2014年08月28日

中華料理 花月園@上板橋:真夏の昼の街中華はアフタースクールの如き重要な空間であると




ある日の僕らの街中華欲は

時と場所を考えない中学生の性欲の如く


一回でも食べたいとなってしまったら
可及的速やかに発散できる場所を探す

エロ本を抱えて人気のない個室を求めるという
思春期にはありがちな恥ずかしい下半身事情で


ともかく

手っ取り早く文化遺産にフラれてしまって僕ら

路頭に迷って露出狂に興じるワケにもいかず


035






















《中華料理 花月園》

住所:板橋区上板橋2−2−3(地図
営業時間:11時半〜20時半ぐらい
定休日:月曜日は誰もいないみたい
用途:ど真ん中の街中華



そういえば、と

僕の脳裏をよぎった人も疎らなビルの影

ここでだったら大量発射もやむなしだろうと

イキリ勃つイチモツも臨界寸前という風情


036






















前回こそは初回というハンデもあってか

完全アウェイという周りを取り巻く環境に

言葉少なめだった僕という恥辱ではありましたが


037






















二人ならば怖くない、とばかりに
おっちゃん達の間を堂々と割って
名人を差し置いて上座に座るという

まるで若き挑戦者な風情であったと


040






















そうそう、これこれ

昼に

酒で

アテを

アウェイで


042






















とりあえず、前回取りこぼしたポイントは

ここまでで全部回収できたんではないかと


045























カツカレーってマジすか



「夏といえばカツカレーでしょ」

って、どこかで聞いた言葉ではありますが


そんなタッグパートナーの心強い言葉は
一昨年ロスしたポイントを取り返すどころか

逆に強烈なプレッシャーを与えて
上から見下ろしてニヤつくような風情


044






















まぁ、正解だよね


048






















作法だってワールドスタンダード


049






















おごそかな自慰行為に自分ルールを作るが如く


052






















ティッシュは2枚をドローなのか3枚なのか

どんなに些細で瑣末な事でもイイと思うんです


055






















やはり、こういう所でも謎のこだわりを見せたい


054






















そういう気概はエニータイム見せていきたいと


057






















時として新境地が見えない事もない

中華そばに余ったニラ炒めを乗せて
即席野菜ラーメンという遊びを見る余裕も


058






















まぁ、1+1が2じゃなくて
1.1ぐらいではありましたけど

見立て通りの頂点よりは
一歩引いたナニかでありたいと


039






















物言わぬ師匠達から教わったような気がして

改めて街中華の深さに背筋がピンとなる
若造も若造、まだまだな僕らなのでした


次は師匠達がこぞって食べていたカツ丼に

ピッタリと照準を合わせる事を忘れずに









人気blogランキング

2位の可能性は大いにあるんですけど
なかなか達成させてくれないのが世の常。




ブロぐるめ!

安定の4位。でもないか。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)中華 | 上板

2014年08月27日

トラットリア・マンマブッファラ@東武練馬:一歩先ゆくオトナになりたいのなら焦らずにドッシリと構える、ってな極意





ハッピーバースデー ベンガル


じゃなかった マイハニー


そんな8月の中旬


096












《トラットリア マンマ・ブッファラ》

住所:板橋区徳丸1−33−7(地図
営業時間:12時〜14時 17時半〜22時
(平日ランチは木曜日以外やってるって)
定休日:火曜日、たま〜に不定休
用途:パスタ料理、肉料理、魚料理



