関東近県

2019年08月18日

つるや@北朝霞:長期休暇明けのアイツの顔はどう変化しているのか、近日中に見るのが楽しみであり過ぎて




武蔵野線の終電が終電だけに

あっち方面に住む同僚との飲み

遅番明け一時間一本勝負の様相を呈するモノ


20190725_223601773























《つるや 北朝霞店》

住所:朝霞市浜崎1−4−14(地図
営業時間:17時〜23時半
定休日:いつだってやってやるぜ
用途:大箱、串焼き、煮込み



となればこの店が最適

深夜営業に手を伸ばすチェーン店では
ダラダラと飲んでしまうイヤな可能性


ならば明確な線引きがされている家族経営

店の提示するタイムアウトが絶対ならば
駄々をコネるワケにもイカない強制終了


20190725_224051396























ゆえにちょうど良い、否、良すぎるのだ

確実に足を洗う事ができるソフトヤクザ

おウチが、家族がお前の帰りを待っているぞ


20190725_223835801























ってね

ナニかと槍玉に挙げたくなるこの同僚

この次の日から長期夏季休暇に入るため

マジでダラダラ飲むワケにはイカないワケで


20190725_224407097























ときにこの店

産業遺産とまではイカないまでも
イイ感じにしなびた風情は古典酒場

ちょっとしたグループなのかも知らんけど
この燻されっぷりはヴィンテージ要素の宝庫


20190725_224121605























で、ありながらも

そこは中で起きる世代交代なのか何なのか
店の子供達の接客具合は前回書いた通りで

この同僚をして「ちょっとなぁ」なんて
小さい危惧を示す時もあるとか無いとか


20190725_224902176























「初代のお父さんがいる時こそ大トロ」

そこまで現場がオチャラケないピリッと要素

この同僚は力説して僕にプレゼンするワケで


20190725_225013824























果たしてこの日

その親父さんがいてビシッと店内が締まって

電車のリミット迫る小一時間を楽しく過ごせて


20190725_225207347























事もあろうにこの同僚

汽車の時間が迫っているというのに

「大丈夫、あと15分大丈夫だから飲もう」

この往生際の悪魔、しつこいおっさんの象徴

風俗系の商売とかでは絶対に嫌われる立ち回り


20190725_225211119























まぁでも、なんとなく付き合ってあげたり

歳や置かれた状況が近いってのもあって
無下にできないナニかがコイツにはある

劣化高橋一生みたいな面持ちは
歌わされがちなCMとは違って

地味で弱めな一面を全曝け出し


20190725_225410041























時期的にそろそろ復帰する頃か、なんて

全身全霊の「来たくない」オーラを引っ提げて
再開する日を楽しみにしている僕がいるワケで


安心感から太ってしまっているのか
それとも酒で脱水して痩せているのか

小さく連絡は取り合ってはいたモノの
真意にまでは届かなかったリアルな世界

明日明後日,再開できる事を楽しみにしつつ







konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月05日

大船@和光市:危ない橋は見向きもしない、叩く必要のない酒場の堅固すぎる土台というか足場を見据えて




ひさびー、こっち方面での上がり

なんならと同僚を巻き込んでスピード酒場勝負


20190625_173658007























《大船》

住所:和光市新倉1−11−21(地図
営業時間:17時〜22時15分
(祝日は20時15分まで)
定休日:日曜と水曜だって
用途:独占禁止法酒場



どちらからともなく「行きますかね」

歳と共に成熟するのはこういう粋な感覚

大学のゼミの先生からそんな話を聞いたっけか

それをプラスと取るのかマイナスと捉えるのか


20190625_174144795























しょーもない資本系が横行するバカ駅前

ともならなくとも、この辺じゃ独禁法酒場


これだけ昭和をプンプンしている店じゃ
それっぽいのが好きな輩にゃたまらない

僕らにゃ似つかわしい分相応の立場と嗜好


20190625_174107423























いいね、瓶ビールを適時にはね

手酌を許さねぇ小せぇ気ぃ遣い

この辺の機微ってぇのも職場で培うスキル

あまり携わって来なかったこういうナニか

今さらながらスポンジのように吸収して僕らは


20190625_175011387























こないだの中野からの落差

浮ついた若者文化からの超落差ダンク

良いじゃないの、解ってらっしゃるじゃないの


20190625_182103237























焼き手の技術が光る、のかは知らんけど
この辺で正常正当なもつ焼きと言ったら

ここぐらいしか思いつかない和光市の現状


20190625_174529482























違う、違うんだ

この店といえば煮込みなんだ

そういう記憶はもちろんあったんだけど


20190625_174526277
























ここまでウマかったか


これは正直、驚かされたというか

ヤバさは急に引き上げられた天井付近

間を空けたからこその嗜好の偏移だったのか


20190625_174904335























僕の史上、生涯煮込みランキングに殴り込み

この日の一発で序列に変動を余儀なくされる
そのぐらい危ない横槍、まるで老害ミサイル

加賀屋系にド幻想を詰め込む僕への
外観をひしゃげさせるに充分な打突


20190625_174748923
























ここってコメ頼めるの


(((( ;゚д゚)))

