都心・千代田ッ区

2019年06月25日

赤札屋弁慶@赤坂:ヤバい価格帯も裏があるんじゃないかと勘繰るも、穴場という可能性を信じるならばそれは正義




赤坂!

赤坂ですか!

毎度おなじみハニーの付き添い

縁もゆかりも鼻くそほどもない赤坂ですか!

こういうイベントでもない限り来ないよなぁ

疑いようのない真実なんだからしょうがない


20190611_144959681























いや〜なんだこれ

TBSだっけか、この上の丸いの、なんつって

田舎モンの轍を教科書通りに歩いてみたりして


20190611_145046858























や、しかし心にハマる店が皆無だね

曜日と時間っていうのもあったけど
これは無いんじゃないかってぐらい
豆粒ほども心の踊らない街は珍しい

う〜ん、大金積まれたらやぶさかでもないけど
大金積まれなきゃ住む価値もなさそうなド難地


20190611_165114107























まぁ某大御所お笑い芸人とスレ違ったのは

それなりに来て良かったって思える逆転の糸口


20190611_163101044























《赤札屋 弁慶》

住所:港区赤坂3−15−1(地図
営業時間:17時〜翌5時
定休日:いつだって受けて立つぜ
用途:場違いすぎるバカ安酒場



メシ&酒を諦めかけてたその時

店先に見た『チューハイ150円』とかいう
気の狂った値段設定に目を疑ってしまって

価格崩壊が常っていう板橋という魔界でも
その値段はレアじゃないかという業界の法則


20190611_170311111























マジ?あとで席料3000円とか言わないでね?

まぁひとまず、そうじゃなかったみたいで

掃き溜めに鶴どころか、火の鳥ってな風情


20190611_170635112























あるモンだね

こんなしょーもない街にも粋な街が

嬉しい救済策はキラキラすぎて目が眩しくて


20190611_173604487























つまみに別段スゴイ何かがあるとかじゃなし


20190611_180248528























安さ特化、先鋭化ウェーイ酒場かと思いきや


20190611_170726806























バカすぎる標高のポテトサラダ


350円でこんな罠が潜んでいたなんて

僕はこの素敵な街に謝りたくなりました


20190611_170729705























ひとりの時は心細かったけど

やがて野暮用を終えたハニーが来るなり
奇兵隊が駆け付けたとばかりに沸き立って


20190611_170734679























「お、おう、そっちの分も頼んどいたから」

それなりに強がる田舎モン丸出しの僕だけど

結果として着地できて脂汗を無かった事にして


20190611_173746886























ドカン鉄板焼き、そういうのもあるのか

つか茗荷谷(いわゆるバンビ)の
ご当地メニューだと思ってたアレ


20190611_173750788























どういう経路でここに根ざしたのか

土着的なナニかなのか、ここが源流なのか


どこかのシンクロニシティよろしく

全世界的なナニかだったりとかみたいな
拙い想像力を掻き立てられたワケですが


20190611_173818067























おおーまさしくアレ、そんな正解の図

バカジャンクなスパゲティーのコメ殺しなアレ

すなわち、つまみとして立ち上がって来るアレ


20190611_173855276























生命維持に赤信号点灯レベルの
空気の薄すぎる赤坂だったけど

思わぬ酸素ボンベの置き去りに
深々すぎる深呼吸を可能にして

やるじゃん赤坂、なんて心の方向転換


20190611_182152429























もう行く事はないのかも知れないけど

行く事があったらぜひ記憶の片隅に入れたい

こんなに安いオアシスがあるのならば
僕らはここをサンクチュアリと断ずる


ねぇハニー

次の野暮用@赤坂っていつでしたっけ?

(知らんがな)








konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年06月18日

串カツ田中 研修センター店@小伝馬町:悲しい疾病に恐れおののくも救ってくれた神様への感謝は一応忘れないワケで




ここ最近、ハニーの付き添いが多くて
都心への謎の進出が増えております

この日は人形町、いわゆるオフィス街

空気が薄い箇所での危険作業だってのに
さらに重ねる事ヤベー極まる条件ってのが


この日は日曜日だって事


(´Д⊂) アチャー

人形町=オフィス街=週末=動いてないという
ルナ先生ですら辿り着けそうなフローチャート

こりゃあこの付き添いは不発に終わったか、と
自らの行動を柄にもなく顧みる焼きの回りよう

それっぽい店は点在するモノの
定休日の看板が痛く目に刺さる


20190609_160047880























でも大丈夫、ボロ雑巾製造機な神あれば
水の羽衣を大量生産する機織り機の乱発

午後4時とかいう絶妙なエアポケットでも
ひとまずの慰めの報酬を払う神もいると


串カツ田中、研修センター店とな

「研修生がやってるから小さいポカはご容赦」

「その分安くしとくからメンゴメンゴ」ってな


20190609_160827522























これなかなかに上手い商売というか

ソルジャー育成のための実戦を兼ねた現場

客側にその対価を提供しつつスキルの積み重ね


あやふやなまま最前線に送られるのなら

実弾使用の模擬戦闘訓練ぐらいはあっても
良さそうなモノという思いつき発の具現化

グダグダ以上、実店舗未満の小気味良さたるや


20190609_161147335























まぁそこはそれ

「クイックメニューなら早くお持ちできます」

と言いながら待たされる事7〜8分の生ピーマン


20190609_160422292























のっけから焼酎を入れ忘れられるホッピー等々

思った以上の歓迎は僕の鼓動を早めに早めて


20190609_160602374























それはそれとして

ナニよりアレだアレ

こういう資本系の店にありがちなアレ

研修の名目で過度に求められて実践するアレ


20190609_161807543























店員の掛け声がウルセェ ってヤツ 


何万回だって言うけど

店の人の元気の良い事は推奨したい

辛気クセーよりかは何万倍も尊い事


20190609_162022367























でも過度なバカアピールにしか見えない


「ぃぃい〜らっしゃいませぇ」


ウルサイ、意味わかんない、元気の押し売り

『僕ってアホなんでちゅ』ってなのぼりを
背中に差して歩いてるようにしか見えない


20190609_162426373























この馬鹿行為にどういう利益があって
いったいどこが最初にやり始めたのか

どの時点でデータ化されてマニュアル化されて
どういう運びで世に蔓延するようになったのか


20190609_164339532























知りたいようでいて決して知りたくもない

知った所で手の施しようのない致死率100%

もはや病気の領域、恥ずかしいまでの現代病

ブラックジャック先生も裸で遁走


20190609_164343995























声だけならまだしも、この系列ってば

チンチロリンからのハンドベルという鳴り物

そこで騒音に拍車をかけるかってな価値観驀進


20190609_164529770























どこから嗅ぎつけたのかファミリー客達

こいつらこぞってチンチロリンやるモンだから


「うぁい、チャレンジャー現れましたぁ」

カランカランカランカラン♪


半額ゲームをヤルのは別に構わないんだけど
これが高確率で当てに来るから始末が悪い

隣でヤラレてダブルでウルサイっていう


20190609_164935898























まぁ安く救われといて文句ばかりだけど

この、意味不明がすぎる店側の風習

どこかでストップをかけて欲しいなぁ

というのが正直な所であって


新人育成のための研修センター店ってな
冒険心に溢れた店舗展開を見せるのなら

落ち着いて静かに、大衆酒場を踏襲した
静かな田中ってな踏み込みも見てみたい


それをあえてのウルサイ店の近所に、ってな

一体どっちに小気味よい正義があるのか

民意に問うような集客状況、見てみたい








konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年05月28日

築地やよい軒@新富町:批判を覚悟で重装備、あの日の勝ち戦はどのルートの世界線でも揺るぎないワケで




くだらない歴史はいつだって繰り返す

学べる人類なんて真っ当な人類じゃない

そんな、いつだったかの新富町での話


20190514_183936175























まるでどこぞの自動追尾弾

こっち方面での自由時間が許されるのならば
僕は迷わずコチラに舞い降りてしまうワケで

そして雑居ビルの地下深く

果たして今世紀中に行く事があるのか
見るたびに元帥への想いは募るばかり

(募らんけど)