「ベンガルと同じ誕生日なんだよね」

そう言って怒られてから結構経ちましたかね


069












僕らのハレの日ディナーのスタンダード

アド街収録の件

アド街予想の件

アド街放映の件

ってな数々の絡みがありつつも


068












やはり馴染み深い近所のトラットリア

しばらく普段使いで来ていなかったけど
いざって時の近距離パワー型の存在とは


070












ジョセフの孫もびっくり

僕らにとってのスターであり
僕らにとってのプラチナであると


072












「時よ止まれ」とは言いたいけれど

止まっていてもしょうがないと思えるのが
一歩先ゆくオトナの考えなんじゃないかと


071












抗えないのなら抗えないなりに

ジタバタするのは恥ずかしいので


074












下方修正が伴いがちな僕らの生活に

上向きを垣間見せてくれる大事な要素


075












得難い店の存在に


076












狂い悶える僕らの図


077












レディーガガによる貝のコスチュームに対して

武田久美子の大人の返答の心地よさというか


081












コートレットじゃない、カツレツな日本文化

しかしあえて、そこはコートレットと言う辺り


083












ソーメンではないくて
カッペリーニと言いなさい

僕らに課せられる大人への道は長く険しくて


085












出ましたよ

僕らの中ではヴィジュアルと味が先行して
本来の名前を覚えたまま帰る事を許されない


086












夏場は外せない通称『緑の』


ラザニア
ジェノベーゼ
ルイジーナ

帰宅する頃に思い出せるキーワードの矮小さが

ケンシロウの餌食になったジードの雑魚の
断末魔のダイイングメッセージのようで


087












「ほ、ほくと」

そう呟いて爆ぜる僕らがいたというワケで


090












なんならコースで頼んだ方が
お得なのかもしれないけど

「ドイツ軍人はうろたえない」ってのと一緒で


091












「一歩先ゆくオトナはそんな事で焦らない」

アラカルトでガッツリとヤルならヤルで
その時に目についた好きなモノ総動員


095












ドルチェを盛り合わせていただく所まで


094












余す事なく堪能させていただいたバースデー


080












ベンガル

じゃなかった

ウチの子への労い


オトナならではの間違いのない店チョイスは
いつだって焦らす事を必要としないワケで

でも口に出して「ベンガル」って言いそうになると
怒られやしないかと焦る僕がいるというワケで









人気blogランキング

近々2位になる予感。あくまでも予感。



ブロぐるめ!

思えば長い政権ですね、カフェ巡り。
カフェの良さが理解できるほど大人じゃない僕です。

2014年08月26日

福沢屋@上福岡:20年近く経って、あの日の僕の青さに気がついて懺悔を繰り返した夜




青も青

ガキンチョが過ぎて僕の尻の色が
ピーカンみたいに青かった学生の頃

とりあえず居酒屋も焼き鳥も焼きとんも
善し悪しの判断がつかなかった青の時代


東松山式やきとり


東武東上線沿線に住まう僕としては
一応、食べておいたのは言うまでもなく

しかし、しかしながら

僕の感性が未完成だったのか
その時、行った店が悪かったのか


「そこまで美味いか?」


ってのが当時の僕の率直な感想

(正直言うと今でもなんだけど)


124






















そんな折

地元の正中線ではない上福岡という辺境に
東松山系やきとりの名店があると聞き及んで

ともだちんこに呼ばれて来てみたのは福沢屋


125






















でもまぁ、言ったらソウルフードのたぐいでしょ?

美味い不味い、安い高いの範疇からは逸脱して
雰囲気中心にモノサシをブッ込まないといけない


126






















ですから

本来なら部外者たる僕なんかが
地方の味についてゴネゴネ語るのは

食卓のテレビで野球のナイター中継を見ながら
「ワシが監督なら」とかクダを巻くオヤジそのモノで


129






















同時に

ケンミンショーに出る妙な料理が
全国区なワケがないのと一緒で

全国で受けたら、もう知れ渡っているし
すでに全国展開しているよ、ってなモンで


地元にとどまり、地元に愛されるからこそ

地元の人達に愛されるべきソウルフードだと


127























ところがどうですか



入るなり、かぐわしいコの字カウンターには
高キャップ、高ハンチング帽率のオッチャン達

安価にて提供される酒とつまみは
僕の耳の裏辺りをコチョコチョプレイ


128






















これはまさか

この店はまさか


130























とんでもねーんじゃね?



