一、食べ損じていた鶏パイタンを
ストレートに貪るように吸い込んでいる様を見て

同点で9回裏、サヨナラの場面での
虚を突いたホームスチールなのかと


『一口ちょうだいじゃ到達できない丸々一個』理論

かつての経験を以てして
再現して挑んでいるのかと

外食に対するウチの子の心構えに
そこはかとない成長を見たのでした


023






















僕はといえばItalian風フルルの冷やしSOBA

ひと夏を捧げると誓った前回

甲子園で猪突する彼らを想うと


025






















持ち味を存分に振るうためには

外すワケにはイカない純然たる屋台骨の戦術


024






















すなわち、それを用いないという事は

岩鬼をキャッチャーにコンバートするぐらいの暴挙


026






















試合中はノンストップで突っ走るため

分岐分岐で頼るのはおのれの直感力


027






















勝って試合が終わって、ふと力が抜けた瞬間に

感情とマインドの第2波がやって来るワケで


019






















今日も美味かったし正しかった
そして選択は間違っていなかった

と、今一度心を揉みほぐしてリラックスさせて

やがて次なる試合へ向けて
ケタ違いのガソリンぶっかけで
闘争心を燃やしにかかるワケで


そして『次も冷やしだ』と初球の予告

若いうちの増長は、ある種の燃料

そう、心に留めているワケで

(オッサンだけど)












人気blogランキング

たどり着こうとすると離されてしまう日々です。今3位。



ブロぐるめ!

まさかのケーキの逆襲。転がり落ちるように5位に。

2015年06月24日

カトマンズダイニング@東武練馬:贈り物のお返しが度を過ぎた時、僕らは立ち尽くすしかないワケで




ネパールの地震、心痛みます

近所のこの店も震災直後は休んでいたりして

もしかしたら働いていた人、並びにその親族に

被害が及んでいたかと思うと心が傷んだりして


僕らが食べる事で復興への近道が開けるとは
柏木由紀とやらの非処女率ほども思いませんが

局地的ではあろうけど店員達の笑顔が見たくて
そしてその手助けにミリでも加担できればと思って

久々に加トちゃんズダイニング(名前間違えた)


159






















色気づいたのか何なのか

狙いは7〜80年代から息づくマダムなのか否か
ヘンテコなセンスのテーブルクロスに慌てながらも

安定の下衆センス、安さと美味さの等価交換


近所のカトマンドゥに呼ばれない理由は

電子顕微鏡でも見つけられないワケで


160






















相変わらずのレモンサワー290円

実の所、酒が薄くて量には難があろうとも
酒場的見地から考えると優良にも程がある

エスニック系料理屋の酒場使いという新機軸
こういう取っ掛りの大事さを思い出させてくれる


161






















250円サラダって

金額を落とそうと思って来たのに
思惑以上の恩恵を受ける僕らは

遠い位置から支援する立場にあるのかと
彼らの民族性にブチカマシを食らわされて


162






















複雑な心境を剥き出しで前面に押し出して

肉はやめようと思っていたにも関わらず
追加の火力を上げる事にしたワケで


163






















ルパンを苦しめたパイカルよろしく

「今夜は加熱を上げる事にするぜ」

ってなセリフを聞いて奥歯をカチカチ鳴らすのは

まぁまぁプロレス的見地として許容もアリなのかなと


164






















東武練馬セット

店の最寄り駅のネーミングを冠するとは
この地に認知を求める手の差し伸べなのか


165






















それともセットの名前を決める際に
最後の一個がどうしても決まらなくて

「じゃあ東武練馬セットでイイんじゃね?」なのか


169






















や、そんな事よりも問題は

色々付いてくるセットがお得なのか

カレー&ライスの単品注文がお得なのか

頭をねじ切らんばかりに首を傾げなくてはならない


168












この、爆発的とも取れるコメの量


(((( ;゚д゚))) マジスカ


167






















シャレのつもりだったのか

ジャーの中がキリのイイ所だったのか

僕が『よく食うヤツ』として認知されているのか


ともあれ、向かいのココイチだったら
いわゆるひとつの600gクラスのコメ

腹5分目として挑むには全力の満身創痍


170






















ところが

世に溢れる染色体ダブルエックスよろしく
聞くだけでおぞましいスイーツは別腹理論

こいつを野郎vsカレーで見立ててはどうかと
思ってしまうぐらいの食いつきを見せてしまい


172






















スローダウンからの完走

ネパール人のギャグに打ち勝つ事ができたと


173






















《カトマンズダイニング》

住所:板橋区徳丸3−1−26 2F(地図
営業時間:11時〜17時 17時〜23時
定休日:そんなモノはないと思う
用途:ネパール料理、酒場使い



この安さ

救済のつもりで挑むも

こっちが救済されてしまうという


古舘伊知郎のプロレス実況でありがちな
「逆○○」みたいな相手の得意技での蹂躙

やられた方としては痛みよりも
キョトンが勝ってしまう妙な空気


「震災?ユックリ直ッテイクトイイネ」

そう言ってのける彼らの笑顔は眩しくて












人気blogランキング

やはり上位陣との差は激しく遠いものに感じてしまい。



ブロぐるめ!

