2014年10月22日

サリサリカリー@白楽:その独特な佇まいにブチ当てられて、僕らの鼻腔は広がる一方で




そうあるための努力をしているかと問われたら
ややの押し黙りを決め込むしかありませんが

常に、そうありたいと思っております


RIMG0058












《サリサリカリー》

住所:神奈川区西寺尾3−7−4(地図
営業時間:11時〜14時 17時〜21時
(土日祝は通し営業だって)
定休日:貧乏暇なしって言ってた
用途:サリサリカリー、マダム



そう思ってブログを始めたんだし
そう思ってまだ続けているんだし

そういう思いの丈をガツンと看板に綴るなんて
この店の胆力を賞賛せずにはいられません


RIMG0059












店のおじさんの年を考えると

これらの文言はキテいる部類なんでしょうが


RIMG0060












もしかしたら誰かの入れ知恵なのか

若い人のテクを取り入れているのだとしたら
それはそれで盛大な拍手を送りたい所存です


RIMG0061












「んなワケあるか〜い」と

逐一、チャチャを挟みたい衝動に駆られる中

しかし、それを寸での所でさせないマダムの威厳


RIMG0062












店の回転に一役買っているんだかいないんだか

晩年の馬場を思わせるスローモーな佇まいに
僕らのハラハラドキドキは止まらないワケで


RIMG0063












噂ではヨーロッパのどこかの王女だったとか
権力争いに負けたベルギーの王族だったとか

その風貌と、にじみ出ている気品から
溢れ出す邪推の嵐は止まらないワケで


RIMG0065












それこそ「んなワケあるか〜い」なんでしょうが

しかし、歩みを一歩止めて見入ってしまう品格


RIMG0064












「お客さん、初めて?」

「あら、プロレスを見に」

「ここ、レスラーもよく来るのよ」


交わした会話の文字数こそは少なかったけど
有名人と話させていただいているような緊張感

噂は噂で置いておくのも本流なのでは?と
イマイチ踏み込まない左の正拳逆突きな風情


RIMG0067












面白さとは真逆に位置するカレーなはずなのに

まるで手塚治虫のブッダを読んでいるような
そこはかとなく散りばめられたコメディ要素


RIMG0066












堅苦しい真面目さに振りかけられたスパイスは


RIMG0068












殺伐としがちな現場への、ある種の清涼剤であり


RIMG0069












普段、食べているようなスタンド的なカレーとは
全く違う階層から出土した化石を見るようで

その手の研究者達の注目を
一手に引き付けそうな情勢


進化の過程のどこに
この深みがあったのかと

この店の歴史を紐解いてみたくなる衝動


RIMG0070












『一部の人に理解される』を

ミリほど理解したつもりの僕らは


RIMG0071












店内モニターに流している
クレイジーケンバンドのPVを
ガン見するマダムに目をやりながら

「うん、なんか『っぽい』よね」と

なんとなく理解したつもりになった僕らなのでした












人気blogランキング

もう一歩なのに跨がせてくれないトップの座。



ブロぐるめ!