僕のケツが青かったのは認めましょう

でもね、かつての僕が行った店に
難があったのも事実なんじゃないかと

そう思わせるには充分な、いわゆるカシラの妙


131






















あの時、野暮ったく感じた味噌に憤りを感じて

長年あの系列にハマり倒して
今なおズブっと埋まっている僕を

したたかにグイッと地面から引っ張り上げて
そのまま横っ面を数発ほど張るかのような風情


134






















や、美味い

美味いよここ

店として美味い

ただ、上福岡・・・


BlogPaint






















僕の心を引っ張るにはロープが短いのか

や、僕が持っているロープが短いんでしょうけど


あの日の僕の間違いを払拭して
クラッシュして粉砕するためにも

一年に一回、二回は来る意味があるのかも、と
東武東上線の下り方面に微笑みかける僕がいると

(実にキモいです)










人気blogランキング

ポイントのデフレが激しいです。
昔は2000点ぐらいでも3位とかだったんですけどね。




ブロぐるめ!

昨日の5位からちょっとだけ息を吹き返しました。

2014年08月25日

やきとん ま〜ちゃん@御徒町:大好きな友達だからこそ、今こそもつの中心で間違いを正そうと思うのだけど





まーちゃりんぐ

まーちゃにんぐ


そんな話



「や、だからナニかをするって意味で」

「うんうん」

「ingをつけるじゃないっすか」

「うん」


「で、店名が『まーちゃん』だと」

「そうだね」


158






















「まーちゃん で最後が『ん』だからー」

「はいはい」

「『まーちゃりん』ぐってオカシイと思うんですよ」

「あー、そこが解んないのよ」


159






















「うん、あの、ですからー」

「ええ」

「ingって最後の子音に影響されるんですよ」

「お、おう」


161






















「よく、まーちゃんに行くっていうのを」

「はい」

「『まーちゃりんぐ』って言ってるじゃないっすか」

「まぁ、そうよね」


162






















「さいごの『りんぐ』の『R』は」

「うん」

「どこから来てるのかって話なんですよ」

「あー、そこから解んない」


163






















「店名は『まーちゃん』でイイんですよね」

「そう、まーちゃんよ」

「でも、その『まーちゃりんぐ』がまかり通るなら」

「うんうん、はい」


164






















「店名が『まーちゃー』になっちゃうんですよ」

「ほうほう」

「ここはまーちゃーじゃないですよね?」

「違う、まーちゃーじゃない」

「まーちゃんですよね?」

「そう、まーちゃん」

「ですよね?」

「うん」


165






















「『まーちゃん』の最後の『ん』と」

「ん と」

「ingとで」

「と で」


166






















「いわゆる『まーちゃりん』ぐじゃなくてー」

「じゃなくてー」

「『まーちゃにんぐ』が正しいんですよー」


「ゴメン、そこがいつも解んない」


168























(なんで解んねーんだよ)



170






















「や、だからね、それはね」

「あー、うん」

「まーちゃりんぐって言うならばー」

「いやー、あのさ」


171






















「まーちゃりんぐでイんじゃね?」



(だからよくねーよ)


172






















舛添の規格外の暴走や
秋元康の超激悪徳商売や
著名人が氷水をかぶる行為

イスラエルがわがもの顔で虐殺を繰り返す等々


世の中、納得がいかない事ばかりです


180






















警察が動くような事とか
公安が目を光らすような事とか
世界を挙げて不正を連動するような事とか

僕らのパワーじゃどうしようもない事象に対しては


175






















まぁ、あきらめましょう
(あきらめちゃダメなんだけど)

しかしね、しかしですね


仲間の間違いは正しておきたい


ですよね

であると思うんです

大好きならばなおさら


177






















maachar(まーちゃー)+ing=まーちゃりんぐ
maachan(まーちゃん)+ing=まーちゃにんぐ

屋号がまーちゃんと仰るのならば
まーちゃーじゃないと言うのならば
正解はまーちゃにんぐじゃないかと

思うんですがいかがでしょう


だめ?


