2010年06月01日

オスとメスの生み出す神中華@珍萬



ター なの? ギター なの?

ース なの? ベース なの?


シューズ なの? シューズ なの?

レビ なの? テレビ なの?

イター なの? ライター なの?

デル なの? モデル なの?


若い人と話してて、よく思う
アクセントの位置の相違

単語の頭に付けたがる僕らとは逆に
真ん中から語尾にかけて緩やかに延ばすように



そいじゃ、え〜と


ポ、ポカリ


取り繕おうとして馬脚
表す先に北関東訛り

若く見せようとしてマギー司郎
秒殺でバレる、つぶやきシロー


104












萬 なのか 珍なのか



本所4丁目22の
ボロッとした、ドロッとした
建物根こそぎスミソニアン中華

寄付しなくては、と無駄な正義感


そのクラシックな外見と共に
どっちにアクセントなのか
気になるところですが

いや、どうでもいいか
(いいのかよ)


103











日替わりランチオンリーという勇気
それ意外は受け付けませんという豪気

入った途端に茹で始める
入った途端に鍋を振り始める


095












なんという無理やり感



まさに♂(チン)
そして♀(マン)

老夫婦のツープラトンの流麗さ


でも

イヤとは思わない
ファシズムは感じない
むしろ心地良いじゃない

鉄火場の中に暖かい客当たり
住宅街との溶け込みに扮したオアシス
チャリのチリンチリン&啜る音のアンサンブル


そんな店側との連携が生み出す


097












この美味さとは



ヤバすぎる
美味すぎる
神に見紛う

早寝早起きに見るベストコンディション

確かに僕ら、空腹だったのは否めない
なに食べても神に見えるのかもしれない


でも、それだけじゃない


098











この堂々たるショッパさ
気温による塩分流出を憂う潔さ

ブルーカラーを救う白い粉、バッチこい
ホワイトカラーへの手向け、かかってこい


老夫婦ゆえのアッサリすぎる

前例を近所で見てるだけに

しかしそれは杞憂に終わり


099











遅れての半チャーハンに至るまでの


「はいっ、チャーハン4つ入るよ」

「はいっ、ラーメン上がってるよ」


厨房でのやり取り
ラーメン担当のマンによる
鍋フリ担当のチンへの的確な指示


なるほど

立場的に♀のほうが上

と、なると発音は


 ではなかろうか、と


101












このチャーハン侮れねぇ



神ラーに出会ったばかりなのに
そいつを軽くベリーロールで飛び越える

効きまくってる塩味
効きまくってる白い粉
効きまくってるギャバン

ノッソリ鍋を振ってるように見えて
なかなかどうして、パラッと仕上がる


やるな、♂


さらにナルトの食感がピョンと跳ねる

アスリートな食べ応えの裏から

この店の発音は


100












やはり 萬 ではなかろうかと


そういう、導き出された結論
僕らが寝ボケてたんじゃないのなら
たぶん、コレであってるモノかと思われます

(ホントどっちでもいいんだけど)


102











高く上った日に

網膜を労わりながら店を出て

思い出されるは学生の頃の思い出



友達とジョナサンでランチしてた時

僕らのジョナサンという発音が気にかかったのか

うしろの女子高生4人組から聞こえてきた


「え〜、ジョナサンだよね〜」


ふふん、今の僕ならば
あんな言葉にはめげません

(たぶん)









人気blogランキング

迫るフェティッシュダディー。
逃げる僕は足がもつれそうです。



ブロぐるめ!

なんとなく復活の兆しが見えたような?
いや、なんとなくなんですけどね。


konoyarou6464 at 10:30│Comments(8)TrackBack(1)中華 | ASAKUSA

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 珍萬@本所吾妻橋  [ 両国のダイビングショップオーナーの日記 ]   2011年04月17日 11:39
髪の毛を夏バージョンにし、その帰りにQちゃんのblogの記事を思い出し、寄り道してみる。 お店はビールケースなどで作られたテラス席もあり、昼からビールやホッピーを楽しんでる ...

この記事へのコメント

1. Posted by ラヴ   2010年06月01日 11:49
台東区にもハイレベル街の中華多しです。
ここと同じような外観の店に「ラーメン+半ナシゴレン」ってのを見つけ食べてみたら…なんと!ただのケチャップライスだったという。
確かに定義をみると、ナシゴレンとチキンライスは同じものとしか言えないのですが。
2. Posted by tarou7   2010年06月01日 12:16
スリの、ヤッスさんかと思ってしまいました。
3. Posted by tim   2010年06月01日 13:04
アクセントも気になりましたが
店名を見た瞬間、そっちのネタが思い浮かんだ僕も
ある意味では珍メン!(チンだけに当然MEN!)


ジョナサン・ジョースターも
アクセントは同じ?
4. Posted by まんだむ   2010年06月02日 08:20
違った。。。
しかしこんな国宝級の店がたくさんあるもんなんすね〜。
ラーメンがいい顔で。
5. Posted by QT鈴木   2010年06月02日 09:10
ラヴさん
おお、ナシゴレンを出す中華屋。
実に興味深いです(チキンライスって所も)
こういう中華屋って下町の本気を見れるというか、通常じゃ通用しない事項ばかりなので目が回ってしまいます。

その店、今度こっそり教えてください。

tarou7さん
ギャンのヤッスさん?
あ、プロフ画像って事ね。
6. Posted by QT鈴木   2010年06月02日 09:18
timさん
年甲斐も無く下の話で盛り上がらせていただきました。
だって、チンでしょ?マンでしょ?それしかないでしょ。

あ、ネイティブ発音だとジョの所にアクセントです。

まんだむさん
えー、違ってました?
某所でこっそり教えてくださいな。

ちなみにこのとき丼が全部出てて、僕のだけ違うやつで出てきました。
7. Posted by ラヴ   2010年06月02日 11:03
記事を書いてる奇特な方がいました。
半ナシゴレン(笑)
この界隈は発掘し甲斐があります。

小島【味の幸楽】
○住所:東京都台東区小島2-1-3
○TEL:03-3866-5900
○定休日:土日・祝日
8. Posted by QT鈴木   2010年06月03日 09:32
ラヴさん
おお、ありがとうございます。
書いてらっしゃいますね確かに。
参考にさせていただくべくブックマークしてございます。

しっかし土日祝日が定休って・・・厳しいですな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昔の記事