今日もジュネさんにしてやられてしまいました。

2014年10月21日

中国家庭料理 楊2号店@池袋:辛いモノをやめられないのは、ヤクザを辞められないのと似ているような気がして




ハワイに飽きたワケじゃありませんが

すっかり中華ナイズされた昨今の池袋

たまには大陸に渡ってみるのもイイんじゃないかと


RIMG0041












急に思い立っての楊の2号店

う〜〜ん、一体何年ぶりなんだろう
怪しい路地裏に足を踏み入れるのは


圧倒的に酔って来る事が多かったからか
昼の顔は僕にとってのニューフェイスであり

「この界隈ってこんな店があったんだ」と

ラブホや喫茶、お食事処にトルコ料理と
お初の視覚情報に当てられてみたりして


RIMG0043












ときに汁無し担担麺

なんでも孤独のグルメに出たとかなんとか
ゴローちゃんが汗をかいて啜ったとかなんとか


言っても

心の声のスローモーな演出が気になって
いまいちチェックを入れていないドラマですが

入ってきてしまう情報っていうのはあるワケで


RIMG0042












そのついでに入ってきた情報の一つとして

この汁無しに使われている麺は
スナオシの乾麺うどんだという

某ミュージシャンからの、実しやかなタレコミ


RIMG0044












まぁ、それはそれとして

僕ってば、楊は久しぶり之介


ずっと子供の時に服用していて

間を空けて大人になって飲んだ風邪薬が
意外なガンギマリを見せてしまったかのような


RIMG0045












久しく忘れていた辛さ普通の罠


「わーい、ナポリタンみてーだ」と

パッと見、時給の良いバイトの求人広告に
飛びついて痛い目を見る坊ちゃん学生の如く


RIMG0046












次第に当てられて悶絶する口内へのゴツい打撃

ナポリ“タン” なんて可愛らしいモンじゃない

ナポリ“兄貴” ぐらいの威厳はあるかもしれない


RIMG0048












不意にコメに逃亡を図るも
すぐ辛さに呼び戻されてしまう

シケ込む情婦の住まいが割れている以上
なかなか辞める事のかなわないヤクザな世界


RIMG0047












だったら、いっそ吹っ切ってしまって

敵対組織の組長クラスを暗殺してみるとか


『死ぬのはその後でも遅くはない』

そういう思考に辿り着ければこっちのモン


RIMG0049












「汗かいててツラそうなのに楽しそうだね」

辛くないチャーハンと水餃子を食べながら
のんきにニヤニヤするウチの子ですが


「つ、次はそれを食べようかな〜」

中本で悲鳴を上げた人間が
まさかの妄言を吐くとは

そんなファンタスティックな側面


RIMG0050












《中国家庭料理 楊2号店》

住所:豊島区西池袋3−25−5(地図
営業時間:
月〜金 11時半〜14時半 17時半〜22時半
土日祝 12時〜14時半 17時〜22時半
定休日:絶対に休まねぇぜ
用途:四川料理、中華全般



かつて、アウトレイジを『痛い映画』と評したのに

フタを開けたら僕よりもハマったという過去の実績


その持ち前の同化現象というか浸透力を
辛めの四川料理でも見せてくれるのかと

次の訪問が楽しみな僕なのでした


「え〜と、辛さ控えめって言えばイイんだよね」

『次の訪問までに忘れろ』と願う僕なのでした

(まさに外道)











人気blogランキング

あれ?もしかして?トップを取れる位置にいたりして?



ブロぐるめ!