同行した同僚の「ここでシメとしたい」

そんなワガママを叶えてしまう店側の術

こいつの家庭的にはダメなんだろうけど

こいつが一人で消化して終わらせるならOK


20190625_175113171























この辺で仕事が上がるのは数少ない事象だけど
数少ない所に着地した場合はお世話になろうと

そして煮込みに特化してみようと

おかわりを度重ねてみようかと
離れてみて欲望は先鋭化されて

あぁ、思い出すだに旨味が蘇る


職場で3つ食った猛者がいるとかいないとか

そこに僕が追随しようとは思わないけど
そのまねごとぐらいはやろうと思うワケで










konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年05月09日

道の駅 おのこ@祖母島:どこを踏んでもパワーアップイベントだった関東近県での遠足気分




去年とは違い

二日酔いで走る事のない平和な帰路


状態異常だからこそ気が紛れたのかも知れない

あの時の帰りのバスは遠足の延長線上っていう
まだ楽しさが微量ながら残っていた特異な状態


20190407_120931689























ただ、今年は脳が正常に動いているからこそ

草津からの帰り道が軽いサザエさん症候群にて
寂しさが大波になって襲い掛かって来るという

考えたくもないけど次の日からの早番出勤を
念頭に置きつつ揺られなくてはならない現実


20190407_121139457























「う〜わ、マジで帰りたくね〜」

心の底から叫んでしまったけど

ここまで降りて来てしまったとあっては
もはや手遅れのアウシュビッツのガス室

覚悟を決めて幻想を打破しリアルと向き合う


20190407_121558908























ひとまず僕は現地のメシを喰らい

ハニーはハニーで現地の食材を物色する

名残惜しさという名の加点が存在するなら

この時の僕らは間違いなくジャックポット状態


20190407_122516036























しかしメソメソを断ち切るかのように

現地にそこまで関係ないであろうカツカレー


20190407_122518505























ちょっとした英断に踏み切ったのは

意図的だったのか無意識だったのか


20190407_122521721























しかしお世話になったホテルのカレーへの

ちょっとした当てつけのように手が伸びたのか


20190407_122542845























そこはそれ、モチのロン

宿で食べたカレーの足元にも及ばないけど

ヘタにウマくはない凡庸であって良かった


20190407_122557151























なんだろう

社食で食べる、弱さを伴った感じというか

だからこそ草津との、しばしの決別に入れる


20190407_122603937























精神的なスイッチのオン・オフを図るには


20190407_122729155























ちょうど良いスットコドッコイさであると


20190407_122841033























次なる機会はいつだか解らんけど

振り向かずに立ち上がるイベントとして
これ以上ない精神的な補完じゃないかと

のほほんとしていたつもりが終わってみれば
踏んだ地雷原に漏れなくパワーアップフラグ


20190407_123626719























取りこぼしゼロ

僕らの旅運、捨てたモンじゃネェ

それは心の持ち様なのか思い込みなのか

完成されつつあるわが家の旅行の在り方

次のトラベルの直近は何時で何処なのか

どこかへ仕舞ってしまった年間予定表

探し出して引っ張り出しませんとね









konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年05月05日

草津温泉総括:時間の止まった個所と、そうでない個所との対比を噛みしめていたら旨味が出まくりだったワケで




のんびり、それ以上ないリクリエーション

謎の年度跨ぎによる数連勤の慰労を兼ねて
ハニーが全おごりをキメ込んでくれた草津

楽しめました、堪能させていただきました
20190405_134955925























コンセプトとして

・急ぎ足にならない
・時間に追われない
・色々と詰め込まない

むしろ「入れたら速攻叩き殺す」
みたいな完全スイッチ切りモード


お互いに食の細くなったお年頃

そこまで執着する事のなくなったフィールド

そんなつもりの食べ物に対する姿勢だったけど


20190405_140356839























後日、写真をチェックするに

細かい所を数々堪能している

ありがちな観光客に溶け込む

目的もなしにアドリブ全開の僕らがいたワケで


20190405_140422450























道の駅で買った蕎麦いなりに悶絶


20190405_150215101























思った以上の陽気ゆえのアイスクリーム


20190406_114741844























次来たら絶対に入り浸ろうと誓った店で斥候


20190406_114711507























持ち帰りメニューを啜りながら


20190406_114618630























辺りをゾンビの如く徘徊して


20190406_115623269























ハニーによる串モノの瞬殺


20190406_125002128























もはや僕らの一挙手一投足がつまみの様相


20190406_135850700























リニューアルした素敵な店をスルーする事なく


20190406_141609305























店の人との会話も含めた余す所のない堪能劇


20190406_161439060























全振りで舞い上がってしまった前回とは違い

ちょっとだけ落ち着いて見回す事ができたのは


20190406_125620192























精神的な成長という側面を否定できない

神様がそんな僕らに褒美をくれたのか何なのか


20190406_154822501























マジか!開いてんじゃんか!


思わず異世界転送を疑う事態

去年はシャッター半開きで
ヤッてるのかヤッてないのか
判断できなかった土産物屋


20190406_154943086























開いてたら旅のスパイスになる事請け合い

しかし先鋭化された観光地の時代の流れに
もしかしたら合わなかったんじゃないのか


20190405_152517551























滅びゆく街中華に向けられるマインドを

全流しで向けていた店が普通に営業している


20190405_152520489























今回の旅の癒しの成分の9割は担っていた

そんな、この店への潜入成功は桁違いミラクル


20190405_152524854























正直、壊れかけのモノだったり

ホコリを被ったモノが跳梁跋扈していたけど


20190405_152620638























連日訪れてしまうぐらい

店の人の暖かさにドップリ浸かってしまい


20190406_195837186























そして「帰りたくねー」定期

旅先からの帰還ほど締め付けられるモノは無い


20190406_200328012























こういう切なく風情のある風景こそが

僕らの心への殺傷能力を倍化させる


20190406_201245704























湯畑の匂いに嗚咽してばっかだったけど


20190406_201636692























そいつらを嗅ぐたびに心の引き出しの全開け


20190406_200841006























漏れなく温玉を付随させなきゃ気が済まない


20190407_092904916























ボケとも言えないボケの落とし所を探しながら
次なる宿り木に自信満々にアタリをつけて僕ら

もう一泊増やすプランへの模索も忘れない


掘り所のありそでなさそな草津温泉

来れば来るほどみたいなスルメイカ

次も、その次も噛み尽くしてやろうかなと


年明けの冬休みの申請との睨めっこ

錆びついているスケジュール帳を
引っ張り出す所から始めないとね










konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(0)