20190514_183948665























《築地やよい軒》

住所:中央区築地2−1−17 B1(地図
営業時間:11時半〜14時 17時〜21時半
定休日:たぶん土日祝日かも
用途:飲めるマッスル中華



ほろ酔いで辿り着くには贅沢すぎる

もうちょっと飲み&〆の麺の手厚い保証

有象無象のチェーンに、たったワン店舗で挑む

やよい軒@新富町とかいうド級のパワーワード


一軒目だとマジの一軒目にて終わってしまう

なので、いきなり叩き込みたいのを我慢して
今回はその前に一軒を挟むという頭脳プレー


20190514_184616343























瓶ビール、付属の辛い豆腐

スムーズ、あまりにもスムーズ

まだ片手で数えられるぐらいしか来てないけど


20190514_185015106























「あと、やよいの頭ください」

ひとまず噛まずに言えたぞ、と誇らしくて


20190514_190800297























追加のレモンサワーも洪水の如き

濃い味も感じないほどにドキドキが生じすぎて

あぁ、果たして何杯目だったかを忘れるほどに


20190514_191344338























味噌ラーメンという暴力的な麺攻勢

鬼に金棒、若者にSNS、独裁者に核兵器

破壊力とは裏腹に見事すぎるフラッグシップ

これほど勝ちが約束された戦争があったろうか


20190514_191347138























ウワサに聞いちゃいたけど

や、ウワサに聞いていたからこそ


20190514_191351455























この刺さりすぎる妖艶なヴィジュアル

タックルからのパウンドを喰らう未来予想図


20190514_191454632























こんな強いヤツにかなうワケが無い

戦う前から負けを確信するバカウマ

かつて拳を交えているのなら尚更


20190514_191518648























ここから見たら二郎の面持ち

剛腕暴力麺の怪力は見て取れて


20190514_191521331























人類の危険なM心を呼び覚ますムッキムキ

殴られたく打ちのめされたくてノーガード

なんなら飲酒気味っていうTKOへの近道


20190514_191609198























こういう悪さ

素でも強いはずのゴリラに持たせたのは
やよいの頭という圧倒的ウェポンであり

そこにミリほどの技術や礼儀など存在しない
生き残るためだけに必要なサバイバルな一撃

「勝つのが好き」ってなフレイザードな主張


20190514_191617903























僕の人生に関係ないと思っていたこっち方面

数駅程度の距離なら詰めるのには充分な理由

まさに欲望の爆心地、巨大クレーターの穿ち劇


20190514_191647313























ちょっとだけヨッパにていただくには
不適切極まりないのかも知れないけど

このぐらい危ないスターターがちょうど良いと
異論反論オブジェクションを唱える僕もいると


20190514_191732541























強烈無比

好きなモノだけの陳列

危険な本能の剥き出し

酒が無くてもヤバさの暴き出し

次のこっち方面への遠出はいつなのかしら、と

その大義名分の発信地たる妻に問い詰めるも


20190514_191823794























「知らんがな」って

まだまだそれは近未来

心の準備がままならない果ての世界線

しかしそれは急に来るからこそ旨味を増すモノ


20190514_191901037























長すぎる前準備が楽しい意欲を削ぐ場合もある

か、どうかは知らないけど

新富町方面に来る時は急なにわかエクスプレス


数日前から練って挑むのとは違う気がする

出会ってすぐ闘争ってな前田光世方式

遠い地で勝鬨を上げるのに必要な急速


「明日、新富町の方に行くよ」

そんなハニーの呼びかけに期待して
脱力して待つのが日課になりそうで










konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年05月21日

サ嘉ダチニ太㐂@新富町:身持ちも落ち着いた今だからこそ立ち止まれる、いつだったかの躍起になっていたあの頃




まぁまぁの久しぶり

お台場とかいう魔境、田舎者ホイホイ

今回もハニーのイベントの付き添いで行って

終わるまでの間のリリースを楽しむ遠足モドキ

20190514_162821197























まぁこんな所は華麗にスルー

だって別行動に放流されて3時間強

楽しい飲食店に塗れているとは言い難い

女子供騙しに捕まるほど僕らは弱くない


20190514_163950702























僕なりにググってナメ尽くして

今何かと話題の1000ベロ.netを蹂躙して
僕なりの答えを探し出したのはこの店で


20190514_174320897























《サ嘉ダチニ太㐂》

住所:中央区1−3−10(地図
営業時間:17時〜23時半ぐらい
定休日:日曜祝日は休息を取らせたって
用途:サクッと魚介&おでん、ホッピー



新富町、馴染みの薄すぎる街ではあるけど

一個の強烈なヒキがあるだけに
その一個のヒキを頼りに彷徨う

そこまでの繋ぎで面白い所はないモノかと


20190514_174629233























果たして見つけた粋なクイック飲み屋

何も知らない当社比無機質っていう中央区に
湧きに湧きすぎたオアシスは思春期のオマタ


20190514_174701798























とりあえずそれっぽくて

とりあえず安く軽くヤレるのなら

とりあえず僕を楽しませてもらえそう

そんな短絡、悪代官にダシに使われる小悪党


20190514_174856915























安くヤラセてくれそうなのじゃ意味がない

ってな意欲はかなぐり捨ててまで挑みたい

性における遠方での心の勝負という事態


20190514_175453460























知識が薄いだけで調べれば無い事もない
こっち方面の居酒屋事情ではあるんだけど

昔ほど調べて掘り下げようとまでは思わない
ちょっとだけ冷めた僕がいるのも事実は事実


20190514_175814438























ともあれリーマン達でごった返す直前の静けさ

上手く滑り込めた自分に拍手喝采を贈りたい


20190514_181353689























おでん、この季節に

もう暑くなりかけているヒートアイランド

そこに叩き込むには過熱が過ぎませんかと


20190514_181358789























しかしメンテと日持ちを乗り越えて
小気味よく置いといてくれるのなら

頼まない手は無いんじゃないかと思える

そんな僕でありたい


20190514_181508352























店内の様子やメニュー表を見るに
本筋は新鮮な魚介なんだろうけど

僕のようなヒネた存在を黙らせる第二の武器

スーパーサブが店の懐の深さを見せつける


20190514_182513734























こっち方面の用事はモト冬樹の毛ほど薄いけど

何かの拍子で職場に出向を命じられて
この辺でリリースされた時に使える店

ちょっとだけ積み立てられた粋な知識


20190514_183209498























オイシイ知性を使う日は来るのか知らんけど
懐に隠し持っていたらカッチョイイウェポン

例えば急なデートなんかあった時には
間違いなく取り出していたに違いない


未婚でいたあの時を想いながら

おでんに体温調節を壊されながら

滝のように流れる汗もそのままに








konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2018年09月05日

築地やよい軒@新富町:たまにはイイじゃないかと放流されて泳ぎまくる、成長性の望めない僕をお探しですか




この日はハニーの付き添いでお台場へ

とゆーか心配で着いて来ただけなんだけど
向こうの用事が終わるまで数時間のリリース

完全土地勘ゼロな場所での放流に
息が詰まりそうになる瞬間でしたが


ふと思い立つ

抜け駆けひとりメシという精神的補填

や、抜け駆けという言い様は適切ではない

時間の有効活用と自分内で塗り替えてはどうか


こっち方面で印象に残っているメシで
滅多にない機会を全身で浴びるには

そのぐらいの揺るぎない正義を胸に
堂々とアウェイへ潜っていく所存


20180824_182205688























一回乗り換えで7駅先ではあったけど
新富町⇔東京テレポート間の近き事

ウフフワクワクの成せる時間の消し飛びは
一時的なスタンド能力を発現するレア体験


そうそう、新富町の街並み

こんなんだったこんなんだった

そしてそこのビルの地下に


20180824_182340591























ほらあった

あっちゃった

知っている人は知っている

思うだけでヨダレの自転車操業


20180824_182405742























《築地やよい軒》

住所:中央区築地2−1−17 B1(地図
営業時間:11時半〜14時 17時〜21時半
定休日:たぶん土日祝日かも
用途:飲めるマッスル中華



やよい軒に馳せる想いとは
地下から発掘されるドキドキ

(弥生で土器だけに)

こんな都心の、こんな駅前のビルの下に
歴史的価値の高いお宝が眠っているなんて


近しい飲み友達に教えてもらわなきゃ
知る事も無かったんじゃないかなって

人脈、出会い、似たような嗜好の正面衝突

最近、少し疎遠になってしまっているけど
持つべきモノはビクともしない強固な友情


20180824_182604449























ビール、そして辛いのがかかった豆腐

みなさんはこれをどうやって食べるのか

真ん中から真っ二つ?

豪快に口に放り込む?

角を小さく削り取る?