こっちはまた6位にドボンしてしまいました。
首だけでも水面から出させてやってください。

2014年10月20日

簡易鍋@自宅:あの日のアレを適材適所にコンバートした結果のラッキースケベ




涼しい=鍋が近い ってな予感の等式

頭に浮かんだ瞬間からもう逃れられない
胃袋の形が鍋になってしまう恐ろしい現象


しかし、縛りとしては

不意にDQNな先輩の言う
「コーラ、1分で買って来い」

よりかは、いくぶんか拘束条件がユルい
理不尽からは軽度に距離を置かれた情勢



取り急ぎ鍋が食べたい


見渡せば怖い先輩も

僕のこめかみに銃を突きつける
イスラム系のテロリストもいないので

とりあえずプレッシャーからは無縁の地域


そんなシャバい欲望に当てられた時


RIMG0044












「鍋?今すぐ出来るよ?」とは

ウチの子発の嬉しい返答じゃありませんか


RIMG0045












「ただ、つくねはコネてね」なんて

そんなフックは全力で受け止められる僕ですから


RIMG0046












茹で時間節約のクイック鍋

葉モノが高い昨今ならではの
カサ増し要員に見るのはモヤシ

ビニ弁や蕎麦、女性の胸に見られる
醜い上げ底とは違う、至極清い倍増計画


RIMG0047












かつて猛威振るった土鍋

鍋中央に走る巨大なヒビから
引退を余儀なくされましたので


仮の受け皿としてのビタクラフトは優秀

一時しのぎの鉄の塊じゃないのは
過去の実績から明白でありまして


RIMG0048












取り急ぎ食べたいが、ゆえの

急なインターフォンに乱れ髪で
ズッコケたジャージの腰の辺りに
本意ではない色気を感じてしまう情勢


RIMG0049












見た目ではない

生活臭が導き出すセクシャルゾーンの重要性


RIMG0050












塩気の強かった餃子

意外な鍋へのコンバートが功を奏すなんて


ロシアのアホ女二人が楽屋から出てこない所を
急遽の演奏で場を盛り上げて株を上げるみたいな

僕のワガママから生まれた急な鍋に
ミッシェルガンエレファントを見るような


RIMG0051












急な出向、流転が導く日常に潜むエロ


RIMG0052












賭けに勝った時のような「やったぜ」感


RIMG0053












冬が近いなら近いなりに


RIMG0054












予行演習が欠かせないワケで


RIMG0055












「今シーズンの鍋は全部これでイイんじゃない?」

そんな危険な思想を抱かせるには充分な
意外に完成されてしまった急造手抜き鍋


RIMG0057












次なる新しい手を打っとかないと
本当にこれだけになってしまう予感

わが家の冬の食卓の発展のためにも
新手の研究に余念がない僕なのでした

(クックパッド頼みだけど)











人気blogランキング

そろそろ横槍が入ってきても良さそうなんですが。



ブロぐるめ!

フェティッシュダディーを抜き去ってホッと一息。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ジ・自宅 

2014年10月19日

秋の餃子フェス@自宅:理想への前進は、ときとして遠回りをも許容しなくてはいけないという事




何気ない日常です

何気なさすぎて、いつもどおり過ぎて

刺激にまみれていたあの頃とは違い
アクビを噛み殺すのに必死なんです


001






















家餃子

幾度となく展開されすぎて
オタつかなくなった僕なんです


003






















実家にいた頃の非・クッキング性と
ひとり暮らし開始時のキッチン不精は

食に対して、ややの頓着がある
今にして思えば害悪でしかなくて


遅かったスタート地点からの
遅い走り出しもそのままに

台所での時間を徐々に伸ばしつつある昨今


007






















『こうあればイイのに』と

そう、お店の餃子について思う所が
微塵でもあるのならば不可避の家餃子


009






















自分たちなりのカスタマイズとは

店では叶えられないワガママの象徴


011






















今回もやっちゃったか
やっちゃったか今回も

餡に気持ち多めの塩加減とは
全世界の餃子に想う事であると


015






















日々、理想の餃子に近づきつつある

進捗の新鮮さに顔面を叩かれる気分


017






















僕らの代では無理でもイイ

授かる事ができるなら
ガキの世代に託しても

一ミリたりとも遜色ない永遠の議題


そんな、Jrに受け継がせようとした

マホメド・アライ流拳法ではありましたが


021






















完成まではまだまだ遠いかな〜


024






















今回のこれは


026






















どうですか?

(知らんがな)


029






















とりあえずの土台としての一歩は


031






















次への軽やかなステップになったのか


034






















着地の瞬間にバナナの皮を踏んだのか


037






















今回、点数を辛く言わせてもらうと

ややのしょっぱさを感じてしまった僕は
即座にコメとの融合を図り塩分を相殺して


041






















やはり拭いきれない塩気を

実家から送られてきたブドウで
口内の再構築を試してみるという


後日からしてみたら得るモノが多すぎた

ある意味、大ジャンプの前の
数歩引いた助走であると


年内、あと2〜3回は控えているであろう

家餃子への素敵な布石となりますように











人気blogランキング

地固めもそこそこに菓子パンとのバトルが再び。



ブロぐるめ!