2019年05月02日

ひなた屋@草津温泉:似たような食の環境で遠方の僕をこねくり回す手の平は熱くて心地よくて




草津にいる間

というか宿の部屋に入った時から気になってた


20190405_135006774























窓から見えるラーメン屋

その場でググり倒すに深夜営業

去年のファンタジーを思い出して
こりゃ利用しない手は無いな、と

初日の晩飯後のチャンスを伺うも電池切れ


20190406_224509986























《ひなた屋》

住所:群馬県吾妻郡草津町草津433‐2(地図
営業時間:12時〜14時半 18時〜翌1時
定休日:いつだってやってやるって
用途:深夜系飲める味噌ラーメン屋



なので少しだけの頭脳プレー

二日目の晩飯を少しだけ控えめにして
なんなら酒もちょっとだけにして挑む

バカと怠惰を貪るために来ているのに
オツムを使わせに来るとはさすが草津


20190406_224958464























ひとまず電池切れのハニーを置いて

僕はもうちょっとだけのお遊びをば


20190406_230034348























しょっぱいね、酒を遣わす魔法の味付けだね

この店の人、過度な大酒飲みか

もしくは他心通の持ち主かと


20190406_231613138























ウマウマと読み込まれて僕は

ビール一本で終わらせるつもりが

ハイボールの誘惑に耐えかねての追加劇


20190406_233301172























と、そこにサービスで出される漬物とか

つまみに映えそうな自家製ラー油の登場とか

これもう一杯イクしかないヤツですやん

モノの見事に店の思惑の中ですやん


20190406_234102453























これこのまま店に居たら無限に飲んでしまう

そう危機感を踏んだ僕はスピード勝負

これはもう出るしかないと緊急事態


20190406_234105020























辛味噌つけ麺、みたいなヤツだったと思う

つまみとしても〆の麺としてもイケそうなの

模範解答があるとしたらこれなんだろうな、と


20190406_234111382























麺に小エビを散らしてある意味が解らんけど


20190406_234107638























このスープの鉄鍋って個所に心惹きつけられて


20190406_234145209























うん、予定より2杯ほど飲んでしまったけど

概ね〆として、草津の夜の締め括りとして満点


20190406_234218256























味云々なんか問題じゃない

雰囲気重視の頭でっかちこそ至高

なんならちょっとダメ寄りな方がシックリ来る


20190406_234453027























もしかしたら近所の中華屋にも似たマインド

まさか群馬の山奥の温泉地に見出すとはね


20190406_234617344























アタリをつけて欲望に据えて正解だった

ミッドナイトに死にがちな温泉地の外食事情

こういう店の小さい活躍こそが経済回しの火種


20190406_234901111























掘り尽くしていたようでいて

その実、その初動にすら手が届いていない

魔界の入り口でのウロウロを否定できない

もうちょっとだけ草津にあるハズの深夜食堂

年イチのロケハン内で模索するしかないワケで









konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月27日

ホテルおおるり夜バイキング2@草津温泉:窮屈じゃないユルい世界こそ僕らの求めるモノ、欲望ムキダシのあの場にて僕らは




バイキング会場にいる従業員のメンツは
だいたい同じ顔触れだったってのもあって

滞在二日目の夜ともなるとお互いの顔を認識

すっかりわが家は「カレー好き夫婦」ってな
名誉なのか不名誉なのか解らんレッテル激貼り


20190406_170956700























「今夜もカレーちゃんとありますからね」

「あとそれと残念なお知らせなんですが」

「明日の朝はカレー無いんですよ〜」

(((( ;゚д゚)))


20190406_170135262























急激に上げて落とすスタイル

ゲーリーオブライトの投げみたいな危険度

あまりの居たたまれなさに僕はショックにて

味噌汁をつまみに酎ハイを飲むというトチ狂い


20190406_171426001























やがて相変わらずの茶色

この辺にへばりついた正気の片鱗が見て取れて


20190406_171429667























見よ、まさにバカが盛ったようなラインナップ

よしよし、いつだって通常運転通常運転


20190406_171437330























一見すると

刺身に手を出し始めるという
その辺のジジババと同じ思考

で、ありながらハニーは海鮮丼に加工という
一筋どころか数十光年は違う崇高なステージ


20190406_171700535























「食に疎い凡人と一緒にしないで欲しい」

なんて微塵も思っちゃいないけど(いるけど)


20190406_171832552























僕らにゃ僕らの美学がある

他人様には他人様の信条がある

そういうのが顕著に浮き彫りになってくるのが
僕はホテルバイキングじゃないかと思うワケで


20190406_171251365























あ〜これこれ〜

忘れちゃいけない、僕らのバカ騒ぎの原因

何気なくなきゃいけないはずのカレーなのに


20190406_171444263























僕らの心に致命傷がブッ刺さり
被せるように上書きが襲い掛かる

初日のややシャバからの偏移とは
濃厚民族からのドロッと率増加


20190406_171449751























この極度の煮詰まり具合

これが翌日の生き残りがない事への答えなのか

わが家が食べ過ぎたから前倒しで終わったのか


20190406_171512131























ともあれ美味かったなぁ純粋に

ここまでピュアにカレーを楽しめたのって
外メシだったら数えるほどかも知れないって

特に思い直さなくても思うしかないワケで


20190406_171614843























ナニよりアトラクションとしての面白さは

この日のお代わり杯数が証明しているのかと


20190406_172339447























それよりもナニよりも

配膳その他を受け持ってくれた従業員の方々


20190406_172947081























特に色々気にかけてくれたおばちゃん

この場を借りてお礼を言わせていただきたく

や、マジで快適でした

また会いましょう

(会社にメールで送れ)








konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月24日

喫茶軽食 バーンホーフ@草津温泉:地元民との融合なのか何なのか、でも間違いなくバス待ちのお客さん用だなと思い直す




基本のほほん

それが今回の草津のコンセプト

どこの食を目指してたとかじゃなしに

温泉入って酒飲んで安宿バイキング食って

寝てフラフラして温泉入って飲んで食って寝て


神様が絶許ってなレベルの堕落を搭載しようと

アダムとイブのエデンの園追放どころか
人間っていうレッテルを外される危険性

ただ僕らは獣へ落ちても疲れを癒したい

それだけ理不尽な8連勤が効いてたワケで
(断ればよかっただけの話なんだけどね)