185






















と、秋元屋の血を引くお店のある
御徒町の中心で叫ぶ僕がいたと

そこでガンコなおっさお兄さん達
解っていただこうと叫ぶ僕がいたと

(そんなに響かなかったけど)


173






















でも隣のおっさんの領海侵犯には

ヒジ鉄で以てちゃんと対抗しましたけどね


そんな僕の中の領土争いのさなか

限りなく小声だったかもしれませんが
これだけは言わせていただきます

まーちゃんに行く事は
まーちゃにんぐですよ

(リアルに小声で)











人気blogランキング

巨星墜つ、という事で僕にもチャンスだったりして。



ブロぐるめ!

首の皮一枚から2〜3枚ぐらいにはなりましたか。

2014年08月24日

オムライス&コーンのかき揚げ@自宅:ドサクサに乗じて料理の腕の底上げを狙うも、思わぬ伏兵にやられるの図




とある、僕の晩メシ当番の日

この日のディナーのテーマは茶色っぽい黄色

言ったら食卓を彩る最高のカラーって事ですな


001






















あっこインスパイアのかき揚げ実験


002






















色んな所から数々のアドバイスをいただいて


008






















まぁまぁ、店レベルには程遠いけど
それなりに細々と継続しておりまして

しかし試作品4号目にして、ややの足踏み


掴もうとも掴ませてくれない
思春期に於けるオッパイの如く

いつかそれは、どうにかなるはずなので(楽観)


004






















この日、もう一個のテーマ

中華ペーストをもってしての一個の試み


街中華方式のオムライス


古めかしいお食事処でいただくってのも
僕的には鼻腔のビッグバンではありますが


005






















フワッフワの?

タンポポ方式の?

花が咲いたようなアレ?


黙ってろケツメド野郎!


オムライスってのはね

ラードで炒めたチキンと玉ねぎ
ケチャップが乗りすぎのライスに
包み込むような強いしっかりエッグ

そこに混ぜ込まれるホンノリ中華味
やっぱ、そうでなきゃいけないんですよ


理想系の究極はあの店のだとして

塩っけの効いたコッテリしたケチャップライスを
ちょっと厚めの、なんなら焦げ目もあるぐらいの

そんな玉子で、玉子の色で語る正調オムライスは


006






















こう


007






















こう


013






















あー、ケチャップで書いちゃう感じですか?


011






















どんな家庭でもヤった基本中の基本ですよね


010






















書かれた文字列のダダスベリ性と
圧倒的、しかし弱すぎる出オチ感は

まぁまぁ、いったんどこかに置いておくとして


012






















初チャレンジだった包み込み式とはいえ

ちょっとした料理の経験と勘と偶然が
フライパンの形状にマッチした感じ


014






















ちょっと崩れてしまったけど

こちらも、なかなか高火力の出オチ感


016






















あ、そっちを選びなさる

形状よりも書かれた文字で選ぶとは
いっぱしのプヲタになったんじゃなかと


017






















ともあれ、このオムライスディナーは

素敵なテーマに沿ってガサツに編み込まれた


019






















ひとつの理想系

この手のグルメを愛する僕らにとっては
あらゆる食を以てしても全てを圧倒する模様


020






















ケチャップと少々の中華ペーストが生み出す

小保方ナニガシもひっくり返って漏らすであろう
キッチンでのハイパー化学反応なんじゃないかと


021






















まぁでも、この日一番「スゲー」と思ったのは
かき揚げの付け合せのポテトなんですけどね

(;´Д`) えー


テーマに沿ったメインを完全に食ってしまったのは
揚げる前にイモに付けた、ごく微量な衣のマジック

乱戦での見えない、目立たない闇パンチの
恐るべき威力を目の当たりにしたワケで










人気blogランキング

2〜4位の乱戦は好都合だったりして。



ブロぐるめ!