色々分岐する世界線はありましょうが


20180824_182832293























僕はコレ

平たく細かく潰して食べる

これだとケチケチ飲みながらヤレルから

と、育ちの悪さを垣間見る危ないフィルター


20180824_183335657























やよい麺

コイツをひとりで独占したかった


20180824_183331655























みんなでワイワイ飲みながらシェアってぇのも

複数メニューをこなすには必勝パターンだけど


20180824_183449375























ひとりで気を使う事もなく

好きなペースで黙々と自分の世界へダイブ


20180824_183544063























よほどの事でもない限り崩れる事のない

鋼鉄の如きマッチョ、歴史に降り立った肉体


20180824_183617897























太い腕から放たれる威力に

説得力を持たせるための暴力的な僧帽筋


20180824_183657216























箸で麺を引きずり出すたびに

結構なスピードでスープを遠投して来る


20180824_183742678























ワガママなマッチョ麺と

拾っても拾っても沸いて出る高菜&肉

そして見た目からは想像もつかない下衆ープ

まさに丼内は無法地帯、シリア内戦なのかと


20180824_183951033























この剛椀強麺のファシスト

ハニーへの申し訳なさもゼロに近い

飲み込む罪悪感なんかありゃしない


勝手に着いて来て勝手に一人行動に打って出た

そんな、開き直りともカウントされてもイイ

見知らぬ土地にて、ひとり謎の羽伸ばし


ハニーさんよ

次の単独のお出かけはいつなんだい、と

先汁甚だしく気分が逸ってタイガーウッピュ

「もちつけオレ」と即座にセルフツッコミ

いつまで経っても先走りな僕をお探しですか

(探してません)







konoyarou6464 at 11:00|この記事のURLComments(0)

2018年05月02日

台湾麺線@新橋:我流である時期の方が長いのかも知れないけど根底に流れる亀仙流の匂い




「新橋へ行こう」なんて
ある日の僕の奇特な発言

特に都心なんぞに用もありゃしないのに
ヨッパリーマンの聖地に行くワケもなく

それなりに意味と意識をハッキリさせて
休日中の僕らは純然と動いたワケでして


20180420_140223542























まぁね、こういうワケ

僕らの心身をアイアンクローしたまま放さない
あの国の粋な国力に絆されて現状揉まれたまま


次の訪問を滞りなく見据えるのなら

王道な所からマニアックなモノまで

台湾関係のパンフレット乞食をしようかと

慣れない都心への路線を乗り継いで歩き疲れて

(疲れるの早すぎ問題)


20180420_131215396























《台湾麺線》

住所:港区新橋5−22−2(地図
営業時間:11時半〜14時半 17時半〜21時半
(土曜祝日は〜21時までみたい)
定休日:日曜日は休ませてやって
用途:麺線、ルーローハン