20190406_130646359























《喫茶軽食 バーンホーフ》

住所:群馬県吾妻郡草津町草津28(地図
営業時間:8時半〜17時
定休日:いつでもおいでよ
用途:ターミナル系時間合わせメシ



そう、来たかった店

草津温泉発の長距離バスのターミナル

そこの建物施設に入り込んでる喫茶店

味があるなんてモンじゃないレトロ


20190406_130953530























凡庸で観光地な土産屋も兼ねているという
観光協会のワンちゃんの側面を持ちながら

レトロに足を突っ込むトロトロの喫茶メシ


20190406_131224364























遠距離のお客達が帰りの時間に追われつつ

緊張を持ち合わせた切符を買うそのサイドで


20190406_131708587























ビールをヤル、このサタンの如き優越感

殺しに殺したクソ神なんかより
実数はそんなに殺していない


だったら悪魔のファンになっちゃう

世界人口の割合で言ったら総出で中二病


20190406_131701198























本能に正しい行為こそ人間たる姿

自分が進みたい欲望に負けた時点で
そいつは人類として失格している?

神様?ご利益あるの?何それ美味しいの?


20190406_131746563























揺るぎない余裕

慰労の旅として1個も間違いない

ミリすらも外れちゃいない立ち回り


20190406_131754652























ありがたい

ありがたすぎてヤバい

こんな普段メシ、それも地元民寄りの

しかしその実、観光客寄りの時間合わせメシ


20190406_131758708























地元のソウルフードと見せかけて

ところが180度真逆を爆走する
遠方のJJBBが貪り食うメシの一環


20190406_131802273























や、それじゃいけない

そうじゃないような気がするんだけど
事実僕らが消費する側というジレンマ

悲しい事実と抱いた幻想の勝手な解釈


20190406_131835194























でもね、でもね

その範疇から出ちゃいけない味のレベル

めちゃ美味すぎちゃいけないって難しい塩梅


20190406_131912236























光ヶ丘でも見たようなあやふやな光景

でもそれは淘汰されるべきナニかではなくて

金輪際絶対に途切れさせてはいけないナニか


20190406_132000963























美味い不味いで済まされない超越した事象

でも今後、間違いなく風化していく清い文化


20190406_132211054























ダメだ盛り立ててイカなきゃ

って、僕如きの豆粒が喚いたとしても

なんら戦局の変わらない深刻な文化の危機


20190406_132249254























時代と時間が流れて迎えた局面

そこにどう対応するのかが今後の進む道

搾取されがちな日本の残念な無気力

奴隷気質だと言うかも知れないけど

今の我が国は申し訳ないけどDVされ体質


「お前らのためを思って」と増税をして叩いて
それに従うド貧乏な僕らの構図という地獄絵図

あぁ、政治の話なんかしたくなかったけど
無駄な行数を叩いてつまらん拙い政治談議


ダメダメ

何となくむず痒くなってきたので

この辺でそう話は終わりという事で







konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月23日

ホテルおおるり 朝バイキング@草津温泉:まだまだ引きずる非日常、一日のスタートだからこそ体制は整えておきたい所




前回の草津みたいに

途中でファンタジーじみた事も起こらず

初日のバイキング後、電池切れのまま早朝へ


20190406_045809088























ならば、と

朝っぱらから大浴場の独り占めターイム

まるで子供の如きはしゃぎっぷりを
存分に受け止めてくれるデカい風呂


20190406_045001214























この圧倒的無人っぷり

ひとまず手だけを使って湯船の底を走行する

名付けて貞子式スイミング&リバース貞子

見られたらちょっとだけ恥ずかしいムーヴ

思う存分たっぷり出たり入ったり一時間強


20190406_050251693























良いお湯だった、と

露天風呂に入っていた時からチラついていた雪

名残りを愛でながらのアーリーモーニングビア


20190406_074601812























しばしのうたた寝からのモーニングウォー

二日酔いのお父さん達とは対照的なキッズども

そんな危険なヤツらが入り乱れての
朝食バイキングという名の大競り合い


20190406_074703994























さっきの無人の露天風呂という異世界から

ムキ出しの欲望という実に人間臭い超現実


20190406_074708492























そうそう、僕らは温泉旅館にいるんだった

ギューンと勢いよく引き戻される事

道路に飛び出したバカガキの様相


20190406_075116370























これから清い一日が始まるんだから
妙にブーストかけてもしょうがない

こんな時こそ落ち着いて食べたいモノに群がる


20190406_075413926























ね、とりあえず軽く

ここでスタートから重くなってもしょうがない

まるでトランクスのムキムキスーパーサイヤ人

一応は気を遣って重さを抑えたつもりだけど

どうだろう、他の人の目にはどう映るんだろう

(知らんがな)


20190406_075417318























でもウインナーは外せない

なんなら可能ならチューハイを飲みたい

もう飲んだくれて一日を終えてしまいたい

(ハニーに殺されます)


20190406_075421028























ときに前日の配膳係のおばちゃん

僕らの姿を会場に見つけるなり

「ちゃんとカレーありますからね〜」

まさかスッ飛んできて教えてくれるとはね


まぁ何の変哲もない

(と彼らは思い込んでいる)

昨晩カレーがウマいと騒いだ僕ら

もしかして厨房で「おかしなのがいる」と
ちょっとした騒ぎになったのかも知れない

(知らんけど)


20190406_075427305























だから、その普通がヤバいんだって

君たちには普通でも僕らには非日常なんだって

旅行先って補正だけで心拍数がヤバいってのに

そういう心に引っかかるモノをチラつかせる


20190406_075431068























自慢じゃないけど自宅のカレーもヤバいけど
他人の家の、それも大鍋で作るホテルカレー

繰り返しになるけど非日常、それこそ大トロ

こいつらヤベー(お前らがヤバいわ)