こっちも2〜5位が超激乱戦模様だったりして。

2014年08月23日

無敵カレー完成@自宅:色々試した結果、アミバは数々の新秘孔を完成させてきたワケで




そろそろカレーが食べたいな


夏はカレーの季節

と言っても過言ではない事を
夏の始まりぐらいに悟りました


ただ、いくつかの条件をクリアしなければ
あの味と安心空間を構築できないという事も

また、同時に悟る結果となったと言いましょうか


065






















まぁ、言っても大した条件でもないんですが

大量に作り過ぎない事
ジャガイモを入れない事

そこにもうひとつ加えるのなら
ニンニクを大量に入れる事だと


070






















夏場を乗り越えるスタミナカレーを習得し

同時に、得意のカレー料理にさらなる研磨をかける


矮小すぎるリスクに
巨大すぎるリターン

まぁ、注意事項さえ守れば
悪い条件じゃない夏のカレー

飽きが来るほどの暑さの中
飽きの来ない家カレーライフ


の、はずでしたが


069






















「ヤバイ、玉ねぎが一個もない」


(((( ;゚д゚))) 〜〜〜ッッ!

大味の様相を呈していた実家救援物資にも
タイミングと消費スピードに歪みが見えてきて


鶏肉とジャガイモはあるのに玉ねぎだけが無い

でもカレーだけは、どうしても食べたい

玉ねぎは明日ぐらいに送られてくる

スーパーに買いに出るのはシャク

あ〜も〜、どうしよ〜


すっかりその存在を忘れられている
人参の悲哀はとりあえず置いとくとして

たま〜にある、こういう不測の事態


071






















「あ、でもね」

「でも何でしょう」

「玉ねぎぐらいデカいニンニクならあるよ」


「(((( ;゚д゚))) そそそそれだ」


063






















いつもの殺菌要員の玉ねぎに見立てて
玉ねぎと同じ分量のニンニクを入れれば

ジャガのデンプン質をはるかに凌駕する
カビに縁のないカレーが出来上がるのでは


066






















そして万が一

強烈なまでの旨味を満載に搭載した
今までに味わった事のないカレーが

出来上がるんじゃないかとの
一抹の期待をファックさせて


067






















はたして

出来上がった


068






















実験の果てに新秘孔を完成させた

ちょっとしたアミバの気分であったと


072























コレはヤバいぜ




長時間、煮込みに煮込んだために
ニンニクの原型をとどめていないけど

舌に小さく突き刺さるピリ辛さは
やはりニンニク独特のモノであり

しかし、溶け出したエキスの芳醇さは
他の追随を許さないほどに濃厚バカで


073






















ピッチドロップ実験のドロい物質のように

一日を待たずして搭載された
軽度とは言えないドロっと度


うむうむ、期せずして判明した実家ニンニクの効能

ヘタしたら従来の玉ねぎ式カレーが
お払い箱になるんじゃないかって

そんな自体をもニヤニヤしながら軽く受け入れる
貪欲でワガママなわが家の食卓事情という事で










人気blogランキング

もしかしたら2位ぐらいに飛び上がるチャンスかも。



ブロぐるめ!

