2017年07月23日

Salud!! VOL.31 セットリスト(shouji)

2017年7月16日(日)に行われたSalud!! VOL.31のshouji氏のセットリスト公開です。



「どうもSalud!!では一番下っ端ポジションのShoujiです。まず謝らなきゃいけないんすけど、タイムテーブルではB1で20分。その後B2に移って20分ずつのセットだったんですけど、結局B1で40分ぐらいやってしまい下はmitokonさんにお任せしてしまいました。いや本当にmitokonさんにありがとうございました!そしてごめんなさい!!それではセットリストです。」 from shouji



1.Songbird/Cedrick Brooks
ボンボヤーズのライブ終わってからちょっとBGM的に。
Kenny Gのカバー。
・音源なし







2.Longa Faoi Sheol-A Naoi O Dubhda /Joe Cooley
ずっとかけたかったアイリッシュ アコーディオンのジョー クーリー。ボンボヤーズのあとだからアリやろってことで投入。違う音源だけどこんなアコーディオンのおじさんです。いやーかっこよい!









3.The asphlant / Michael Tubridy
チーフタンズにも在籍していたMichael Tubridyのソロ作フルートの音がたまらない曲です。その途中入ってくるタイコの音も相まってとっても気持ち良い曲になってます。そういやチーフタンズも今年の11月ぐらいに来日しますね。
これも違う音源だけど右の眼鏡がMichael Tubridyです。










4. Gaelic Ska / TROJANS
もう説明不要ですね。ワールドミュージックの入り口にいつも鎮座するTrojans。久しぶりに爆音でかけてかなり気持ちよかったです










5.Мой Адрес - Советский Союз/Самоцветы(Samotsvety)
旧ソ連のPOPグループСамоцветы(Samotsvety)のロシア語でmy Adress is Sovietっていう曲なんですけど、ロシア国内ではものすごい有名な曲らしいです。発売は1973年、70年代は比較的アメリカと仲良しだったソヴィエトならではだったんだろうなと思いながら、思いながら聞くとなかなか面白いす。










6.Любовь/Песняры(Pesniary)
こちらも旧ソヴィエト時代のロックグルーブ、出だしのドラムがチープ!でもかっこよいです










7.どんばん節/木田林松栄と石川晶とカウントバッファローズ
こちらも結構有名な津軽三味線vsロックドラム。
リンク先は津軽じょんがらですが、雰囲気は伝わると思います。










8.ソウルそーらん/Jimmy,Yoko&Shin
日本のJAZZレーベルの中でもほかの追随をゆるさない、Three Blind Miceの中でも異端なJimmy,Yoko&Shin。僕が生まれた年1978年に録音されたソウルそうらん。録音当時のプログレロックの風をも巻き込みながら録音された音は今聞いたほうがよいかもしれないです。昔からこれかけるとみんな結構ドンで引きますので注意です。
リンクは違う曲ですがイメージはこんな感じ。最近CDでも再発されたらしいので探せばすぐにゲット出来ます。










10. Prema , Shanti , Dharma , Satya / Sheila Chandra
ずっとレコードバックに入っている曲、シーラチャンドラー。
なんども言えないリフに心奪われたならばあなたはシーラの虜です。










--------------------------------------------------------------------------------------------
こっからハードコア寄りの選曲

11.Illegal Dub/Dub trio
いきなり直球ど真ん中のハードコアかけてもと思ってこの曲から。
はじめてこれ聞いた時の衝撃ったら。最高。








12.ASESINOS / Los Crudos
ほんとこの曲最高です。1分の中にパワーが凝縮されてる









13.Lengua Armada / Los Crudos
またもやCrudosよいです、昨年の来日行きたかったなぁ、、










14.Estaca Zero a Esquerda / Ratos De Porao
80年代から突っ走るブラジルハードコアの重鎮のPatos De Porao。
いきなりハードコアからボサノバに転調するところとか好きです。
動画無







15.NADA/OLHO SECO
前にかけたRDPやCOLERAと並ぶ80'Sブラジリアン・ハードコア代表格バンドの「何もない」って曲です。語彙と知識が足りず、このバンドを形容するいいことばがうかばないのが歯がゆいですが、絶対あがる曲です。









16.Attitude / Sepultura
ブラジルでもメジャーで活躍しているSepulturaのAttitudeという曲。
もう冒頭からビリンバウですか!ワールド的には最高の曲







17.Minor Threat / Salad day
あえて説明しません!!






18.肺 / Gofish
最後は名古屋のハードコアバンドNiceViewのテライさんのやっている弾き語りユニットGofishの肺で最後締め。
https://soundcloud.com/sweet-dreams-press








「いやー、楽しかったです。ハードコアタイムはまたどっかでやりたいですね。一部の人はハードコアで日々の鬱憤をデトックスしてました笑それでは皆さんまた!!」from shouji









そして、そこのWORLD MUSIC好きあなた!
酒、飲んでますか〜????
サルーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら


Share (facebook)