20190406_075935717























ともあれ長い一日への長い長い助走

イチローじゃないけどカレーから始まる一日

あ、朝カレー食うってルーティーン
イチローはやめちまったんだっけか

まぁ知らんがな、という事で







konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月21日

ホテルおおるり夜バイキング@草津温泉:ドがつく昭和に急に当てられると発症する疾病、コントロールする事が早急に必要なワケで




旅に食のスケジュールを詰め込む

どうにも昔から好きじゃなくて苦手で

なので今回の草津は前回以上に輪をかけて

のんびり主体で挑もうかと思っていて
20190405_134955925























とゆーか

今ひとつピンとクル店が無い草津温泉事情


20190405_135006774























なので跳び上がるほどのグルメに
これっぽっちも期待なんかしないで

まるで行きずりの情事、アドリブと嗅覚


20190405_150207202























思う店にそれなりのアタリは付けるモノの

やはり観光地という名の巨大で堅固な暖簾

胡坐をかくしかないのは解りやすく明確で


20190405_150430885























角打ち上等、大好きな酒屋さん

二日酔いに支配されそうで今回は断念


20190405_153403712























むせ返るような湯畑のパワーに「ウッフ」

懐かしい匂いにヤラレながら記憶が覚醒して


20190405_153622247























そうそう、こんな感じだった


20190405_153736296























表の薄っぺらい観光地を堪能して


20190405_160729342























その実、僕らは大トロを見逃すはずもなく
地元のスーパーという面白アトラクション

去年もお世話になったド田舎スーパーで
足りないモノの補充&地元の商品の物色


良いぞ良いぞ

旅先での立ち振る舞い

今の所100点満点の立ち回り


20190405_171419107























そうこうしてりゃほら

ホテルメシの時間にピッタリ

ペース配分の絶妙さに神の降臨を見た感じ

会場の扉の配色に昭和のレガシーを見い出して


20190405_171504218























現場はそれ以上に昭和

宿泊客どもも昭和なら給餌する側もド昭和


20190405_171509956























酒担当のお兄さんはかろうじて平成だったか

まぁ、そんな事はどうでも良いとして


20190405_171614191























これグループの晩飯バイキング

アルコール無限飲み放題から

お代わりにプラス100円という

グループ維持への涙ぐましいムーヴ


20190405_172142210























さぁ始まった

ゾンビ集会、欲望のバーゲンセール

しかし意外に『我先に』な残念な先輩がいない


20190405_172201277























いわば清い人選

この日この夜のこの静かな客層

神様の巡り会わせてくれた民度の高さに感謝


20190405_172305264























遠方に来てまで人間の汚い所なんか

数ミリすら見たくないですからね

だから保養という側面での限りない優等生


20190405_172913461























さぁきた

超大バカが盛ったメシ

誰がなんと言おうと茶色isジャスティス


20190405_172917169























海老と鳥の異文化交流

スピルバーグ的異次元との接触

出会ったばかりの頃のおぼんこぼんも

こんな感じだったのかなと無駄な邪推


20190405_172955841























うん、イイよ

悪くないと思うよ


20190405_173019184























飛び越えない絶妙なライン

これ以上であってならないし

これ以下である事はあり得ない

激安ホテルグループならではの置き位置


20190405_175513214























無難だからこそ酔える


20190405_175517231























容疑が薄いからこそ蔓延する


20190405_172920345























しかし時として不確定要素も生まれ得る


20190405_172923576























これ、この日のカレー


20190405_173330219























むちゃくちゃ美味かったぞ

どうなってんだこれ

他の客もうちょっと騒げや


20190405_175530320























あまりの取り乱しっぷりにわが家

明らかに作成に携わっていない
配膳係のおばちゃんを捕まえて

「作る時のコツって何かあります?」とか
無駄打ちと解っていながら聞いちゃう始末


20190405_175556921























今回の一連の草津

全部終わってナニが一番印象深いか問われたら

コンマ数秒で「カレーライス」と答えるわが家


何気ない長物が深く貫いた殺傷力

軽視しがちなホテルバイキング

こういう不確定要素に溢れているからこそ

やめられない、尊いと言わざるを得ない

そんな年齢に達した事に感謝するワケで







konoyarou6464 at 11:30|この記事のURLComments(0)

2019年04月18日

道の駅おのこ@祖母島:不況の荒波の激しさに向かいの施設を想う、来年同じ姿でいてくれと願う




魔の8連勤も終わって直後

ハニーからの草津温泉のプレゼント

あまりの興奮状態につき先日のブログに

『浅草温泉』とか書いちゃう失態

(後日直したけど)


20190405_084926444























恒例の路麺での腹ごしらえの後

グループ特有のピンク色のハッピを発見して

これこれ、この若干の護送車っぽいカラリング

僕らの心を掴んで離さない着眼点に溢れていて


20190405_112009958























正直言って僕は当直明けのゾンビだったけど
ハイテンションのままに突っ走る手法に出る

アレだ、サロンパスをノロノロじゃなく
一気にベリッと剥がす覚悟の上のムーヴ


そう割り切ると北朝鮮みてーな人権蹂躙も

ぬるま湯の如く耐えられるような気がする


20190405_113258031























キタ、でた、田吾作

一片の弁明すらも聞き入れられない
どこからどう聞いたって悪口ワード

都会発だったら許されるはずのない一大失言も
洒落込みの地方発なら大丈夫なような気がする


20190405_113319440























しかし、なんだろう

ちょっと元気なくないか?

