2007年09月20日

どげんかせにゃならん、あの県@廣畑4


 

つづき・・・

秋元屋にてシャリキン梅割り&ジャガバター味噌
という未体験ゾーンを味わった

 

わて


 

←わたくし






ねこ

 


←ねこばやしさん

 


若干テンションの高いコンビは次なる店へ。
しかし野方の飲み屋は秋元屋しか知らないという
ナランチャもビックリなド低脳っぷり。

必然的に野方脱出という選択肢が迫ります。

 

隣駅、都立家政「竹よし」で刺身のパリコレか・・・
沼袋「GOMA」で最強のシメラーか・・・
同じく沼袋「ホルモン」でアンチサンガリズムか・・・

なんなら高田馬場まで行ってしまうか・・・

 

聞き込み捜査




いや、まてよ
確か野方から中野駅に
行くバスがあったはず。

公僕に聞き込み調査で
情報ゲッツ

 

 


 

 

野方→中野駅

 

これ・・・何気に危ないルートでないかい?

中野駅前と言えば、あんな店やこんな店が
高密度でひしめき合う「飲み屋密集地帯」
野方でかる〜くやってから中野でディープに。

いや、今考えると面倒な事になるから、
解っちゃいるけど気付かないフリをしとこう
          (軽めに現実逃避)


 

とまあ、モノの数分で中野駅前到着。
同じ中野区ですから当然と言えば当然か。

野方→中野駅・・・マジで近いな。

いや、今は敢えて考えないでおくんだった
           (また現実逃避)

 

 

 

中野と言えばご存知「石松」ですが、
この日はめでたく魔の土曜日。
つまり何時に開くか解らない日。

かつて24時開店なんてのもあったとか。

期待薄と考えて、ここは前々から行きたかった
宿題店に行ってみようかと思いつきましてね。

 


ひろひろ

 



駅からほど近く

あったあった廣畑







茂ってるね





















《廣畑》(ひろはた)
住所:東京都中野区中野5-32-11
営業時間:?〜10時ぐらいで終る
定休日:まだ謎
用途:安く飲むには



トパーズさんがブログで紹介していたのを
ドンキング氏(参照:その1その2その3)が
見つけて石松で教えてくれたんです。

なんでも宮崎料理の店なんだとか。

都内で宮崎料理ですか・・・
一昔前ならばマイナー路線でしたけどね。




こやつ

宮崎といえばこの人が
巷では有名ですがね。

実は結構旬な店だったり



事前調査によるとわりと混む店という話です。
なんとか入れるとラッキーなんですが・・・?

 

いい店じゃないか



入れたよッ

しかも良い造り

やったね、ラッキー。
お客は我々の他に若い一団が一組。
ギャルと野郎の集まりでした。

それにしても触れなくてはならないのが内装です。
まあ、実はうまく説明できないんですけどね。
沖縄料理の店とかにも言えそうな事なんですが、
南国的な所を控えめにに押し出したような・・・
とでも申しましょうか。

ちょっと小物がシーサーだったり。
置いてある植物が南方だったり。

なんかそんな感じが店内に垣間見えるんです。
全体をご当地一色ではなくてチラリズム。
(東のポスターはデカデカとあったけど)

うまく東京に融合しているというか、
でも故郷は忘れない、みたいな?



 

動く動く

それにしても

女将さんが・・・

 

よく動く!


内装よりも気になったのはそれです。

無駄な動き一切無し。
この空きようなのにパタパタ動き回ります。
うむうむ、素敵な働きっぷりだ。

コレは想像にすぎないのですが、
混んでいてもこんな感じではないかと。

ええ、まぁなんとなくそう思ったんですけどね。

 

 

 

突然にわかに女将・・・


「飲み物どうします?」


「えっ、あ・・・レモン、サワー・・・」



(あ〜ビックリした〜〜〜)

突然の高デシベルに油断しきっていたわたくしは
その圧倒的な声量に打倒されてしまいました。


とまあ


ドキドキが一段落した所で樽ハイ倶楽部にてグビ

ホッとステーション







さて、思う事が一つ。
ひょっとしてコノ店って・・・

有名大衆酒場にありがちな威圧系?
一見さんには厳しかったりして?

いやいや、早とちりな勘違いはいかんぞ。
考えてみると女将の言葉遣いは至って丁寧。
動きまくっている仕草と独特の雰囲気と声のでかさがそう思わせてるのではないかと(あくまでも予想)

その証拠かどうか解らないけど・・・ほら

 

 

きっちりしてる












全座席がこの整い様


ビシッとこのとおりの仕事してます。
規則正しいスタンド、バッドカンパニーです。


思うに「べらんめえ調」の店って(要所は抑えてあるにしても)若干清掃の行き届いてない所があったり

良い意味での汚れっぷりがあるんですけどね。
ま、それが味と言えば味なんですけど、有名な大衆酒場っていうのはそういうのが多かったりします。

ここは・・・それらに当てはまらない。

大衆酒場というジャンルに属するのか否か。
ちょっと今まで無いタイプにドギー&マギーです。

 

 

 

「はいどぉぞ〜〜〜!」


そうこうしているうちに・・・第一弾がきました
(またもや声にビビッた)

 

 

 

 

 

 








でかっ












ってマウンテンかいッ!