フェティッシュダディーの猛追で僕の霊圧ゼロでござい。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ジ・自宅 

2014年10月18日

鈴木屋商店&墓参り@沼津:重くのしかかる年月は全員の心を丸くさせて、ついでに体も丸くなって




10年のアニバーサリーにて思うのは


RIMG0139












花屋のおばさんは

何年前からウチらの事を認識していたのかなと


ここ数年レジでかけられる

「毎年お買い上げありがとうございます」

ってな言葉に、ややの重みを感じつつ


RIMG0140












10回目の沼津

や、葬式の時も来ているから11回目か


ノスタルジーに飛びつく人種からしてみたら
あの時から時が止まっているような風情は

なかなか胸にグッとくるモノがあるんじゃないかと


RIMG0142












変わらぬ駐車場付近の景色と

変わらぬ雑貨屋の『パソ』の文字

そしてトドメはミスティオの陳列する自販機


RIMG0144












漁業関連の道具置き場だったと思われる
古びた倉庫がいつの間にやら潰されて

新築が建っているなどの変化はありつつも
やはり、あるべき風景は風景としてあり


RIMG0146












やや頭頂部が薄くなり始めた友達ではありますが
歌丸のハゲの進行ぐらい鈍足なのは否めなくて

踏みとどまっている彼に拍手と喝采を


RIMG0150












変わるモノと
変わらないモノ

思い返さなきゃ、にわかには信じがたい

10年という年月の過酷さと
心にズシンと来る火力の苛烈さ


RIMG0151












「ま〜たお前らか」

ぐらいの事は思っていそうな
鈴木屋商店のJJEの表情とは


RIMG0152












惰性でなんとなく恒例化してしまった

この店とのガチャバトル連続性を匂わせて


RIMG0154












昼の腹ごしらえもバッチリ

歳も歳だけに持久戦よりも急戦
ゲリラ的な急襲作戦を望むワケで


RIMG0155












忍者列伝!やるしかねーだろ!


日本のスパイ
日本のゲリラ

その始祖たる忍者のあり方に
妙なシンパシーを覚えた僕らは


RIMG0156












銀貨の連投は不可避だったという事で

( ´_ゝ`) ヤレヤレ


毎年3人で1000円近く落とす僕らを
この店のJJEはどう思っているのか

花屋でのやりとりほど気にならない
不規則な感情の僕らではありますが


RIMG0159












今年はインチキなく忍者列伝をさせてくれた

この店のJJEに感謝という事で


RIMG0161












さぁ、ハードな戦いのあとに僕らを待ち受けるのは


RIMG0164












急な海抜の上昇、坂道との攻防戦


RIMG0165












増えた体重に反比例して


RIMG0167












減った筋肉量との水際作戦


RIMG0170












登るごとに口数は減っていき


RIMG0172












反比例するように増えるアイツへの恨み節


RIMG0175












あの世から目線のアイツから

僕らのエッチラオッチラはどう映ったのか

まさに「知らんがな」の様相ではありますが


RIMG0176












面倒な位置関係から降りてくる予定はないのか

僕ら本意で勝手を言わせてもらっていますが
これぞ生きている人間の特権であるワケで


RIMG0177












ただ、旧友との一年ぶりの再会と

頂上で飲むこれの美味さには替えられない達成感


さんざ「遠い」だの「高い」だの
「坂道疲れた」だのと言っといて

まるで手の平返しの末広まきこ


来年こそ、この一本と

密かに計画している七輪持ち込み
墓前で焼くクサヤが楽しみではあります

(やめなさい)












人気blogランキング





ブロぐるめ!



2014年10月17日

蔦の葉@庚申塚:僕の思考を半歩ほど前進させてくれた激ウマに見たキレのある変化球




ラヲタか と問われたら
ラヲタだ と答えるしかない

シャバい部類のラヲタだけど
ウソ偽りなく、そう言うしかない


最近、仲良くさせていただいている人達を

四乃森蒼紫、斎藤一レベルだとすると

僕なんか癋見(べしみ)ですからね


153






















《蔦の葉》

住所:豊島区巣鴨4−24−6(地図
営業時間:11時半〜15時 18時〜21時
(土日祝日は11時〜15時)
定休日:月曜日は誰もいないぜ
用途:綺麗なラーメン、二ボ二ボ