田吾作饅頭の販売もやめてしまったみたいだし
ナニよりお食事処のメニューが寂しくなってて

今日日こういうスタイルの旧式ドライブインは
流行らんのかねぇ、なんて遠い記憶の探り当て


20190405_114036566























なので居たたまれなくなって

ついつい向かいの道の駅の方へ

ハニーは地元の総菜、野菜の物色


20190405_114200784























意地汚い僕は食べる事にステータス全振り

正直そこまで腹ペコじゃなかったけど
何かを挿入しといても罰は当たるまい


20190405_114441984























良いなぁ、昼のちょっと過ぎた辺り

ガツガツしていないお客さん達がのんびり

我先に、とかいう人類の恥部を見なくて済む

底なしの牧歌的を全身に浴びる事ができて


20190405_114446133























しかし座った席のチョイスミス

がら空きだった中央の巨大テーブル席の
ストーブの間近という軽いインフェルノ


20190405_114933902























大丈夫、そう簡単に座り直さない

やっとこ落ち着いて座った席だったから
アホなガキみたいにちょこまか動かない


20190405_115027617























そしてシンプルにざるそば

四の五の抜かさない王道一本線


20190405_115030556























全然期待しないで頼んでみたけど

とゆーか、こういう所のメシに
期待なんかするモンじゃないけど


20190405_115109123























結果悪くなかった

そこまで爆発的に香る蕎麦じゃなかったけど

ちゃんと打って切って手間暇を垣間見る蕎麦


20190405_115142543























つゆの若干の弱さは蕎麦に合わせての事なのか

たった一回だけの接近遭遇では
全部の回答は得られなかったと


20190405_115151352























また来年、似たような時期に来る事があったら

もう一回ぐらい頼んでその答え合わせとしたい


20190405_115216042























なんなら向かいの田吾作のざるそばと

行き来して食べ比べをしてみても面白そう


20190405_115304508























や、もしかして田吾作

さらにメニューを絞ってしまったりとか

なんなら事業縮小のさざ波に
飲み込まれてしまったりとか

思い浮かぶのは嫌な予感ばかり


今はひとまず来年までのドキドキ

持続させて待つ他はなさそうな感じで








konoyarou6464 at 11:00|この記事のURLComments(2)

