2014年07月03日

表裏一体の愛の形を、身をもって骨の髄に刻み込むのも愛の証 みとや@東武練馬




愛があれば何とやら

みたいな文言を耳にする事がありますが


愛があるのはイイとして
過剰に愛が過ぎるってのは

すなわち変態の称号を得るにほかならないと


015






















「この人、凄すぎて寒気がするよ」



先日、ツイッター経由で知るに至った

べんてんへの愛が溢れすぎた人のブログ


愛が溢れすぎて、べんてん内で大盛りを連食とか
一見すると康太と同じベクトルなようにも見えますが

見ている側を、体調を気遣うとかいう領域から
瞬時に化物を見る目へとチェンジしてくれるという


サラサラっと2〜3個の記事を斜め読みするなり
チキンなスキンに見舞われたウチの子のセリフも

まぁまぁまぁ、あながち的外れでもなかったという
ウドちゃんのボケが、たまに真理を突くような現象


021






















はてさて、ある日のみとや

僕にとって今年31回目という数字を見るに
なかなかの愛に溢れた状況なんではないかと

愛が溢れた末に『みとや』というカテゴリーを
新設するに至るという、変態領域に片足状態


017






















意味合いは違うけど、あしゅら男爵
アブノーマルのハーフ&ハーフついでに

先日のべんてん終了劇を個人で勝手に想い
一気にダークサイドに堕ちてみようじゃないかと


018






















つけ麺大盛り、プラス100g

べんてん仕様の中盛りぐらいの量と見て
僕の中での、あの店への想いの
一旦の区切りとしてみようかと


遠く離れた東武練馬で勝手に開催
さよならべんてんフェス2014byオレ

この

地元の祭りとかで出張ってきている自衛隊に
プラカード持って抗議に押し寄せる左翼みたいな


実に的外れで時期外れな僕の行動を

どうか生暖かく見守っていただきたく


019






















時に大盛り、プラス100g

先日「自分が美味しいと思える範囲で食べる」と
大盛りへの決別とも取れる発言をしておきながら


引退興行と銘打っては
詐欺まがいな行為を繰り返す

大仁田厚の厚かましさを自分の中に見出しました


020






















あぁ、解っていても過ちを繰り返してしまうのは

すなわち、そこに愛があるからなんでしょうか


022






















が出来て4年ほど

週イチで通っていたとして、年間50回
正確には数えていませんが去年までで150回

たぶんだけど、この日で181回目じゃないかという


023






















愛があるというよりは
愛が過ぎて、こじらせて

変態の称号にこそは手が届かないまでも
そこに、歪んだ愛は見受けられるんじゃないかと


024






















一歩間違えば手が後ろに回りかねない
ストーカー行為にも似た酷い執着っぷり

しかし「われながら危ないヤツだ」と

モノを食べ終わった後の、賢者タイムにも似た
茫然自失の中で至る考えも正常が残っている証


014






















でもね、を出て数分後には

次回訪問時の注文を考えている僕がいるんです


その、鳥のような物忘れの所業は
まさに変態、一歩手前の歪んだ愛

たぶん数日後には大盛りを頼んで
苦しんでいる僕がいるんじゃないかと


愛よりも健忘症を疑うべき事態
いや、疾病を飲み込んでこその愛

いつの日か、この勘違いの愛が
真実の愛になる事を祈っています

(ならないと思います)










人気blogランキング

ダメだと思ったら3位になっていたり。
自信満々でいたら4位になっていたり。




ブロぐるめ!

先週の快進撃はウソだったみたいです。
konoyarou6464 at 10:30│Comments(2)TrackBack(0)東武練馬 | みとや

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 関屋萬之助   2014年07月03日 13:11
みとやカウンター発動中だね。
って今年31回目かょ。


大盛り食べて良いんだけど満足し過ぎて、他に行けなくなるんだよね。土曜昼しか行けないハードルもあるし。でも行きたくなる【みとや熱発症中】
2. Posted by QT鈴木   2014年07月05日 10:38
記事にしていないのも含めると現在33回だったりします。

そう、そしてポーションのデカさも気になる所。
ここを取るか、はしご酒を取るか。迷いに迷う所。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昔の記事