昔から

肩に乗る系の小男キャラが好きな僕としては
癋見や戸愚呂兄、セムシ男なんかは大好物で


そんな喩えを思いついた時から

僕の立ち位置は僕の中で決まっていたような
下衆寄りな下段からの掬い上げを夢想しつつ


155























グラスでけーな




そんな意見しか出ない

三下モンスターによる主人公評の如き浅さ


ラに意見する側の人間としては
拳王の先遣隊にもなりゃしない

僕ら素人からの見た目のまんまを
観測まんまで伝える伝達屋よろしく


157






















ましてや点数なんかもってのほか

口コミを書いている人がよく格付けしている
90点と89点の、その1点の違いすら解らない

まっこと、高性能で正確なスカウターの如き
選球眼なんかは持ち合わせておりませんので


159






















端正な顔立ちの綺麗なラーメン

語彙力に乏しすぎる僕ならではの精一杯
そういうファーストインプレッションでスマナイ


163






















細麺で
醤油で
煮干で

麺が整列している


業界に於ける流行りも廃れも知らない僕にとって
ジャニーズの顔が見分けられないのと一緒で

どれもが同じに見えてしまう症候群


169






















しかしこれは

かな〜りウマい

や、だからボキャブラリーが足りなくてスマナイ


167






















KABOちゃんから始まり
巣鴨ストリートで脚を鳴らし
角打ちでヘロヘロになりながら

辿り着いた先での謎のシャキっと術とは


170






















店の持つパリっとした雰囲気がそうさせるのか

イケイケのヤンキーが金持ちの家に呼ばれて
ほんのり、おとなしくなるあの感じというか


174






















うっかり伸びをして

伸ばした腕の先に高い壷が無いとも限らない

手元のデカいグラスだって5桁は下らんだろうと


177






















そ〜っとアクションを起こす際の
えも言われぬ緊張感の旨みとは

そこが加味されてこそのセンサーの正確性
味に対して真正面から立ち向かえるという事

(痛恨の語彙不足だが)


179






















なんだろう

こうして後日に冷静になって考えてみると
ラヲタとして半歩ぐらいは前に進んだのかと


勘違いかもしれないけど僕的なプラス思考は

『自分達のサッカー』『収穫はあった』

そんなレベルの口先だけの胡散臭さはあるけど
それでもゼロではないなと思える前向きさだと


本田の、方向性の違う変に真面目な顔が

頭の中にフラッシュしながらも思うのでした











人気blogランキング

群雄割拠のランキンク事情。
そろそろ横槍が入ってくる感じですかね。




ブロぐるめ!

1〜5までが固定されてきているようです。

2014年10月16日

十一屋能村酒店@千石:ふと、見知らぬ住宅街で童心に還る瞬間を垣間見て僕らは




正直言うと街並みを歩いた事がありません


RIMG0073












巣鴨です

曰く お年寄りの原宿
曰く 天国に一番近い街

(謝りなさい)