2019年04月06日

そばもん@和光市:弱くともひと時の休みのためのチャージは手っ取り早く、やがて即効性を増して




ある日の朝9時ごろ

なんとなく辺鄙な近所

和光市とかいう東京埼玉の国境沿い


腹ペコで降り立った僕は欲先行で動くという
まるでDQNカップル、野獣のような生活態度

や、でもそういう心根が最重要ポイント

少子化問題を解決に導くってな話は
別の機会に話させていただくとして


20190308_090027136























《そばもん》

住所:和光市新倉1−1−4(地図
営業時間:9時〜22時半
定休日:不定休だったっけ?
用途:立ちそば、日本酒豊富



そういや駅に隣接した立ちそばがあったな、と

仕事前にちょっとしたフリーダムタイム

逃す手はないと用事のある駅の反対側へ


20190308_090350820























しまった

思い出した

ここは飲める立ちそば

仕事前に嫌がらせのような文字列の襲撃

飲みたくなっちまう感情を抑えるのに難儀して


20190308_090357576























かぁ〜

蘇った記憶で奥歯をカチ鳴らしてるというのに

さらにそこを文字列のインフォで殺しに来ると

こっちの飲みたい欲を煽りに煽るスタイル

2ちゃんとかでのレスバ最強伝説かと


20190308_090856167























ともあれ、かき揚げうどん

しばし待つ事、揚げ上がるまでの7分強

店の口開け直後だからなのか
この手の店にあるまじき鈍足


20190308_090859347























早く食わせてナンボだろ、ってな野暮は

今日の所は仕舞わせていただくとして


20190308_090918533























そう、決して『安い早い』なんかじゃない

スピード勝負から数光年は離れた遥か彼方


20190308_091009225























揚げ置きを悪くは言いたくないけど

時間に余裕がある今なら許容できる気がする

あの時はどうしても許せなかった上司なのに
色々落ち着いて考えると許せる今がある的な


20190308_091049042























麺に特質するべきは見出せないけど

仕事前の有余のある環境に置いているからこそ


20190308_091114801























許せると同時に夜に使う野望への火力の保留

いつか、いつの日か仕事明けに飲んでやるぞと
弱い所で燃やし続けるからこそバックドラフト


20190308_091158878























フタを開けた途端に『ドカン』と

反動に次ぐ反動の連鎖はまるで核融合


20190308_091305161























危ない一発を期待して

しかし泥酔劇を演じて家人に怒られる

そんな未来予想図も見え隠れしている現状


次を図る際には揚げ物の無い優し世界

まずありえないんだけど
その辺を踏まえながらも

今はまだモヤモヤした霧の中を
ウロチョロする日々とします









konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年02月18日

にしだ家@北朝霞:僕らを救ってくれた手腕はさすがではあるんだけど、ダメな所はとことんダメだけど




職場飲み

遅番明けのタイムリミットギリギリ飲み


時間の火の着き具合に動悸を早めつつ
ハニーによる叱責へのカウントダウン

そこに終電も絡んで来るってんだから
印象に残って来ないとオカシイワケで


20190201_235013529























いつもなメンバーだったけど

だからこそ安定感、中堅を任せられる役柄

セミファイナルぐらいだったらヤレる逸材


20190201_225701363























加えて僕の住まいの近所にある店の支店

決して最強ではないけど4位5位の実力者

ここぞと置きに来たという感じは
アンダーカードのタッグマッチに
木戸修を持って来るような安心感


20190201_223251693























焼酎が屁みたいな量だけど

そこに関してだけは意地汚い僕

パカパカ開いてしまう口でいたい

チャックで止めたくないお年頃であり


20190201_223701979























でもやっぱイイよなぁ

この穴のない感じはさすが


20190201_223237825























そつなく切って来る舵取りは
需要と供給と価格帯の交差点

全部が合わさるポイントっちゅうのを解ってる


20190201_223241656























ここより安い店も、ここよりウマい店も

掃いて捨てるほど世の中に溢れているのに


20190201_223514814























こうして混んでいるんだもの

あんなに売国奴な総理ちゃんが
長期政権に胡坐をかけるワケは

周りが糞すぎるってだけなんだろうけど
やはり、それなりの求心力があるからで


20190201_230734212























強い、悔しいけど

憎い、不本意だけど

Jリーグ開幕初期のヴェルディみたいな

チャラいんだけど制覇できるタレント揃い


20190201_231220324























こういう店に台頭して欲しくないのは

マウンテンマウンテン(山々)ではあるけど

仕事明けの僕らを救ってくれたのは事実であり

もしかしたら今後もお世話になる可能性の増大

1時間でどこまでヤレるかのチャレンジの思考


20190201_231634527























ただ、ひとこと言わせていただきたいのは

梅割り、ダメすぎるでしょコレは

値段には文句こそ言わないけど

シロップ甘すぎ&受け皿小さすぎ

全くもってやる意味が見えてこない

他が置いてるからうちも置きました方式

紛いモノを置くならやめちまえ宣言

僕はボイスを大にして言わせていただきたく









konoyarou6464 at 11:00|この記事のURLComments(0)