ラジオブログとのデッドヒート。そろそろ倒すのかな?

2015年06月23日

麺・粥 けんけん@京成立石:飛び込まなきゃ解らない世界というのは飛び込みやすく口を開けていて




わが職場を思わせる
突貫工事の思いつき

企画倒れファクトリーからの反転
突発立石の成就ではありましたが


055






















中国の高層ビルほどの強度なのか否か
時間が経つにつれての老朽化なのか否か

早めの電池切れと満腹感は
受け入れなくてはイケナイ事実

『歳には勝てねぇやな』などと
手垢にまみれた言い訳の応酬


056






















はてさて、この体の重さを搭載しつつ
中空の試技からの着水を決めなければ

夢オチで連作のエンディングを迎えるが如く
立石をドリフトしてきた意味がないという事であり


058






















武術の試合後のガッツポーズの野暮と同様

形としての終わりを迎えなければ
技として認めてもらえないのと同じ

いくら華麗な徒手空拳で相手を倒したとしても
それは心の無い理不尽な暴力という位置づけ


057






















残心は大切 を武術の信念とするならば

酒場に対する想いを少しだけ持ち合わせている
僕の脳みそはいつにないフル回転を見せたワケで



「そだ、中華粥の店に行くか?」


この僕の機転はナイスアシストなるか
はたまたドツボにハマってしまうのか

特撮番組の無理なテコ入れ的な
ドキドキが伴ってくるワケですが


数年前なら「〆にお粥て」ぐらいは
言っていたんじゃなかろうかという
弱者への蔑みをも含んだ失礼千番

まさか喜んで飛び込む日が来るなんてね


061






















お粥だけのつもりが


つまみを頼んだ挙げ句


ラーメンまでつけちゃった


060























それも×2でって




フランツ・カフカもクリビツの過負荷

おぞましい毒虫になるだけじゃ済まない
映画『セブン』で太って死ぬアイツみたいな

欲深さ満載であの世行きになるかのような風情


063






















せっかく、ラストは中華粥で健やかに
ファンファーレを聞こうと思っていたのに

ラーメンをつけちゃう、その爆発的なオス度

(油そばのつもりで頼んだんだけどね)


064






















まさかのラーメン

それも一人一個

酔ったダチのオーダーミスは否めないけど

(人のせい)


069






















このお粥スーパーウメーなオイ


毛並みにの繊維方向に沿った撫で

なんなら金のコームの使用すら疑う情勢


サイドにブロックを積み上げて積み上げて
連続で縦棒が二回落ちてくるテトリスの情景

中年の情けないストマックをヨシヨシしてくれる
言ったら五反田系の赤ちゃんプレイの只中にあり


068






















しかし、まぁラーメンも捨てがたいなぁ

コンディション的にベストだったら
見方も変わってくるのかなぁ と

この店へのラストラン、アゲインを匂わせて


070






















《麺・粥 けんけん》

住所:葛飾区立石1−14−4(地図
営業時間:17時半〜翌1時
定休日:日曜日なのかな?
用途:優しい中華粥、飲み



池袋か巣鴨で途中下車からの
〆のラーメンを考えていたけど

思わぬ乱入はレフェリーストップ待ったなし


遠征はともかく

不確定要素をスルリと飲み込んでこそ
酒場をズッコケる大人たる大人の嗜み

文句ばかりを言うジジイには
なるワケにはイキませんから

(まだ若いつもり)











人気blogランキング

安定して3位ではありますが2位までが果てしなく遠い。



ブロぐるめ!