曰く

商業臭のしまくる商店街のゴチャゴチャ感は
浅草、仲見世のそれを凌駕するとかしないとか


RIMG0081












やきそばーと駅の往復しか知らなかった僕が

この期に乗じて巣鴨童貞を捨ててやろうかと


RIMG0075












KABOちゃんから歩く事、ほんのりひと駅分

意外な暑さに当てられて
汗でテカテカ顔を晒す事

速攻でオイルレスリングを始められる様相


RIMG0079












クールダウンを兼ねて

やや冷ややかな目で周りを見つつ
しかし堪能できそうな所は堪能してみる


そんな浅草で培った防衛術は全国共通なのかと

亀仙人につけてもらった下地の基礎体力は
大林寺の先輩を一蹴できるほどだった時の

クリリンのような爽快な気分だったという事で


RIMG0095












歩いた

トコトン歩きましたねこの日は


目の前に物的証拠として大々的に展開される

歩数計のような具体的なグッズを
利用しなかった事が悔やまれます


RIMG0102












しかし、写真という状況証拠が
後日、僕らの海馬を刺激してくれて

「あぁ、この日メッチャ歩いたんだ」なんて
利息分がプラスされて小粋に呼び戻される感じ


RIMG0103












と思うのも束の間

歩いて流れ出た汗を酒で補充しようってんだから

始末に負えない僕らの浅はかさと言ったらもうね


RIMG0105












に、しても

素敵な角打ちですね


今回、巣鴨を歩くにあたって
なんとなしに検索をかけてみたら

出るわ出るわ、この住宅街の角打ち


RIMG0104












三ノ輪で旨みを発見して僕ら

こういう所のシュワルツシルト半径から
ミリも逃れられない体になっていたりして


RIMG0106












あぁ、ウメェなぁ

歩いた甲斐があるというかなんというか


RIMG0107












そして入るなり

店の人と冷蔵庫の業者との間で展開される

「安くして」「これが精一杯」の攻防戦は

やはり酒を進ませる要素でしかなくて

まさかのウチの子、グデングデンの妙


RIMG0109












ほう、自家製なんですか

小鉢で200円ぐらいだったら
チビッ子の給仕かってぐらい僕ら

喜んで小銭をボロボロとこぼしますとも


RIMG0111












なんならチビッ子ついでに

こんなお行儀の悪い事だってやっちゃいますよ

(よしなさい)
(ビートキヨシ風に)


RIMG0113












うん、なんでしょう

目の前に展開される幼児還りと見紛うばかりの

この圧倒的ノスタルジーのダダ流れは


RIMG0114












童心に還りながらも

飲んでいるのは体に悪そうなジュースじゃなくて
遠回りで体にイイ(かもしれない)酒っていう風情


ひと回りして

子供の頃のマインドと今の思考が
見事に交差してビシッとリンクする感じ


RIMG0115












《十一屋能村酒店》

住所:文京区千石3−38−11(地図
営業時間:今はワケあって17時ぐらいから
定休日:日曜祝日(不定休あり)
用途:角打ち、ピザがあるらしい



なんだろう、この駄菓子屋感

自然と算数が身に付く課外授業


放課後の超激放課後っぽさたるや
渋谷の大人の駄菓子屋を思わせて

はて、気がついたら僕は
青っ鼻を垂らしていたりして

(さすがにそりゃウソだけど)


なんとなしに

走っているだけで楽しかったあの頃を想い
住宅街を無駄にダッシュした僕だったのでした

(さすがにそれもウソだけど)











人気blogランキング

ランクの上下が落ち着いてきたみたいですね。たぶん。



ブロぐるめ!

こっちもがっちりと固定してしまった感じ。たぶん。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) 

2014年10月15日

麺屋Hulu-lu@池袋:リトルアドベンチャーは落ち着いた雰囲気の中、グビリとヤルためにあるワケで




夜はお高いスカした高級店でも
昼はお手軽なランチを展開する

僕の知る限り、だいたいの飲食店は
そういう業務形態を取っていると思います


056






















《麺屋Hulu-lu》

住所:豊島区池袋2−60−7(地図
営業時間:11時半〜15時 18時〜21時
(日祝は11時半〜15時半)
定休日:火曜で間違いないかと
用途:雰囲気ハワイなラーメン屋