去年の気分をそのまま台湾マインドにて
向こうのソウルフードに溺れてみようと

新橋と御成門の中間地点という
抜群のロケーションも手伝って

初夏の熱さ&抗いようのない空腹


20180420_131837150























ブレないコンディションにダンクされるのは

久住的な見解でいう所の麦ジュース

テレビで見るとアレだけサムい表現も

状況が状況だけに喜んで受けて立つ所存


20180420_131900035























そして魯肉飯と麺線

いわゆる日本贔屓のアメちゃんが言う所の
フジヤマゲイシャみたいな乙な組み合わせ


20180420_131902167























バーターにされがちなタレントの起用問題

宝生舞とガッポリ建設ほどの格差は存在しない


20180420_131904910























同格のソウルフードとしてお互いを高め合う

悟空とベジータのような関係性とも言うべきか


20180420_131911133























全麺線と半魯肉飯

半麺線と全魯肉飯

埋め合って合体を見せるテトリスのパーツ

痒い所に刺さる会心の一撃の気持ちんよか〜


20180420_131925636























当の現地じゃ

10分の1の価格でいただけるのだろうけど

そしてたぶん現地よりウマいのだろうけど


20180420_131957395























向こうには逆立ちしてもかなわない

単純な強弱じゃなく『敬い』が内在するアレ

全宇宙を支配し得る強さの悟空が
亀仙人を師匠と慕うみたいなアレ


20180420_132023556























まだあのデザインと色彩にこだわるのか、と

道着に見られるのは根底にあり過ぎる亀仙流


20180420_132308536























このグダッた麺とコメの甘辛さ

もちろんブラッシュアップされているんだけど

ふと台湾の匂いが入り込んで来たかのような

得意技として定着した師匠譲りのカメハメ波


20180420_132805709























心の準備?とっくに出来てる

後は先立つモノと連休さえあれば
いつ何時だって発動可能なワケで

なんならロト7とかで高額当選なんかしたら
全てをかなぐり捨ててスッ飛んでいくワケで










konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2015年07月31日

福島屋@八丁堀:イイ立ち回りとはイイ行いについて回るモノ、この日の僕らはよりスムーズに




家に帰るまでが飲みという事ならば
言ったら僕らも年齢も年齢ですから

ドギツイ1軒目の後の2軒目ともなると

自分の肝臓、並びに胃袋と綿密な相談をして
上手く立ち回るという事を強要されるワケです


悲しいけど俺らアラフォーなのよね


367






















《福島屋》

住所:中央区湊1−3−3(地図
営業時間:11時半〜15時 19時半〜23時半
定休日:土日祝日は休ませてやって
用途:喫茶系街中華のオールドスクール



この歳になると食的にムチャも難しくなって

食的=性的という公式が成り立つのならば
言わんとしている事への答えも超接近戦で


若くてピチピチのチャンネーは好きなんだけども
そこに見合うだけの体力を有しているのかというと

言葉では「イキリ勃つイチモツを」だなんて
言いたくもなる着やせ気味のプライドですが

現実はどうなのか解らん僕らでもないと


369






















なんだろう、僕的にはこの

20年前に甘ったるい酒のCMをやっていた時の
浅田美代子だったら体にマッチするんじゃないかと

壮年よろしく、スローなセクシャルを妄想して
集団の中でひとり股間を抑えて前屈みな様相


370






















精子の動きこそは活発なのかもしれませんが

戦場に投入される過程を考えなくてはならない


368






















徴兵から訓練、シゴかれて出立する様は

安倍ちゃんの望む日本のあり方なのか


371






















ともあれ、僕らに残された時間は

熟年男女の生殖機能に等しい
ダイヤにも似た価値があると


372






















美味しいうちに美味しいモノを
美味しいコンディションでいただく

簡単なんだけど簡単じゃない

頭を使った心理戦とも頭脳戦とも言える
ある種の魂を削り合いに近い化かし合い


374






















まぁ、もしかしたら僕らのやっているのは
バカのし合いなのかもしれないんですけど

解っていただける人達に解っていただければイイ


375






















それこそ見る角度を見れば

これほど順度の高い鉱物はないんじゃないかと
見る人を選ぶビスマス鉱みたいな奇異を見る目


376






















ペース配分、駆け引き、決着までの指標とは
すなわち前戯、挿入からフィニッシュまでと同様

タクティクスの唸りとは人生の立ち回りに直結

ズッコケる事なくヤリ遂げる事こそが
イキなオトナのイカなきゃイケナイ箇所

かつての若かった僕には到底
辿り着けなかった場所であると


366






















オトナな人達とのオトナな日々

港区で飲み歩くっていうシチュエーション

練馬・板橋との接点の矮小さを考えれば

僕もまぁまぁの成長を見せてきたんではないかと


剛速球投手から変化球投手への転身にも似た
失ったモノはあれど年齢と共に得たモノへの恩恵

飲みのテクニックとは、すなわち
生きる事との接点が大いにあると

気づかされてしまった日々












人気blogランキング

ただ上を眺めているだけの3位と化しております。



ブロぐるめ!

不死鳥の如きの復活。また落ちるかもしれないけど。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年07月24日

やよい軒@新富町:トンデモ中華での生き残り術とはウェット・オン・ウェットを指標としたモノだったなんて




パッと聞き

チェーンのメシ屋が思い浮かぶのは
ごく、一般的な回答としてはアリとして

唐揚げが有名な立ち食いそばが思い浮かぶのは
ある種、中の上ぐらいのマニアな領域であるのかと


341






















はたして何人の方がこの店に
答えとして辿り着くのであろうか

オーラゼロで没個性

位置関係とガワにこそシブ味を見い出せるモノの
ネーミングで損をしちゃっているとも取れなくもない


342






















や、それこそがこの店の狙いなのか

かけるフィルターの分厚さと
ほんのり高めの値段設定に

恐れをなすようなチャラい学生を
門前払いにしている付加価値の妙


343






















よく解ったオトナのための店の一丁上がり

なかなかウマいベープマットを開発なさったようで


344






















「嫌なら来るな」
「他にも店はある」

それでも混雑が絶えないというのは

某8チャンネルのボケた思惑とは次元が違う
必要としている人達の圧倒的多数という事実


350






















この店にスッ飛んで来る飢えたオジサンの

凄絶なまでになだれ込む物量の秘密とは


351






















つまりはこういう事、ビシッと飲めるという事

ボブ・ロスじゃなくても「ほら、簡単でしょ?」


352






















勤務地や住まいがこの近辺な人間がいると思うと
激しく嫉妬を煮えたぎらせるを待たない軽い逆恨み

小市民でごめんなさい

でも遥か遠くの芝生がエデンの園だったら
握り拳の百個も作りたくなるってモンでしょう


353






















ときにこの店

街中華特有の閉ざされた生態系による
独自の進化が根付いているんだろうけど


354






















ウチの近所の飛鳥とはベクトルが違う

『ガッツリ食わせよう』からのさらなる脱皮


360























ガッツリ食わせ過ぎよう



わー、そんなん脱皮どころか

筋組織丸出しのズルムケになってしまいますやん


361






















そんな急造ヘルレイザーな僕らは

言わば見掛け倒しの巨体を曝け出して


362






















まさかの〆の麺は一個

どうもすいませんでした(響のデブで)

だって一個一個が相当にデカいんだもん


363






















「何食ってもウマい」という事前情報は

誇大広告でもなんでもなく真実の折り畳み


364






















だったらそんなん

パタパタと広げる必要もなく
折り紙は折り紙のままという

固めて立体的で3Dな方が
妙な威厳があるという様相

無闇に動かす必要も無く、崩す必要も無く
脱がすべき花魁の衣装を愛でる本物の大人


こちとら、ヤリた盛りの高校生じゃねー

無闇に女性器の奥の奥を求めるは
無粋な野郎の無粋な欲望であると

食べてウマい、はいそれで終了


365






















となれば別な角度からも見たくなる

別な麺類でガッツリと〆たくもなる


電車に揺られる時間こそ長いけど
自宅から乗り換え一回という好条件

遠いから行きづらいというハードルは
叩きのめした後に粉砕して吐き捨てる


さてさて、アイツとアイツに連絡を入れて

再びブッ込むのは、そう遠くはないはずです













人気blogランキング

さて、虎視眈々も疲れました。そろそろ攻めましょうかね。



ブロぐるめ!

不健康志向な僕としてはオサレには負けたくないんです。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年07月01日

