2016年01月19日

みとや@東武練馬:もはや言語すら不要の、腕力にモノを言わせた塩ラーメンに出会ってしまってから




ラーメンてジャンクで下衆寄りな食べ物だと

そういう風に思っている僕ではありますので

ひたすら濃くて、油っこくあって欲しいワケです


お笑い芸人だったら私生活も面白くて当たり前

無口なんかミリも許さない みたいな極論

はい、重々お叱りを承知の上です


126






















ときに塩ラーメン

そう、塩ラーメンってヤツ

アッサリの象徴、健康食、女性に人気


その全てを否定するつもりはありませんが
なんつーか、こう損した気分になるというか

食事としての脆弱性、満足度に関しての劣等生


127






















甘いカレーというか
冷たい鍋モノというか

ウマいモノに出会っていないからと
言われてしまったらそれまでの話で

塩ラーメンを生業としている人には申し訳ないけど
僕には気の抜けたコーラのような印象しか受けない


ラーメンとしての基礎体力の低さを否めない

勝手な期待値の設定は多方面へ向けての挑戦状


128






















まぁ、過去形です

今でこそ理解を示しているジャンルではありますが

それをクルッと覆してくれた原記憶というのは

もしかしたら、みとやなのかもしれないと

僕は思うワケなんです

や、マジで


129






















本物を見た事がない僕ならではの

江戸時代の象の想像図みたいな
メチャクチャな解釈甚だしいアレ

情報が錯綜しすぎてアレがアレ


考えさせるという時間が惜しい

出会って数秒で合体を試みたくなるような
説明不要なまでに解りやすい生殖への欲


130






















すなわち僕の中での塩に関する解決方法とは

コメに施された写経よりも、米俵を持ち上げる腕力

大学を首席で卒業よりも、全てを粉砕する頭突き

クローズアップマジック<大脱出イリュージョン


131






















そうそう、そういうパワーでガツン

こうあって欲しいっていう塩ラーメンの姿を

後日、評価され始まる投球術なんかじゃない

みとやのシンプルな剛速球に見たような気がして


132






















女々しくない、損をしない

とりあえず味の深みは二の次

結構な量と塩分で黙らせるオス度


133






















出ていって欲しい入居者に対し
チマチマ説得するんじゃなしに

いきなり鉄球を叩き込んで水をぶっかける
豪腕にモノを言わせた解決へのワープ航法

もはや言語すら不要、解りやすい is the best


134






















かつて遠出してまで凄いのに出会っていたら

僕のパワー系至上主義は
最初から構築される事なく

塩ラーメンへの脳筋対応じゃない
理解、造形に深かったかもしれない

けど、僕の塩の基準値のパブリックは
ガツンがあってこそという謎の自己主張


みとやとの出会いの一歩が

巨大で破壊力抜群の震脚だったと

もう、戻ってこないかもしれない地面の凹み












人気blogランキング

ちゃっかりトップを狙ってみましょうかね。



ブロぐるめ!

ポイントの基準が変わったのかランキングがぐちゃぐちゃに。
konoyarou6464 at 10:30│Comments(0)TrackBack(0)東武練馬 | みとや

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昔の記事