大根サラダ、思いのほか盛られてますよ。
標高的にのんきのヤツに匹敵ですかね。
登山家としてはアタックを仕掛けたくなるモッコリ

わたくし半袖短パンにスニーカー、
登山するべき格好じゃないですが、挑むのが男

では早速・・・

 

ちょい甘め

 

 

ちょっと甘め

やるじゃないか




のんきの酸味の利きまくった大根サラダは
サッパリとマニアックな大衆酒場向き。

ところがコイツは甘味がかったドレッシングで
一般ピーポー向きとでも言いましょうか。

深夜番組がゴールデン進出に伴って内容をマイルドにせざるを得ない的なクラスチェンジを見ました。
ま、どちらもメリット、デメリットはありますけどね。



 

 

 

「刺し盛りどぉぞ〜!」


女将のデシベルにもだいぶ慣れてきた所で、
お任せ3点盛りで注文した刺し盛り(600円)

やってきたようですが・・・?

 

 

 

600円





















600円にしてはデカくないかい?




お任せで飛び出したるは

・マグロの赤身
・シメ鯖
・ホタテのちょい炙り

ちょいとやりすぎだろうと。
都心でこれは若干盛りすぎだろうと。


スーパーで売ってる高めのパック刺身の値段で


ほう




この味!





ほほう




この鮮度!







相当頑張ってるだろうと



なんなんでしょう。
コレが宮崎クオリティ?
だとしたら宮崎は修羅の国ですよ。
正直住みたい。

今回、結構なアタリを引いたのかもしれません。
あるもんですね、こういう店っていうのは。

 

 

 

もうね、

 

でかい





















間髪入れずコロッケが

 

デカいんだもん



やられっぱなしですよ、さっきから

正確な値段は忘れてしまったのですが、
たしか2〜300円だと。

ま、その値段でコロッケだとすると
ちょっとデカ目のヤツが1個だと思ってました。


 

しかし2個も登場?


界隈で人気な訳だ。
この日はホント空いててラッキーでしたよ。

 

開脚


汁は期待できないけど
とりあえず開脚

コレはサービスカット




師匠

またもや一人ごっつの
師匠の口みたいな穴
(それはどうでもいい)



これが甘美味い



普通のジャガとスイートポテツをミックスしたような
ほのかな甘さ。こりゃなかなか良いぞ。

普段甘いものは好んで食べませんが、こういう形で摂取だったら「よろこんで!」と庄やグループかと。

甘いのが苦手な人でもソースがけで解決。
フレキシブル対応。

いや、コレは素晴らしいコロッケ。






ビールビール地鶏










あとはビール&地鶏と野菜を炒めたやつで・・・
さすがに自慢の宮崎地鶏、ビール要員です。

他にも地鶏を生かした料理が多数存在するとか?
こりゃ色々試してみるしかなさそうですな。

石松がダメだった場合の代打要員として・・・いや





最初からココ目的で来ても良い


そう思わせる美味さと安さがここにはありました。
会計、あわせて3000円ちょっと。

さすが中野、奥が深すぎますって。

 


そんな深い中野。
もうちょっと探検してから帰りましょうかね。

てな訳でもうちょっとつづく・・・









次回「カリン塔の修行、三年
お楽しみに




人気blogランキング

↑次回こそは〆に冷汁。約束のポチッと


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆう   2007年09月20日 11:05
ここ行ってみたいー

宮崎地鶏食べたいっす
2. Posted by ドン☆キング   2007年09月20日 17:08
ココは密かな実力派って感じですね〜
1人1杯だけど百年の孤独が格安で呑めたりするのも魅力☆
地鶏の入荷日にはタタキが喰えるとか・・・
チキン南蛮と冷汁はマストです♪

あの女将さんは慣れるまでドキッとしますね(笑)
3. Posted by 姐   2007年09月20日 18:31
廣畑いいよねえ
地鶏がおいしくってさあ
あと
100円メニュー頼まなかったの〜?
冷やしトマトとか
買うより安いじゃん
てなくらい大きいの出てきて
すっごいおとくなのよ
あと
まぐろ納豆とかあったなあ
いつもいくとまず100円メニューから
せめてしまう私。
こんどぜひためしてみてね〜
4. Posted by ロザリー   2007年09月20日 23:40
今一番行きたい場所が宮崎県。
MRT宮崎放送ってとこに、学生時代のおバカ仲間がアナウンサーしてる。ついでにカレーもファミリーマートと提携して出してるらしい。
くいてぇ。
5. Posted by QT鈴木   2007年09月21日 00:34
ゆうさん
中野は石松だけじゃないんすよ。
隠し玉がわんさと、恐ろしい街です。

ドンキングさん
偵察がてらだったのでライトにいかせていただきました。
うわさに名高い「百年の孤独」飲んでみたいっすね〜
それをやりつつ冷汁で〆るという暴挙。
つなぎに使うのがもったいない店です。
6. Posted by QT鈴木   2007年09月21日 00:39
姐さん
そう、八百屋価格のトマト。頼むの忘れてました。
つーかこのあとの飲み屋も考えてたりしたので選択肢から抹消されてました。次回ココ目的の時にでも行きたいッすね。
100円メニューの充実さ加減は都内一かと。
中野区万歳

ロザリーさん
板橋区の女王が宮崎遠征ですか。
なんとも壮大なロマン溢れますな。
その際はお土産よろしゅうたのんます(調子が良いぞ)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昔の記事