2018年12月06日

IKEA@新三郷:残り回数なんか数えたくないけど、数えたくもなる肉親とのお出掛けの特別性について




武蔵野線に揺られて新三郷

本来を言えば、武蔵野線も新三郷も
僕らの生活には関わって来なかった

未知の領域のまま人生を終えるはずだったのに


20181120_131352090























こんなオモシロ商業施設があったおかげで

実家との距離がちょっとだけ縮まるなんて事態

なんなら、まさかの親父の方から

「おい、次のイケアはいつ行くんだ」

そんな催促が飛び込んで来た休日間際


20181120_152330385























前回、こっちのアホみたいな都合で
行けるチャンスが潰れてしまったので

溜め込んだ分の欲望の層の分厚さたるや

早くイキたい、その先鋭化したイキたさたるや
オナ禁スカイウォーカーも数秒でダークサイド


一点集中、この日のイケアのために

前日はおとなしく早く寝て万全の大安売り


20181120_133400032























実家から親父が車で駆け付けて

僕らも負けじとすっ飛んで新三郷

家具選びは後回しにして、ひとまず腹ごしらえ

僕らの一族の、らしいムーヴメントという事で


20181120_133645222























思春期は親と出かけるとか
恥ずかしい極みだったのに

僕もそれなりの年齢になって

親との残された時間の共有の在り方に
それなりの思考を向けるようになって


20181120_133701779























縁起でもない話だけど

日本の平均寿命と親の年齢とを
なんとなく照らし合わせてしまう


20181120_133904357























そこに僕らの休みと身体のコンディション

果たしてチャンスは何回あるのだろうか、と


20181120_133910463























考えたくもない事実だけど
僕らは考えなくてはいけない

リアルと直面して、なんとなくの回数を
なんとなく見据えておかなくてはいけない


20181120_133924788























普通免許の無い僕らへの蜘蛛の糸

実家からクルマで出て来てくれるのなら


20181120_133655124























そこに全身全霊で身を挺しない僕らは


20181120_133658417























世界中を探してもいるはずがないワケで


20181120_134155940























「ダメだこりゃ、食べ過ぎた」

そんな僕らも、いつもの通常運転


20181120_151237768























動き出すのも遅ければ

店内を動き回る速度すらも遅い

可決を阻止する馬鹿野党の如き牛歩戦術


20181120_153619312























しかし、この方が良い

ゆっくり家具を見られるし

ナニより時間の並列化も長時間に渡る


20181120_160045090























成田山へ行った時も願ったモノです

「帰り道、どうか渋滞してますように」って

もうちょっとこの時間が長引くように願う始末


20181120_164049990























ハニーと親父が仲良くしているのを
少し離れた所から見るのも面白いし


20181120_154846236























ドリルに関心を寄せる親父を眺めるのも

尊い親族との貴重な時間の共有であり
後の世代に語るべきエピソードであると


20181120_175801412























「つーかさ、お前さ…」


20181120_181455648
























「まだ食うのかよ!」



今や親父の素のツッコミが愛おしくて

それが聞きたくてアホな行為の繰り返し

「あと何回」とかは考えないようにしてるけど

貴重なこの日のこの邂逅は値万金だと断ずる


なのでできるだけ長生きしてもらって
もう20回はイケア行けるかな、なんて

まだまだ楽天的な考えの僕らに天罰を








konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2018年11月26日

喜久家洋菓子舗@元町中華街:去り際のもう一撃は、一撃の枠を超えて清い風景だったのは記しておかねばならなくて




かつて横浜に住んでいたというハニーは


20181024_133649800























このすぐ左手側の山の上に居を構えていて

「いや〜豚バラ肉を買うのも一苦労でさ〜」

下町方面とはかけ離れた物価指数にヤラレて
苦労こそはしたけど楽しかったとかなんとか


人の過去を根掘り葉掘り聞き倒すってのを
ホームラン級の野暮と捉えている僕なので

あくまでも本人発の情報にのみ
耳を傾けるようにしているので

たとえ一緒に住んで長くても
初耳インフォの多い事多い事


20181024_130846787























《喜久家洋菓子舗》

住所:横浜市中区元町2−86(地図
営業時間:10時〜19時半
定休日:不定休(第3月曜か第4月曜)
用途:老舗洋菓子、イートイン



こんなオサレタウンのオサレ商店街

すぐそこに下衆でジャンクな中華街が
過剰にひしめき合っているというのに

まるで次元の違う生活スタイルとの背中合わせ


この奇妙な同居すら僕には新鮮だったのに
そこに現存する昭和レトロ丸出しな菓子屋

もう一段階変化するのかこの魔球は、ってな

地球上に於ける物理法則を無視したやり口は
アストロ球団ですら逃げ出すかのような情勢


20181024_130843641























しかしすでにと堪能してしまったので

あとは帰るだけだったはずの隙間に
デザートを流し込んで来るのかと

惰性のままに終われない横浜とは
なかなかに楽しませてくれるタウン


今回の遠足、決して無駄ではなかったぞと

動ける可能性があるのならば
僕らは動かずにはいられない

できるなら取りこぼしをゼロにしておきたい
そんな欲望が僕らの自我を超越してもう一軒


20181024_124203070























あぁ、なんだろう

この落ち着く感じは

平成も終わりに近づいているというのに
数歩戻って後ろを凝視するかのような懐古

ひとん家、それも賃貸の見知らぬビルに
自宅のリビングを見い出してしまうなんて


空間なのか時間なのか僕の心なのか

歪んでしまっているのは果たしてどれなのか

渦中にいる僕には観測もままならないワケで


20181024_124016626























良心的な価格と古き良きケーキ屋の共存

鼻持ちならない街並みに一発ブチかます打突

流れに沿って先鋭化なんてしない主張の強さ


最新の格闘術に打ち勝ってしまう
古武道があってもイイじゃないか

そんなロマンに溢れた設定が僕は大好きで


20181024_123957983























ソーダ水(メロン)ってな文字列にヤラレて

風味程度のメロンを期待していた僕のバカ野郎


20181024_124013329























確かにメロン成分は微量だったけど

甘すぎて咳き込むという緊急事態

主張が強すぎる糖分に場を支配されて


20181024_124027320























なかなか良い風景じゃないか、と

時にはピリピリ、殺伐とした酒場だったり
魔獣渦巻くラーメン屋での雰囲気だったり

僕らの取り巻く成分のほとんどが
ちょっとした負への傾きであって

ここまで清い食後デザートの景色ってば
かなりレアな登場回数なんじゃないかと


20181024_124047356























この店との交差点の交わった一点

照れ臭くて口にこそは出さないけど

感謝という気持ちしかないワケで


20181024_124330687























わ、ケーキもギッシリ詰まってんなぁ

遠足中の高カロリー摂取の最終地点にて

さらなる無慈悲な体重増加を匂わせて


20181024_125109505























なんだよ横浜、なんだよ元町商店街

こっち方面に来た時の最後の最後

ここも恒例になるんじゃないかと小一時間


一見、用がなさそうに見えつつも
ちゃんと置いてある重要ポイント

もうちょっと時間をかけてウロウロすれば
心躍るスポットも見つかるような気がして


しかし連日の食疲れ

帰りたいセンサーがうるさく喚き始めたので

今回はこの辺で退散という事になったワケで

そしてやはり

見事に帰りの電車で寝落ちしてしまったワケで







konoyarou6464 at 10:30|この記事のURLComments(0)

2018年11月22日

蘭州牛肉拉麺 東珍味小籠包@元町中華街:充分なソースなしに確信に至る、僕らの早合点もあながち的外れじゃない件




横浜中華街

奥が浅いようで深いようで

やっぱ浅いのかな、と思ったら


20181024_100538109























長崎チャンポンてマジですか


(((( ;゚д゚)))

やっぱり深いのかなぁ


無駄に高い店に惑わされがちだけど
こういう店もちゃんとあるんだもんね

ひとまず中華っちゃあ中華だし(日式の)
その辺の定義って意外と低いのかなって

近辺の懐の深さって事でFAなのかねぇ


20181024_100543598























つーかナポリタンて

こりゃもう浅い深いの云々とかじゃなくて
半ば、おちょくられてるんじゃないかって

そんな錯覚にも似た圧力を感じるのは
あながち的外れじゃないはずであり


20181024_111140579























《蘭州牛肉拉面 東珍味小籠包》

住所:横浜市中区山下町139(地図
営業時間:11時〜15時 17時〜22時
定休日:木曜日は休ませてやってね
用途:蘭州ラーメン、ビャンビャン麺



で、結局

初日に衝撃を受けたこの店にて
今回の遠足の思い出の〆と致す

ぶっちゃけ他の店への知識が乏しいので
駆け込んだだけなんだけどね、ってな回答


20181024_111944732























この日この時の僕らには充分&十二分

これが最後の中華街ってワケじゃないし

ひとまずの斥候だと思えば満タンの収穫であり


20181024_112117609























つかこの店、出来たのも新しいとはいえ

もっと流行っても良さそうなんだけどね


いつでも気楽にっていう所に
僕らが熱烈に惹かれたのも事実

撤退しない程度、このまま客足も横ばいに
しかしバカみたいに流行りすぎないで欲しい

(酷いワガママ)


20181024_112712243























そんなワガママを振りかざしたくなる

牛焼肉ビャンビャン麺、2回目の登場


20181024_112723552























いや〜だってだって


20181024_112847522























これだもんな、ビョ〜ンて


20181024_112909787























ここは中華街、手打ち麺を食わせる店は
この界隈にいくらでもあるんだろうけど

店の人曰くビャンビャンはここだけ

他でヤラないワケでもあるのか
もしかしてだけどヤレないのか


そんな腕のある麺打ち職人が

注文の都度、伸ばして手打ちする麺


20181024_114304845























牛肉麺での側面を見つめる事を

お許しいただければな、と

(誰に言うてんねん)


20181024_114312069























結果を先に言うと

スープの弱さは否めなかったけど


20181024_114414196























やはり麺は凄い

ムチムチムキムキでありながら不揃い

だからなのかなんなのか永遠に啜れる


20181024_114546785























歯への反発度合いの桁違い

ただ単に麺が硬いとかじゃなくて

不揃いなだけに強弱のついた主張の振り幅


20181024_114630914























見た事ない様々な流派が飛び出す

面白格闘トーナメントみたいな?

ちょっとだけ口の中が騒がしくなる感じ


20181024_114727174























これ、他の店でやったら…

たぶんこういう深さは出ないんだろうなぁ

100パの充分な理由づけはできないけど

そうなんじゃないかなぁ(適当)


それを確かめに

また来なきゃなぁ

(ニヤニヤ)






konoyarou6464 at 10:00|この記事のURLComments(0)
昔の記事
最新記事