今を耐えればどうにかなる位置におります。

2014年08月22日

みとや@東武練馬:飽きないで美味しく食べるコツとは、いつだってファーストアタックのつもりで




『年間50回ぐらい行っていた』

っていうのは僕のなんとなくの換算であって

正確な通算実食数じゃない事は明白であって


098












思えば金田正一の総勝利数のように
どう考えても曖昧でしかないのであって

とまぁ、過去の偉人をイジくると
うるさい人が騒ぎかねないワケで


099












僕の、みとや遍歴

つまりは『やっつけたオネエちゃんの人数』

そのぐらい、あやふやな数字なんじゃないかと

言ったモン勝ちの美学が前面に押し出されるかと


100












その曖昧な換算のもと
弾き出されたる総数的に

去年までで150回ぐらい行っていたとして
今年は、この日で42回目の定点観測という


ブログ的な話で言う所の

ボンヤリした数字のはずなのに
ボンヤリしてないぐらいの登場回数

カネヤンの勝利数よりも確かな
鉄腕、稲尾の伝説の方が高信憑性


101












ナニが言いたいのかというと

友達に行き過ぎと看破されながらも
自分で『行き過ぎ』と自覚をしながらも

そのぐらい行っているかもという紛れもない事実


そんな店の5日間のお盆休み明け

たった5日という禁欲的ラマダンは
およそ週イチぐらいで行ってた僕にとって
屁の突っ張りにもならないと思っていたのに

もはや、首が長くなるなんて
思いもしなかったはずなのに


107












「みとや行こ?ね?盆休み明けだよ?」

僕の前後の言動に異変があったのか
ウチの子に気を遣わせるという異常事態


108












流れの中の惰性で出た発言じゃない

もちろん、自分の本意の中だったんでしょうが
プラス、結果として後押ししてしまった僕の粗相


103












大変申し訳ない

場所を変えるためにと連れ出してくれた
愚地独歩に感謝しまくりのドリアンだった僕


109












そりゃもう出来る限り、最善の礼儀でもって
僕らのボンヤスミーへの別れの挨拶としたい

ならばとチャーシューラーメンとかいう
安易に成金メニューに走る僕の様は

なんだか微笑ましい小市民レベル


104












2014年みとやカウンター的に

この日で42回目をカウントしたワケですが


いつ見てもムチムチの麺には欲情を禁じえない

いつだってファースト・アタックのつもりで挑む
懇意のAVに対する想いというかなんというか


105












いつだって新鮮な驚きが欲しいので

カネヤンの勝ち数ぐらい僕の頭脳を曖昧にして


106












「おお、これは」 と驚いちゃう


ともすれば掲示板にて展開される
新進気鋭の店によるマッチポンプ

劇団ひとりによる「劇団ひとりイイよね」の
書き込みが霞むぐらいの過去の出来事


110












《みとや》

住所:板橋区徳丸3−1−3(
地図
営業時間:11時〜15時 17時〜22時ぐらい
(土曜日は午前中だけの営業)

定休日:日曜祝日っぽいよ
用途:ラーメン、つけ麺



はて、現行では43回を記録したみとやカウンター

このままでは年間50回超えは目に見えており


なんなら、ここから怒涛のスパートをかけて
100の大台に到達するんじゃないかって

小さすぎる目標がチラ見できたりして


や、日々欲望を抜くんじゃなくて

溜めてから放つ喜びの効能も知っておかないと
若干、お財布に響いてこないとも限らないワケで


「う〜ん、どうしよう」そう思いながら今日

44発目の暴発に向かうかもしれなワケで

(さすがにウソだけど)










人気blogランキング

上位常連の三ツ星主婦が降りてまいりました。
こりゃ僕にもチャンスがあるって事なんでしょうかね。




ブロぐるめ!