ラーメン屋の昼と夜に
それほど違いはないにしろ

独特の二面性に旨味を覚えた以上


057






















懇意の店の夜の顔を覗きに来るってのは

小さい冒険としてアリなんじゃないかと思うワケで


058






















ランチ時はかなり混むという

一方向からの景色しか知らない僕らからしてみたら


夜の落ち着いた雰囲気の中で飲む
ハートランドビールっていうのは

大晦日とか法事の、親戚の集まる特別な日に
「今夜は起きててイイよ」と許可をもらう感じ


060






















そんな親の一言により心拍数は上昇し

たとえ寝なきゃダメという既成事実があろうとも
一旦、走り出した欲望の放流が許さない感じ

そんな折に添える水餃子の美味さは実証済み


061






















見たかった景色が目の前に展開されるってのは

これほどまでに興奮を呼ぶのかと


062






















思い出すのはハレー彗星の年

自宅から肉眼で見た星の帯のように鮮烈で


064






















その只中にいる実感の100%を

当日は味わえていないと思うけど


065






















それは後日思い出してニヤニヤするための

感情の預貯金と思うようにしています


066
























やっとカメラが白を拾ってくれましたか


あまり夜には起動しない携帯カメラが

独特の雰囲気にやられたのか
夜の暗さに当てられたのか


070






















精一杯の黄色から息を吹き返して

湖底の岩の下のひと呼吸から
黒騎士を討ったジョナサンの如く

ヘロヘロになりながら死の淵から帰ってきた感じ


071






















惜しむらくは

おつまみトマトの売り切れと
カウンターを堪能できなかった事


うんうん
まぁまぁ

要するにフラグがピンコ勃ちって事ですな


さて、次回の夜フルル

いつになるやら、ならぬやら











人気blogランキング

たぶんなんですが2位にいると思いますよ。



ブロぐるめ!

こっちはギリで5位にいさせてもらっている感じ。

2014年10月14日

しらす漁船@沼津港:厳しかった祖父の人となりに飛び込んでみたら、意外な取っつき易さに驚いた日




毎年、同じような時期
沼津に来ておりますけど

年々、限られた時間の中で
いかにウマいモノに飛びつくか

センサーと情報を頼りに最短距離を


RIMG0116












腐れ縁の同期のヤツらと共に

爆発させる、いつものアレをアレするヤツ


RIMG0117












しかしまぁ、もうじき台風が来るからなのか

到着した時間も時間だったのかなんなのか

去年はあんなだったのに若干の閑散は否めない


RIMG0119












そこは怪我の功名というか

バトル中に負った開放骨折で飛び出た骨を
相手の急所に突き立てて仕留めたみたいな


多少、痛くはあるかもしれないけど
不意を付いた一撃必殺である事は

メディアから得た知識が成り立つんであれば
まぁ、相手に炸裂する事もあるんじゃないかと


RIMG0120












快適を満喫 とは

自然現象を背にしてこそであると


RIMG0123












10年目のアニバーサリーのこの日にして


RIMG0124












『今それかよ』を心の中でコダマさせる所存


RIMG0127












《しらす漁船 沼津みなと店》

住所:沼津市千本港町97(地図
営業時間:10時〜15時ぐらい
定休日:解らん、さっぱり解らん
用途:しらす丼、桜えびかき揚げ



ずっと空き地だった所を
観光商業地に化けさせて

およそ2年ぐらいでしょうかね


港の実力のなせる技なのか
電通のゴリ押しに当てられたのか

どこから湧いて出たんだって人出は
ユルくて古い港を覆い尽くしておりましたが


RIMG0128












あぁ、こんな店が出来ていたんですね

確かここって、丼モノ屋が横行する界隈に於いて
孤軍奮闘していた街中華だったと記憶しております


RIMG0129












いつか行ってやる とは思っておりましたが

皮肉な事に、居抜きで入った店で内装的初遭遇


外から伺い知る事は叶いませんでしたが

こんな、意外に広い感じの内装だったんですね


RIMG0130












清廉潔白で威厳のあった祖父

その死後、遺品の中からエログッズが
大量に見つかったみたいな妙な親近感

人格的に敷居の高かった遠い存在に対して
人間臭さを嗅ぎ取ってニヤニヤするみたいな

(たとえがメチャクチャだけど)