今日も安定の3位、動く気配はあるのやら。

2015年06月22日

中華料理 佼楽@東武練馬:あの夏の日鳴いていたセミは炭水化物と共に帰ってきたのか




セミが鳴いているのかなーと思ったら
今年は夏が来るのが早いなーと思ったら

近所のマンション工事のマシーンの音でした


なんつーかこう、意中の女の子が
僕に手を振っているのかと思ったら

僕の後ろにいるヤツに振っていました的な

向こうが気付くまで謎の振り返しっていう
引っ込みのつかなさが内在していたというか


099






















《中華料理 佼楽》

住所:練馬区北町2−41−12(地図
営業時間:11時ぐらい〜20時ぐらい
定休日:火曜日との情報アリ
用途:街中華、焼き魚、昼酒



勘違いだったとはいえ夏を感じてしまったからには
この空振りそうな夏の感覚を消費しなくてはと思い

潜在的に夏を感じさせるのなら何処ぞと
無い頭を即興でフル回転させるに至り


088






















うんうん、セミだ

あれは紛れもなくセミだったよ、うん


そう無理くりに思い込めば
やがてそれは真実に昇華する

無理が通れば道理が叩き潰される超理論


089






















よっしゃ、今日は夏だ

どう見ても夏らしい夏だ

クソ暑いし日差しも強いし

国営放送では甲子園、6チャンネルではアニメ

10に回せば柳生博のバウムクーヘン頭だ ってな

雰囲気的におあつらえ向きな近所のアソコ


090






















普段は見ない恋愛モノの連ドラの再放送に
ドップリとハマりたくなる思春期手前よろしく

特殊な番組構成に、あの日の夏を見出そうと


091






















休みの日を疲れで染める世のお父さんを否定し
長距離を行って帰ってくるまでもなく近所のサマー

手っ取り早く掃討作戦の取れてしまう東武練馬は
外食的見地から見ると恵まれているんじゃないかと

長い事住んでおきながらこの歳になって思うに至り


092























チャーハンは夏の食べ物



とは

常々板橋区の女王が結論づけて
僕も同意に至る基礎知識であると


093






















なんかこう、高校野球の音声を耳にしながら
否応無しにセミの鳴き声を詰め込まれながら

汗して掻っ込む熱々の半球体の存在とは


094






















田舎特有の空気の清々しさを彷彿とさせ

及び、夕立前後の妙な青臭さを思い出させる

奇妙な同居の延長線上に位置しているというか


096






















冷やし中華とは対極に位置する
もうひとつの、夏の見せる麗しい貌

不良が見せる一瞬の優しい表情というか
ヤクザが子猫を拾う瞬間を垣間見るというか


098






















気が狂いそうになる暑さには程遠い6月ですが

昨今のセイガクの就職活動よろしく
先回りをしてみての、ややの前倒し

確実にヘビーな飲み会の前に
ミラグレーンを飲んどくみたいな

モーションセンサー爆弾の置き土産


あぁ、もう近所の重機の唸る音が
セミにしか聞こえなくなってしまう事態

「病院で診てもらえ」は華麗にスルーする所存












人気blogランキング

単独3位でどうにか安定してくれそうです。



ブロぐるめ!

こっちもケーキを抜き去り単独3位だったりして。

2015年06月21日

某宅肉会@池袋:水に溶けにくかった物質を溶けやすくする方法に目覚めてみる




言ったらコミュ力はまぁまぁ

それなりに、ある方だと思っておりますが


それは僕よりも年上の人達に対する
『流し』の入った受け答え方であったり

多少の『イジリ』が内在するかのような
ツッコミ属性が許される雰囲気であったり


043






















若気の至りを許容していただける(若くないけど)

人脈に恵まれているってなスタート地点は否めなく


039






















「友達の家で肉会やるんですよ」

「よろしければご一緒しませんか」


そんな僕に降って湧いた
年下の飲み友からのお誘い

喜んで二つ返事の暴発を見るも


042






















「あれ?もしかして全員俺より年下?」

懸念材料として置かれた、ある種の特異点


045






















いつもやってる年上に対する語りかけを
そのまま、この場に持ってきてしまったら


046






















今日ここにいる子達のアイボールには
ただの横暴なヤカラにしか映らないぞと


047






















サークルの先輩後輩ぐらいの関係だったなら
どうにか成立する危なっかしいバランス感覚も


048






















まさかの初対面という

ボス戦での全裸を強要されるが如く


050






















酷な時間の刻一刻

借りてきた豚状態の僕の両肩骨は
身を縮めるあまり悲鳴を上げ始めて

しかしながら


051






















結果としてみなさん

こんな僕の話を聞いてくれる心の広い人格者であり


049






















そしてナニより

テレビで流していたドラえもんが潤滑油になったりで


052






















そこに結構な量の酒が入っちゃえばあんた


041






















ワルいヤツはだいたい友達 ならぬ


053






















ドラえもんで涙できるヤツはだいたい友達 的な


054






















これが、年齢の一回りとか違っちゃうと
話は全くの別物になってくるんでしょうが

恐らくだけど片手で数えられる程度の差


055






















幼少期に共有したであろう事象に
それなりの相違や隔たりはあるモノの

踏んできた草葉の枚数の誤差は数枚であり


056






















だとするならば

水に溶けにくかったベンゼンやビタミンも
途端に染まっちゃう、速効で朱になっちゃう


063






















人脈と趣向に助けられる事、山の如し

単体ではどうしようもないイデオンも
ソロシップとの共同作業で強くあり


060






















苦難かと構えていた自分が情けなくて

今一度対話、特に若い連中との邂逅への対策を
ちょっと緩めてみてはどうなのかとの自問自答


下すぎるのはその限りじゃないけども
彼らは意外に賢くて、意外に器もデカい

小さい僕の発言なぞ受け止められる強度であると


安心ぶっこいて酒を飲みすぎてしまったの図











人気blogランキング

三ツ星主婦に入り込まれてしまったようです。



ブロぐるめ!

いきなりの急浮上。ケーキの間に割って入りました。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) 
昔の記事