相変わらずの首の皮一枚劇。
ちょっとした風で落下もありうるという事で。

2014年08月21日

AIDA@新板橋:賭け値以上のリターンが口を開けて待っているカウンターカルチャーの中で




「こ、ここっすか?」

一同から不安の声が漏れます

僕のニヤニヤは止まりません


090






















「ホントにここっすか?」

一同の不安は募るばかり

僕のニヤニヤは加速するばかりです


091






















それなりの顔見知りの仲とはいえ
おおよそ真実からは程遠い事に関して

全部が全部を鵜呑みにするほど
人間は楽天的に設計されていません



「洋食屋なのにホッピーが飲める」


ありそうで無い接点とは
欲しているのに無いモノだと

絶世の美女なのに性格がイイ みたいな?
ある種のファンタジーを乗り越えた先のナニか


092






















でも、間違いなくあったんです

近所のアチラとはある種の別ベクトル


消費者側からの問いかけに

見事に応えた運営側からの企業努力


093






















いつも、どこか少しズレている
企業側からの一方的なリリースに

ブンブンと振り回されがちなお客目線


094






















昨今のマクドナルドじゃないですけど

「こうすりゃいいのに」が一片も反映されない
殿様商売の毒素が抜けていない駄目スパイラル


095






















この店がやってのけた事とは

探しモノが見つからない時に

ふと、ごろ寝した目線の先に

正解のピースが転がっていた

みたいな?


096






















嬉しい企業努力

嬉しすぎる客目線


097






















バーグでホッピー

飲兵衛なら一回は望むであろう
ヤリたくても、なかなかヤレないアレ


非常ベルを押しちゃイケナイのは
充分すぎるほど解っているんだけど

押したくてウズウズしている所に
「試しに一回どうぞ」の嬉しい進言


099






















グラタンでホッピー

いざって時の有事の際に無駄な動きゼロで
報知機にまっしぐらできるんじゃないかという


100






















結果としての社会勉強ともなりうる

かもしれない「非常ベル押したい」欲


101






















カウンターカルチャーから学ぶ社会性の成功例

僕はこの店に関して、そんな評価だったりします


107






















《AIDA》

住所:板橋区板橋1−49−8(地図
営業時間:11時〜15時 17時〜23時
定休日:火曜日には誰もいない
用途:お値打ち洋食、ホッピー



一番バッターからの流れで見せた

かもしれない、モノの見事な繋ぐ野球


入る時以上に僕のニヤニヤは加速したワケで










人気blogランキング

ゆるーい流れの中、必死にしがみついております。



ブロぐるめ!

首の皮一枚でなんとか5位にとどまっています。
konoyarou6464 at 12:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)洋食 | 板橋区