RIMG0131












さて、しらす丼

界隈に於ける海鮮丼の大安売りに
そろそろ乗ってあげましょうかと重い腰


RIMG0132












やはり観光客を見込んでなのか

ランチでの相場が1丼辺り
1500円相当という高額取引

そこまで安くてお得じゃない感漂う中


RIMG0133












軒並み1000円未満

ブルジョアメニューでも1300円前後かという
財布への甘い囁きというテクが入った価格設定


RIMG0134












店員のお姉ちゃんの

バイト初日臭は否めないモノの


RIMG0136












どっちを取るかと言われたら

この辺の店に対する知識がない分


RIMG0137












ケチ成分が見られる僕らとしてはこっち


RIMG0138












ヴィジュアル的に派手さに欠けるしらす丼も


RIMG0135












まるで宝石の如しなり ってね

一歩踏み込めなくてスイマセン

(もう何年かで40歳です)


しかし

この店、位置的に裏通りだからなのか

もうちょっと流行っててもイイと思うんだけど
他の丼モノ専門店より3割増の空きっぷりとは


時間的なモノが作用しているとか?

価格帯を出し抜いているから
他の店からハブられているとか?


使い勝手がイイと思えるだけに

来年は街中華に戻っていたりなんて事

僕的には嬉しいかもしれませんがご勘弁ですよ











人気blogランキング

油断するとすぐに3位だったりして。
ランキング上位の周辺に吹く風の強い事。




ブロぐるめ!

結局5位脱出は夢だったんでしょうかね。

2014年10月13日

オムライス弁当@職場:むせ返るほどノロケ劇、ストレートに綴った心の声を見て僕は




ある日のNoインフォ弁当


なんである

一体なんである


003






















これは

マジでなんである

たぶんだけどオムライス


にわかに異世界に放り込まれた様相に

時空のおっさんの存在を背後にエアする感じ


004






















確かに、ほんのり体調を崩しなさって
軽い回復途上にあった段階での調理

もやしそばで済ますから大丈夫だから」とは
やさしさの片鱗を見せたつもりではありますが


ウチの子の

なるべく『外食させない』って意地が優ったのか
それとも食材のローテーションがそうさせたのか

ケチャップの焦げるアロマが立ち込めたる
ウマそうな空気に包まれたわが家のキッチン


005






















玉子の乗せ加減に、ややの失敗の影を見るも

しかしながら「見た目じゃない、中身だから」とは
パッと聞き、女の吐き出す詭弁のように聞こえる

チキンライス部分のプレゼンではありましたが


まぁまぁまぁ

そこは過去の実績モノを言っているので
心配にすら値しない、日常すぎる低ハードル


しかし


006























ケチャ文字は自分でね



おう、まさかの投げっぱなしとは

それもゲーリーオブライト級の光速の


ところが

この手の投げっぱなされ具合に関しては
過去の実績モノを言っている僕ですので

さぁ、あとでSNSやらを見てニヤニヤするのかと
ウチの子の緻密な打算が見え隠れしてきたので



「や、やってやるって」


(なぜか)越中も憑依して
宣戦布告を受けて立とうと

小分けのケチャップを握り締める僕の手は
小刻みに震えながらも一撃目の試技に挑む




なんである


007























“愛”である  ってなモンで




急な無茶ブリに奇跡が起きたというか

世間的にはアレでしょうが
僕的には及第点に達した感じ

とっさに渡された打ちたての金棒を
上手くジャグリングしてキャッチに至ると


008






















しかしまぁ、愛とは

ノロケなのか、狙った挙句スベッたのか


011






















そこは抗いようのない

後者であるのは否めないんですが


012






















ウマい

ウマすぎる

だけに

ヴィジュアルのハンデが泣き所

(特に愛の部分が)


誰もが羨む絶世の美女なのに
鼻毛がピロっと出ているみたいな

寝返りそうで寝返らないカエサルみたいな


010






















ともあれ

吹きこぼれそうなほど満ち満ちた愛であったと


あの日あの時を、ふと振り返って
ムフフを禁じえない文字列だったと

虚空に向かってニヤニヤする様は
ちょっとした事案からの通報レベル

人目を気にする事を憚られる事態であったと

(おまわりさんコイツです)











人気blogランキング

見てはいませんが(怖くて見ていませんが)
たぶん2位か3位にいると思います。




ブロぐるめ!

取り戻した4位が一日にして陥落という。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)職場弁当 
昔の記事