レストラン武道@九段下:武道館併設の店にて清濁を併せ飲む僕らの準備は万端で




思えば3年前のDDT以来ですか


001






















ビッグTHE武道館

なんだろう、昔と違って今ここに来ると
涙を伴うというか鼻がグズグズ言う感じ

爆風スランプの功罪は偉大に果てしなくて


002






















そこにパーソンズを代入するとなると

溢れ出てくる涙の量も桁違いになってくるワケで


や、小さい所までコツコツとやっていて
低迷した時期もくぐりながら音楽の聖地

そんな所に24年ぶりに帰ってきたとなると
僕らだって若干の前のめりを呈するワケで


003
























チケット調達に遅れてしまった僕らは当日券狙い

のめりが過ぎて宙に浮いてしまった数時間

どこかで時間でも潰せればと思いまして


004























言うに事欠いて“武道”て



武道館に併設されているサ店があったなんて

齢40を手前に見えてきた30年目の真実


パーソンズのデビューした時期と
僕と武道館の関係性の年月が被る

そんなどうでもいいインフォメーション


005






















のんびり時間を潰すには、と思いきやの
広すぎて、のんびりしすぎて寝てしまう懸念

いったい早起きとは何文の損なのかと
諺の発信元にガットショットを入れる所存


006






















しかしまぁ、アレですな


008






















ややの高いメシはしょうがない


007






















公共施設、それも神聖な場所の


009






















その程度と言ってしまっては
大変な失礼に当たる付加価値


012






















粉チーズにカタルシスを見出そうにも
出の悪さに乳酸だけが腕に溜まる風情


014






















落ち着け落ち着け

僕らはナポリタンやカレーを食べに来たんじゃない


016






















涙を伴うべくして伴うパーソンズの帰還

その勇姿を網膜に貼り付けようと来たんじゃないか


017






















つーワケで清濁の併せ飲み

毒は毒らしく食らい、反動から健康食品にすがる

すでに体勢が前のめりなのに心まで前を向くかと


018






















準備段階の解りやすい句読点に
鞘の中で加速が済んだ刀よろしく

いつだって前に飛び出して行ける
抜刀寸前の僕らがいたのでした


004























しかしレストラン“武道”て



ここから数日間

このツッコミが頭から離れないなんて

この時は知る由もないのでした

(うそ、薄々感づいてた)












人気blogランキング

一見すると打ち落とせそうな、そんな絶妙な距離感。



ブロぐるめ!

まだ浮かび上がらず。溺死寸前で6位以下を彷徨う。
konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月03日

謎の自販機屋ほか@秋葉原:にわかなテンション爆上げからのパワー維持に大切な事とは





「何かテンション上がってきたな」


「このまま秋葉原に行っちゃうか」


「イイね、それイイね」


291






















藪から棒 というか

藪から有刺鉄線バット ぐらいの急変


あの日あの時

確かにコラボラーメンを食べて
気分が高揚したのは否めませんが

その流れでアキバに行こうぜとは
どう思考回路が繋がってしまったのか


叔父さんからもらったとされる
アメリカ製のロボットのオモチャが

ナニがどう組み合わさって
ビートンになったのか みたいな


その時は、すんなり受け入れていた妙な設定も
後日、冷静になって考えてみるとシックリ来ない

社長を罵倒して辞表を叩きつけて
ズタ袋一個で社員寮を飛び出して

さて、最寄りから2〜3駅を行った所で
沈静化する自分がいるのならまだ正常


249






















ただ、100%正常には戻れない

ほんのりヘンテコが残ってしまっている
後日、今現在の僕らでもあったワケでして


256






















キチガイ自販機屋

電脳と萌えの混在するネオサイバーシティに
ポツンと取り残されてしまっている恐怖スポット


248






















アキバという劇薬と共依存する

ある種の清涼剤のような存在なのかと思いきや


252






















フタを開けてみりゃ何て事はない

劇薬の隣に置いてあったのは、さらなる劇薬で


258






















ともすれば『混ぜるな危険』の文字すらも

パッケージの裏に散見できる事態なのに


260






















一滴たりとも混ざり合う事なく


263






















コッテリ、ドロリと奇妙な同居


253






















僕らの突飛な行動も怖いっちゃ怖いですが


255






















その既成事実以上に佐知子が怖かったという事で

(佐知子って誰やねん)


265






















移動途中、やや下がりかけたテンションも

現地に着くなり、だだ上がりの様相を見せて


275






















現物を見た所で絶頂に達し


277






















さぁ、そろそろ飽きてきたかなって所で


278






















その場で考えた

『次なるテンションの上げ方』を模索する


295






















特に目的意識があったワケじゃない

アキバに行こうぜ ってなフワッとした状況に


297






















や、そういう状況だからこそ

臨機応変に対応できるという


281






















変に足枷がない分

自由度も増すという事で



287






















見切り発車のロケットスタートだったのは

ナノすらも否めない事実ではありましたが


283






















数々のテコ入れの果てに
最終的に傑作足りえた

かの、ろぼっ子ビートンのように


僕らの珍妙なテンションは
後日、今現在に於いても

若干の燻りを見せているという事実

(参照:その一環


さて、次はどの辺をフラッと歩こうかなと

週末が近づくとヨダレが止まらなくなるわが家です


















人気blogランキング

週末も若干の弱さを見せるようになりました。
もしかして致命的状況なのかも?




ブロぐるめ!

なんとか5位にこびりついております。

konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年12月06日

プレイ的な感覚のその向こう側で@あさひ




まぁ、なんのかんの

共有した時間の長い人ってのは


お互いの趣味嗜好はおろか

ナニに対して心を開くのか
ナニに対して恐れを抱くのか
ナニに対して怒りを感じるのか


醸し出す雰囲気や仕草、話すスピードで

なんとな〜く読み取ってしまうモノなのです


044












「おお、ここイイねぇ」

でしょ?でしょ?


「さすが、解ってるねぇ」

だしょ?だしょ?