2014年08月20日

鳥ちゃん@板橋:あの高さまで石を持っていったからこそシュウの死はドラマチックだったワケで




そんなね

一直線を走るドラッグレースじゃないんだから
最初からフルスロットルじゃ面白くないですよね


077






















徐々に加速していくのは大前提だとして

先の見えない小道をクネる僕らの事ですから


078






















初手から乱戦のありえない将棋と一緒

少しずつ熱量を帯びていかないとイケナイ
ともすれば、めんどくささを伴うハシゴ酒事情


079






















例えばプロ野球

長いリーグ戦に於けるある種のタクティクス
虚を突く戦法としてはイイのかもしれませんが

いきなり火力抜群の4番バッターを
トップに持ってくるなんて野暮ですから


080






















トップバッターにはトップバッターの微力

しかしながらのスピード感というのは
いつだって求められるというワケでして


082






















板橋駅界隈のリードオフマンと言えば鳥ちゃん

前座と言ってしまっては言葉にトゲがありますが
プロレスの興行には付きモノの流れと言いますか


083






















それは大切なアンダーカード

若手同士の地味な腕の取り合いや
ヘッドロックの掛け合いがあってこその

メインのド派手な攻防が際立ってくるという


084






















いきなり第一試合で

オカダがレインメーカーをキメてしまうのは
コース料理でステーキ肉が出てくる以前に

いきなり〆のラーメンを食べてしまうようなモノ


085






















シュウが潰された聖帝十字陵のラストの石は
あの高さだからドラマチックだったのであって

地上で持ってて下敷きになっていたら
ただの力自慢の失敗劇になってしまう


086






















一段一段、登っていく過程=この店でのチョイ飲み

『ケンシロウが来るまでの繋ぎ』
そう言われちゃおしまいですが

その全体の流れの中にあって
ビシッとメインを引き立たせて


087






















それでいて「最初のあの店もなかなかだったな」

そう、心のどこかで思っていただけるのなら
連れてきた方としても救われるというワケで


089






















《鳥ちゃん》

住所:板橋区板橋1−19−3(地図
営業時間:17時〜23時ぐらい
定休日:たぶんだけど日曜なのかな?
用途:煮込み、ホッピー、炒め物



さぁシュウは今、重い重い石を抱えて
どの辺りまで登っている感じですかね

(先に飲んでいたので)
僕的には中盤を超えてしまっている感じなんですが
連れの人達はまだ登り始めて数歩って所ですかね


なんなら次週(次の店)で潰れかねない

そりゃもう危険で危険な界隈ですからね










人気blogランキング

順調に見えて結構な綱渡り。
いつだって転落の影がつきまといます。




ブロぐるめ!

油断しているとこんな感じで。
しかしトップ3の牙城は堅固ですな。

2014年08月19日

東京湾クルーズ@屋形船:雪解けはいつ降りかかってくるのか解らないからこそであると




ビールが飲めなかった僕ですが
今では完全に大好物になりましたし

生魚が食べられなかった僕ですが
今では生活に無くてはならないモノです


156






















かつてはレバニラも食べられなかった僕が

今では街中華を巡っているっていうこの現状


まぁまぁ、克服できないモノなんか
もはやこの世に無いんじゃないかって

この年齢に至って、初めて思えてきました


160






















そんなウブでネンネだった20年ぐらい前

トンチンカンの極みだったセイガクのみきり


屋形船って実際問題どうなの?


僕にとっての長年の疑問は

解くつもりのない数学の問題


僕の考える屋形船とは

出来合いの料理に揚げ置きの天ぷら
飲み物はビール縛りという軽い拷問の如く

体験した事もない高嶺の花に対しての罵詈雑言
高所のブドウを取れないキツネのような負け惜しみ


まぁ、一生理解し得ないモノだと思っていた所に


161























こんな世界が



162























待っていたなんて



163






















この、なかなかの料理

テレビや伝聞で得た情報とは
天と地がひっくり返るぐらいの差異

ホームページに掲載されている写真と
店で出てきたチャンネーぐらいの大逆転劇

(それはマイナスの意味でだ)


165






















ブリザードが吹きすさぶ不況のこの時代に
増税というオーバーキルを喰らっておきながら

濱田屋さん、男の中の男だよ

(スタッフに女性もいるけど)


166






















あの時の出会いが無かったら

ここにこうしていないだろうし


167






















屋形船に持っていたマイナスイメージを

払拭できなかったんじゃないかと


168






















ありがたや

新世界を見せてくれてありがたや


169






















大昔に裏ビデオを見せてくれた佐藤君

彼に向けられた感謝と同じ度合いのモノを


172






















彼らに贈りたいと思います

(勝手に)


173






















さぁ、あと残るは

僕に残された『克服』とは


177























芸者遊び ってな感じでしょうかね


(知らんがな)


174






















もちろん厳しい世界だってのは
百も承知ではあるんですけどね

いや〜、でもさすがに意味解らんモンね
芸子さんが踊る意味不明のダンスとかね

そう、現時点でイマイチ旨味の理解できない世界


その『克服』はいつなのか

明日の事なのか来年なのか

ジジイになってから開眼するのか

それとも一生縁がないままなのか

今の僕には情報量が不足しておりますが


188






















その時が来れば来る

来なけりゃ来ないで

それはそれで運命という事で

(さっきからちょいちょい写り込んでるなこの人)









人気blogランキング

なかなかの位置にいるんですけどね。
その先を見せられない中途半端さ。




ブロぐるめ!

派手に転がり落ちるかと思いましたが
なんとなくとどまって頑張っているようです。

konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(2)TrackBack(0) 
昔の記事