2014年01月22日

内々で解決するだけのはずなのにブログを持ち出す僕の弄らしさ 野菜ごろごろカレー@自宅





料理にはちょっとした自信のあるウチの子から

深夜を超えたズンドコ仕事の僕に一件のメール




「ゴメン、カレー失敗した」



(゚Д゚≡゚д゚)えぇ?

(((( ;゚д゚)))カレーを?

(((( ;゚д゚)))失敗出来るの?


研鑽の集合体たる市販のカレーパウダーを
如何にしてマイナス方面に昇華するというのか

正攻法を期待していた僕としては
ナニをどうしてウルトラCだったのか


素人でも出来るはずのカレーとは
かくも、巨大な落とし穴であったと

にわかには信じがたい情勢


そこの所を知りたくもあるし

しかし真実を知る勇気もない

興味はあるけど心が耐えられそうもない

戦争資料館へ足を運べないジレンマな感じ


139





















帰宅後

現物を見て

温め直して

盛り付けてみて


そんなにダメか?


ってな、バイアスを外した率直な感想


145





















「不味いから、超不味いから」

出てくる言葉のNPC的単一性


申し訳なさそうな表情の裏を読もうにも
料理に関して、そんな顔をしないだけに

推理というか、推して測る以前の問題でしかなくて


142





















ルックス的には、メールで要望を伝えた通りの出来

「実家野菜のゴロゴロしたヤツが食べたい」という

その点をミリも外さない凄腕スナイパー


『どうダメなのか』の片鱗を聞き出せたと思ったら

「ダメ、トロみが全然なくてカレーじゃないよ」と

確かに致命傷とも言えるウィークポイント


どうにもアドリブを施した事が伺えて


147





















「トロみあるやん、トロトロやん」


(*^・ェ・)ノ え?あ、そう?

(*^・ェ・)ノ でもね、ジャガ芋をダメにしちゃったの


担ごうとしているのか何なのか

もう一個聞き出せたインフォに
わが耳を疑いそうになりましたが


149





















「めっちゃ美味い、ホクホクやん」


(*^・ェ・)ノあれ?そう?


曰く、ワインの味が染み込みすぎたと

曰く、酸っぱい味のカレーになってしまったと


151





















そうでもないと

やや甘口ではあるけど
要望通りのカレーであると


なんとも伝聞とは違う様相に
僕はとある考えに辿り着きそうで

しかし、真実に辿り着いて良いモノか


しかし、今後のためにプログレス

僕による推理のアナウンスは必要と見て


153





















「それって出来上がる途中だったからじゃない?」

(*^・ェ・)ノ そ、そうかなー


言ったら煮込み料理
言ったら熟成との勝負

火にかけてグツグツ言わせて
次の日にご対面ってなセオリー

生焼けを食べて判断するのは
ややの危険性と早とちりの綯い交ぜ


僕が思うに

この手のカレーを作るという久しぶり性が

今回の『失敗劇、だと思い込んでいた劇』

の正体だったんじゃないかと


167





















だってほら

中濃ソースによるリカバリーはあったモノの
次の日のカレーの、この清潭な顔つきたるや


アドリブにより正中線は外れたモノの

寄り道は無駄じゃなかったという事が
この凄腕カレーから見て取れるワケで


昨日ほんのりと

カレーの事でギクシャクしてしまった僕らに

(ヒント、僕のちょっとした失言)

なんともタイムリーなカレーの話


だから今、改めて言わせていただきたい



「キミの作るカレーは最高」


「もうゴチャゴチャ口出さない」


「だからまた作ってね」


と、ブログを通して

思いの丈を叫んでみるの図

(面と向かって本人に言え)











人気blogランキング

そろそろ行けるんじゃないでしょうか。
もうちょっと上の方の順位まで。




ブロぐるめ!

結構なテイルトゥノーズでしょうかね。
今は2位ですが夜には抜かしていたりして。

konoyarou6464 at 10:30│Comments(2)TrackBack(0)カレー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 関屋萬之助   2014年01月22日 12:26
おのろけゴチになります。


口に出さないと伝わらない事もある。だから伝えよう。「いつも美味しい食事をありがとう」と。
2. Posted by QT鈴木   2014年01月24日 01:02
かなりしたたかに怒られてしまったので、しかし関係修復のためにはと奮闘であります。
だってアレだけのモノが食べられるなんて幸せ、ちょっとやそっとじゃ手に入りませんからね(とノロけてみる)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昔の記事