一軒目で、なんとな〜く
僕の心の中をなんとな〜く

読み取れてるのなら


次に行きたがる店をなんとな〜く
この人が欲してる店をなんとな〜く

読み取れてしまうのです


045












この人との付き合いも12年ですか

あの頃は大学出たての僕と
服飾産業からやって来たこの人


まぁ

似たような境遇で
似たような経済状況で

同郷と来りゃーアナタね


大味で大雑把な関係のように見えて

細かい所に配慮が行くってモノでしょうが


046












そうそう

まさにこの店

僕らの関係に似てるんじゃないかと


047












フランクで

雑把でありながら


048












細かい配慮が

雪だるま式に巨大化


052












まるで何年も通ってるかのような風情で

僕らは店の流れを掌握して

店側もまた、僕らの行動を掌握している


ワケないんだけど
そんな感じがしないでもない

『した』じゃなくて『しないでもない』に
僕らを安心させる要素があるんじゃないかと


049












語弊を恐れないで言わせていただくなら

ゴッコの延長線上にも似た遊戯の心地よさに

この人の目が輝き、漏れなく僕もそうあるという


051












幼稚園児が遊び感覚で言う


「お嫁さんになって〜」

もしくは

「旦那さんになって〜」

みたいな


なんとなく言ってたモノが

10数年後にリアルになってしまう

それなんて有史以前からある漫画的展開


050












気楽さの先にあるマジ

飄々としていながらガチ


いざって時にパワーを発揮したいなら

肩の力は普段からこのぐらい抜けてないと


053













《良心的な店 あさひ》

住所:千代田区神田須田町1−12−6(地図
営業時間:17時〜24時ぐらい
定休日:日曜はさすがに休んでる
用途:安い、気兼ねなく注文



ね、肩の力が抜けすぎて
心地の良さに感けすぎて

ウチの子から頼まれてたお使いに失敗するという


罪深きは安心の安い店と

久しぶりに再会した知人と

万世の早仕舞いって事で

(ぜんぶ人のせいかよ)














ブロぐるめ!

そろそろ3位が待ってるような気がします。
って言い始めて一年ぐらい経とうとしてるんですけどね。




人気blogランキング

おお、これはこれは。
引退するかも宣言する時よりも低い位置に。

konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(0)

2012年12月01日

目の前にニンジンを吊るす男@三州屋本店




軽く飲もう の

『軽く』の尺度が合致する人ってのは


もしくは

僕の思う『軽く』を理解してる人ってのは


たいへん助かります


039











しかしそれは

長年に渡る時間の共有や
その人の勘がモノを言うワケで


好意で言ってくれてるならまだしも

その人の勝手な見立てのもとに


ほらほら飲め飲め

まだまだ飲める

もう一軒行こう


露呈する事、体育会系の暗部の如く

げに恐ろしい春先の新入生歓迎会

新鮮なレバー、フル稼働からの

活動停止とは負の風物詩


040











しかしこの人は

一年ぶりに飲むこの人は

かつては空手を嗜んだこの人は

言うなれば体育会系寄りのこの人なのに


「まぁ、ここは軽くね」

「軽くやって次の店だ」


041











そうそう

ちゃんと解ってる

僕の望む『軽く』ってヤツを


この人なりのプロファイリングで弾き出してるのか

それとも僕の腫れぼったいまぶたを見たのか

(実は寝起き)


042











いつも欲しがってる正解を

馬の目の前にニンジンをブラ下げるが如く
僕の目の前にヒョイっと持ってきてくれる


ハマるべきビスを

精密機械を駆使して

寸分違わず音も立てず


パチッ

いや、でもちょっと軽いか


043











《三州屋本店》

住所:千代田区内神田3−21−5(地図
営業時間:12時10分〜22時
定休日:日曜祝日だったはず
用途:魚系、ランチ



「え?ちょっと軽すぎた?」

「まぁ、一軒目ってのもあったけどさ」

「安心してコレとコレとって頼みづらいのよね」


お互い、ほんのり給料日に程遠かったため

肴を乱発するのは危険なのでは、という懸念


うんうん
そうそう

解ってらっしゃる
解ってらっしゃるよね

ヘドバンの如き頷きを見せて僕は
ほんのり酔いが回ったような気がしたのでした

(空きっ腹に酒が効いたんだと思います)












人気blogランキング

生きています。まだランク内に生きてます。



ブロぐるめ!

1位2位が地味に入れ替わったりしてます。
僕的にはジュネさんに頑張って欲しいな、と。

konoyarou6464 at 11:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年04月19日

入れる時間を間違えたハイオク@浅草厨房



GIGなのに

もう一軒ですか

GIGなのに

景色が回ります


055











GIGなのに

GIGなのに

チューハイ、またひとつ


053











GIGの前のリハ

事前にノドを潤す行為
エンジンに火をつける所作
挿入前にカセットをフゥッとやるムーヴ

そりゃあまぁ、常識の範疇ではあると思いますが


056











一回目のリハの後に

もう一回リハっちゃおうってんだから


この日、同行した人達に

志村のボケ老人コントを疑ってしまいます


054











「陽子さんやぁ〜、酒ぁまだかいなぁ〜」

「さっき飲んだでしょ、おじいちゃんたら」


耳を澄ませば聞こえてこない事も無い

(ないな〜い)


059











石野陽子の美しさが際立ってた絶頂期に

まさかまさかのウンジャラゲ、ハンジャラゲ


からの

パイのパイのパ〜イ
チンチ〜ロリン

(;´Д`)


061











好きだった『どうぶつ通り夢ランド』からの流れで

急に『だいじょうぶだぁ』を見た時のクリビツ度には


062











遠く及びませんが


060











この日のダブルリハも


057











なかなかどうして

ガハハと笑いつつも
ほんの一瞬であろうとも
夢オチで目が覚める事を

期待した僕がいたのだと


064











そんな夢うつつの中でも


058











こういう作法は忘れない


063











ヒトの塩基配列

G A C T の中に

S(ソース)が紛れてるんじゃないかと


しかしそれは同時に

S(酒)でもあるかもしれない

特に、この日の僕らの底なしっぷりは

象が飲んでるような勢いだったのですから


052











《浅草厨房 神田神保町店》

住所:千代田区神田神保町1−19(地図
営業時間:11時〜13時半 16時〜23時半
定休日:日曜日だぞ、日曜日だからな
用途:ホッピー、チューハイ、リハ



リハなのに

ベロベロですか

リハなのに

致死量の予感です


リハなのに

リハなのに

ため息、またひとつ

(とびっきり酒臭いのが)














人気blogランキング

ついにニキニキに追いつかれましたか。
4〜5位付近は激流が流れてます。



ブロぐるめ!

そろそろド派手に引っくり返したい所ですが
慌てる何とかは貰いが少ないとも申しますから。


konoyarou6464 at 11:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年04月11日

やはり頼るべき所はあの色だったり@みますや



どうにも僕にとっての千代田区界隈は

微妙に離れてる上に
土地勘が無いゆえに

どうにも手が伸びない地域ではあります


なんかメガドライブやドリームキャストに
手が出なかったあの頃を思い出すような

時期を逃してしまったために
どこからどうしてイイか解らない

上手い取っ掛かりを探すのに重労働を感じる


030











なんと創業100年 だそうな

ノンアポでは入りにくい だそうな


そんな

そそり勃つ壁を目の前に

普段なら勃ち尽くすしかない僕ではありましたが


031











ナニも解らない僕に
スッとメガドラを差し出してくれた従兄弟のような

ナニも解らない僕に
スッと手を差し伸べてくれたダチコーがいたのです


050











にわかには信じられない状況
創業、明治38年というファンタジー

なんともホッコリする心境が
築100年の歴史に吸い込まれる


ような気がしたので


032











僕はたまらず古文書を紐解き

あまつさえ

リアルに本を結んである紐が解け


033











やっと辿り着いた茶褐色


034











そう、茶色


035











そして茶色


036












茶色ばっかやないかい



世紀の対決といわれたアレ

徹子の部屋に出たローラの如く

フタを開けてみたら平常運転だったように

(もちろんローラ側による)


037











いつも板橋界隈でやってる事を

いつもどおりに展開するのでした


いやいや、しかし

知らない地でチョーシをコクのは
数匹のウサギを追うのに等しい命取り


038











そう、そうそうそう


039











そーう、そうそうそう


040











ねぇ、コレでしょ?

コレでイイんでしょ?


041











ビジネスマンが往来する地域での

ビジネスマンがヤリそうな事に従事する


日本人役に中華系を使う米国の映画業界の如く

とりあえずのガワの取り繕いは
とりあえず完了させたならば


044











まぁ、あとは僕らの世界


043











好き放題イキましょうか


045











またか

またなのか


047












まーた茶色に頼るのか



だって、否応なしに好きなんだもん

向こうも好かれてるような素振りを見せたんだもん


048











茶色いモノからの声を聞いた

(ような気がする)僕らは


なんとなく2個ずつ頼んだモノを

左右対称に並べてみるのでした


049











《みますや》

住所:千代田区神田司町2−15−2(地図
営業時間:11時半〜13時半 17時〜22時半
定休日:たしか日曜祝日だと思った
用途:魚介、日本酒、茶色



几帳面な虹村兄のバッドカンパニー

には程遠い僕らの

ズボラなナニかが語りかけるシンフォニー


が、ゆえの

評判であるらしい

カレー(ルーのみ)の頼み忘れ


こっそりソースをかける

準備も出来てたのに














人気blogランキング

勢いは春の嵐とともに過ぎ去ったようです。
短い、そして小さい旋風だったようです。



ブロぐるめ!

こっちはたいした嵐もなく。
しかし凪いでるようでいて激しいです。


konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年07月25日

有楽町で嬉し恥ずかしオンマイハート@芳蘭


ヨッパだと狂う金銭感覚


酔ってドンキでバカ買い
酔ってコンビニでバカ買い
酔って二木の菓子でバカ買い

時にはタクシーなんてブルジョアジー

ナノほど微々たるモノではありますが
酒に感けて日本経済の礎になった僕らの懐


要はバカなのです

でもバカはバカなりに


168











酔ったあとのラーメンを欲する訳ですよ
有楽町とかいう知らない土地でも探す訳ですよ

アテもなしに
情報もなしに

徘徊ジプシー
〆ボヘミアン


ココだ、と思った店の目の前で
シャッターを下ろされる恐怖を味わいながら


169











どうにか入ってみてみたら
地価にご案内、壁にサインだらけ

僕らにしてみたらマイナス要素で塗り固められ


イヤ〜な雰囲気が漂う中
隣の一団の盛り上がりの桁違い


170












ラーメンはサウザンドからですか


最低金額の設定の高さ
名も無き修羅のイキナリの強さ

いまさらながら思うのだけど
ヤツは強すぎたから沿岸の警備
長年に渡って駆り出されてたんじゃないかと

ファルコ擁護派たる僕の意見


野口さん、ぶっ飛びフェスティバル

まさかの有楽町で眼球飛び出しカーニバル


171











放心すぎて
呆然すぎて

もはや何を頼んだのか

帰り際に伝票を見せられてボッタクリバー
田舎モンが都会の恐ろしさを咀嚼するかのような


172











デカいドンブリに満載のようでいて
実のところ、そうでも無さそうな風情も

公称身長173センチを謳うも
そうも見えなそうな藤井隆のようでもあり


175












あれ?

なかなかじゃん?


179












トッピのシュウマイ?

イイ味出してんじゃん?



意外なペトペトは口に纏わりつくけど
〆に食べるにはチョットばかし重いけど

サインをせがんでみたら
意外にイイ人だったかのような


176











芸の狭さを感じさせない
意外な引き出しの多さに
一筋の光明を見出しそうになるも

トイレで滑りそうになり

今一度、冷静に考えた時のやるせなさ


僕もまだまだ未熟だなと
夜中に思い立った次第です

(予習は大切なのです)










人気blogランキング

眺めはイイ、イイんですが下からの視線も痛い。
油断のならない相手、ジュネ様の虎視眈々たるや・・・。



ブロぐるめ!

一見、しのぎを削ってるように見えますが
トップからはダブルスコアつけられてます。


konoyarou6464 at 11:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
昔の記事
最新記事